文化・活動

特集記事・目次        ・農業        ・農畜産物直売所・情報       ・町内会        ・サークル活動       ・スポーツ

ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ

2019/08/29 22:03 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/29 23:30 に更新しました ]

2019年8月30日(金)

令和元年8月26日(月)午後6時30分より、ホテルサンフラワーパーク北竜温泉・多目的ホール(2F)にて、「ひまわりライスおむすびコンテスト」結果発表・表彰式、及び懇親パーティが開催されました。

・主催:マルシェ株式会社(本社・大阪府大阪市)
・共催:北竜町
・後援:JAきたそらち北竜支所、サンフラワーパーク北竜温泉、アサヒビール株式会社

目次

  1. 1 ▶ 「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」の2部門
  2. 2 ▶ 表彰式
    1. 2.1 ▶ 主催者挨拶:マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長
    2. 2.2 ▶ ひまわりライスおむすびコンテストの概要についての説明:マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長
    3. 2.3 ▶ おむすびコンテストの概要
    4. 2.4 ▶ 7月10日:マルシェ(株)メニュー開発部にて書類選考
    5. 2.5 ▶ 7月12日:マルシェ(株)にて最終選考
    6. 2.6 ▶ 選考者ご紹介(7名)
      1. 2.6.1 ● おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表
      2. 2.6.2 ● アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長
      3. 2.6.3 ● マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長
      4. 2.6.4 ● 摂南大学経済学部・持永政人 教授
      5. 2.6.5 ● 立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授
      6. 2.6.6 ● 心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)
    7. 2.7 ▶ 審査内容
  3. 3 ▶ 表彰式 & 受賞者コメント
    1. 3.1 ▶ おむすび部門
      1. 3.1.1 ● 優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校2年生)
      2. 3.1.2 ● 準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様(妹背牛中学校2年生)
      3. 3.1.3 ● 3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤亜也子 様(深川市)
      4. 3.1.4 ● アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町)
      5. 3.1.5 ● 特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)
      6. 3.1.6 ● 特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口雄彗 様(深川市)
      7. 3.1.7 ● 特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)
    2. 3.2 ▶ 焼きおむすび部門
      1. 3.2.1 ● 優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校2年生)
      2. 3.2.2 ● 準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市)
      3. 3.2.3 ● 3位(持永取締役賞):「ひまわりベーコン焼きおむすび」磯田萌 様(札幌市)
      4. 3.2.4 ● アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)
      5. 3.2.5 ● 特別賞 JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様(北竜町)
  4. 4 ▶ 北竜町からの参加賞
  5. 5 ▶ マルシェ(株)様からの Good News
  6. 6 ▶ 記念撮影
  7. 7 ▶ 懇親パーティ
    1. 7.1 ▶ 乾杯:JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事
    2. 7.2 ▶受賞者出品に関するエピソード
      1. 7.2.1 ● 勝部由愛先生のお話
      2. 7.2.2 ● 坂本征人 校長先生のお話
    3. 7.3 ▶ 和気あいあいとご家族のみなさんと一緒に楽しい会場風景
    4. 7.4 ▶ 「おむすビジネス」についての紹介
      1. 7.4.1 ● ふるさとおにぎり百選
      2. 7.4.2 ● おむすびの日
      3. 7.4.3 ● おにぎり検定
      4. 7.4.4 ● おにぎり専門店「百千(ももち)」
      5. 7.4.5 ● 人気のおむすび屋・東京港区三田「三田おにぎり」
      6. 7.4.6 ● おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」
      7. 7.4.7 ● 佐藤初女さん
    5. 7.5 ▶ 「おむすび同好会」の提案
    6. 7.6 ▶ 閉会のご挨拶:アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長
  8. 8 ▶ その他の写真(234枚)はこちら >>
  9. 9 ▶ 関連記事・サイト

サンフラワーパーク北竜温泉 
サンフラワーパーク北竜温泉

表彰式会場・多目的ホール 
表彰式会場・多目的ホール(2F)


「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」の2部門

エントリーは「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」に分かれています。

・おむすび部門:
優勝(谷垣会長賞)・準優勝(加藤社長賞)・3位(田中取締役賞)、アサヒビール賞、鈴木輝隆賞、梅原真賞、JAきたそらち賞が授与

・焼きおむすび部門:
優勝(谷垣会長賞)・準優勝(加藤社長賞)、3位(持永取締役賞)、アサヒビール賞、JAきたそらち賞が授与

マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長の総合司会によりスタートです。


マルシェ(株)執行役員・商品営業部・熨斗和之 部長 
マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長


表彰式

主催者挨拶:マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長


マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長 
マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長


「沢山の皆さんにお集まりいただき、大感激いたしております。マルシェ(株)は、大阪市に本社があり、宮城県仙台市から鹿児島県まで、約450店舗ほど展開しています。

去年の秋、ひまわりライスと出逢い、取引させていただくこととなりました。お店で、おむすび、焼きおむすび、とり天むす(鶏の天麩羅をのせたおむすび)の3種類を売り出したところ、創業49年目にして『これだけおむすびが売れるんかい!』というぐらいまで売れて、びっくりいたしました。そこで考えました。本当は、地元の皆さんが、この地域で作られているひまわりライスを使って、色々なアイデアをだしておむすびを作ってはどうか。そのおむすびが全国に知れ渡って、豊かになるのではないかと考えたのです。

JAさんにご相談したところ、『おむすびコンテスト』をやってみようということになりました。募集開始当初は、応募数が伸びませんで、ハラハラドキドキしました。令和が始まった5月1日に募集を開始し、2か月間で54件の応募をいただきました。なかなか質の高いおむすびばかりです。今日は、そのおむすびの中から、素晴らしい作品の表彰をさせていただきます。

おむすびを通じて、この地域の皆さんが、どんどん明るく楽しくひまわりのように輝いて、豊かな地域になられますことを祈念いたします。今日の表彰式そして懇親会を宜しくお願いいたします」と谷垣会長のお言葉です。


マルシェ(株)キャンペーンポスター 
マルシェ(株)キャンペーンポスター


ひまわりライスおむすびコンテストの概要についての説明:マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長


ひまわりライスおむすびコンテストの概要 
ひまわりライスおむすびコンテストの概要の説明


 おむすびコンテストの概要


おむすびコンテストの概要 
おむすびコンテストの概要


・募集内容:ひまわりライスを使用した「おむすび部門」及び「焼きおむすび部門」のアイデアレシピ
・募集期間:2019年(令和元年)5月1日(水)から6月30日(日)まで

・ルール:
1.ひまわりライスを使用すること(品種:ゆめぴりか、ななつぼし、おぼろづき、きたくりん)
2.ひまわりライスを炊き上げる際に、「燦燦ひまわりオイル」を少量加えること(量は各自で工夫してください)
3.おむすびは、ごはんを手で握ること。焼きおむすびは、それの表面を焼くこと。中に入れる具材、トッピング、海苔・ごまなどは自由ですが、おむすびとは?を考えたものであることとします
4.できるだけ飲食店で提供しやすいレシピであること(複雑すぎないもの、お客さまが注文しやすいもの)

・応募総数:54品、出品者39名
 おむすび部門で40品、焼きおむすび部門で14品

7月10日:マルシェ(株)メニュー開発部にて書類選考

料理長(男性)、その他6名(女性)のスタッフによる厳正な審査により、おむすび部門8品、焼きおむすび部門6品、計14品を選定。


選考方法 
選考方法


7月12日:マルシェ(株)にて最終選考


最終選考 
最終選考


選考者ご紹介(7名)

おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表

・マルシェ(株)取締役会長、ひまわりの里基本計画策定委員、大阪府立大学博士(経済学)


マルシェ(株)取締役会長・おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表 
マルシェ(株)取締役会長・おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長 
アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長

・メッセージ:
「北竜町のひまわりライスのおむすびで、世の中の人に食べてもらいたいという気持ちとその行動は、必ず地域の人の心を動かすことになると確信しております」


マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長 
マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長


摂南大学経済学部・持永政人 教授

・專門分野:観光学/人的資源管理論 研究内容:地方自治体との連携による地域活性化活動、地域媒体を活用した観光情報発信とブランドづくり、観光産業におけるインターンシップのあり方

立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授

・経済学博士、管理栄養士、2050食生活未来研究会主催


立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授 
立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授


心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)

・第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡壮志 部長


心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡荘志 部長 
心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡壮志 部長


審査内容

・1.味、2.見た目、3.独創性、4.地域性、5.販売可能性の5つの項目を10段階に分けて評価

試食後、厳正なる審査により受賞作品の決定となりました。


選考時の様子 
選考時の様子


表彰式 & 受賞者コメント


表彰式 
表彰式


おむすび部門

優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校2年生)


優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打 舞菜様(妹背牛中学校) 
優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校)


・谷垣会長コメント:
「とにかく食べてその美味しさにビックリしました。深川産ベーコン・北海道チーズ・ひまわりライスがとてもよく合い、ひまわりオイルがその3つを取り持っている絶妙のバランスを感じました。これは、老若男女問わずお店でも絶対売れるはず!と確信します。これもまた妹背牛中学生恐るべし!
懇親会でも作っていただいたので、是非皆さん味わってみてください。本当に美味しいです」。

・賞金:5万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)


谷垣会長コメント 
谷垣会長コメント


・金打さんコメント:
「私達はクラスでこのコンテストに応募させていただきました。クラスの学級目標が『お弐ぎり~18人の素材をひとつに~』というもので、まさか、クラスから3人も受賞者がでるとは想像していなかったので、とてもびっくりしています。ありがとうございます!」。


金打舞菜 様コメント 
金打舞菜 様コメント


準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様(妹背牛中学校2年生)


準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様 
準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様


・加藤 審査員コメント:
「13歳、岡部陽空くん、見た目は派手さはないのですが、これはシンプルに美味しい。ですから、「シンプルイズベスト」です。そばの実を使ってネーミングも味もシンプルで、大阪のお店で「中毒にならないよう」に気をつけて販売させていただきます。

・賞金:1万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・岡部さんコメント:
「クラスのみんなで、このおむすびコンテストに応募しました。その時調べて、使う材料が、深川産と北竜町産にこだわって作りました。食べた時の食感に面白さがあり、中毒性があります。5万円を上げたくなる美味しさです。ありがとうございました」。


岡部陽空 様コメント 
岡部陽空 様コメント


3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤亜也子 様(深川市)


3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤 亜也子様(深川市文光町) 
3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤 亜也子様(深川市文光町)


・田中 審査員コメント:
「具の味付けが絶妙です。またご飯と具のバランスが良く、大変美味しいおむすびに仕上がっています」。

・賞金:5千円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・佐藤さんコメント:
「大変光栄に思います。私は台湾が大好きで、大好きな北竜町と台湾を思い浮かべながら作りました。今日一緒にきている母にも沢山試食してもらい、家族に感謝しています。ありがとうございます!」。


佐藤亜也子 様コメント 
佐藤亜也子 様コメント


アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町)


アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町字和) 
アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町字和)


・船本 審査員コメント:
「シンプルな塩味と食感でかなり美味しく食べれました。炊きたてのご飯との相性は抜群です」

・贈呈:アサヒビール・スーパードライ1ケース(24本)

・浅木さんコメント:
「『黒千石カリッと』というお菓子を混ぜました。黒千石をお菓子として食べるだけでなく、北竜町のひまわりライスと一緒に食べていただきたいと思い作ってみました」。


浅木日登美 様コメント 
浅木日登美 様コメント


特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)


特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町) 
特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)

立正大学経済学部・鈴木輝隆 特任教授 
立正大学経済学部・鈴木輝隆 特任教授


・鈴木輝隆 審査員:
立正大学経済学部特任教授、北竜町ひまわり観光大使。「日本全国の地域で人と人を繋げて「受粉」を行うみつばち先生」としてご活躍中!

・審査員コメント:
「ミツバチはピカイチの花をみつけました。海と田んぼがひまわりオイルで花咲いた、サンフラワーライスボール。美味しい、楽しい、美しい!!!おめでとうございます」

・贈呈:サンフラワーパーク宿泊券

・永澤佑介 様コメント:
「このような機会を与えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
見ていただくとわかるように、ひまわりをイメージしてこのサンフラワーライスボールを作りました。が、しかし、真ん中が黄色で、花びらが黒です。若干、逆だったなと今にして思いました。
またこのような機会がありましたら、応募して優勝を目指して頑張りたいと思います。宜しくお願いします」。


永澤佑介 様コメント 
永澤佑介 様コメント


特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口雄彗 様(深川市)


特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口 雄彗様(深川市) 
特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口 雄彗様(深川市)


梅原デザイン・梅原真 代表取締役(武蔵野美術大学客員教授) 
梅原デザイン・梅原真 代表取締役(武蔵野美術大学客員教授)

「オニぎり」溝口雄彗 様 
「オニぎり」溝口雄彗 様


・梅原真 審査員:
梅原デザイン 代表取締役、武蔵野美術大学客員教授、ひまわりの里基本計画策定委員。「農業や漁業、畜産業など一次産業の現場で地道に続く誠実なものづくりの『真価』を、デザインの力で発信し続けていらっしゃいます」。

・審査員コメント:
「おにぎりで「鬼」を作るとは! カワイラシイ『鬼ぎり』がパッと世の中を明るくします。『あかるい農法』の『あかるいオニぎり』よく考えました!!!天才です!」。

・贈呈:図書カード3千円分

・溝口さんコメント:
「色紙で色々考えてみました。おにぎりなので、鬼が思い浮かび、オニぎりにしました」。


溝口雄彗 様コメント 
溝口雄彗 様コメント


特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)


特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町) 
特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)


・和唐 審査員コメント:
「おにぎりに天かすや炒り玉子を混ぜるなどおにぎりの常識を覆す新感覚のおむすび!長ネギ、天かす、かつおぶし、炒り卵がひまわりライスに包まれた満足おむすびです」

・贈呈:JAきたそらち様より「ひまわりライス(ななつぼし)」10kg

・鎌田さんコメント:
「母と一緒に考えて、ほとんど母のオリジナル作品ですが、本当に良かったです」。


鎌田聖菜 様コメント 
鎌田聖菜 様コメント


焼きおむすび部門

優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校2年生)


優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校) 
優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校)

谷垣会長コメント 
谷垣会長コメント


・谷垣会長コメント:
「まさかお好み焼きソースが、おにぎりに合うはずがない!?と疑いながら試食しました。しかし、食べたら、この新しい味、旨さで、審査員みんなびっくりしました。この発想力に負けました。

村上くんのコメントにあった『関西人が審査員だから、関西のお好み焼きソースを使いました』というアピールポイントに、ハマってしまいました。ほんとうにお見事です!

