平成24年度 空知管内老人のつどいの開催(雨竜町)

2012/09/02 2:00 に 寺内昇 が投稿   [ 2012/09/02 5:23 に更新しました ]
2012年9月2日(日)

「処暑」も過ぎ、季節は秋を迎えようとしている8月の末。今年は、北海道にも例年にないような厳しい残暑が続いています。8月30日(木)、「平成24年度空知管内老人のつどい」が、雨竜町公民館・大ホールにて開催されました。

老人クラブとは、地域を基盤とする高齢者の主体的な組織。仲間づくりを通して、生活を楽しみ、地域を豊かにする活動を積極的に行なうことを目的としています。
全国的な組織としては、全国老人クラブ連合会があり、今年、2012年に50周年を迎えます。現在、61の都道府県・政令指定都市の連合会が加盟し、クラブ数は全国で11万、会員数は718万人。

空知地区老人クラブ連合会が主催する「老人のつどい」は、今年は雨竜町老人クラブ連合会が主管となりました。
後援は、北海道空知総合振興局、雨竜町、北海道老人クラブ連合会、空知管内社会福祉協議会連絡協議会、雨竜町社会福祉協議会。多くのの方々のご協力のもと開催されています。

今日の集いは、空知管内14町の老人クラブが集合し、262名が参加されました(参加町:南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町)。

開会の辞:

野 道夫様(空知地区老人クラブ連合会副会長)より開会の辞を賜った後、老人クラブ会員の方々のご冥福をお祈りし、黙祷。


場内風景    場内風景
平成24年度空知管内老人のつどい 場内風景

 式辞:

空知地区老人クラブ連合会会長の小田桐実 様より式辞が述べられました。

高齢者の社会活動と生きがいを目的に開催しております老人のつどいに、各町から多くの方々がお集まり戴いたことに厚くお礼申し上げます。
我が国の少子高齢化で、空知管内における65歳以上の高齢者人口は、総人口の32.1%(平成23年度の統計)に達しております。
故に、地域における高齢者の果たす役割は、ますます重要になってきております。
見守りや健康的なスポーツを積極的に行い、互いに高め合い協力し合う活動、そして地域を豊かにする社会活動に皆様のご尽力を賜りますよう、今後ともご協力ご支援を宜しくお願い申し上げます


受賞された方々への深い敬意と皆様への感謝の意が述べられました。

 歓迎の挨拶:

雨竜町老人クラブ連合会長の村口廣道 様より、雨竜町の歴史についての丁寧なご紹介と歓迎のご挨拶をいただきました。


空知地区老人クラブ連合会・野 道夫 副会長    空知地区老人クラブ連合会・小田桐 実 会長    雨竜町老人クラブ連合会・村口 廣未知 会長
左より:空知地区老人クラブ連合会・野 道夫 副会長、同連合会・小田桐 実 会長、
雨竜町老人クラブ連合会・村口 廣未知 会長

 祝辞:

・北海道空知総合振興局保健環境部環境福祉長・大野俊彦 様

我が国は、社会環境が大きく変化してきております。これからの高齢者の皆さんが、ますます健康で生きがいをもたれ、安心した自立生活を送ることができるような社会が必要をされます。
こうした中、我が国では、『老人の福祉への関心を深めること』『老人自らの生活の向上に務める』という2つを目的として、9月15日を老人の日、15日~21日までを老人週間としています。
空知管内では、昨年における100歳の長寿者は193名。全道では2,180名(前年度より163名増加)が100歳になられており、とても素晴らしいことです。
空知地区老人クラブ連合会では、スポーツ活動を通じた健康づくりや、地域活動に積極的に取り組まれており、大きな実績を積み重ねておられます。
午後からは、芸能発表において、皆さんの日頃の活動の成果が披露される聞いております。皆様方がお互いの創意を深められて、楽しい一日となられることを心より願っております


続いて、雨竜町・藤木悟 町長、雨竜町議会・大山口良二 議長より、ご祝辞をいただきました。


北海道空知総合振興局保険環境部・大野俊彦 環境福祉長    藤本 悟 雨竜町長    雨竜町議会・大山口 良二 議長
左より:北海道空知総合振興局保険環境部・大野俊彦 環境福祉長
藤本 悟 雨竜町長、雨竜町議会・大山口 良二 議長

 表彰:

空知区老人クラブ連合会長表彰。役員としての老人クラブ育成指導功労者の方々(21名)の長年に渡るご尽力に対する表彰です。

・南幌町:山田耕造 様、石井國夫 様、鈴木純一 様
・奈井江町:橋下哲 様、井元巌 様、渡辺豊光 様
・上砂川町:門馬信子 様
・長沼町:山谷明義 様
・栗山町:山田茂 様、永井貞子 様
・月形町:嶋田勝見 様、渡邊信一 様、石川英子 様
・浦臼町:澤俊夫 様、
・妹背牛町:佐藤勇次 様、栗原正一 様
・秩父別町:森久夫 様
・雨竜町:金山靖治 様、竹ヶ原新作 様
・沼田町:鷲尾金一 様、松井イツ 様

皆様、おめでとうございます!

