ノルディックウォーキング体験会(山森和也インストラクター)が開催されました

2015/09/27 3:59 に 寺内昇 が投稿   [ 2015/09/27 4:44 に更新しました ]
2015年9月28日(月)

ウォーキング日和となった9月26日(土)、北竜町地域おこし協力隊員・山森和也インストラクターが指導する「ノルディックウォーキング体験会」が行われました。北竜町教育委員会の主催です。


ノルディックウォーキング体験会 
ノルディックウォーキング体験会


午前10時、集合場所は、B&G海洋センター駐車場。参加者は80代~30代の男女およそ20名ほど。
定員15名をオーバーし、隣町の沼田町の「ぬまたエンジョイスポーツクラブ」のご好意により、不足のポールをお借りしての開催となりました。


ノルディックウォーキング用のポール 
ノルディックウォーキング用のポール(Naito製・着脱式ストラップ&レバー式ジョイントタイプ)


山森和也インストラクターのお話し

まず、山森和也インストラクターの「ノルディックウォーキング」についての解説です。


山森和也インストラクター 
山森和也インストラクター


ノルディックウォーキングの沿革

・フィンランドのクロスカントリーの選手が、夏場のトレーニングとして始めた運動がノルディックウォーキングとして
 発展しました。フィンランドの街では、リユックを背負ってポールをもって買い物に行く人々をよく見かけます。
 フィンランドでは5人に1人が、ポールをもって運動しています。
・日本には、1999年に上陸。北海道伊達市大滝村で始まり、全国に広まって行きました。
 日本でノルディックウォーキングの人口が多いのは、北海道、宮城県、沖縄の順です

ノルディックウォーキングの効用

・リハビリに効果的な運動としてのノルディックウォーキング
・膝や腰痛予防に最適な運動がノルディックウォーキング

気をつけるところ

・きちんとした姿勢をとって行うと効果が上がる
・自己流の姿勢で行うと、かえって筋肉を痛めることがあるので注意が必要
・マイポールが欲しくなる(ポール購入費が必要)

良いところ

1.全身運動
  ・ポールを使うことで、上半身の筋肉もより積極的に使われる
  ・首や肩の血行も促進され鍛えることができる
  ・消費カロリーが多く、ダイエット効果が髙い

2.姿勢がよくなり、若返って表情が明るくなる

3.通常のウォーキングに比べ、膝・腰への負担が30%も少ない
  ・ポールを使うことによって脊柱起立筋が強化され、歩く姿勢が美しくなる
  ・姿勢がよくなり胸を張ることによって、呼吸器系が鍛錬される

4.冬でも安心して運動できる
  ・ポールを持つことによって姿勢が安定する

その他

・沼田町では、「ぬまたエンジョイスポーツクラブ」がノルディックウォーキング教室を開催
・運動量が多いので、水分補給を充分に!

 主催者・進行のお手伝をしていただいた方々

・主催者の北竜町教育員会・髙橋淳 係長、同・手嶋啓太 職員。
・参加者からは、経験のある 吉田愛さん、佐藤深幸さん。


北竜町教育委員会・高橋淳 係長 
北竜町教育委員会・高橋淳 係長
アキレス腱のストレッチ 
進行のお手伝い:吉田愛さん(手前)、佐藤深幸さん(手前から2人目)

集合風景 
写真撮影をする北竜町教育委員会・手嶋啓太 職員


ノルディックウォーキングの基本動作

1.ストラップの外し方


ポールの握り方 
ストラップがワンタッチでポールから取り外せます


2.ストレッチ

・ポールに体重をかけながら、身体を前に倒して腰を伸ばす


腰を伸ばす 
腰を伸ばす


・腕を横に開いて

腕を横に開く 
腕を横に開く


・身体を起こして胸を開いて、ポールを後ろに倒す

身体を起こして胸を開いて、ポールを後ろに倒す 
身体を起こして胸を開いて、ポールを後ろに倒す


・足を後ろにひいて、アキレス腱を伸ばす

アキレス腱を伸ばす 
アキレス腱を伸ばす


・腰を落として、股関節周りの筋肉を伸ばす

股関節周りの筋肉を延ばす 
股関節周りの筋肉を延ばす


ポールを持って歩く

ポールを持って歩く 
ポールを持って歩く


歩き方の基本

・普通に歩くように、手を足を交互に動かす
・ポールを握って離す(グー、パーの繰り返し)
・ポールを前に出すときに握り、後ろへは、押し出すように手をクリップから離す


ポールを握って離す(グー、パーの繰り返し) 

ポールを握って離す(グー、パーの繰り返し) 
ポールを握って離す(グー、パーの繰り返し)


・二人一組になって、ポールの握り方離し方の練習

二人一組になって、ポールの動かし方の練習 
二人一組になって、ポールの握り方離し方の練習


軽く歩いて・・・<

軽く歩いて・・・ 
軽く歩いて・・・


さあ、スタート!

さあ、スタート! 
さあ、スタート!


・ひまわりの里を回って、3km~5kmほどの距離をウォーキング!

ひまわりの里を回って 

ひまわりの里を回って 

ひまわりの里を回って 
ひまわりの里を回って ひまわりの里を回って 
AED(自動体外式除細動器)を背負って歩く山森インストラクター


ゴール!

皆さん無事に戻ってこられて、運動後のストレッチ体操で終了となりました。

運動後のストレッチ体操 

運動後のストレッチ体操 
運動後のストレッチ体操


お手伝いの皆さん、山森インストラクター手作りの「走破記録証」に丁寧に記録した後、皆さん一人ひとりに配られました。今日から、札幌までの距離109km走破をめざして、ノルディックウォーキング、GO!GO!


山森和也さん手作りの「走破記録証」を配布 

山森和也さん手作りの「走破記録証」を参加者一人ひとりに配布 

山森和也さん手作りの「走破記録証」を参加者一人ひとりに配布 
山森和也さん手作りの「走破記録証」を参加者一人ひとりに配布


素敵な景色と美味しい空気を吸い込みながら、良い汗かいて、
身体に心地よい全身運動「ノルディックウォキング」に、
限りない愛と感謝と笑顔をこめて。。。


参加者全員で記念撮影 
参加者全員で記念撮影
xxx  xxx 
北竜町をノルディックウォーキングで散策


写真(88枚)はこちら >>


◆ 関連ページ

KAZUYA(山森和也)の健康スタジオ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子