この作品の凄さは、出品者が、食べる人(関西人)のことを深く考えて創作したものだからです。これは、商売の基本であり、この作品は、きたそらちの特産品と大阪に絆を表現するまさに絆むすびです。妹背牛中学生、恐れ入りました!」。

・賞金:5万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・村上さんコメント:
「5万円もらえるとは思ってもいなかったので、びっくりしました。僕はお好み焼きが好きなので、このような案をだしてみました」


村上潤成 様コメント 
村上潤成 様コメント


準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市)


準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市西町) 
準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市西町)


・加藤 審査員よりコメント:
「手作りの味噌が決め手の作品です。黒千石大豆が良い具合に詰まっていて、これぞ、北竜町の焼きおむすびです。『こんなお酒に合う、焼きおむすびは食べたことがない』と一言、言わせていただきます」

・賞金:1万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・髙田さんコメント:
「北竜温泉のショップで、手作り味噌や黒千石大豆が扱われているので、それらを組み合わせれば美味しいおむすびになるのではないかと考えました」


髙田里枝 様コメント 
髙田里枝 様コメント


3位(持永取締役賞):「ひまわりベーコン焼きおむすび」磯田萌 様(札幌市)

・持永審査員よりコメント:
「ひまわりの香ばしさとベーコンのコク、そして爽やかなパセリの緑もうまくマッチして、味わい深いおむすびですね。シメの一品にピッタリです!」

アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)

・船本 審査員よりコメント:
「ねぎみその風味とビールの相性が非常に良かった。居酒屋さん向けの商品だと感じました」

・贈呈:アサヒビール・スーパードライ1ケース(24本)

・榎本さんコメント:
「味噌と合うかなと思いつくってみました」


アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町) 
アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)

榎本富美子 様コメント 
榎本富美子 様コメント


特別賞 JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様(北竜町)

・本岡 審査員よりコメント:
「黒千石味噌を使用していることで、北竜町とひまわりライス(ななつぼし)の良さがより一層伝わる工夫とアピールポイント通り味噌の香ばしさにそそられました。刻み昆布が入ることで味に深みが感じられ、とても美味しくいただきました」

・贈呈:JAきたそらち様より「ひまわりライス(ななつぼし)」10kg


JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様 
JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様


北竜町からの参加賞

北竜町役場産業課・下浦健太 主事より紹介されました。

「北竜町オリジナルTシャツのポケットにあしらわれているギンガムチェックのオレンジは、北竜町の新しいロゴマークをアレンジしたものです。オレンジはひまわり、ギンガムチェックは田んぼをイメージしています。北竜町のキャッチコピー『あかるい農法』を、梅原真様より考案いただきました。今回、このオリジナルTシャツを参加賞として、北竜町から皆様にプレゼントさせていただきます」。


北竜町役場産業課・下浦健太  主事 
北竜町役場産業課・下浦健太 主事

北竜町オリジナルTシャツ 
北竜町オリジナルTシャツ


マルシェ(株)様からの Good News

9月3日から9月末まで、優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループの店舗にて販売決定! 各1個200円です。皆さん、お楽しみに!

・関西販売店舗:焼きそばセンター(9店舗)、ハッケン酒場(9店舗)、ハッケン食堂(2店舗)、餃子食堂マルケン(5店舗)の計25店舗。


優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループ店舗にて販売決定! 
優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループ店舗にて販売決定!


記念撮影


写真撮影 
写真撮影


懇親パーティ

場所を移動し、親睦会会場へ。


懇親会場 
懇親会場

美味しいオードブル 

美味しいオードブル 
美味しいオードブル


優勝作品「おむすび」を手にする村上さん、金打さん、谷垣会長と一緒に!


優勝作品「おむすび」を手にする村上さん、金打さん、谷垣会長と一緒に 
優勝に輝いた 「ベーコンチーズ」金打舞菜さん(中)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成さん(左)、
主催者代表・谷垣雅之 会長(右)


乾杯:JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


「実に盛大な素晴らしい表彰式でした。ありがとうございました。

妹背牛中学校では、勝部先生のご縁で、家庭科の授業でひまわりライスおむすびの取り組みを実施していただきました。妹背牛中学校の一等賞は、先生方のお陰です。是非、このおむすびが、大阪でどんどん売れますことを心から願っています。

今日は、大勢の皆さんのご参加いただき表彰式が行われました。ご参加に感謝申し上げるとともに、今後ともひまわりライスをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回の企画をしてくださいました谷垣会長、ありがとうございます。去年からお付き合いさせていただいておりますが、春の播種の忙しい時に、電話がかかってきて『おむすびコンテストやらないかい!』というお話でした。どんどん企画が進み、今日の日を迎えることができました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

それでは、妹背牛中学生の皆さんも今回の経験を大事にしながら、頑張っていただきたいと思います。皆さんのしあわせを願って、乾杯!!!」と、北清地区代表理事の力強い乾杯のご発声です。


乾杯! 
乾杯!


受賞者出品に関するエピソード


妹背牛中学校の皆さん 
妹背牛中学校の皆さん


勝部由愛先生のお話


勝部由愛 先生 
勝部由愛 先生


「今回は、北竜町出身の同僚の教師から『北竜町ひまわりライスおむすびコンテスト』を紹介していただきました。そこで、2年生の家庭科の授業で、クラス18人全員が応募しました。

2年生なので『弐』の文字を取り入れた『お弐ぎり~18人の素材をひとつに~』と題した学級目標を掲げていたので、全員で取り組みました。

おむすびのレシピを考案する時に、北空知の特産品を生徒に紹介したところ、生徒たちはそれぞれに、各地域の特産品を色々調べて、好きな具材を選んでおむすびに取り入れました。

1か月くらいかけて、試作を重ねました。生徒たちは、様々なユニークで意外な組み合わせを試みて、数々のレシピを考えました。今回のトライは、生徒たちにとって、大変良い経験となったと思います。

参加賞としていただいたTシャツを、今週末に開催される学校祭で、クラス全員でダンスを踊る際に、みんなで着用すると生徒たちは張り切っています」と、笑顔で語ってくださった勝部先生です。

坂本征人 校長先生のお話


坂本征人 校長 
坂本征人 校長


「今回、『お弐ぎり』という学級目標の下、クラスみんながひとつになって、ぎゅっと結んで、みんなで一緒に取り組んでいこうという『お弐ぎり』と『おむすび』のコンセプトが合致し、教員の想いが伝ったことが良かったと思います。

生徒たちが、『おむすび』をきっかけに、北空知(1市4町)の食材を色々調べて知ることができたことは、良い経験になったと思います。

今回、教員がこのような取り組みを探し当て、取り組む時間を作ってくれました。素晴らしい企画に出会ったことに感謝しています。

今後も、北空知地域の様々な取り組みに積極的に参加できればと思います。今日はどうもありがとうございました」と、お話くださった坂本校長です。


坂本征人 校長コメント 
坂本征人 校長コメント


和気あいあいとご家族のみなさんと一緒に楽しい会場風景


和気藹々の懇談風景 
和気あいあいの懇談風景

永澤佑介 様ご家族とパチリ 
永澤佑介 様ご家族とパチリ

ひまわりすいか 
ひまわりすいか


「おむすビジネス」についての紹介


おむすビジネス 
おむすビジネス


谷垣会長の奥様、ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様が「おむすビジネス」について、丁寧にご説明されました。


ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様 
ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様


ふるさとおにぎり百選

農林水産祭りの第25回記念事業の一環として、特別展示「ふるさとおにぎりまつり(1986年)」の実施のために、全国応募からおにぎり・おむすび・まぜごはんが選考され、百選として130以上が選ばれました。


「ふるさとおにぎり百選」農林水産省 
「ふるさとおにぎり百選」農林水産省


北海道では3品「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」が選定されました。


「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」 
「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」


その他、秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」、新潟県「けんさ焼き」「ちまき」、群馬県「きび赤飯」、福井県「ほうば飯」などがあります。


秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」 
秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」


おむすびの日

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、ボランティアの皆さんの手によって握られたおむすびの炊き出しが人々を救ったことから制定されたもの。ご飯と塩でできる、緊急時にすぐに食べれる、手によって人と人(心と心)が結ばれるという意味がこめられています。


「おむすび」と「おにぎり」 
「おむすび」と「おにぎり」


おにぎり検定

おにぎりの魅力を国内外に発信する「オニギリスト」の育成を目的としたものです。


一般社団法人おにぎり協会 
一般社団法人おにぎり協会


おにぎり専門店「百千(ももち)」

東京都のJR品川駅構内にあるおにぎり専門店「百千(ももち)」では、47都道府県の名物おにぎりを販売。「えび天むす」(愛知県)、めざし(千葉県)、揚げ餃子(栃木県)など。


おにぎり専門店「百千(ももち)」 
おにぎり専門店「百千(ももち)」


人気のおむすび屋・東京港区三田「三田おにぎり」


東京港区三田「三田おにぎり」 
東京港区三田「三田おにぎり」


おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」

大阪のニコニコのり(株)の「おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」のご紹介。


おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」 
おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」


佐藤初女さん

・佐藤初女さん(2016年95歳で逝去):青森県岩木山麓にある「森のイスキア(救いを求めて訪れる人たちの癒しの場)」を主宰。「食はいのち」と語り、多くの人々に勇気を与える伝説のおむすびを握る(心で結ぶおむすび)。


佐藤初女さん 
佐藤初女さん


・佐藤初女さんのお言葉:
「おむすびの「手」のぬくもりが「透明感のある旨味」をつくる 」

・谷垣雅之 会長のお言葉:
「おむすびは農村を輝かせる。お米は日本の主食です。にもかかわらず、お米の消費量は減少し続けている。一方、コンビニ・飲食店などでのおにぎり・おむすび需要はあがっている」
「日本一のお米を作り、販売する使命がある」


マルシェ株式会社ひまわりライスの販売実績15トン(計21店舗) 
マルシェ株式会社ひまわりライスの販売実績15トン(計21店舗)


「おむすび同好会」の提案


おむすび同好会 
おむすび同好会


「みんなでおむすびの将来について語り合おう!」「おむすびで企業しよう!」。


同好会メンバー募集中 
同好会メンバー募集中


北空知のお米が全国的に有名になり、ムーブメントが沸き起こることを願っています。


楽しい懇親会 
楽しい懇親会


閉会のご挨拶:アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長 
アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


「札幌市白石区にアサヒビール北海道工場があります。ビールが飲み放題でもありますので、観光地としてよっていただければと思います。

今日は、長時間にわたり、『おむすびコンテスト』にご参加いただき、ありがとうございました。授与された賞金を楽しく有意義に使っていただければと思います。懇親会では、突然のご指名にも関わらず、坂本校長先生、勝部先生のお話で、大変盛り上げていただき、ありがとうございます。これからの中学校生活を大いに楽しんでいただければと思います。

日本人の主食であるご飯の糖質が不足すると、頭が回らなくなります。中学生の方々も勉強に支障をきたします。日本に食文化であるおむすびを広めることが、北竜町の『あかるい農法』の発展にも繋がっていくと思います。

今後『おむすび同好会』にもどんどん参加していただき、北竜町おむすびを盛り上げていきたいと思います。また、是非、家族旅行などの歳には、大阪にも立ち寄り遊びにきていただければと思います。

最語に、大阪で流行りの締めのサイン、元気に明るく「ビクトリー(Victory)!」で〆たいと思います。皆様、ご唱和願います。それでは、『本日お集まりの皆様ときたそらちの益々の発展を祈念いたしまして、Victory!」ありがとうございました!』と船元課長に締めのお言葉でした。


ビクトリー(Victory)! 
ビクトリー(Victory)!

ビクトリー(Victory)! 
ビクトリー(Victory)!

記念撮影 
記念撮影


この素晴らしい「ひまわりライスおむすびコンテスト」を企画してくださった、マルシェ(株)谷垣雅之 会長をはじめ、関係者の皆様に、心から感謝も申し上げます。ありがとうございました。

「心と心をむすび、ひまわりのように笑顔になれる、北竜町ひまわりライスのおむすび」の今後の益々の発展を祈念いたします。

日本食の命の魂宿るお米を通して、人と人とが手を繋ぎ合い、心と心と結ぶ「おむすび」に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(右)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(左) 
優勝に輝いた「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(右)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(左)


その他の写真(234枚)はこちら >>


関連記事・サイト

心の診療所 マルシェグループ | 酔虎伝・八剣伝・居心伝など

ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ(2019年8月30 日)
第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方(2019年8月23 日)
第1回ひまわりの里基本計画策定委員会・令和時代のひまわりの里・検討開始(2019年4月29日)

北竜町ひまわり観光大使・鈴木輝隆 氏講演「農業・観光・デザイン・まちづくり」(2019年2月25日)
1日目(1)視察・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
1日目(2)北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
2日目・視察&北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
プチマルシェ@ファームエイド銀座 2018 夏・北竜町ひまわりライス&燦燦ひまわり油の販促(2018年7月11日)
梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会(2018年3月28日)
梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方

2019/08/23 0:31 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/29 22:30 に更新しました ]

2019年8月23日(金)

令和元年6月30日(日)午後6時30分より、北竜町役場2階会議室にて、第2回ひまわりの里基本計画策定委員会が、町民が自由に傍聴できる公開形式で開催されました。

目次

  1. 1 ▶ 北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、委員等紹介
    1. 1.1 ▶ 今回新しく参加された関係者の方々のご紹介
    2. 1.2 ▶ 今回オブザーバーとして同席された方々
  2. 2 ▶ 第1回委員会のまとめ
    1. 2.1 ▶ 新ひまわりの里展望台への希望や提案
    2. 2.2 ▶ ひまわり観光センターへの希望と提案
    3. 2.3 ▶ ひまわりの里を含ねた北竜町の通年を通しての来訪者の増加策(あかるい農法、物産、体験、ショップ、サービスなど)
    4. 2.4 ▶ パブリックコメントによる提案内容
    5. 2.5 ▶ その他(何でもアイデアを)
  3. 3 ▶ 意見交換開始
  4. 4 ▶ 検討事項
    1. 4.1 ▶ 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ハード計画
    2. 4.2 ▶ 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ソフト計画
    3. 4.3 ▶ 現存展望台の改修デザイン
  5. 5 ▶ NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事
  6. 6 ▶ 梅原真 委員デザインのTシャツ
  7. 7 ▶ 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様
  8. 8 ▶ 谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社・ 取締役会長)
  9. 9 ▶ 町関係者意見
  10. 10 ▶ ひまわりの里・マスタープラン説明:田口誉 委員
    1. 10.1 ◎ 「さんさん商店街」のプランの提案
    2. 10.2 ▶ 1.観光センター改修・横長配置案
    3. 10.3 ◎ 観光センター新築・一体型案
    4. 10.4 ▶ 2.観光センター新築・中央配置型案
    5. 10.5 ▶ 3.ノンノの森と面した場所に一体型の建物を作るプラン
    6. 10.6 ▶ 意見交換
  11. 11 ▶ 石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)
  12. 12 ▶ 写真(92枚)はこちら >>
  13. 13 ▶ 関連記事

