特集記事・旬な話題

札幌開発建設部深川道路事務所・北竜町役場・北竜建設業協会が合同で行う北竜ひまわりIC開通以来のボランティア活動

2020年6月9日(火)

6月8日(月)13時30分から、「札幌開発建設部深川道路事務所・北竜町役場・北竜建設業協会」の合同により、深川留萌自動車道の北竜ひまわりインターチェンジ(IC)の駐車場の「ひまわりの播種作業・ゴミ拾い・草取り」が行なわれました。

深川留萌自動車道の北竜ひまわりIC


深川留萌自動車道の北竜ひまわりIC
深川留萌自動車道の北竜ひまわりIC

このボランティア活動は、2005年(平成17年)の北竜ひまわりIC開通以来、毎年行われています。

駐車場の花壇

当日は、20名程の方々が集合。力を合わせて、インターチェンジの駐車場に設置された花壇に、丁寧にひまわりの播種を行いました。また、ゴミ拾い・周辺の草刈りも同時に実施されました。

ふかふかのひまわり花壇
ふかふかのひまわり花壇

ボランティア活動

この活動は、北竜建設業協会労務委員会が中心となり、同委員会活動の一貫として行われています。

「今年はひまわりまつりが開催されないので、このインターチェンジに咲くひまわりで、町が少しでも明るく元気になればと願っています」と、労務委員会・佐々木進一 委員長のお言葉です。

土手のゴミ拾い
土手のゴミ拾い

ひまわりの播種

花壇には、ふかふかの土が整備され、一定の間隔ごとにひまわりの種が、一粒づつ大切に丁寧に撒かれました。

間隔を開けて丁寧に行われる播種作業
間隔を開けて丁寧に行われる播種作業

ゴミ拾い、草刈り

同時に、ひまわりIC駐車所の周辺のゴミ拾い、そして草刈りが行われ、綺麗な環境が整備されました。

駐車場内をゴミ拾い
駐車場内をゴミ拾い


みんなで力をあわせて!
みんなで力をあわせて!


草刈り機で真剣に!
草刈り機で真剣に!

駐車場の施設の草刈り
駐車場の施設の草刈り

北竜ひまわりIC:地名と町の産物の名称が入った日本初・唯一のIC名称

北竜建設業協会・佐々木康宏 会長のご挨拶
北竜建設業協会・佐々木康宏 会長のご挨拶

北竜建設業協会・佐々木康宏 会長が、開始前のご挨拶でインターチェンジの名称について説明してくださいました。

「開通前、このICは『北竜インターチェンジ』という名が付けられていました。そこで、ICの名称を『北竜ひまわりインターチェンジ』という北竜町のシンボルである『ひまわり』を付けて欲しいと町・商工会・北竜建設業協会が要望しました。

当時、IC名に地名以外のものが入った例はありませんでした。しかし、札幌開発建設部深川道路事務所さんの大変なご努力のお陰で、北竜町の要望が認められました。

地名と町の産物の名称が入ったIC名『北竜ひまわりIC』は全国初で、現在でもこのICの一箇所のみと聞いています。

道路脇看板!
道路脇看板!

このインターチェンジ開通以来、このひまわりの栽培、草刈り、ゴミ拾いは15年間ずっと続けられています。

今年のひまわりまつりは中止となりましたが、町の各地区でひまわりを咲かせようという、町民の想いが広がっています。この活動も、そうした活動のひとつになっています」と、お話くださった佐々木康宏 会長です。

力強い皆さん!
力強い皆さん!

ゴミを拾い、草を刈り、綺麗に周りの環境が整えられ、愛情たっぷりに種が撒かれ、豊かに育ちゆく素敵なひまわりさんたち!!!

「ひまわり」の名前が存在する日本唯一の「北竜ひまわりIC」で、明るく元気なひまわりさんを大切に育てる、札幌開発建設部深川道路事務所・北竜町・北竜建設業協会の皆さんの偉大なる活動に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

北竜建設業協会の皆さんの偉大なる活動に、限りない愛と感謝と祈りをこめて
北竜建設業協会の皆さんの偉大なる活動に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

その他の写真

北竜ひまわりIC開通以来のボランティア活動の写真(56枚)はこちら >

関連記事

北竜町建設業協会7社がランチ弁当注文で町内飲食店を応援!(2020年5月14日)
 

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子