『あんどーなつ』(ビッグコミックオリジナル)に黒千石登場!

2012/03/26 4:49 に 寺内昇 が投稿   [ 2015/07/03 1:51 に更新しました ]
2012年3月26日(月)

黒千石大豆が、ついにマンガに登場!
それは、発行部数約70万部を誇る、小学館コミック『ビッグコミックオリジナル』に、
2005年から連載中の、江戸和菓子職人物語『あんどーなつ』。



ビッグコミックオリジナル:4月5日号、3月20日号、3月5日号



江戸和菓子職人物語
 あんどーなつ
作/西ゆうじ 画/テリー山本


洋菓子職人(パティシエ)を目指す安藤奈津は、
就職活動中に和菓子職人の梅吉と竹蔵に出会う。
彼らの働く浅草の満月堂は、
江戸時代から続く老舗でありながら、跡継ぎを失い、
若い職人を求めているというのだ。
体と心にやさしい和菓子の味と、
厳しくも温かい職人の世界に魅せられた奈津は、
満月堂で働き始める・・・

(小学館ビッグコミックオリジナル・連載作品紹介より引用)



という物語「あんど~なつ」

なつが、湯河原温泉(神奈川県)の町おこし・新名物菓子開発のために、思いついた豆大福は、黒千石を使ったもの。
しかし、茶道一ツ橋流の家元・一橋あやめは、黒千石だけでは、「地の色」にならないという。

『地の色』とは、品物にそこはかなく漂う『その地らしさ』の事です。いくら美しく見た目の面白い菓子であっても、この湯河原の、『地の色』がなくては、新名物としての意味がありません。ましてや、お客様の購買心はくすぐられないのです。(第156話より引用)

そこで、なつが懸命に考えた方策とは・・・・・

第155話「幻の豆」(3月5日号)、第156話「地の色」(3月20日号)、第157話「新菓子誕生」(4月5日号)、・・・さてはて豆大福の行方は。。。

黒千石に関する話題は、次回・第158話で完結。。。
ビッグコミックオリジナル4月20号は、4月5日(木)に発売!


▶ 関連ページ
  ・
北竜町の黒千石大豆

 黒千石についてのお問い合わせ・お買い求めは
      黒千石事業協同組合
  〒078-2503 北海道雨竜郡北竜町字碧水31-1
  TEL(FAX) 0164-34-2377
       Web Shop はこちら


◇ いくこ&のぼる



Comments