委員会資料 
委員会資料


北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、委員等紹介

開会にあたり、北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、そして、新規委員、関係者のご紹介がありました。


委員会の様子 
委員会の様子


今回新しく参加された関係者の方々のご紹介

・町内会長連絡協議会・谷本明 会長
・NPOひまわり・藤信清彦 施設担当者
・チームノースドラゴン・高田昌幸 代表
・北竜町議会 まちづくり等調査特別委員会・北島勝美 副委員長

今回オブザーバーとして同席された方々

・梅原デザイン事務所・大西町子 様
・地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様


xxx 
オブザーバー:佐々木優二様(左)、大西町子様(右)


第1回委員会のまとめ

本題に入り前に、第1回ひまわりの里基本計画策定委員会における提案内容のまとめが、北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長より紹介されました。


北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長 
北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長


新ひまわりの里展望台への希望や提案

・混雑や事故の防止のため、階段の付け方について上り下りを別々にしてほしい

・展望台は、ひまわりの里を望むために必須であり、新観光センターの屋上という案に賛成。カフェ併設については、冬期利用が多くないと思うので反対

・上り下りの階段を別にし、階段の幅もゆったりとり、展望スペースをもっと広くし、階上や階下にイスを置き、展望したり休憩できるようにしてはどうか

ひまわり観光センターへの希望と提案

・観光センターも老朽化)世界のひまわりコーナーの方に建設し、その屋上を展望台するのはどうか

・建て直すのであれば、ただの箱物にするのではなく、ユニークな建物がいい(北海道で見た事のない建物)。また、使い勝手のいいもの、無駄のないものにするべき

・世界のひまわりの場所にて展望台を兼任した観光センターの建て替え(展望台へのエレベーターも設置)

ひまわりの里を含ねた北竜町の通年を通しての来訪者の増加策(あかるい農法、物産、体験、ショップ、サービスなど)

・ひまわりの間を抜けるそり(滑り台)、ターザンロープでひまわりの上を移動する

・ひまわりを低い位置から見上げることのできるトンネルを作る等々。こうしたアトラクションが多ければ、子供連れを中心に滞在時間が長くなり、アイス・フルーツ・飲み物の販売量が増えると思われる

・ひまわり畑の上段部に外周の遊歩道が欲しい

・夜のひまわりライトアップ(明るすぎないもの・夜の滞在者が少ないというアンケート結果もあるので)

・「あぜ道を歩く」とか、「ひまわりの種まきや草取り」「ひまわりの刈り取り」などの 体験観光はどうか

・ふるさと納税で、返礼品を米やひまわり油にするのではなく、田んぼの一区画やひまわり畑の一区画のオーナーになり、返礼品はその区画から収穫できるお米やひまわり油を送る(豊作であれば例年よりも多く、不作であれば少しになってしまうというのも面白いかもしれない )

寄付した区画が収穫の時期を迎えたら、自ら収穫に来ても らうこともできるようにする。可能であれば苗や種を植えるところから参加してもらう。農業体験と絡めてもいい。ひまわりの時期以外に初めて北竜町を訪れた人は、 ひまわりの時期になれば間違いなく北竜町に遊びに来るから、ひまわり以外で訪れる きっかけを提供する

・いま本州で北海道に泊まりで農業体験したいという人が待機だけで2万人いるということを聞いたことがある。農業体験をさせてはどうか

・1日だけではなく長期滞在できるように。連泊なら宿泊費を安くするとか。家族何 人来ても10万円など、長期滞在させるための企画があってもいいのでは

パブリックコメントによる提案内容

・ひまわり畑内(道路付近)に雨宿りや、日よけの場所が無いので、そのような施設が欲しい

・ひまわり畑の西部の山林に桜を植樹すれば、花見をする観光客が来るのでは

・ノンノの森の中にジンギスカンコーナーや焼き鳥コーナーがあると良い

・ひまわりの上から下へ移動するジップラインは良いと思う

・花火は規模は大きくないが工夫がなされており、評判が良いので続けて欲しい

・体験型の観光が人気を集めているので農業体験はビジネスチャンスだと思う。 ・体験として、「北竜町のお米でご飯を炊く」「大豆を使って豆腐を作る」「ひまわりの花びらで染める」「カゴを作る」というのはどうか。また、冬に温泉に泊まるお客様 にも色々な体験ができると案内する

その他(何でもアイデアを)

・北竜町公認の「明るい農法ファミリー(仮)」を創設して、ファミリーには名前入りチェックの名刺を持ってもらう(北竜町のファンであれば誰でもファミリ ーになれる)

ただ町の観光大使というと芸能人とかが務めているイメージがあるから、出張先などで「元気で健康なエネルギーを生み出す、北竜町の明るい農法ファミ リーです」と自慢しながら、名刺を配って北竜町をアピールしてもらう

・商品開発のデザインを考えている人、新しいビジネスをしたい人、会社を作りたい人、「何でもクリエイティブ・カフェ」の創設

・渋滞緩和のため)墓地線を拡げる、西川方面へ抜ける道路の新設

意見交換開始

鈴木輝隆 委員長の議事進行により委員会スタート。


鈴木輝隆 委員長(右)と梅原真 委員(左) 
鈴木輝隆 委員長(右)と梅原真 委員(左)


検討事項

 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ハード計画

・新展望台建設
・観光センター改修:雨漏り、会場内の証明設備改修など施設環境の改善
・ノンノの森整備:花木の植栽計画の検討
・観光案内所・協力金受付小屋:様々な機能の集約および分散の検討
・ひまわりの里・魅力アップ計画:周辺を含め、中長期計画の立案

 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ソフト計画

・ひまわりの里における魅力アップにより、来訪者の拡大をはかる
・ひまわりの里経営計画により、自立した経営から永続性のある経営を目指す
・ひまわりの里の情報発信により、ひまわりの里の魅力アップやPRの検討を行う
・ひまわりの里の名物料理や商品開発を検討する
・ひまわりの里の資源の発掘・工夫・活用により、四季を通したひまわりの里の活用方法を考えていく

現存展望台の改修デザイン

田口誉 委員(隈研吾都市設計事務所・ 主任技師)より説明がありました。


隈研吾都市設計事務所・田口誉 主任技師 
隈研吾都市設計事務所・田口誉 主任技師


既存展望を木材で補強し、展望台全体をギンガムチェックで形どる。


展望台全体をギンガムチェックの木で覆う 
展望台全体をギンガムチェックの木で覆う


・ギンガムチェックを立体的にデザイン。単に補強ではなくてメッセージ性のある展望台をイメージ

・質問:展望台のどの部分の老朽化が激しいのですか?
・回答:木材は腐っていないので丈夫ですが、木材を連結する金具が錆びてきていて、そのままにしておくと展望台が崩れる恐れがあります


展望台の説明 
展望台の説明


NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事


NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事 
NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事(左)


・手作りギンガムチェックTシャツの販売を検討中
・Tシャツ名「明るいTシャツ」と命名
・ギンガムチェックバックは、町民がみんなで作れるような教室(講習会)を開催予定
・ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツを試作中
・たいやき焼きおにぎりを試作中


ギンガムチェックバック 
ギンガムチェックバック

ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツ 
ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツ

たいやき焼きおにぎり 
たいやき焼きおにぎり

試食中 
試食中


梅原真 委員デザインのTシャツ


手作りギンガムチェックTシャツ 
手作りギンガムチェックTシャツ

梅原真 委員(右)、谷垣雅之 委員(左) 
梅原真 委員(右)、谷垣雅之 委員(左)


▶ ギンガムチェック籠の値段に付け方についてのお話

・理由のある値段設定をしていく
・小さい籠を編むのに4時間以上かかる。1時間における最低賃金が、825円ほどなので、賃金的には3,300円の仕事として換算できる。突然、3,000円と言われても買わないが、時給で換算していくと、購入者は、3,000以上の籠として納得感がある
・販売するディスプレーについてのお話
・ニュースソースを上手く利用してアピールしていく

地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様

・ソフト面の対策は重要です。北竜町で進められているこのような取り組みは、全国的にみてもあまり行われていない、非常に珍しいケースです。魅力的なことを、ハード面とソフト面も揃えてやっていくことが重要です。その点において、ソフト面におけるTシャツや籠の販売は必要なことだと思います


海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課 佐々木優二 様 
海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課 佐々木優二 様


谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社・ 取締役会長)

おむすびコンテストについてのお話がありました。


谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社 取締役会長) 
谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社 取締役会長)


町関係者意見

・観光客の方々に喜んでもらえるには、何をすればいいのか、どんなふうにやっていけばいいのかをみんなで考えることが大切。どのように受け入れる環境を変えていったらいいのかを考え、発展させていくにはどうしたらいいのか。そこで、北竜町でしか味わえないものを生み出して、観光客を呼び込んでいこうと思案中です

・まず観光センターへの訪問者のことを考え、そして、観光センターで働く人々のことを考えていく。観光客が、北竜町でしか見れないもの、食べれないもの、買えないものを考えていくには、どうしたらいいのか、どんなものを提供していけばいいのか、町民みんなで考えていかなければと思います

・いままでのように施設があればいいというのでは、これからの観光は成り立っていかないと思います。魅力的な町こそ観光の基本。魅力的な町づくりのプランについては、従来の地元の発想では限界にきています

・今後も、ひまわりを継続し残していきたいという想いがあります。人を呼べる町でなければ、商業や農業にしても難しい。その中で必要なことは、今までにない実行力だと思います

・プロの方々の頭脳をお借りして、その中で町民の様々な意見を取り入れながら、素晴らしいひまわりの里に発展していければと思っています


会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 
活発な意見交換


ひまわりの里・マスタープラン説明:田口誉 委員

・既存の観光センターを改善して使っていくのか、新たな観光センターを作って、ひまわりの里をさらに魅力的なものにしていくかという2のプランがある。


ひまわりの里・マスタープランの説明 
ひまわりの里・マスタープランの説明


ひまわりの里の現状の問題点としては、観光センターとひまわりの里までの高低差があり、各エリアが分断されていること。建物を介して、観光客をひまわりの里まで導く必要があり、観光センターから展望台への動線を考えたいと思います。


ひまわりの里・分断されている各エリア 
分断されている各エリア


「さんさん商店街」のプランの提案

・外に開かれた賑わいと景色を融合させ一体的に計画する


観光センターと展望台のコンセプト 
観光センターと展望台のコンセプト


 1.観光センター改修・横長配置案

・大階段広場イメージ。ノンノの森への抜け道とひまわり畑の一体感をもたせる


観光センター改修・横長配置案 
観光センター改修・横長配置案

田口誉 委員 
田口誉 委員


 観光センター新築・一体型案

・観光センターと展望台を一体にし、滞在時間を長くする

 2.観光センター新築・中央配置型案

・中央に配置し、広がるビューのイメージ


観光センター新築・中央配置型 
観光センター新築・中央配置型-

田口誉 委員 
田口誉 委員

会議の様子 
会議の様子


3.ノンノの森と面した場所に一体型の建物を作るプラン


観光センター新築・一体型案 
観光センター新築・一体型案


意見交換

・観光センターの建物の現状としては、屋上の防水工事を1年以内に改修する必要があるという状態が、5年前から続いている

北海道では、冬になると漏れた水が凍って膨張し部材を剥離させる。それがどんどんひどくなって、雨漏りどころか、ジャジャ漏れになっている状態です。今は、なんとか対処しようとしています。屋上の防水工事には、足場も組まなければならないし1千万円以上必要です。

以前、総合計画で観光センターの改築を掲げたときは3億円の費用がかかると積算されました。建物は、かつて竜巻の被害を受けていて、シャッターも閉まらない状態の中で、どうにかやっと現状を保っている現状です。

・冬季間の観光センターは、中学生の野球などスポーツセンターとして使用されています。このことも考慮していただきたい


参加者・佐藤稔さんからの意見 
参加者:農業の匠・佐藤稔さん


・全体的にひまわり畑の土力がなくなっているので、ひまわり畑の改修を年数をかけてやっていただきたい。年々、ひまわりの開花が悪くなってきている。観光客を呼ぶにあたり、ひまわりが咲かなくなってきている現状にどう対処していくかを検討する必要がある

今後、土の入れ替え、肥料の種類・散布方法等を検討し、ひまわりの地力を上げる方法を考える必要がある

・これまでに、連作障害防止方法として、秋蒔き小麦がひまわりと相性が良いということで、ひまわりの後に秋蒔き小麦を播いてすき込む方法を継続している

・ひまわりの里開設当初は、粘度が高くて、土の塊がゴロゴロしている所にひまわりを植えていました。さらに、出てきたひまわりの芽を鳥がつついて食べてしまい、みんなで補植をしたこともあります。その土地が、今、あそこまで開花できる土地になったことも歴史の積み上げだと思います

ただ、時代は常に進歩しているので、良い対処方があれば積極的に取り入れていきたいと思います。堆肥をいれることは必要なので、継続的にいれていきたいと思います。

 石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長

最後に、石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)による「会社設立の手順・運営上の必要手続き」などについての説明がありました。


会社設立の手順・運営上の必要手続き 
会社設立の手順・運営上の必要手続き

石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長) 
石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)

会社は7万円で作れる!! 
会社は7万円で作れる!!

