令和2年度 北竜町農業体験実習研修・河野寛子さん

2020年7月29日

2020年7月29日(水)

北竜町では、7月20日(月)より、農業体験実習研修生の受け入れが実施されています。今回の実習生は、河野寛子さん(こうの ひろこ・38歳)です。

受け入れ農家は、渡邊ファーム(メロン栽培・渡邊靖範さん)からスタートし、9月の半ばまでの2か月間、6農家(メロン・スイカ・花卉・トマト等)の農業体験をします。河野寛子さんにお話を伺いました。

実習生・河野寛子さん

プロフィール

河野寛子さんは、1982年(昭和57年)生まれの38歳。出身地は、栃木県那須郡馬頭町(現在は、小川町と合併して那珂川町)。

実習生・河野寛子さん
実習生・河野寛子さん

高校まで栃木県で過ごし、東京の大学で学ぶ。大学卒業後栃木県に戻り、ALSOK北関東綜合警備保障(株)にて、5年間、営業・事務等を勤務されました。

シリアル手作りの専門店で販売の仕事、さらに、企業研修を提供する会社にて、現場運営アシスタント等、ご自身の興味のある様々な分野の仕事にチャレンジしてきました。

8年程前に、アロマヒーリングに出会い、4〜5年趣味で学び、3年前にセラピストとして独立起業。現在はアロマヒーリングセラピーサロンの個人経営をされています。

北竜町との出会い

「農業に興味があり、ネット検索をして、農業体験研修を実施している北竜町に出会いました。

北竜町を選んだのは、受け入れ環境が大変良かったことです。農業研修の申し込みをしたら、すぐに受け入れてくださいました。自分自身『今』の瞬間を大切にしているので、速攻に決心し行動しました。

これまで旅行で、北海道各地(札幌市、稚内市、函館市、富良野市、釧路市等)を訪問しています。その中でも、北竜町は、生まれ故郷の栃木の自然環境がよく似ていると感じます。

私は自然が大好きなので、今回の農業研修で自然の中に身を置き、農業を体験してみたいという想いが募っています」と語る河野寛子さん。

北竜町はめちゃくちゃいい町!

北竜町はめちゃくちゃいい町です! 人もいいし、自然もいいし、いるだけで、癒やされます。

将来は、大好きなトマト・キュウリを作れるようになりたいと思います。

研修を終えるまでに、自分の人生を描こうと思っています。じっくりと、ひとりで自分自身を見つめ直し、考える時間を楽しんでみたいと思います」と、素敵な笑顔でお話くださった河野さんです。

農作業風景

先輩の金田さんとメロン出荷作業研修を実施(渡邊ファームにて)。

先輩金田さんのご指導を受けながら!
先輩金田さんのご指導を受けながら!

メロン箱詰め作業実習!
メロン箱詰め作業実習!

ひまわりメロン生産者・渡邊靖範さん


メイロ生産者・渡辺靖範さん
メイロ生産者・渡辺靖範さん

素敵なご縁を大切に!

「農業実習を通して、今までにない何かを感じ取ってくれればと思います。広い北海道で、北竜町と繋がりを持てたのも、何かのご縁だし、このご縁を素敵なものに繋げていければ有り難いことだと感じます。

北竜町での農業体験によって、町の良い所も悪い所も丸ごと受け取って実感し『北竜町ってこんな所だったよ!』と回りの人々に伝えていただければいいなと思います。

女性が農業体験を希望して農家を訪れることは、強い志を持ってのことなので、その想いに少しでも応えられるよう努めたいと思っています」と、心強いお言葉を添えられた渡邊さんです。

先輩・金田絵利紗さん

「北竜町での農業体験をじっくり楽しんでもらいたいと思います。寛子さんの人生がどのように描かれていくのかわかりませんが、いつの時もその時を楽しむことのできる人生であればと思います。
なにより北竜町を好きになっていただければ嬉しいです」。

金田絵利紗さん
金田絵利紗さん

降り注ぐ太陽の光、肥沃な大地、清らかな水、そして爽快な風が吹き渡る町・北竜町。。。
豊かな大自然の中で、農家の方々の誠実で穏やかな真心に包まれて実施する、北竜町農業体験実習に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

おもてなしの完熟メロン「北竜ひまわりメロン」


完熟メロン!!!
完熟メロン!!!

北竜町の大自然に癒やされて。。。
北竜町の大自然に癒やされて。。。

関連記事

新規就農1年目・金田絵利紗さん ひまわりメロン初出荷(2019年8月2日)
農業次世代⼈材投資事業・金田絵利紗さんの新規就農メロン1年目スタート@渡邊靖範さんファーム(2019年5月14日)
北竜町の「農業体験実習研修」と農業体験宿泊施設「うえる・かる」(2019年5月7日)
北竜メロン生産組合・紹介ページ
 
◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子