世界のひまわり播種 2021(北竜中学校)綺麗なひまわりが咲くように心を込めて丁寧に!

2021年5月17日(月)

5月14日(金)、北竜町立 北竜中学校(小玉剛 校長)の1年生から3年生、全校生徒32名による、世界のひまわりの播種作業が行われました。

世界のひまわり播種

世界のひまわりの播種
世界のひまわりの播種

この播種作業は、毎年、生徒会・ひまわり委員会を中心に、全校生徒による総合学習授業の一貫として実施されています。ひまわり委員会委員長は、3年生の北島 奏(きたじま かなた)さん。

ひまわり委員会・北島奏 委員長

ひまわり委員会委員長・北島 奏(きたじま かなた)さん
ひまわり委員会委員長・北島 奏(きたじま かなた)さん

播種作業についての説明

ひまわり委員会・北島奏委員長から、播種作業についての説明がありました。

播種作業についての説明
播種作業についての説明

布テープを畝の端から端までピンと張りつめ、35cm間隔に針金の「ぼっこ(棒)」を立てます。そのぼっこの側に、太い棒で空ける5cmの深さの穴。ひとつの穴に5粒の種を撒いて、土を被せます。

全員が7グループに別れ、それぞれひまわりの種3種類づつを担当し、合計21種類の世界のひまわりを栽培していきます。

※ ひまわりの品種:アースウォーカー、ジェイド、ゴッホのひまわり、クラレット、ホワイトナイト、ソルナレモン、トルトマ、モネのひまわり、ソーラーパワー、プロカットレッド、レモンエクレア、ロシアのひまわり、フロリスタン、プロカットホワイトムーン、ムーンウォーカー、ルビー、イタリアン、東北八重、ルビーエクスプレス、プロカットプラム、マティスのひまわり

小玉剛 校長先生、佐々木篤 教頭先生も作業に参加され、保護者の方々もお手伝いに駆けつけてくださいました。

保護者の方々もお手伝いで参加
保護者の方々もお手伝いで参加

担当の先生のお言葉

担当の先生のお話
担当の先生のお話

「頑張っていいひまわりの種を育ててください。風が強いので、種が飛ばされないように、しっかり植えてください。

育つか育たないかを心配するより、心を込めて、周りの環境を考えてちゃんと植えましょう。取り除くものはしっかりと取り除いて、最終的に運が悪かったと思うのではなく、しっかりと真っ直ぐに並んで咲くように、心を込めて手入れします。丁寧な技術で、しっかりと咲かせていきましょう。

班長さんを中心に作業をすすめ、今後の天候を配慮しながら、大切に育てていきましょう」と、先生のお言葉です。

播種作業

テープを張ってぼっこを立てる

テープを張ってぼっこを立てる
テープを張ってぼっこを立てる

35cmおきにぼっこ立て

35cmおきにぼっこ立て
35cmおきにぼっこ立て

種を5粒づつ植える

種を5粒づつ植える
種を5粒づつ植える

保護者の方もお手伝い

保護者の方もお手伝い
保護者の方もお手伝い

約18アール(1,800平方メートル)の畑に播種

約18アール(1800平方メートル)の畑
約18アール(1800平方メートル)の畑

たんぽぽが見守る中

たんぽぽ見守る中。。。
たんぽぽ見守る中。。。

世界のひまわりガイドへ向けて

班長さんの指導のもと、与えられた役割を丁寧に真剣にこなして、作業を進めていきます。今後、水やりや除草作業(班ごとに約2週間に1回)を重ねてお世話しながら、大切に愛情込めて育てられる美しい世界のひまわりさん。

世界のひまわりさんたちが開花する時期には、生徒たち皆でガイドを努め、観光客の方々に、世界のひまわりの魅力をお伝えしていきます「予定:7月26日(月)〜7月27日(火)」。

夏の太陽の光をいっぱいに浴びて、キラキラ輝く世界のひまわりさん達に、出逢える日を楽しみにしています。

美しい世界のひまわりさんたちを、愛情こめて、真心こめて、大切に育てる北竜中学校の生徒の皆さんに、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

北竜中学校校庭
北竜中学校校庭

その他の写真

世界のひまわり播種 2021(北竜中学校)の写真(64枚)はこちら >>

関連サイト・記事

北竜町立北竜中学校のホームページです。…

北竜町ポータル

開花状況 イベント アクセス ランチ 画像2021年『第35回 ひまわりまつり』全イベントの中止について全国的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2021年開催の「第35回北竜町ひまわりまつり」 の全イベント[…]

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子