㊗️ 佐野豊氏 無投票当選 & 北竜町長選挙・街頭演説で「喜びを共感する」町作りをアピール

2020年1月29日

2020年1月29日(水)

1月28日(火)、真っ青な青空が広がり、最低気温が氷点下21℃を示した厳寒の朝9時、北竜選挙告知日を迎え、北竜町庁舎前にて、多くの町民が駆けつける中、届け出を済ませた佐野豊氏の街頭演説が行われました。

街頭演説

選挙対策本部長・竹林均 氏のご挨拶

選挙対策本部長 竹林 均さんのご挨拶
選挙対策本部長・竹林均 氏のご挨拶

司会進行:選挙対策本部・小野敏 氏

選挙対策本部・小野敏 氏
選挙対策本部・小野敏 氏

来賓挨拶:北竜町議会議員・藤井雅仁 副議長

北竜町議会議員・藤井雅仁 副議長のご挨拶
北竜町議会議員・藤井雅仁 副議長のご挨拶

聞き入る人々

庁舎前に集まる人々
庁舎前に集まる人々
厳寒の空気の中、聞き入る人々
厳寒の空気の中、聞き入る人々

佐野豊 氏 街頭演説第一声

熱く語る佐野豊 氏
熱く語る佐野豊 氏

「今年一番の寒さになりました。厳しい寒さの中、何かとご多忙の中、こうして、大勢の皆さんにお集まりいただいております。心から感謝と御礼を申し上げます。いよいよ、北竜町町長選挙が告示となりました。町民の皆さんが安心して暮らせること、そして町民の皆さんの幸せを祈って、3度町長選挙に立候補させていただきました。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

町民の皆さんが『喜びを共感』できる町づくり

今、社会が大きく変化する中で、地球規模の環境問題、甚大な被害をもたらす自然災害など、あらゆる分野において、歴史的な変換期を迎えています。私は、北竜町の魅力を最大限に生かした環境・食・健康を重点に、ひまわりを核とした安心・安全な農産物、そして保養施設『北竜温泉』など、町民の皆さんが『喜びを共感』できる町づくりを推進していきたいと思います。

佐野豊氏と奥様のとも子氏
佐野豊氏と奥様のとも子氏

北竜町の農業をしっかりと強力に推進

安全な農産物を生産する北竜町の農業は、全国から注目を浴びています。皆さんもすでに御存知の通り、ひまわりライスは、ひまわりライス生産組合が生産情報公表農産物JAS規格の認証を取得しております。生産組合が、この認証を取得をしたのは、全国において北竜町だけです。

北竜町ひまわりライスは、日本で一番の安心安全なお米です。稲作づくりの先進地から視察に来町されています。安全な食糧を消費者に届けることが高く評価され、日本農業賞大賞受賞となりました。北竜町の米作りは、今日本一となっています。

ひまわりライス生産組合
ひまわりライス生産組合

全国から寄せられた北竜町への想いを大切に

そしてふるさと納税においても、平成27年から本年度まで、5年連続3億円を超える多くの寄付金が北竜町に寄せられております。このことは、ひまわりライスを中心に、ひまわりメロン、黒千石大豆、田からもちなど、北竜町の安全な農産物が全国から高く評価されているからです。本年度のふるさと納税の決算見込みでは、5億4,200万円が見込まれている所です。本当に嬉しいことです。

全国から寄せられた北竜町への想いを大切にしながら、今後の町づくりの貴重な財源でありますので、大切に使わせていただきます。長年にわたる、安心安全な素晴らしいお米を生産していただいている生産者の皆さんに心から感謝申し上げます。農業法人の設立支援、若い後継者の結婚支援、農業研修生を積極的に受け入れをするなど北竜町の農業をしっかりと強力に推進して参ります。

北竜町ふるさと納税・温かいメッセージありがとうございます!
北竜町ふるさと納税・温かいメッセージありがとうございます!

