社会福祉法人 北竜町社会福祉協議会(北海道北竜町)

北竜町の各種団体・企業・飲食店など >

社会福祉法人 北竜町社会福祉協議会
〒078-2512
北海道雨竜郡北竜町和19番地6
北竜町老人福祉センター(地図
 Tel:0164-34-2435  Fax:0164-34-3011

概要(2022年12月現在)

 名称 社会福祉法人 北竜町社会福祉協議会
 所在地  〒078−2512
北海道雨竜郡北竜町字和19番地6 北竜町老人福祉センター(地図
 連絡先  Tel:0164−34−2435  Fax:0164−34−3011
 法人成立 1989年(平成元年)12月
 役員・令和4年
(敬称略)
  • 会長理事 :山本 剛嗣
  • 第一副会長:西山 孝則
  • 第二副会長:櫻庭 靖子
  • 理事:藤井 豊年、齋藤 勇治、髙橋 裕子、安達 直子、植松 春雄、藤井 誠、髙橋 孝行
  • 監事:道下浩、松田 力
  • 評議員(町内会選出):
    ❂ 碧水・江田 整一、❂ 美葉牛・川上 健康、❂ 板谷・佐藤 正門、❂ 西川・吉田 勉、❂ 桜岡・櫻庭 賢一、❂ 和・本多 一志、❂ 和東町・岩本 利男、❂ 和町・谷内 康博、❂ 和本町・大友 武、❂ 三谷・佐藤 稔
  • 評議員(団体選出):
    ❂ 民生委員協議会会長・辻正昭、❂ 身体障害者福祉協会会長・山下好晴、❂ 遺族会会長・佐光勉、❂ 日赤奉仕団委員長・石井博子、❂ 竜トピア代表・澤田正人、❂ ひまわりボランタリー協会会長・川田浩二、❂ 保護司・前田規文、❂ 人権擁護委員・瀬戸照代、❂ 商工会女性部部長・北島喜代美、❂ 商工会青年部部長・藤田大輔、❂ 北竜建設業協会会長・藤岡靖士、❂ ひまわり長寿会連合会副会長・永井捷弘、❂ JAきたそらち青年部北竜支部長・出口雄大、❂ JAきたそらち女性部北竜支部長・川上仁美、❂ 社会教育委員会副委員長・永井美保子
 最新決算総額  54,546千円(令和3年度決算)
 団体の目的
(定款)
  • 社会福祉法第109条で「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」であると法律上明確に位置づけられている公益法人(社会福祉法人)
  • 北竜町における社会福祉事業その他の社会福祉を目的とする事業の健全な発達及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図ることを目的とする
 団体の事業
(定款)
  1. 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  2. 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  3. 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  4. ① から ③ のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業
  5. 保健医療、教育その他の社会福祉と関連する事業との連絡
    老人福祉センター
  6. 共同募金事業への協力
  7. 居宅介護等事業の経営
  8. 老人デイサービス事業の経営
  9. 障害福祉サービス事業の経営
  10. ボランティア活動の振興
  11. 生活福祉資金貸付事業
  12. 心配ごと相談事業
  13. 老人福祉センターの管理経営
  14. 碧水地域支え合いセンター(老人介護支援センター)の管理経営
  15. 保育事業(やわら保育園)の管理運営
  16. 児童福祉法に規定する地域子育て支援センターの管理運営
  17. その他この法人の目的達成のため必要な事業
 事業計画(令和4年度)
  • 人口減少が加速し、少子高齢化社会が進展する中で、在宅福祉サービスの充実がより一層求められる今日、支援・介護を必要とする高齢者・障害者等の方々が、住み慣れた地域で安心して暮らす町づくりが必要であります。
     そのために、地域福祉を推進する社会福祉協議会の使命は、益々重要視されており、行政及び関係機関等と連携を図りながら、新型コロナウイルス感染症に対する予防対策を充分に講じて、各種事業を継続し、 地域共生社会の推進と時代のニーズに対応した取り組みを進めて参ります。
重点推進事業
(令和4年度)
(1)総務事業

  1. 経理区分の明確化とシステムの活用により、一層の充実を図る
  2. 社協広報「ほほえみ」を年2回発行し、HPで社協活動の情報を公開する
    社協広報紙『ほほえみ』を年2回発行
  3. 福祉大会及び研修会
    ・北竜町福祉大会
    ・空知管内社会福祉協議会連絡協議会の各種会議、研修会
  4. 生活福祉資金の貸付
  5. 募金活動の推進
    ・赤い羽根募金:10月1日より
    ・歳末たすけあい募金:12月1日より
  6. 暮らしを守る生活改善運動の推進:供花紙の無料提供

