若年認知症家族会「空知ひまわり」解散(令和5年臨時総会で決議)今までの活動に心より感謝!

2023年1月24日(火)

1月21日(土)午前11時より、若年認知症家族会「空知ひまわり」(干場功 代表)令和5年臨時総会が、北竜町老人福祉センターにて開催されました。

若年認知症家族会「空知ひまわり」解散(1月21日)

議題として「空知ひまわり」の今後についての話し合いがありました。参加者の皆さん意見交換し、満場一致で「若年認知症家族会 空知ひまわり」の解散が本日付けで決議されました。

また、令和4年度の活動報告、決算報告、監査報告が了承され、次年度繰越金の残金は、北竜町社会福祉協議会に寄付されることも決議されました。

令和5年「若年認知症家族会 空知ひまわり」臨時総会
令和5年「若年認知症家族会 空知ひまわり」臨時総会

若年認知症家族会「空知ひまわり」は、2007年(平成19年)11月11日に北竜町にて設立。東京から中村信治さんご一家を迎い入れ、当初23名のサポーターの支えにより、活動をスタートしました。

北竜町での中村信治さんの様々な生活支援活動「散歩・卓球・太鼓・陶芸等」を行いながら、会員の皆さんで信治さんを支え見守り続けた9年間。2016年に、信治さんは、誤嚥性肺炎などの原因により天国へと旅立たれました。

その後数名の若年認知症の方々を受け入れて活動を続けて来ましたが、それぞれ施設に入所されたり病院に入院されました。また、2020年来のコロナ禍の影響もあり、ここ数年「空知ひまわり」の活動の減少状況が続きました。

会員の皆さんも高齢となられ「これからは、自分自身がお世話して頂くような身体になりました」、「今後、お手伝いできることがあれば、自分の体力に合わせてできる限りお手伝いいたします」というご意見の方々がほとんどでした。

時代の変化や世界状況など鑑みて、自然な時代の流れに沿って、誠に残念ではありますが若年認知症家族会「空知ひまわり」の解散となりました。

空知ひまわり 15年間の主な活動
空知ひまわり 15年間の主な活動
第37回道新ボランティア奨励賞受賞
第37回道新ボランティア奨励賞受賞
第37回道新ボランティア奨励賞受賞
第37回道新ボランティア奨励賞受賞
奨励賞受賞に際して1
奨励賞受賞に際して2
第37回道新ボランティア奨励賞受賞のお礼
第37回道新ボランティア奨励賞受賞のお礼

若年認知症家族会「空知ひまわり」15年間の軌跡

皆さんの意見交換後には、この貴重な15年を振り返る写真展示を皆さんで拝見しました。これは事務局長・中村道人さんを中心に、事務局の方々が1か月程かけてまとめられた展示です。

15年間で1万枚以上撮影した写真の中から35枚を選び抜きプリントして展示された写真。そして、10周年の講演会の時にパワーポイントで示された65枚写真映像が展示されました。

皆さん、写真の前に立ち止まり、それぞれ当時の活動に想いを馳せ、15年の歳月が走馬灯のように蘇り、懐かしい思い出の数々に胸が熱くなりました。

15年間の思い出写真
15年間の思い出写真
第51回北商ロードレーズ大会他
第51回北商ロードレーズ大会他
クリスマス会、新年会他
クリスマス会、新年会他
市民健康フォーラム他
市民健康フォーラム他
空知ひまわり5周年他
空知ひまわり5周年他
空知ひまわり1周年他
空知ひまわり1周年他
懐かしい思い出に浸る皆さん。。。
懐かしい思い出に浸る皆さん。。。

10周年の講演会の時、パワーポイントで示された65枚写真映像も展示されていました。

パワーポイントで示された65枚写真
パワーポイントで示された65枚写真

37回道新ボランティア奨励賞受賞の盾が干場功 代表に

最後に、第37回道新ボランティア奨励賞受賞(2013年受賞)の賞状と盾、さらに展示写真が、田中盛亮 副代表より干場功 代表に手渡され閉会。

第37回道新ボランティア奨励賞受賞
第37回道新ボランティア奨励賞受賞
展示写真と賞状の受け渡し
展示写真と賞状の受け渡し

お土産:お弁当・ドリンク・フリーザーバック

お土産に「お弁当・ドリンク・フリーザーバック」を頂き終了となり、三々五々家路へ。

お土産を受け取って。。。
お土産を受け取って。。。
フリーザーパック&ドリンク
フリーザーパック&ドリンク
美味しいお弁当!
美味しいお弁当!

私達夫婦の感謝の想い

空知ひまわり2周年・私達がはじめて北竜町を訪れた時の感動の瞬間!
空知ひまわり2周年・私達がはじめて北竜町を訪れた時の感動の瞬間!

私達夫婦にとって、若年認知症家族会「空知ひまわり」の会は、特別で貴重な存在でした。私達が、今この素晴らしい北竜町に存在できるのは、本当に「空知ひまわり」の皆様のお陰です。

2009年に干場功代表との有り難いご縁をいただき、北竜町に移住の決意をするきっかけとなったのが、当時鍋パーティを開いて私達を優しく迎えてくださった皆様の温かい真心とお心遣いでした。

私達の心が、どれだけ救われ、どれだけ感謝感激したことか、言葉で言い表せない感謝の想いでいっぱいです。

私達は、今後この皆様への感謝の気持ちを胸に抱いて、今も尚温かく支えてくださっている、多くの北竜町の皆さんへのご恩返しをしながら、一歩ずつ丁寧に残されて人生をゆっくりと歩んでいきたいと思います。

本当にありがとうございます!
私達を見守り支えてくださる有り難い北竜町の皆様に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

その他の写真

関連記事

北竜町ポータル

2023年1月31日(火) 北海道新聞どうしん電子版(1月31日付け)に「」、の記事が掲載されましたので、ご紹介いたしま…

7月22日(土)18:45〜、若年認知症家族会 空知ひまわり・10周年記念事業 懇親会が、サンフラワーパーク北竜温泉にて…

北竜町ポータル

2020年7月6日(月) 6月30日(火)、北竜町の地域おこし協力隊員としてご活躍された干場功氏(ほしば いさお・81歳…

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子