 来賓のご紹介:

雨竜町社会福祉協議会長・造田定男様。そして、祝電のご披露となりました。

 謝辞:

被表彰者を代表して、雨竜町の竹ヶ原新作 様が感謝の意を表されました。

この度私達21名は、空知地区老人クラブ連合会長表彰の名誉を受け、誠に感謝いたします。
これも一重に関係者の皆々さまの格別なご指導ご鞭撻の賜物と厚くお礼を申し上げます。
この度、ご多忙の中、ご列席戴きましたご来賓の皆様より、心温まるお言葉並びに激励を戴き、厚くお礼申し上げます。
本日の栄誉を英気として、今後益々努力を重ね、地域社会に尽くしてまいります。
会員並びにご来賓の皆々様の今後変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげて、お礼の言葉といたします。
本日は誠にありがとうございました


表彰    表彰    竹ヶ原 新作 様
左・中:表彰  右:謝辞(表彰者代表・雨竜町)竹ヶ原 新作 様

 休憩・昼食:

皆さん一緒に、和気藹々と楽しく、美味しいお弁当を戴きました。


昼食    日の出食堂さんのお弁当    昼食
昼食(味工房「日の出」さんのお弁当)

 アトラクション:

「白百合会」の皆さんの華麗なる舞踊、そして「ナープアうりゅう」の皆さんによる優美なフラダンスが、会場の雰囲気に華を添えました。

 演芸発表:

それぞれの町を代表して37名の方々の、芸能における日頃の成果が披露されました。

芸能発表のトップを飾るは、わが町北竜町。大正琴の「みどり琴の会」の皆さんは、ひまわりのような鮮やかな黄色の衣装を身にまとい、キラキラと輝いていました。大正琴の躍動感溢れる音色は、時に柔らかく優雅に、時に力強く、交じり合い繋がり合う素敵なハーモニーです。

1.北竜町:みどり琴の会(小林千加子さん外12名の皆さん) 大正琴:「風雪ながれ旅」「マンボおてもやん」
2.雨竜町:白梅会(小山勝利さん)踊り:「安来節」
3.南幌町:西町みどり会(吉田政保さん)歌謡曲「雨の港」
4.月形町:福寿会(菅原雪子さん)歌謡曲「冬ぼたん」
5.長沼町:交楽会踊り部(中野愛子さん、侍永恵美子さん)踊り「伊豆の宿」
6.栗山町:五区鶴令会(楢崎忠彦さん)民謡「相撲甚句(栗山オリジナル編)
7.上砂川町:中央老人クラブ(槙沢博子さん)歌謡曲「送り酒」
8.奈井江町:巌島長寿会(小澤英夫さん)歌謡曲「仕事の宿」
9.浦臼町:鶴沼老人クラブ(大黒澄子さん外3名)民謡「秋田舟方節」
10.由仁町:永寿会(舛田光子さん)踊り「天命」
11,沼田町:沼田長生クラブ(赤井智恵子さん)歌謡曲「安芸の宮島」
12.秩父別町:秩父別町老連健康おどりサークル(斉藤チエさん外7名)踊り「百歳音頭」
13.妹背牛町:妹背牛町老人クラブ連合会(酒井虎男さん)歌謡曲「花も嵐も」
14.雨竜町:牧岡拓寿会(田口清美さん)歌謡曲「女の山河」
 ・最後のフィナーレを飾るに相応しい、迫力満点の歌声に感動です!

若さ溢れる皆さんの元気な歌や踊りに、たくさんの元気パワーを戴いた1時間でした。


演芸発表
参加老人クラブ皆さんの演芸発表

 万歳三唱・閉会の辞:

奈井江町老人クラブ連合会長・小田桐実 様による万歳三唱、空知地区老人クラブ連合会副会長・菅野幸一 様の閉会の辞で幕が下ろされ、次回の開催地である奈井江町老人クラブへとバトンタッチされました。


万歳三唱    空知地区老人クラブ連合会・菅野 幸一 副会長
左:万歳三唱   右:閉会の辞:空知地区老人クラブ連合会・菅野 幸一 副会長


自らの積極的な行動力が

生きがいと健康づくり、地域の社会活動へと繋がっていく

偉大なる老人パワーに

限りない愛と感謝と笑顔をこめて。。。


大正琴の会「みどりの会」の皆さん(北竜町)
大正琴の会「みどり琴の会」の皆さん(北竜町)


平成24年度 空知管内老人のつどい   写真(67枚)はこちら


◆ 関連記事

みどり琴の会(浅野久美子 代表)が第17回欣燁会で大正琴を披露(2012年3月12日)


◇ いくこ&のぼる



Comments