年間を通じて観光客の皆さんが訪れてくれるようなひまわりの里に

ひまわりの里にも年々観光客が増加し、昨年度は例年より、ひまわりまつりの開催期間が5日間少ないにもかかわらず、28万6千人という過去2番目の多くの観光客の方々が訪れ、ひまわりの里は多いに賑わいました。

インターネットを活用した高度な情報発信と、町の若い皆さんが立ち上げたご当地ヒーロー・ノースドラゴンの目覚ましい活躍により、年々観光客が増加しています。ひまわりの里は、日本だけでなく、今や世界の絶景として、里を訪れる多くの皆さんの心を捉える風景は、長年町民の皆さんが努力をしてきたその成果です。本当に嬉しい限りです。

ひまわりの里も造成から30年が経過しました。展望台、そして観光センターなど老朽化が著しくなっております。ひまわりの里は7月の末から8月の末まで1か月間のイベントです。こうしたひまわりの里の在り方を十分検討した中で、年間を通じて観光客の皆さんが訪れてくれるような、様々なイベントを開催できるよう考えていきたいと思っております。

第4回ひまわりの里 基本計画策定委員会
第4回ひまわりの里 基本計画策定委員会

子供は町の宝、頑張っている子供たちを応援

子供は町の宝であり、未来を担う礎です。すべての親が、安心して子育てができるよう、日本一の子育て支援を目指してまいります。

昨年実施された、全国の学力テストの結果によると、真竜小学校6年生の算数、北竜中学校3年生の国語と数学の平均点が全国で1位となりました。北海道、空知の平均点は全国平均を下回っていましたが、その中で、北竜町の子供たちは、実に素晴らしい成績を残しております。頑張っている子供たちを応援して、将来に夢を持つことの大切さを伝え、どうしたらその夢が叶うかを伝え、社会性のある子供たちを育ててまいります。

隈研吾氏設計「北竜町立やわら保育園」
隈研吾氏設計「北竜町立やわら保育園」

雪対策、足の確保の2つのプロジェクト

最後に、この選挙を終えたとき、2つのプロジェクトを立ち上げたいと思います。ひとつは、北国の冬の生活を創造しようということで、雪対策を考えております。町民の皆さん、除雪作業で大変苦労されておりますので、どうしたら快適に過ごせるのか、今のところまだ思案中でありますが、雪対策を構築したいと考えております。

もう一つは、皆さんの足の確保であります。公共交通の一層の充実です。乗り合いタクシーやスクールバスで行っておりますが、十分な対応でないと意見が寄せられておりますので、皆さんに納得できるような、地域公共交通を整理したいと考えています。

議会と行政、町民の皆さんとじっくり話し合い、ご理解いただいて3期目の町政を担っていきたと思います。まだまだ話したいことは沢山ありますが、寒さが厳しいのでこの辺でおわりにしたいと思います。

町民が幸せの町づくりに一生懸命頑張って参ります

高齢者福祉対策、商工業支援など十分に進めて参りますので、ご理解をいただきたいと思います。町民が安心して暮らせること、町民の幸せを願って、町民が幸せの町づくりに一生懸命頑張って参りますので、どうぞ皆さん、ご支援の輪を広げていただくよう重ねてお願い申し上げて、第一声の挨拶とさせていただきます。どうぞ、皆さん、宜しくお願いいたします」と、力強く語られた佐野 氏です。

力強い街頭演説!
力強い街頭演説!

全員でガンバローコール

「佐野豊の当選めざして、ガンバロー!!!」と全員でガンバローコールを唱和しました。

ガンバローコールを唱和!
ガンバローコールを唱和!

北竜町内の遊説

この後、街宣車で夕刻5時まで町をくまなく周り、街頭演説を実施いたします。

街宣車で出発!
街宣車で出発!

無投票当選:午後5時・町内防災無線放送

午後5時過ぎ、町内防災無線放送により、
「令和2年2月2日の北竜選挙は、1月28日午後5時をもって、立候補者の受付を終了いたしました。その結果、立候補者は定数1名に対して、同数の1名の届け出がありましたので、次の方が無投票当選となりました。

佐野豊氏(68歳)無所属 現職。従いまして、2月2日の投票は行いませんのでお知らせいたします」と放送されました。

佐野豊 氏が、無投票当選と決定いたしました。おめでとうございます!!!
3期目の北竜町長としてのこれからの益々のご活躍をご祈念申し上げます。

北竜町のこれからの輝かしい未来に、大いなる尊敬と感謝と祈りをこめて。。。

北竜町の輝かしい未来に、感謝と祈りをこめて。。。
北竜町の輝かしい未来に、感謝と祈りをこめて。。。

その他の写真

北竜町長選挙・佐野豊氏 街頭演説の写真(42枚)はこちら >

関連記事

北竜町長選挙の日程及び立候補予定者説明会開催のお知らせ(2020年01月07日)

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子