会場の様子 
会場の様子


町民の熱い想いが結集し、33年の時を超えて、守り抜き、受け継がれていくひまわりの里。。。
令和元年に、新たな光を放って活性化し、発展する偉大なるひまわりの里に、大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。


ひまわりの里(撮影:2019年7月11日) 
ひまわりの里(撮影:2019年7月11日)


写真(92枚)はこちら >>

関連記事

ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ(2019年8月30 日)
第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方(2019年8月23 日)
第1回ひまわりの里基本計画策定委員会・令和時代のひまわりの里・検討開始(2019年4月29日)

北竜町ひまわり観光大使・鈴木輝隆 氏講演「農業・観光・デザイン・まちづくり」(2019年2月25日)
1日目(1)視察・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
1日目(2)北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
2日目・視察&北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
プチマルシェ@ファームエイド銀座 2018 夏・北竜町ひまわりライス&燦燦ひまわり油の販促(2018年7月11日)
梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会(2018年3月28日)
梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


ひまわり大学講座・櫻庭誠二氏「樺戸集治監と北海道開拓」

2019/08/18 15:30 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/18 15:31 に更新しました ]

2019年8月19日(月)

8月8日(木)10:00〜、北竜町ひまわり大学講座にて、元月形町長・櫻庭誠二様を講師としてお迎えし、「樺戸集治監と北海道開拓」と題する講座が、公民館大ホールにて開催されました。

目次

  1. 1 ▶ 櫻庭誠二プロフィール
    1. 1.1 ▶ 略歴
    2. 1.2 ▶ 表彰
  2. 2 ▶ 櫻庭誠二様のお話
    1. 2.1 ▶ 黄倉良二氏、そして篠田久雄氏の貴重な出会い
    2. 2.2 ▶ 我が町の日本一!
    3. 2.3 ▶ 日本一元気な返事の町を目指して
  3. 3 ▶ 縄文文化人の遺伝子を持つアイヌ民族
    1. 3.1 ▶ 縄文人骨に残るDNA研究
    2. 3.2 ▶ 北の縄文文化
    3. 3.3 ▶ 元寇
    4. 3.4 ▶ 最強のモンゴル軍に負けないアイヌ民族
    5. 3.5 ▶ アイヌ民族と和人の戦い
    6. 3.6 ▶ アイヌ民族と松前藩の対立
    7. 3.7 ▶ シャクシャインの戦い
    8. 3.8 ▶ クナシリ・メナシの戦い
    9. 3.9 ▶ 北海道旧土人保護法制定
    10. 3.10 ▶ ウポポイ(民族共生象徴空間)誕生
    11. 3.11 ▶ 松浦武四郎氏の提案「北加伊道」
  4. 4 ▶ 樺戸集治監について
    1. 4.1 ▶ 明治4年(1871年)の廃藩置県
    2. 4.2 ▶ 北海道開拓使・島義勇 主席判官
    3. 4.3 ▶ 反乱の首謀者たちが収監された監獄が集治監
    4. 4.4 ▶ 国立刑務所の設立
    5. 4.5 ▶ 初代典獄(てんごく)月形潔 氏
    6. 4.6 ▶ 空知の道路開削をした樺戸集治監の囚人たち
    7. 4.7 ▶ 国立刑務所の総本家・樺戸集治監
    8. 4.8 ▶ 編集者提供・参考動画『空知の大地~樺戸道路が繋いだ歴史~紹介』
  5. 5 ▶ 父親の最後の言葉『ありがとう』
  6. 6 ▶ 故郷を愛し、国を愛すること
  7. 7 ▶ 繋がりの中ではとても大きな事ができそう
  8. 8 ▶ 写真(27枚)はこちら >>
  9. 9 ▶ 関連記事

北竜町高齢者大学・ひまわり大学 
北竜町高齢者大学・ひまわり大学

櫻庭誠二氏講演資料 
櫻庭誠二氏講演資料


司会進行の北竜町教育委員会・岸直樹さんによる、櫻庭誠二様のご紹介です。


北竜町教育委員会・岸直樹さん 
北竜町教育委員会・岸直樹さん


櫻庭誠二プロフィール

略歴

櫻庭誠二様は、新十津川町出身、昭和25年4月生まれの69歳。酪農学園大学酪農学科卒業後、家業の農業に従事。月形町農業委員・篠津中央土地改良区理事等の公職を歴任。平成7年(1995年)に月形町議会議員に当選。その後、多くの町民から推挙され、平成16年(2004年)10月に月形町長に就任。以来3期12年、町政の舵取り役を務め、昨年、平成30年(2018年)10月、任期満了をもって町長を退任。現在、法務省矯正局広報大使(名誉典獄)、月形樺戸博物館名誉館長として地域開拓の歴史伝承役としてご活躍中。

表彰

・平成28年(2016年)農林水産省農村振興局長表彰受賞
・平成29年(2017年)法務大臣感謝状受賞


会場の様子 
会場の様子


櫻庭誠二様のお話

櫻庭誠二氏(元月形町町) 
櫻庭誠二氏(元月形町町)


黄倉良二氏、そして篠田久雄氏の貴重な出会い

今日、最前列にいらっしゃる黄倉良二 元JAきたそらち代表理事組合長、そして 篠田久雄 元沼田長町は、私の大先輩です。

平成7年(1995年)に月形町議会議員になった時、役場職員が、北海道大学の森傑 教授の講座受講を勧めてくれました。その講座は、法学部の教室で6か月間に亘り、1年12回講座が開かれたものです。1年目は面白かったのですが、2年目にはそれ程でもなくなり、3年目は辞めようと思うほどになっていました。

そんな時、 沼田町・篠田 町長が沼田町の雪中米の具体的なお話をしてくだいました。『北海道のどこでもやってないことを私はやっている』というインパクトのあるお話でした。

次の年に開催された農協組合員講座で、当時組合長だった黄倉良二さんの講座『北竜町が水を守ること、稲を守ること、命を守る農業を行っている』というお話を拝聴したのです。近隣の町が、リゾート開発に走っていた時代に、黄倉組合長を筆頭に、町の人々がリゾート開発に反対していた。すごいことをやっているのだと感動しました。

物事の主導権を握る人が町のトップであり、農協のトップ。そのお二人が、責任をもって次の時代を創っていくという決断力に、私は憧れました。

我が町の日本一!

私が町長になった平成16年(2004年)の翌年、市町村長研修セミナーが実施され、隣席が、知内町の脇本哲也 元町長でした。

脇本町長のお話で『我が町は、ニラ栽培が日本一! 牡蠣の養殖が日本一! 牡蠣の養殖は、普通は湾で行うが、我が町は外洋で養殖を行っているのが日本一! 更にカレイで日本一! カレイは松葉鰈で日本一だ!』と、おっしゃる。

『お前の町には、日本一はないのか?』と聞かれ、思い起こすと我が町にもありました。月形という町の名前は、樺戸集治監の初代典獄(てんごく)の名前・月形潔氏から名付けられたのです。これは、全国でもオンリーワン!

まだあります! 集治監の1,000人の受刑者が参加した運動会に招待された時、所長が言うには『平均前科率3.8犯。ほとんどの受刑者が覚醒剤犯罪者で、暴力団更生比率56.3%で日本一です!』と。

刑務所を出所した人がもう一度戻りたい日本一!です。北海道の刑務所は、冬は完全暖房で、夏は冷房がなくても涼しい所です。さらに食べ物がいい。今は、一人部屋でワンルームマンションです。警部官の性格がいい。北海道警部官は優しい。

日本一元気な返事の町を目指して

そして町長時代には「元気な返事をする」ことをモットーとしていました。様々な式典で名前を呼ばれた時は、元気な声で『はい!』。これに同調してくれたのが、制服組である、警察支署長、消防支署長、交通安全指導委員会会長等の方々。あっという間に広がって、多くの人々が『はい!』と元気よく返事をするようになりました。


熱の入る講演 
熱の入る講演


縄文文化人の遺伝子を持つアイヌ民族

縄文人骨に残るDNA研究

国立科学博物館によると、縄文人骨に残るDNA研究(女性人骨の高精度ゲノム分析)により、平均的日本人は縄文文化人の遺伝子を10%しか持っていないが、北海道アイヌの人々は70%保持、そして次が沖縄人で30%保持しているそうです。縄文文化は1,000年から2万年前までと言われています。

何故、本州の人々は、縄文文化人の遺伝子を10%しか持っていないのか。弥生文化の時に、大陸で米を作っていた人々が渡来し、縄文文化の人々と交わり、本州では縄文文化の血筋が薄れていったのです。

時代は、縄文文化、弥生文化、古墳文化、明日香、奈良文化、平安文化、鎌倉文化、室町、安土桃山文化と続きます。

北の縄文文化

北海道の時代は、縄文文化、 続縄文文化、 擦文文化、アイヌ文化と繋がっていきました。そこで、縄文文化人の遺伝子を70%保持したアイヌ民族が存続しているのです。

アイヌの人々は、性格が穏やかで優しくて、自然の中で逞しく生きながら人とは争わない種族です。


上着を脱いで力の入るご講演 
上着を脱いで力の入るご講演


元寇

西暦1274年「文永の役」、1281年「弘安の役」、九州博多に来た「元(モンゴル帝国)」の蒙古襲来「元寇」で、神風が吹いて奇跡的に日本が勝利を収めた時代です。

最強のモンゴル軍に負けないアイヌ民族

「文永の役」の10年前に、北海道アイヌ民族はモンゴル人と戦い、そして樺太まで進出していきました。

モンゴル帝国は遊牧民族で、主力兵器として馬を乗りこなしていた世界最強の帝国だと言われています。アイヌ民族は、その最強のモンゴル軍に対して戦いを挑み、負けなかったのです。

アイヌ民族と和人の戦い

しかし、当時の鎌倉時代は、鉄を製造する技術を発達してきていたため、アイヌ民族は、幕府の支援を受けた松前軍の鉄砲隊に敗れ、行き場を失うことになっていきました。

応仁の乱の10年前の1457年、北海道が蝦夷と呼ばれていた頃、アイヌ民族と和人の戦い「コシャマインの戦い」があり、和人が道南に進出し、集落(道南十二館・どうなんじゅうにたて)を作りました。

蝦夷地の和人社会において中心人物となった蠣崎氏(かきざき)が蝦夷地支配を進め、松前藩の始祖となっていきました。

アイヌ民族と松前藩の対立

幕府からアイヌ交易権の独占を許された松前藩は、アイヌ民族に不利益な条件を突きつけました。それまで、干鮭100尾と米20kgを交換していたが、それを3分の1の7kgに変更するという、アイヌにとって非常に不利な条件だったのです。

幕藩体制が成立する前は、蝦夷アイヌ民族の生活は、狩猟、漁労、採種で、生活に足りないものは、交易で入手していました。津軽海峡を渡り鉄を仕入れたり、樺太に渡り中国の絹織物の古着を交換するなどして、それを江戸に売っていました。江戸京都では絹織物は作ってなかったので、それが坊さんの袈裟や公家の着物になったり江戸錦として重宝がられていました。こうしたアイヌの自由な貿易を松島藩は、交易独占権により制限したのです。

シャクシャインの戦い

アイヌ民族の首長シャクシャインを中心に、松前藩への蜂起が勃発。それに対し、松前藩は、シャクシャインのお酒に毒をもり、毒殺を試みたと言われています。

クナシリ・メナシの戦い

1789年、「クナシリ・メナシの戦い」は東蝦夷地で起きたアイヌの蜂起。国後の漁場で過激な労働を強いられたアイヌ民族が蜂起して、和人商人を襲い殺害した。それに対し、松前藩は『我々の後ろには徳川幕府がついている』といって首長を脅し、中心人物を処刑。

アイヌの若者は、常に和人の手先として使われ、略奪と和人が持ち込んだ病気によって50万人いたと言われるアイヌの人々がほとんどいなくなっていきました。

北海道旧土人保護法制定

明治維新後も似たような状況が続き、明治32年(1899年)、北海道旧土人保護法(北海道アイヌを保護する目的で定められた日本に法律)が制定されました。

アイヌの人々を「旧土人」と呼び、アイヌ民族が住んでいた土地を北海道のものだとして無償で取り上げ、和人が誰も手を出さないような土地を与えて農業を強制しました。こうしたことが、旧土人保護法の元で行われ、およそ100年ほど続いたとのことです。

こうした沢山の苦難を強いられたアイヌの人々の辛い想いをしっかりと受け止めて、これからの地域づくりに取り組んでいかなければならないと思います。

ウポポイ(民族共生象徴空間)誕生

令和2年(2020年)、「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が、北海道白老町ポロト湖畔に誕生します。アイヌ民族の文化を後世に伝えていくことを国が進めています。アイヌの人々は1万人くらいになってしまいましたが、今一度敬意をもって、アイヌ民族と向き合っていかなければと思います。

松浦武四郎氏の提案「北加伊道」

松浦武四郎氏は、アイヌ語の意味「私が生まれた土地」の想いをこめて「北加伊(ホッカイ)道」とという名を候補のひとつにしました。松浦武四郎氏は6回も蝦夷地を探検し、アイヌの人々がいなければ、この地の開拓はあり得なかったとさえ感じそうです。自然に対する逞しい姿、頼んだことに絶対裏切らない性格、穏やかで、常に全てに神が宿り神とともに暮らしているアイヌ民族の永久の幸福を祈って、「北加伊道」と地名の候補にしたのです。

1869年、松浦武四郎氏は「北加伊道」を含む6つを候補とする意見書を政府に提案しました。そして、政府によって現在の「北海道」という名になりました。


演壇の様子 
演壇の様子


樺戸集治監について

明治4年(1871年)の廃藩置県

廃藩置県とは、明治維新期の明治4年(1871年)7月14日に、明治政府がそれまでの藩を廃止して、地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革です。

北海道開拓使・島義勇 主席判官

島 主席判官は、当時広大な原野であった「札幌市」の開発の磯を築き上げた北海道開拓使。札幌を一望したコタンベツに社殿を設けることを計画し、開拓三神が祀られ、後に北海道神宮となります。


ジェスチャーを交えて 
ジェスチャーを交えて


反乱の首謀者たちが収監された監獄が集治監

佐賀、熊本、福岡、山口など、各地で反乱が勃発。明治10年(1877年)西郷隆盛らが鹿児島で起こした反乱「西南戦争」。結果、政府に鎮圧され、重罪人となった首謀者たちが収監された監獄が集治監。

国立刑務所の設立

監獄・牢獄が最初にできたのが宮城県。そして2番目が東京拘置所、3か所目にできたのが北海道樺戸集治監。明治14年(1881年)開庁。樺戸集治監では、北海道開拓のために、道路建設や炭鉱採掘などの囚人の労働が強いられました。