(2)在宅福祉事業

  1. 介護保険事業
    ・ホームヘルパー事業(訪問介護事業所)の推進
    ・生活管理指導員派遣(自立サービス)事業
  2. 介護予防等事業
    ・コスモスクラブ事業
  3. 在宅福祉支援等事業
    ・たんぽぽクラブ事業
    ・高齢者世帯等への「食」の自立推進事業(配食サービス)
    ・洗濯サービス事業
    ・一人暮らし高齢者への電話サービス
    ・除雪が困難な高齢者等への除雪サービス (高齢者事業団)
    ・福祉有償運送事業及び移送サービス(高齢者事業団)
    ・養育支援訪問事業
  4. (3)心配ごと相談事業

    • 民生委員児童委員・人権擁護委員による心配ごと相談所の開設(年6回)

    (4)高齢者生きがい事業

    • ひまわり長寿会連合会、ひまわりボランタリー協会

    (5)地域共生事業

    • 和地域支え合いセンター及び碧水地域支え合いセンターを活用し、笑顔の会、碧水支え合いの会と連携を図り、地域の事業推進に努める

    (6)地域対策事業

    1. ボランティア団体の育成推進(北竜中学校・日赤奉仕団・ひまわりボランタリー協会・空知ひまわり・碧水支え合いの会・笑顔の会)
    2. 福祉団体の育成推進(身障者福祉協会・遺族会・民生委員協議会)
    3. 子供育成協議会、スポーツ少年団への助成

    (7)指定管理者事業

    1. 老人福祉センター
    2. 碧水地域支え合いセンター

    (8)地域福祉実践計画の策定

    1. 各町内会に福祉委員の設置:地域ネットワークの構築(情報共有等)
    2. アンケート調査:生活支援コーディネーターが中心となり、町と連携を図りながら、地域の高齢者の方々のニーズの把握、必要とするサービスの発掘等の実態調査を行う

    (9)生活困窮者就労準備支援事業:関係機関と連携し必要とする方への支援

    (10)やわら保育園:今後の保育所運営等について、町と協議を図る

 事務局
(敬称略)
  • 事務局長:中村道人  職員:瀧本幸子 総務係長、髙畑枝梨乃
  • ホームヘルパー:主任・村井恵、副主任・三浦睦美、副主任・垣野まゆ、鬼原紀子、川本瞳、阿部匡美

会長メッセージ

山本 剛嗣 会長
社会福祉法人 北竜町社会福祉協議会
会長 山本 剛嗣

町民の皆様におかれましては、日頃より社会福祉協議会の運営、事業活動に対し まして、ご理解とご協力、ご支援を賜り、心より感謝とお礼を申し上げます。

この度、令和3年6月25日に開催されました社会福祉法人北竜町社会福祉協議 会評議員会(書面決議)において役員改選が行われ、前竹林均会長の後任として、 新会長に私が選任されました。浅学非才を省みず、その器ではありませんが、皆様 のご協力を賜り微力ではございますが、この職責を全うする所存であります。

さて、昨年から新型コロナウイルス感染により、私たちの日常生活、仕事をはじ め、町の諸行事やイベント等、国内は勿論、世界中で社会全体に大きな影響を及ぼ しております。北竜町でも5月よりワクチン接種も始まりましたが、いつコロナ禍 の状況が収束するかは、未だに見えないところであります。

このことから、社会福祉協議会が実施している諸事業や業務においては、今後に おいても感染症拡大への対策と予防対策に取り組みながら、日々の活動を推進して 参ります

高齢化が進行する中、社会福祉協議会の役割は益々重要視されてきており、これ までに培われた実績と基盤を継承し、関係機関各位、社協役職員が一丸となってこ の難局を乗り越えることができるよう、町民皆様からのご指導ご鞭撻をお願い申し 上げ、就任の挨拶と致します。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

(北竜町社協だより『ほほえみ』66号(2021年8月1日)より引用)

事務局(敬称略)

中村道人瀧本幸子髙畑枝梨乃事務所風景
事務局長・中村道人総務係長・瀧本幸子職員・髙畑枝梨乃事務所風景

ホームヘルパー(敬称略)

村井恵三浦睦美垣野まゆ鬼原紀子
主任・村井恵副主任・三浦睦美副主任・垣野まゆ鬼原紀子
川本瞳阿部匡美
川本瞳阿部匡美

事業内容

北竜町の主な高齢者サポート事業

北竜町では、ご高齢の方が元気なときから介護予防のための独自な制度があり、町民の元気をサポートしています。
北海道で同様な事業を行っている町は珍しく、道内では北竜町と東川町の2町とのことです。

