特集記事・旬な話題

『森林レクリエーション』2020年5月号に鈴木輝隆先生「地域創生のためのデザイン戦略(3)北海道北竜町」特集記事が掲載されました

2020年6月4日(木)

(一社)全国森林レクリエーション協会(本部:東京都)が刊行する機関誌『森林レクリエーション』2020年5月号に、鈴木輝隆先生が執筆された「地域創生のためのデザイン戦略(3)北海道北竜町」の特集記事が掲載されました。

5月号では、カラー6ページに渡り、北竜町を詳細にご紹介いただいています。また、6月号では、北竜町役場から「ひまわりの種を先着500人に『外出自粛お見舞い』として町の元気を届けたい」との申し出が掲載されています。

鈴木輝隆先生は、ローカルデザイン研究所BEENS代表、江戸川大学名誉教授、元立正大学経済学部特任教授として、全国の地域創生を手がけられていらっしゃいます。

また、2017年10月より、梅原デザイン事務所・梅原真氏(高知県在住)と共に、「北海道北竜町ひまわり観光大使」にご就任いただき、さらに「ひまわりの里基本計画策定委員会」委員長として、町の観光拠点の基本計画策定にご尽力いただいております。

今回の記事では、北竜町ポータルの画像をご利用いただき、記事を参考にしていただきました。

『森林レクリエーション』2020年5月号・6月号
『森林レクリエーション』2020年5月号・6月号 表紙
『森林レクリエーション』2020年5月号・6月号
『森林レクリエーション』2020年5月号・6月号 本文

関連記事・サイト

第4回ひまわりの里 基本計画策定委員会・隈研吾氏を交える町民との検討会(2020年1月20日)
梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)

(一社)全国森林レクリエーション協会ホームページ・最近の機関誌