初代典獄(てんごく)月形潔 氏

未開の原野が広がる北海道の立地調査から立ち会い、初代典獄となったのが月形潔 氏。月形潔 氏を団長とする集治監選定の調査団が、羊蹄山麓、十勝川流域、石狩川の須部都地方などの候補地を訪れ、綿密に調査した結果、現在の月形町を候補地に選定。

羊蹄山麓は、すでに民間の開拓が開始されていたし、十勝川流域は遠浅で大型の船が入れない理由で却下され、須部都地方(現在の月形町)が選ばれました。月形町は、背後は樺戸や増毛の山地、前には石狩川が広がり、石狩川の水運が活用できることが選択理由となりました。

空知の道路開削をした樺戸集治監の囚人たち

上川道路、峰延道路、月形町から当別町、月形町から増毛町などの道路開削を次々に行いました。樺戸集治監、空知集治監(三笠市)が中心となって、旭川市までの道路を開きます。上川郡の永山町、旭川市東旭川町、当麻町と続き、屯田兵の入植があり屯田兵舎を建てたのは樺戸集治監の囚人たちです。新十津川町から雨竜町、北竜町、増毛町へ抜ける道路は、樺戸集治監の囚人たちによって造られました。

札幌の西北を流れる「新川」も樺戸集治監の囚人の手によって創り上げられた川。新川の水位が下がったことによって、札幌市は190万の大都市になりました。

こうした囚人たちの過酷な労働があればこそ、空知の開拓があることをけっして忘れてはならないと思います。

国立刑務所の総本家・樺戸集治監

樺戸集治監が北海道における国立刑務所の総本家の本監であり、次に作られtのが空知集治監(三笠市)、釧路集治監(釧路市)、そして釧路集治監の分監が網走集治監で、その分監が十勝集治監(帯広)となっています。

編集者提供・参考動画『空知の大地~樺戸道路が繋いだ歴史~紹介』

櫻庭氏が登場する動画がYoutubeにありますので、編集者よりご紹介します。

・ナレーション:石橋凌 氏
・樺戸集治監名誉館長:櫻庭誠二 氏
・NPO法人炭鉱の記憶推進事業団理事長・吉岡宏高 氏
・美唄市長・髙橋幹夫 氏

北海道開拓の礎となった樺戸道路が、囚人たちの壮絶な労働と多くの犠牲の上に築かれてたことが語られていきます。さらに、そらち炭鉱の歴史と美唄の発展を描くストーリーです。



父親の最後の言葉『ありがとう』

私は短大卒業後、農業を始め、同時に隣町の嫁をもらいました。結婚生活は貧しく、結婚した年から36歳まで冬寒期には毎年、本田技研鶴岡・狭山工場(自動車製造)や土木作業員などに出稼ぎにいきました。

両親と私は、3人共に同じ干支(虎)です。性格が似ている母親とは特に意見が合わなかった。亡くなって初めて、子を思う親の気持ちが理解できたように感じました。母親が亡くなってから10年後に父親が旅立ちました。

父親の最後の言葉が『今まで世話になったなぁ。家族仲良く暮らすんだよ』。そして『ありがとう』の言葉を最後に。。。


笑顔の櫻庭誠二氏 
笑顔の櫻庭誠二氏


故郷を愛し、国を愛すること

北海道開拓の父・クラーク博士の言葉、『故郷を愛し、国を愛し、この老人のわたしのように、少年よ大志をいだけ!』。70歳近い私ではありますが、クラーク博士のように志をもって、若者の手本になれるような気持ちで、努力していこうと思っております。

一番大切なのは「故郷を愛し、国を愛すること」です。

父親が亡くなってつくづく感じたことは、両親が贅沢もせず、子ども達のために情熱をもって守り抜いた土地を大切にすることです。我が地域のことを今一度学び直して、樺戸集治監の歴史、アイヌ民族の歴史、北海道の歴史を掘り起こして、後世に伝え繋げていくことが大切だと強く思いました。

私は、刑務所で特殊面接員という仕事をしています。
『私は、179市町村の町長がいる中で、唯一ひとり出稼ぎをした町長だ。人生に無駄なことはひとつもない。おれは自慢できるんだ』。
『君たちがここに入ってきたことは、人に褒められた経験ではない。ここから、もう一度昔の世界に戻るのではなくて、ここから、人のために、志をもって生きていくとしたら、今までの経験が絶対に活きていくことになる』という話をいつもしています。

繋がりの中ではとても大きな事ができそう

来年2020年、標茶町でフォーラムが開催されます。標茶町はアイヌ民族の聖地であり、アイヌ民族の集落があり、アイヌ民族の伝統的神事ペカンベ祭りなどが行われています。

標茶町のフォーラムでは、知里幸恵さんの アイヌ神謡集『梟の歌(銀の雫降る降るまわりに 金の雫降る降るまわりに)』を、標茶町出身の髙橋恵子さん(開拓農家の娘さん)が朗読し、BGMは、札幌交響楽団のコンサートマスターが演奏することが予定されています。

私達、一人ひとりは何もできませんが、繋がりの中ではとても大きな事ができそうな気がします。それが、わたしの中の大志であり、志です。

北竜町さんとも、より緊密な繋がりを祈念いたしております。私は握ったら離しません。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。ご清聴ありがとうございました」と、沢山の熱いをお話くださった櫻庭氏です。


会場の様子 
会場の様子


北海道開拓の歴史を築き上げてきた先人の方々の、
創造を絶するような行動力と脈々と受け継がれる熱き魂に、
大いなる尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


写真(27枚)はこちら >>

関連記事

<エンジョイ!北海道> 町長がバスガイド〜月形町・櫻庭誠二 町長編〜シィービーツアーズ(2015年11月25日)
第5回北海道地域創造フォーラム in 北竜「北海道・コメ・未来」の開催(2012年9月14日) 


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


宮島学園 ✕ 北竜町・Tシャツコレクション & スイーツコンテスト

2019/08/14 16:15 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/14 17:58 に更新しました ]

2019年8月15日(木)

8月10日(土)、北竜町ひまわり観光センター内において、宮島学園 ✕ 北竜町・Tシャツコレクション & スイーツコンテストが開催されました。



宮島学園皆さんで記念撮影 
宮島学園皆さんで記念撮影


北竜町と宮島学園のコラボ企画

北竜町(北竜町商工会青年部・JAきたそらち北竜支部青年部・Team North Dragon)と宮島学園(北海道ファッション専門学校・北海道製菓専門学校)とのコラボ企画で実現したイベントです。北竜町ひまわり観光協会・竜トピア会・ひまわりの里売店組合のご後援をいただいて開催されました。


宮島学園さん ✕ 北竜町 
宮島学園さん ✕ 北竜町


宮島学園とのコラボ企画は、2016年の「お菓子の家」、2017年「スイーツ販売(北竜町特産品を使ったお菓子4種類)」、そして2019年「Tシャツコレクション & スイーツコンテスト」の3回目となります。

宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生のお話

ファッション担当の宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生にお話を伺いました。


宮島学園・北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生 
宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生


「今回のTシャツコレクションを手掛けたきっかけは、毎年夏に北竜町で行われる北商ロードレースで着用するTシャツデザイン考案に端を発しました。その他、北竜町商工会青年部、ノースドラゴン等、様々な種類にデザインを広げていきました。

生徒達は、北竜町の様々な情報デやータを収集し、2~3か月かけて、じっくりとデザインを考案・検討。12種類のデザインを生み出しました。

今回のイベントは、2年生を中心とした生徒達が頑張って実施しました。北竜町の青年部の方々の優しいおもてなしを受けて、生徒たちはとても感激し、楽しそうでした」と、お話くださった市川先生です。

Tシャツコレクションは、10時と13時の2ステージ。コンテスト形式となっていて、好きなデザイン、好きなスイーツを選んで投票用紙に○を記入し投票するスタイルとなっています。


Tシャツコレクション投票用紙1 
Tシャツコレクション投票用紙1

Tシャツコレクション投票用紙2 
Tシャツコレクション投票用紙2


4部門のTシャツデザイン

Tシャツデザインは、北竜町商工会青年部用、北商ロードレース用、ノースドラゴン用、物販用の4部門に分かれています。

4各部門✕3種類で、12種類のデザインが発表されました。Tシャツ姿の12人のモデルさんが、ひまわり観光センター中央に用意されたランウェイをかっこよくウォーキング!!!

12人のモデルさんは、宮島学園の1年・2年の生徒さん、商工会青年部若者、北竜町の高校生の方々が務めます。

北竜町商工会青年部用

 1. 昇り竜

北竜町の道の駅サンフラワー北竜の北竜門「竜」をイメージしてデザイン。前面の和風に竜と、背面の洋風な感性戸とで、個性的なカッコよさを表しました。


商工会青年部用 1.昇り龍 
商工会青年部用 1. 昇り龍


2. ステッカーTシャツ

F1チームのユニフォームデザインからインスピレーションを得て制作しました。北竜町の名産品であるひまわりライスやメロン・すいかなどいろいろなものをステッカー風にデザインしてプリントしました。


商工会青年部用 2.ステッカーTシャツ 
商工会青年部用 2. ステッカーTシャツ


3. 男は背中で語る

北竜町商工会の文字を、胸に大きくあしらったユニフォーム的なTシャツ。男らしさを前面に出したデザインです。背中にお一人お一人の名前入りです。


商工会青年部用 3.男は背中で語る 
商工会青年部用 3. 男は背中で語る


北商ロードレース用

1. 北竜の風となれ

北商ロードレース参加者全員が、心地よく完走できるようにとの思いを込め、軽やかに走るランナーのイラストをあしらいました。


北商ロードレース用 1.北竜の風となれ 
北商ロードレース用 1. 北竜の風となれ


2. 五穀豊穣

北商ロードレースの参加者募集開催要項に、「ひまわりの里から五穀豊穣・健康促進と相互の親睦を深めるとともに、太陽を味方につけた『ひまわりのまち』北竜町のクリーンな景観を眺めながら爽快に走ってみませんか」との記述があります。そんなスローガンを大きく胸にあしらいました。各種目ごとに、消費カロリーがわかるように、計算式をいれてみました。


xxx 
北商ロードレース用 2. 五穀豊穣


3. 足にひまわり

スポーツの中にもファッション性が感じられるようにと思いデザインしました。マラソンは「足」が命と考え、足にひまわりの花をあしらいました。北商ロードレース2020が、おしゃれでファッショナブルな大会になるよう願っています。


xxx 
北商ロードレース 3. 足にひまわり


物販用

1. 北竜

北竜町を訪ねた記念の一枚、そんな思いを込めて、胸に龍をあしらいました。単色刷りで、強烈なインパクトが表現できたデザイン。老若男女を問わず、あらゆる世代に着ていただける一枚です。


xxx 
ノースドラゴン用 1. 北竜


2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編

かわいいイラストで北竜町の名産品をPRしつつ、楽しく着てもらえるデザイン。ひまわりライス、黒千石、黄玉すいか、北竜メロンなどなど、北竜町が世界に誇る一品の数々をおしゃれに着こなしてほしいと願っています。


xxx 
ノースドラゴン用 2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編


3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編

劇画タッチのイラストをTシャツ前面に大きくあしらいました。白黒のシュールな雰囲気の中に、ファッションセンスがキラリと光るデザイン。暑い夏にぴったりの涼しさを呼ぶ一枚です。


ノースドラゴン用 3.ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編 
ノースドラゴン用 3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編


ノースドラゴン用

1. アグリファイターノースドラゴン

北竜町のイメージキャラクター「アグリファイターノースドラゴン」。「ライスチャージ!!」は、有名なフレーズ。大人ばかりの「チームノースドラゴン」ではありますが、次の世代を担う子ども達も喜んでくれるかなと考え、イラストをメインにデザインしました。


物販用 1.アグリファイターノースドラゴン 
物販用 1. アグリファイターノースドラゴン


2.N43°43′

北竜町は、北緯43度43分に位置しています。その数字の配列が面白いと考え、デザインの中心においてみました。アルファベットを使用したデザインは、現代ファッションのトレンドでもありかっこよく、北竜町の特産品をPRできると思います。


物販用 2.N43°43′ 
物販用 2. N43°43′


3.BAD CROP ~悪ほど美しいものはない イモチキング編〜

ノースドラゴンの邪魔をし、凶作を揚げる悪の集団「バッドクラップ:イモチキング、カメムシ男爵、ノビエ」など油断ならないメンバーが揃っている。ノースドラゴンとの戦いでは、必ず負けるのだが、何度も立ち向かってくるところが、なんとも言えず面白いと考え、今回のコンペでは、主役に抜擢sてみることにしました。


物販用 3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編 
物販用 3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編


スイーツ紹介

北竜町の特産品を使ったスイーツ3種類が紹介されました。


竜町の特産品を使ったスイーツ3種類 
竜町の特産品を使ったスイーツ3種類

スイーツ販売 
スイーツ販売


1. まめ太郎

8時間かけてゆっくりと炊き上げた黒千石大豆をたっぷり入れた抹茶パウンドケーキ。仕上げに北竜町産の酒米「北竜彗星」のシロップを打ち、大人の味わいに。

2. 太陽のめぐみ

フレッシュバターをたっぷり使用したクッキーにキャラメルゼした黒千石大豆、ひまわりの種をたっぷりのせて焼き上げたフロランタン。

3. ひまわり畑のまさこひめ

ひまわりの種を使ったサクサク香ばしいクッキー。北竜町の特産品をふんだんに使った大人から子供まで楽しめる4つのアソート(イタリアン、黒千石、わさび、プレーンの4種類)。


まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚) 
まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚)

まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚) 
自宅で味わうスイーツ3種類(エンジョイ!北海道より)


Tシャツコレクション スタート

商工会青年部用


商工会青年部用 
商工会青年部用

1.昇竜 
1. 昇竜

2.ステッカーTシャツ 
2. ステッカーTシャツ

3.男は背中で語る 

商工会青年部用 3.男は背中で語る 
3. 男は背中で語る


北商ロードレース用


北商ロードレース用 
北商ロードレース用

1.北竜の風となれ 
1. 北竜の風となれ

2.五穀豊穣 
2. 五穀豊穣

3.足にひまわり 
3. 足にひまわり


物販用


物販用 
物販用

1.北竜 
1. 北竜

2.北竜図鑑~「名品イラスト」編 
2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編

xxx 
3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編


ノースドラゴン用


ノースドラゴン用 
ノースドラゴン用

1.アグリファイターノースドラゴン 
1. アグリファイターノースドラゴン

2.N43°43′ 
2. N43°43′

3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編 
3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編

全モデルでウォーキング 
全モデルでランウェイウォーキング

元気に笑顔で! 
元気に笑顔で!