事業概要図

北竜町社会福祉協議会・高齢者サービス

主な事業一覧表

北竜町社会福祉協議会・高齢者サービス

お昼のメニュー  配食サービス  麻婆豆腐  いただきます
ひまわりクラブの昼食風景(老人福祉センターにて)

予算・決算

令和4年度 北竜町社会福祉法人「事業報告・現況報告書及び経営状況」
令和4年度 北竜町社会福祉法人「事業報告・現況報告書及び経営状況」

令和3年度 北竜町社会福祉法人「事業報告・現況報告書及び経営状況」
令和3年度 北竜町社会福祉法人「事業報告・現況報告書及び経営状況」

決算額の推移

年度平成元年度平成5年度平成10年度平成15年度平成20年度平成25年度
決算総額(千円)5,54111,48421,18327,55632,00032,322

定款

・クリックすると別画面で拡大して読むことができます

北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款
北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款北竜町社会福祉協議会・定款
 費用弁償に関する規程、北竜町社会福祉協議会・評議員専任・解任委員会運営細則
費用弁償に関する規程北竜町社会福祉協議会・評議員専任・解任委員会運営細則1北竜町社会福祉協議会・評議員専任・解任委員会運営細則2

沿革

 1951年(昭和26年)3月・社会福祉事業法の公布
 1957年(昭和32年)11月・北竜町社会福祉協議会(町長が会長)発足
 1971年(昭和46年)6月・北竜町社会福祉協議会(西山定治 会長)独立
 1973年(昭和48年)・北竜町老人憩の家 建設
 1988年(昭和63年)・北竜町老人福祉センター 建設
 1989年(平成元年)11月・社会福祉法人 北竜町社会福祉協議会の設立登記
 2000年(平成12年)4月・介護保険法による「指定訪問介護事業所」の指定を受ける
 2006年(平成18年)4月・障害者自立支援法による「訪問介護事業所」の指定を受ける
 2007年(平成19年)4月・北竜町老人憩の家、北竜町老人福祉センターの指定管理者となる
 2009年(平成21年)6月・法人化20周年記念誌発行

歴代会長  (敬称略)

 西山 定治・1971年(昭和46年)6月〜1981年(昭和56年)3月
 金山 信一・1981年(昭和56年)4月〜1987年(昭和62年)3月
 林 道喜・1987年(昭和62年)4月〜1989年(平成元年)3月
 南波 彰・1989年(平成元年)4月〜2000年(平成12年)3月
 田中 盛亮・2000年(平成12年)4月〜2010年(平成22年)3月
 渡邊 要二・2010年(平成22年)4月〜2014年(平成26年)3月
 吉尾 政一・2014年(平成26年)4月〜2019年(令和元年)6月
 竹林 均・2019年(令和元年)6月〜2021年(令和3年)6月
 山本 剛嗣・2021年(令和3年)6月〜

関連記事

令和4年度北竜町「敬老会」
平成24年度北竜町「敬老会」

(2022年9月7日)
ミニ縁日夏祭り・コスモスクラブ活動
ミニ縁日夏祭り・コスモスクラブ活動

(2021年8月19日)
「健康マージャン」笑顔で脳を活性化
「健康マージャン」笑顔で脳を活性化
(2020年10月13日)
笑顔があふれる・たんぽぽクラブ活動
笑顔があふれる・たんぽぽクラブ活動

(2020年9月1日)
ひまわり飾り作り・コスモスクラブ活動
ひまわり飾り作り・コスモスクラブ活動

(2020年8月31日)
福祉大会
クリスマスの飾作りコスモスクラブ

(2019年12月23日)
福祉大会
独り暮らし高齢者の10月の昼食会

(2018年10月15日)
福祉大会
碧水地域支え合いセンターオープン式

(2017年4月6日)
福祉車両
日本財団・車いす対応福祉車輌到着

(2017年3月31日)
福祉大会
【道新ブログ】福祉大会 2014

(2014年10月14日)
平成24年度北竜町「敬老会」
平成24年度北竜町「敬老会」

(2012年9月7日)

リンク集

 全国社会福祉協議会都道府県社会福祉協議会の連合会として、全国段階の社会福祉協議会として設置されています。
 北海道社会福祉協議会北海道民生委員連盟、北海道社会事業連盟、同胞援護会北海道支部、北海道民生部が世話人となり昭和26年3月誕生しました。
 公益社団法人 日本介護福祉士会介護福祉士の職業倫理の向上、介護に関する専門的教育及び研究を通して、その専門性を高め、介護福祉士の資質の向上と介護に関する知識、技術の普及を図り、国民の福祉の増進に寄与します。

 
◇ 撮影・編集=寺内昇  取材・文=寺内郁子
 (取材:2015年1月・更新:2022年12月)