絵本について③岩井俊雄『100かいだてのいえ』【北竜町農家のなんとなく(竹林司さん)】