スイーツコレクション

しっかりとお菓子の説明をしながら、スイーツプラカードを持って、ランウェイウォーキング!


スイーツ紹介 
スイーツ紹介

1.まめ太郎 
1. まめ太郎

2.太陽のめぐみ 
2. 太陽のめぐみ

xxx 
3. ひまわり畑のまさこひめ

プレゼンテーション 
プレゼンテーション


投票結果発表

午後、投票の集計結果が発表されました。

Tシャツコレクション

● 北竜町商工会青年部用:ステッカーTシャツ
● 北商ロードレース用 :北竜の風となれ
● 物販用       :ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編

スイーツコレクション

● 太陽のめぐみ


ありがとう!!! 
ありがとう!!!


素敵なスイーツ、そして斬新でカッコいいTシャツコレクションをありがとうございました!!!
北竜町の特産品がいっぱいの美味しいスイーツ、北竜町の魅力きらめくTシャツコレクションに、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


凛と煌くひまわりさん 
凛と煌くひまわりさん


写真(157枚)はこちら >>

関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


清水ひまわりさん(マジパン:マジカル・パンチライン)北竜町ひまわり観光大使にご就任!

2019/08/12 15:20 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/16 21:45 に更新しました ]

2019年8月13日(火)

8月7日(水)、ひまわりの里展望台そばの広場にて、「清水ひまわりさん・ひまわり観光大使委嘱状交付式」が開催されました。 清水ひまわりさんは、女性アイドルグループ「マジカル・パンチライン(通称:マジパン)」のメンバーです。


清水ひまわりさん・ひまわり観光大使委嘱状交付式


満開のひまわりの里 
満開のひまわりの里

北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式 
北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式


「ひまわり観光大使の委嘱状」「観光大使の名刺」の贈呈

北竜町・佐野豊 町長より、「ひまわり観光大使の委嘱状」と「観光大使の名刺」が贈呈されました。


北竜町ひまわり観光大使委嘱状 
北竜町ひまわり観光大使委嘱状

北竜町ひまわり観光大使・名刺 
北竜町ひまわり観光大使・名刺


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


北竜町・佐野豊 町長ご挨拶

「今、北竜町は第33回のひまわりまつりの真っ最中です。北竜町のひまわりの里は面積23ha、東京ドームの約5倍で、ひまわりの花は約200万本咲き誇ります。この200万本のひまわりの花が、清水ひまわりさんを歓迎いたしております。これからも北竜町のひまわりの里をよろしくお願い申し上げます。

ひまわりさんの芸名が『清水ひまわり』であり、北竜町にご縁のあるお名前です。JAきたそらち北竜支所の星野 支所長が清水ひまわりさんを知り、今日の交付式に繋げていただいました。ひまわりやひまわりライス等の北竜町の農業を応援していただきます。

私達は、北竜町からひまわりさんを応援していきたいと思います。北竜町でひまわりさんの応援団も設立しております。会員の方も一気に増えていますし、ひまわりさんを全国的なメジャーになってほしいと願っています。ひまわりさん、今後とも、北竜町をよろしくお願いいたします」。


北竜町・佐野豊 町長と清水ひまわりさん 
北竜町・佐野豊 町長と清水ひまわりさん


清水ひまわりさんご挨拶


清水ひまわりさんご挨拶 
清水ひまわりさんご挨拶


「北竜町観光大使に就任させていただきました、高校2年生16歳の清水ひまわりです。私は普段東京を中心にアイドル活動をメインに、女優やタレントとして活動させていただいているのですが、こんな無名な私を観光大使に選んでいただき感謝しかございません。本当にありがとうございます。

北竜町観光大使にしていただいたので、たくさん頑張って北竜町やひまわりの里をアピールできるように努めて参ります。これからも、北竜町と清水ひまわりを宜しくお願い致します」。

ひまわりライス1年分(60kg)&きたくりんのご飯パック贈呈

さらに、ひまわりライス生産組合の川村功 組合長より、ひまわりライス1年分(60kg)贈呈プレート、そして、JAきたそらち北竜支所・北清裕邦地区代表理事よりきたくりんのご飯パックが贈呈されました。

ひまわりライス生産組合の川村功 組合長ご挨拶

「北竜町の安心安全なお米を沢山食べて、まだまだ成長過程で身長も伸びていく清水ひまわりさん。これからのますますのご活躍を祈念して、北竜町のお米を贈呈したいと思います」と、川村組合長。


北竜ひまわりライス生産組合・川村 功 組合長 
北竜ひまわりライス生産組合・川村 功 組合長


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事ご挨拶

「清水ひまわりさん、北竜町が心をこめて作ったお米を贈呈します。いっぱい食べて大きくなってください!」と、北清地区代表理事。


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式 & ひまわりライス贈呈式が終了となりました。


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


報道関係の取材

北竜町役場応接室にて、報道関係者の取材がありました。


北竜町役場応接室にてインタビュー 
北竜町役場応接室にてインタビュー


清水ひまわりさんは、2002年11月生まれ、神奈川県横横浜市出身。16歳。2016年2月にマジカルパンチラインが結成され、7月にデビュー。


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


▶Q:ひまわり観光大使の就任についての感想をお聞かせください。


北海道新聞・矢野亘 記者の質問 
北海道新聞・矢野亘 記者の質問


清水ひまわりさん:
最初、観光大使のお話を伺ったとき、とてもびっくりしました。アイドルの中でも、そんなにメジャーではないので、驚きました。
どんな活動をすればいいのかなと思っていたのですが、実際、北海道北竜町のひまわりの里で就任の挨拶をしたとき、これからひまわり観光大使として北竜町をアピールしていくのだなぁという実感が湧いてきました。
今、PRの方法の一つとして、ツイッターで、定期的に北竜町の話題(ひまわりの様子、農産物の様子など)を発信できたらと考えています。


インタビューの様子 
インタビューの様子


▶Q:北竜町の町に対してどんな印象をもちましたか?
ひまわりさん:ひまわりの数が想像以上に多く感じました。一面のひまわりという言葉から、ちょっと広い公園くらいをイメージしていたのですが、視界が全部ひまわりだったのです。驚きと同時に、こんな素敵な場所の観光大使になれて嬉しいなと思いました。

▶Q:北海道のイメージは?
ひまわりさん:北海道は寒いというイメージが強かったのです。でも来てみたら暖かいのですが、ジメジメしてなくてカラッとしていて、すごしやすいなと感じました。


質問に朗らかに答える清水ひまわりさん 
質問に朗らかに答える清水ひまわりさん


▶Q:北竜町のひまわりは、海外の人々から注目を浴びていますが、清水ひまわりさんも海外をめざしてアイドル活動を行っていきたいですか?
ひまわりさん:ハイ! グローバルなアイドルや女優を目指していきたいです!

▶Q:お米は好きですが?
ひまわりさん:好きです。炊きたてを食べてみたいです!

▶Q:本名「ひまわり」について、自分自身どう感じていますか?「ひまわりの花」についてはどう思いますか?
ひまわりさん:ひまわりは、両親の好きな花で、「ひまわりの花のように、大きくのびのびと育つように」という意味をこめて名付けてくれた名前です。実際大きく育って、「名は体を表す」の意味の通りで、自分にはぴったりかなと思っています(笑)。
「ひまわりの花」は好きです。子どもの頃に、ひまわり畑に連れていってもらったりしたので、その頃の写真があります。「ひまわり」という名前でご縁が繋がって嬉しいです。ひまわりのように堂々として、凛とした女性になりたいと思います。


爽やかな笑顔の清水ひまわりさん 
爽やかな笑顔の清水ひまわりさん


「昼食に『黒千石おにぎり』と『ひまわりメロン』をいただいたのですが、とっても美味しかったです」と、素敵な笑顔で語ってくださった清水ひまわりさんです。


北竜町バックパネルの前で 
北竜町バックパネルの前で

清水ひまわりさん観光大使をプロデュースされたJAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
清水ひまわりさん観光大使をプロデュースされたJAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


清水ひまわりさん・北竜町ひまわり観光大使ご就任のプロデューサー:JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長のお話

先日、お忙しい中、JAきたそらち北竜支所にて、星野忠雄 支所長(59歳)のお話を伺いました。

「私がアイドルにご縁を持つようになったきっかけは、息子が旭川市の高校でバスケット部だった時のマネージャーが『橋本奈々未』さんだったことです」と、星野忠雄 支所長。

橋本奈々未さんは、驚いたことにその後「乃木坂46」のメンバーになったのです。そして、橋本奈々未さんの一番の仲良しメンバーが「深川麻衣」さん。「深川」というご縁が繋がっていきました。3~4年前、深川麻衣さんも橋本奈々未さんも、乃木坂46を卒業しています。現在、深川麻衣さんは、女優として映画やドラマに活躍中です。

そして、アイドルにアプローチするきっかけとなったのは7年前、星野忠雄 現支所長がJAきたそらち深川支所米穀部長だった時。「深川米(ふかがわまい)」の販売戦略として、「深川米」と「深川麻衣」と同音ということから、当時アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで、デビューしたばかりの「深川麻衣」さんに深川米のPRの協力を依頼したのです。OKを契機に、「ふかがわまいプロジェクト」が進展し、深川市で『走れ! Bicycle』の限定盤特典DVDプロモーションビデオに『深川麻衣 × JAきたそらち』として収録されました。(『深川麻衣 × JAきたそらち』Youtubeはこちら >>

星野 支所長は、深川麻衣さんの仲良しだった橋本奈々未さんを知っていたということもあり、ためらうことなく、先方の事務所に手紙を出してアプローチ。先方からOKをもらい、プロジェクトが実現しました。


JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


その後、星野さんが北竜支所の支所長として異動となった2016年、2月に女性アイドルグループ「マジカル・パンチライン」が結成され、7月にはポニーキャニオンよりメジャー・デビュー。「清水ひまわり」さんの存在を知り、その頃より、構想を温めていた星野 支所長。

星野 支所長は、ひまわりライス販売促進活動で、パシフィコ横花(神奈川県横浜市)、幕張メッセ(千葉県幕張市)等のアイドルイベントで、お米を販売しました。イベントでアイドル達がお米をPRすると、米が飛ぶように売れていったのです。アイドルの威力を目の当たりにしました。星野さんは「アイドル」パワーが米の販売促進に繋がり、さらに町を活性化させるに違いないと確信したのです。

北竜町役場に清水ひまわりさんを北竜町ひまわり観光大使にどうかと打診したところ、佐野町長は快諾。北竜町役場企画振興課・市場義弘 係長が奔走。清水ひまわりさんが北竜町のひまわり観光大使として活動する委嘱が実現したのです。

「7年間温めていた夢が実現しました! 清水ひまわりさんには『北竜町ひまわり観光大使』として、今後、様々な企画を通じて、北竜町を明るく元気にしていただきたいと願っています」と笑顔で語ってくださった星野支所長です。


JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


ひまわりの里での撮影会


ひまわりの里サインの横で 
ひまわりの里サインの横で

満開のひまわりと 
満開のひまわりと

ひまわりに囲まれて 
ひまわりに囲まれて

ひまわりの海 
ひまわりの海

満開の笑顔とひまわりさん 
満開の笑顔とひまわりさん


ひまわり咲ちゃん&アグリファイターノースドランと撮影会


北竜町キャラクター・ひまわり咲ちゃんと 
北竜町キャラクター・ひまわり咲ちゃんと一緒に

アグリファイターノースドラゴンと一緒に 
アグリファイターノースドラゴンと一緒に

みんな一緒にガッツポーズ 
みんな一緒にガッツポーズ


ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長のハウスにて収穫体験・試食

旬を迎えている北竜町ひまわりスイカの収穫体験 & 試食が、ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長のすいかハウスにて 行われました。


ひまわりすいかと清水ひまわりさん 
ひまわりすいかと清水ひまわりさん

よく冷えたひまわりすいか 
よく冷えたひまわりすいか


黄色のひまわりメロンを頬張り、「めっちゃ、美味しい!」を連発する清水ひまわりさん!


いただきま〜す! 
いただきま〜す!

関係者一同でいただきます 
関係者一同でいただきます

ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長と記念撮影 
ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長と記念撮影


その日のスケジュールが一通り終了し、サンフラワーパーク北竜温泉にて、関係者の方々との懇親会開催となりました。


サンフラワーパーク北竜温泉 
サンフラワーパーク北竜温泉


▶ メロン収穫試食体験、役場町長室挨拶、和保育園訪問

翌日8月8日(木)、メロン収穫試食体験、役場町長室挨拶、和保育園訪問が行われました。
翌朝、朝から雨となったので、予定していたひまわりの里での撮影は中止となり、室内撮影に変更。その後、メロン収穫試食体験、北竜町役場・町長室にて佐野豊 町長にご挨拶、和保育園訪問となりました。

農事組合法人ほのかメロンハウスにて収穫・試食体験撮影


清水ひまわりさんひまわりメロン収穫体験 
清水ひまわりさんひまわりメロン収穫体験

ひまわりメロンとったど〜! 
ひまわりメロンとったど〜!

ひまわりメロンと一緒に 
ひまわりメロンと一緒に


農事組合法人ほのか・選果場でメロン試食

メロンハウス内でメロンの収穫体験をした後、選果場でメロン試食。選果場では、ほのかの皆さんが、収穫後のメロン磨きを箱詰めが行われていました。皆さんが見守る中、マネージャーをはじめ、関係者の方々とともにひまわりメロンを試食!


農事組合法人ほのかにてひまわりメロン試食会 
農事組合法人ほのかにてひまわりメロン試食会

いただきま〜す! 
いただきま〜す!

よく冷やされたひまわりメロン 
よく冷やされたひまわりメロン

美味しい〜! 
美味しい〜!


「収穫して日にちが経っていないので、まだ硬さが残るメロンです。数日おいて追熟させると豊潤な味わいと柔らい口当たりのメロンになります。硬めも柔らかめも好みがあるので、食べ方も色々です」と農事組合法人ほのか・水谷茂樹 代表理事。


和気藹々のひまわりメロン試食会 
和気藹々のひまわりメロン試食会


「甘くて、ジューシー、美味しいメロン!」と清水ひまわりさん。


ひまわりメロンと清水ひまわりさん 
ひまわりメロンと清水ひまわりさん


メロンを堪能した後は、ひまわりさんに色紙とメロンにサインをしていただき、皆さん一緒に記念撮影!


ほのかさんへのサイン色紙 
ほのかさんへのサイン色紙

水谷恵さん・サイン色紙と一緒に 
水谷恵さん・サイン色紙と一緒に

ひまわりメロンにサイン 
ひまわりメロンにサイン


素敵な思い出となりました! ありがとうございました!!!


全員でピース! 
全員でピース!


この後、移動して北竜町役場町長室へ。佐野町長への挨拶、そして記念撮影。さらに最後の訪問先の和保育園へと向かいました。

ひまわりのように明るくて可愛い清水ひまわりさん、北竜町観光大使として、太陽のように輝き、美しくきらめいて、今後益々ご活躍されますことを心よりお祈りいたします。


太陽のように輝き、美しくきらめいて 
太陽のように輝き、美しくきらめいて


写真(348枚)はこちら >>

関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


町長がバスガイド〜北竜町・佐野豊 町長編〜シィービーツアーズ 2019

2019/08/11 17:47 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/12 3:03 に更新しました ]

2019年8月12日(月)

8月3日(土)、(株)シィービーツアーズ(戎谷侑男 代表・札幌市)が主催する「町長がバスガイド~北竜町長編~佐野豊 町長」が開催されました。

今年、第33回北竜ひまわりまつりを迎えたひまわりの里。お天気続きで、雨が少ない環境の中で、ひまわりさん達は精一杯綺麗な花を咲かせています。青空が広がる真夏のお天気日和、佐野町長のガイドのもと、参加者約30人の方々が、北竜町の魅力を満喫しました。

目次

  1. 1 ▶ 北竜町・佐野豊 町長がバスガイド
    1. 1.1 ▶ 佐野町長・砂川ハイウェイオアシス館で合流
    2. 1.2 ▶ (株)シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表取締役社長のご挨拶
  2. 2 ▶ 佐野町長より北竜町の紹介
    1. 2.1 ▶ 千葉県印旛郡本埜村からの開拓団
    2. 2.2 ▶ 町民総出でひまわりの里の草刈り
    3. 2.3 ▶ 北竜町の美味しいお米
    4. 2.4 ▶ 生産情報公表農産物JAS規格を取得
    5. 2.5 ▶ 第46回日本農業賞大賞(集団組織)を受賞
    6. 2.6 ▶ ふるさと納税の返礼品・ひまわりライス
    7. 2.7 ▶ 北竜町の人口
    8. 2.8 ▶ 小冊子『JP01北海道北竜町・太陽を味方につけた町』に基づいた説明
      1. 2.8.1 ▶ 「ひまわり」を町の花
      2. 2.8.2 ▶ 町のスローガン
      3. 2.8.3 ▶ 町のキャラクター
      4. 2.8.4 ▶ インバウンドの観光客
      5. 2.8.5 ▶ ひまわりの里が認知されるようになったきっかけ
      6. 2.8.6 ▶ 北竜町の特産品・幻の黒千石大豆
      7. 2.8.7 ▶ 黒千石大豆が第5回ディスカバー農山漁村の宝(内閣官房及び農林水産省主催)に選定!
      8. 2.8.8 ▶ 町内飲食店の紹介
      9. 2.8.9 ▶ 町の特産品
      10. 2.8.10 ▶ 全国ひまわりオイルサミット
      11. 2.8.11 ▶ ひまわりの町の説明
  3. 3 ▶ 北竜町ひまわりの里見学
    1. 3.1 ▶ ひまわり咲ちゃん&アグリファイターノースドラゴンの歓迎
    2. 3.2 ▶ みんなで記念撮影
    3. 3.3 ▶ 見学約110分自由行動
    4. 3.4 ▶ ひまわり観光センターでのお買い物
    5. 3.5 ▶ 山本紗綺さんひまわりライブ
  4. 4 ▶ 北竜町産そば・おむすびのランチ:加工センター食農工房パルム
    1. 4.1 ▶ 笹団子:北竜町ふみの会
    2. 4.2 ▶ ランチメニュー
    3. 4.3 ▶ そば食楽部北竜・中村尚一会長のご挨拶
    4. 4.4 ▶ そば食楽部北竜・高橋利昌 事務局長(副町長)のご挨拶
  5. 5 ▶ お楽しみお土産抽選会
  6. 6 ▶ 渡邊靖範ファームにてメロン収穫体験 & 試食
    1. 6.1 ▶ 北海道指導農業士である渡邊靖範さんのお話
    2. 6.2 ▶ メロン収穫体験
    3. 6.3 ▶ ひまわりメロン試食タイム
    4. 6.4 ▶ 渡邊ファミリーお見送り!
  7. 7 ▶ 農産物直売所見みのりっち北竜 にてお買い物
  8. 8 ▶ 北竜町役場・佐野町長室訪問
  9. 9 ▶ お見送り


参加者への配布資料 
参加者への配布資料


北竜町・佐野豊 町長がバスガイド

佐野町長・砂川ハイウェイオアシス館で合流

朝8時に、バスは中央バス札幌ターミナル(札幌市)を出発し、砂川ハイウェイオアシス館(砂川市)にて、(株)シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表取締役社長と歓迎の握手で、北竜町・佐野豊 町長のお出迎えです。


砂川ハイウェイオアシス館(砂川市) 
砂川ハイウェイオアシス館(砂川市)

佐野町長、戎谷社長をお出迎え 
佐野町長、戎谷社長をお出迎え

よろしくお願いします! 
よろしくお願いします!


(株)シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表取締役社長のご挨拶


戎谷侑男 代表取締役社長 
戎谷侑男 代表取締役社長


同乗する北竜町役場産業課・長谷牧子 係長。


役場産業課・長谷牧子 係長 
役場産業課・長谷牧子 係長


佐野町長より北竜町の紹介

砂川ハイウェイオアシス館から北竜町までの40分間、車中では、北竜町・佐野豊 町長による、北竜町の魅力についてのお話です。


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「このバスツアーは、今年で4回目になります。1回目は秋10月の新米まつりに合わせて実施しましたが、平成29年度からはひまわりまつりに合わせてのバスツアーを開催させていただいております。

今、ひまわりの里は満開を迎えております。一番いい時期に、皆さんに北竜町を見ていただけるということで、大変嬉しく思います。今年は6月に雨が少なくて、6mlの雨量で、7月は27日の時点で3mlの降水量になっています。そのような状況の中、ひまわりも背が低くて例年になく花も小さいので、心配していましたがしっかり咲いています。この日のために準備したかのように、メインのひまわり畑が満開になっています。

毎年ひまわりを見ていますが、ひまわりは、元気や勇気、幸せ、明るい気持ち等をいろんな意味で私達に与えてくれる、私達の宝ものです。今日は、ひまわりを十分楽しんでいただければと思います。

先日8月1日(木)には、ひまわりフラワーフェスタが開催され、ビールパーティ、抽選会、花火大会などが行われました。札幌から北海道医療大学のよさこいチームを招き、毎年踊っていただいています。

ひまわり畑の中で上げる花火は、人気が出てきていますので、来年は是非、ひまわり畑の素晴らし花火を見にいらしてください。

千葉県印旛郡本埜村からの開拓団

北竜町は、明治26年(1893年)、千葉県印旛郡本埜村からの開拓団によって開かれた町です。開拓当時、千葉県印旛沼周辺は低い地域にありましたので、多くの水害に見舞われ大変な苦労をしたと聞いております。国の政策により北海道に移民団を派遣したのだと思います。

現在、本埜村は合併により印西市となり、人口13万人都市として東京のベットタウンとなっています。

北竜町は開拓から127年目を迎えます。町内には「和(やわら)」という名前の地区があり、「令和」の「和」です。「和」は、響きもいいし、「なごむ、やわらぐ」という意味もあり、地域の良い名前だと思います。町民の皆さんも優しくて、ひまわりを育てながら仲良く町づくりをしています。


ガイド中の佐野町長 
ガイド中の佐野町長


町民総出でひまわりの里の草刈り

ひまわりの里では、播種が完了すると、老人ボランタリーの皆さんや町民の方々総出で『草取り十字軍』の名のもとに、草取りを行っています。草取りは本当に大変な作業です。6月20日くらいから始まり、午前午後2時間ずつ作業します。行政中心に町民一丸となって、ひまわりを大切にして、町の花として育てています。多くの観光客の皆さんに見ていただき、元気を受け取っていただきたいと思います。

北竜町の美味しいお米

近年、北海道のお米は大変美味しくなったと言われていますが、特に、北空知地区(深川市、北竜町、秩父別町、沼田町、妹背牛町)が、お米の美味しい産地だと自負しております。

生産情報公表農産物JAS規格を取得

北竜町のお米は、昭和63年(1988年)より、生産組合の全ての農家が、使用する化学合成農薬を50%以上カットしています。北海道の一般的な農薬使用成分数22成分ですが、北竜町では11成分に減農薬して栽培しています。

北竜ひまわりライス生産組合が、平成18年(2006年)には、生産情報のトレーサビリティーを確保 する生産情報公表農産物JAS規格を取得しています。お米の栽培で、水稲生産組合が生産情報公表農産物JAS規格を取得したのは 日本で北竜町が初めてであり、唯一の取得です。

第46回日本農業賞大賞(集団組織)を受賞

「安心・安全・美味しいお米」を消費者に届けることが高く評価され、平成29年(2017年)3月には、第46回日本農業賞大賞(集団組織)を受賞いたしました。

ふるさと納税の返礼品・ひまわりライス

お米はふるさと納税の返礼品として、毎年、件数で3万件超え、寄付金で3億円を超えています。継続しているのは、リピーターの方々が多いのではないかと推測されます。『北竜町のお米は実に美味しい』というメッセージも数多くいただいております。北竜町のお米は、自信をもって、美味しいお米としてお勧めできます。機会がありましたら、是非食べていただきたいと思います。

北竜町の人口

北竜町の人口は、8月1日(木)で1,826人。北海道の中でも小さい町です。近隣の町も人口が少ないのですが、まだまだ合併せずに頑張っていきたいと思います。

昭和35年(1960年)は一番人口の多い年で、6,317人。当時、離農され、札幌でマンション経営等されている方もいらっしゃいます。

現在、緩やかではありますが、間違いなく人口減少となっています。毎年生まれる子どもたちは10人前後ですが、30人前後減少が見られます。移住定住など交流人口に力を入れています。人口は少なくても、元気な町づくりに懸命に取り組んでいます。

小冊子『JP01北海道北竜町・太陽を味方につけた町』に基づいた説明

小冊子『JP01北海道北竜町・太陽を味方につけた町』 
小冊子『JP01北海道北竜町・太陽を味方につけた町』


「ひまわり」を町の花

・北竜町は、『ひまわり』を町の花とし、『イチイ』を町の木としています。

町のスローガン

町のスローガン『あかるい農法 北海道北竜町』のデザインは、有名なデザイナーの梅原誠さんに、1年間かけて北竜町に入っていただき、完成させたものです。北竜町は、農業にあかるい、空もあかるい、知識にあかるいということです。しかも、『農法』は、どこにも負けない米作りを確立している、という意味が含まれたキャッチフレーズを作っていただきました。

デザインの黄色のギンガムチャックは、ひまわりの萼を表し、また秋の水田を表しています。

町のキャラクター

ひまわり咲ちゃん&アグリファイターノースドラゴン! アグリファイターノースドラゴンは『水・太陽・土』のブルー・イエロー・ブラウンが登場! その他、悪役カメムシ男爵、イモチキング、ノビエと戦って奮闘!
メンバーは、北竜町役場職員、きたそらち農協北竜支所青年部、北竜町商工会青年部など町の若者が一丸となって活動を続けています。道内外、沖縄まで出かけ、様々なイベントに参加し、北竜町をPRして活躍しています。

インバウンドの観光客

一昨年は、インバウンドを含めた観光客が、過去最高の35万6千人訪れました。その年は、ひまわりの花も背が高く素晴らしかったです。沢山の皆さんが来町され、沢山の花をみていただきました。

ひまわりの里が認知されるようになったきっかけ

昭和54年(1979年)、ヨーロッパ視察研修に参加した農協職員が旧ユーゴスラビアのベオグラード空港上空から見た一面のひまわり畑に感動。出張の基調報告に当時の農協女性部の皆さんが刺激を受け、健康的で安心な自家消費の食用ひまわり油を栽培し、家の周りにひまわりの花を植えることで環境美化につながるという『1戸1アール運動』の取り組むが開始されました。

平成元(1989年)年に『ひまわりの里』の整備がスタート。毎年F1の種を購入し植えています。ひまわりは、連作は難しいのですが、同じ場所で31年間植えています。毎年、60cm以上の深さで畑を耕起し、緑肥としてえん麦や小麦を植えています。春先の雪解けに堆肥を播き、土づくりをしてひまわりを栽培しています。

現在23.5haの面積の畑に、200万本のひまわりを栽培しています。

北竜町の特産品・幻の黒千石大豆

北海道在来種である小粒黒大豆の黒千石大豆。播種して収穫するのが11月に入るので、かつて雪の下になったこともあり、栽培が難しいこともあり、一時栽培が途絶えたこともありました。その後、ご縁があり、北竜町で、平成17年(2005年)に黒千石事業協同組合が設立され、栽培がスタート。黒千石大豆は、栄養価も高く、健康的食品として知られています。

黒千石大豆が第5回ディスカバー農山漁村の宝(内閣官房及び農林水産省主催)に選定!


北竜町の特産品・幻の黒千石大豆のページ 
北竜町の特産品・幻の黒千石大豆のページ


昨年、平成30年(2018年)11月、応募された全国1,015団体の中から優良事例32団体が認定されました。北海道ブロックは、応募98団体中、3団体が認定され、その中で、黒千石事業協同組合(高田幸男 理事長)が最も高い評価を受けました。授賞式は、内閣総理大臣官邸にて授賞式と交流会が行われ、内閣府の錚々たるメンバーと記念写真撮影が実施されました。

町内飲食店の紹介

黒千石・黒ちゃんハンバーグ定食、粉末状にしたひまわりの種のひまわりピザ、北竜町産そば粉の手打ちそばとひまわりライスのおにぎりのセットなどなど、北竜町でしか食べれないお料理を紹介しています。

町の特産品

 ひまわりメロン、ひまわりスイカ、そばの実フレーク、乾麺・ひまわりの里そば(北竜町産そば粉・きたわせ)、特別純米酒・北竜彗星(北竜町産酒米)、田から持ち(北竜町産もち米100%使用)など。

インスタント蕎麦は人気が高く、フランス・パリから注文が入っています。そばの実フレークは、パリのマーケット食品コーナーにも提供されているほどです。

ひまわり油は、平成27年(2015年)に、地方創生事業の一環として日進オイリオとの提携が決定し、搾油用ひまわりの栽培が開始されました。黒千石大豆とひまわり油のドレッシングが開発され販売されています。さらに、ボディ、手足・顔・頭の髪に塗ると保湿効果のある、ひまわり油80%を使用した『北竜サンフラワーバーム』が発売されています。

ひまわり油は、ビタミンEの含有量がオリーブオイルの8倍です。パン、サラダ、納豆、お味噌汁にかけるなどバリエーション豊富で、どんな料理にでも合います。

全国ひまわりオイルサミット

今年6月には、香川県まんのう町にて、第3回全国ひまわりオイルサミットが開催され、北竜町(北海道)、名寄市(北海道)、佐用町(兵庫県)、まんのう町(香川県)との提携協定が結ばれました。

ひまわりの町の説明

・町の街路灯もマンホールもひまわりのデザインが描かれています
・『北竜町商業活性化施設・ココワ』は町が運営しているスーパーマーケット!
・沿道を飾るひまわりは、3ヶ月咲き続けます。一茎に100輪の花を付けます
・北竜町役場、そして、来年完成する工事中の新和保育園の敷地です。2020年東京オリンピックの新国立競技場の設計を手掛ける隈研吾氏の設計による新保育園です。

北竜町ひまわりの里見学

駐車場の整備をしているスタッフで、お揃いの黄色いシャツを着用しているのは、みな町の職員です。暑い中、みんな毎日頑張っています。

ひまわり咲ちゃん&アグリファイターノースドラゴンの歓迎


ひまわり咲ちゃんのお出迎え@ひまわりの里駐車場 
ひまわり咲ちゃんのお出迎え@ひまわりの里駐車場


みんなで記念撮影


参加者皆さんと記念撮影 
参加者皆さんと記念撮影


見学約110分自由行動

ひまわりの里を一周する(15分)トラクター遊覧車乗車と第1迷路の入場が、1回ずつ無料でお楽しみいただけます。


満開のひまわりの里 
満開のひまわりの里

バスツア−参加者は無料で乗車可 
バスツア−参加者は無料で乗車可

満開のひまわりさん 
満開のひまわりさん


ひまわり観光センターでのお買い物


ひまわり観光センター 
ひまわり観光センター

行列ができるひまわりソフトクリーム 
行列ができるひまわりソフトクリーム


山本紗綺さんひまわりライブ


山本紗綺ひまわりライブ 
山本紗綺さんひまわりライブ

バスツアー参加者と記念撮影 
バスツアー参加者と記念撮影

大勢のお客さんが散策中の令和迷路 
大勢のお客さんが散策中の令和迷路


北竜町産そば・おむすびのランチ:加工センター食農工房パルム

ひまわりの里をたっぷり満喫した後は、お待ちかねランチタイム! 加工センター食農工房パルムで、北竜そばの手打ちそばとひまわりライスのおにぎりの昼食です。


昼食:加工センター食農工房・パルム 
昼食:加工センター食農工房・パルム


北竜町産そば粉「キタワセ」で打ったそばは、北竜町の「そば食楽部北竜」のそば打ちの達人の方々による手打ちそばです。出来たてのそばが次々に提供されました。朝から準備にお忙しい「そば食楽部北竜」の皆さん。


大忙しの「そば食楽部北竜」の皆さん 
大忙しの「そば食楽部北竜」の皆さん

配膳も大忙し 
配膳も大忙し 佐野町長のお話 
佐野町長のお話


笹団子:北竜町ふみの会

毎週土曜日に「笹団子」づくりをする「北竜町ふみの会」のお母さん方。


「笹団子」づくりをする「北竜町ふみの会」のお母さん方 
「笹団子」づくりをする「北竜町ふみの会」のお母さん方


ランチメニュー

・北竜町そば粉の手打ちそば
・「ひまわりライス」でふんわりと握られた、海苔巻のおにぎり
・天麩羅(エビ、ナス、アスパラ)
・黒千石大豆の煮豆と煮汁で作った黒千石ゼリー
・ひまわりオイル掛けの「マグロの山かけ」
・北竜町のお母さん手作りの名物・笹団子
・黒千石茶


北竜町づくしのランチ 
北竜町づくしのランチ

ランチの様子 
ランチの様子


そば食楽部北竜・中村尚一会長のご挨拶


そば食楽部北竜・中村尚一会長 
そば食楽部北竜・中村尚一会長


「素人手打ちそばには、段があります。初段から5段まであり、初段・2段の認定会を北竜で14回開催させていただいております。今年10月には、4段位認定会を、北竜町で初めて開催する予定となっております。

そばにご興味のある方は、札幌市、石狩市、栗山町などで開催されていますので、足を運んでみてください。各地にあるそばの会などに参加して、楽しんでいただければと思います。

そば打ちは、中々思うように打てなくて、これでもかと一生懸命やればやるほどはまっていき、抜けられなくなります。不器用な人こそ、上達していきます。

今日は天気にも恵まれ、来ていただいて蕎麦を堪能していただきました。ソバ栽培においては、去年は大変でしたが、今年は良い出来で、美味しくそばが収穫できると思います。今日は、ひまわりライスのおにぎりと一緒に堪能していただければと思います。ありがとうございました」と中村会長。

 そば食楽部北竜・高橋利昌 事務局長(副町長)のご挨拶


そば食楽部北竜・高橋利昌 事務局長(副町長) 
そば食楽部北竜・高橋利昌 事務局長(副町長)


「皆さん、ようこそいらっしゃいました。副町長ですが、そばそば食楽部では、事務局という立場で務めさせていただいています。

ひまわりの里では、竜トピア(町おこしボランティグループ)で『ひまわり迷路』を作っています。今年は『令和』という文字を刻んでおります。これから、どんどんひまわりも咲いてくると思いますので、また訪れていただき、別の視点で様々なひまわりの花を楽しんでいただければと思います」と高橋副長町。

お楽しみお土産抽選会


役場産業課・細川直洋 課長 
役場産業課・細川直洋 課長


参加者の皆さんが一人づつ、抽選箱から品名が書かれたカードをひきます。カードには「ひまわりライス・お米」「黒千石セット」「ひまわり油」の3種類が明記されています。当たった商品が佐野町長より手渡され、皆さん大満足!


ハズレ無しの抽選会 
ハズレ無しの抽選会

北竜町特産品の数々 
北竜町特産品の数々


食後は、場所を移動し、渡邊靖範ファームメロンハウスへ。バスの中で、説明する佐野町長


渡邊さんのメロン栽培をガイド中 
渡邊さんのメロン栽培をガイド中


渡邊靖範ファームにてメロン収穫体験 & 試食

今回は、新規就農1年目の金田絵利紗さんが栽培した青肉メロンの収穫体験です。


青空の下メロン収穫の説明 
青空の下メロン収穫の説明


北海道指導農業士である渡邊靖範さんのお話

メロンハウス前で、渡邊靖範さんからメロンについて説明がありました。


北海道指導農業士・渡邊靖範さん 
北海道指導農業士・渡邊靖範さん


「暑い中、ようこそおいでくださいました。ありがとうございます。町長からご紹介いただきました渡邊(56歳)です。ここへ入植し100年が経過し、私で4代目、息子で5代目です。

総面積で20町ほど作っております。その中で、ほとんどが水田で、その他にメロン栽培を行っています。1,500坪の土地に、メロンハウスは9棟あります。ハウス1棟が90mです。

2月に青肉メロンの播種を行い、3月の中旬に定植、5月の中旬には初出荷となります。この青肉メロンが終了次第、二期作を行っております。現在1~6のハウスは、赤肉メロン栽培をしており、9月中旬に収穫となります。

町長ガイドで、当農場のメロン収穫体験は今回で3回目となります。過去2年間は、このA・B・Cのハウスで栽培していた黄色のメロン『黄美香(きみか)メロン』の収穫体験を行っていました。『黄美香メロン』は果肉が北竜のひまわりを思わせるような黄色が特徴で、北竜町のPRにもなると思いました。新規就農者である金田さんに栽培の継続を考えて指導していましたが、かなり栽培が難しく技術が必要なので、今年は断念しました。

そこで今年は『青肉メロン』の収穫体験となりました。美味しく出来上がっております。以前、このメロン体験の参加された方が『黄美香メロン』を楽しみにしていらっしゃったようで、大変申し訳なく残念です。しかし、青肉メロンはとても美味しく仕上がっておりますので、是非味わってみてください。

金田絵利紗さんは、4年前に北竜町が独自に行っております『農業体験実習研修』に参加し、半年間、北竜町で農業実習をしました。


新規就農1年目の金田絵利紗さん 
新規就農1年目の金田絵利紗さん


金田さんは、農業実習に入る前は、介護福祉士として介護の仕事に従事していました。仕事の中で、『身体の弱った方が、美味しいものや好物を食べると、とても元気になる」ということを実感したそうです。人生の最後の力になる食べ物を作る仕事につきたいという考えから農業を目指し、『農業の町・北竜町』とのご縁がありました。

農業実習の半年間、スイカ、花卉、野菜などの様々な品目の栽培を体験し、最終的にメロン栽培を選択。翌年から、当農場にて、農業次世代⼈材投資事業(準備型)となる2年間の研修を実施しました。そして、今年3月より、独立・自営就農がスタートしました。

メロンの歴史を少しお話します。
昭和55年(1980年)より31戸の農家がメロン栽培を手掛け、平成3年(1991年)には172戸のメロン農家が7町を超える面積で栽培。当時、売上が5億7千万円あり、夕張に継ぐ出荷量を記録しました。農家の皆さんで、売上5億円を記念してハワイ旅行を実施しました。その時代をピークに、メロンの作付けが減少。離農農家が増加し、メロン栽培の減少に繋がったと思います。

北竜町のメロンイベントとしては、お盆に『メロンすいか祭り』が昭和59年(1984年)より開催しています。今年も8月14日(水)朝8時半から12時まで、農協駐車場で実施されます。1日に約1,000箱用意し、半日でほぼ完売となります。

現在、北竜町でのメロン栽培は、栽培開始当初と同じ農家戸数31戸で行っています。面積は10分の1ほどですが、技術をもった農家が集まって、質の高いメロンをだしています。売上は1億円をキープしております。 ふるさと納税など、多くの皆さんからのご支援のお陰で、ハウスの更新・新設等にあたり、メロン栽培に備えることができます。

8月に入ると、赤肉メロンのふるさと納税の応募が開始いたします。1万円以上のご寄付でメロン2玉送らせていただいております。機会がありましたら、宜しくお願いいたします。

今日、収穫していただくメロンは、5月6日に定植したメロンです。金田さんの息子さんのこどもの日5月5日の翌日に定植しました。着果から55日経過し、丁度食べごろの時期になっています。

メロンの楽しみ方としては、まず、目で楽しみ、次に香りを楽しみ、最後に味を楽しみます。収穫後すぐに冷蔵庫に入れてしまうと、追熟しないで固くなったままの状態となります。

今日収穫体験後に試食していただくメロンは、7月25日に収穫し、その後陽のあたる場所に8日間置いて追熟させたメロンです。今朝カットし、冷蔵庫に入れて5時間ほど冷やしました。存分に味わっていただきたいと思います」と丁寧に説明してくださった渡邊さんです。

メロン収穫体験

収穫体験は5人一組のグループで実施。ハウスの中では、渡邊さんから丁寧な説明を受けながら、メロンを収穫し、一人一個ずつ大切にお持ち帰りです。


メロンの収穫体験 
メロンの収穫体験

ひまわりメロン 
ひまわりメロン

ひまわりメロン収穫体験 
ひまわりメロン収穫体験


ひまわりメロン試食タイム


冷蔵庫で冷やされた食べごろメロン 
冷蔵庫で冷やされた食べごろメロン


就農1年目の金田さんが、愛情いっぱい、真心込めて育てた大切な青肉メロン! 収穫後8日間熟成され、冷蔵庫でひんやりと冷やされた極上メロンを、皆さんじっくり味わった感度のひとときでした。ごちそうさまでした!


青空の下で頬張るひまわりメロン 
青空の下で頬張るひまわりメロン

戎谷社長も大満足! 
戎谷社長も大満足!


渡邊ファミリーお見送り!

美味しいメロン!ありがとうございました!


渡邊ご家族のお見送り 
渡邊ご家族のお見送り

美味しいメロンをありがとうございました! 
美味しいメロンをありがとうございました!


農産物直売所見みのりっち北竜 にてお買い物


北竜町農畜産物直売所みのりっち北竜 
北竜町農畜産物直売所みのりっち北竜


美味しいひまわりメロンを味わった後は、北竜町農畜産物直売所みのりっち北竜にてお買い物タイムです。


みのりっち北竜店内の様子 
みのりっち北竜店内の様子


北竜町役場・佐野町長室訪問

最後に、北竜町役場・佐野町長室を訪問しました。


北竜町長室訪問 
北竜町長室訪問


皆さんで記念撮影、パチリ!!!


記念撮影 
記念撮影


お見送り

お土産に、新鮮野菜や旬の果物を購入し、バスへ乗車。佐野町長をはじめ、役場職員の方々がお見送りです。


お見お送り 
お見お送り

ありがとうございました! 
ありがとうございました!


ひまわりさんの輝きに、心明るくときめく季節。。。
素敵な北竜町の魅力をたっぷりと味わうことのできる、素晴らしい佐野町長ガイドバスツアーに、
限りない尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


写真(118枚)はこちら >>


町長がバスガイド等・関連記事

北竜町・佐野豊 町長編 2019(2019年8月12日)
北竜町・佐野豊 町長編 2018(2018年8月10日)
北竜町・佐野豊 町長編 2017(2017年8月8日)
北竜町・佐野豊 町長編 2016(2016年10月11日)

幌加内町・細川雅弘町長編【エンジョイ!北海道】(2019年8月9日)
えりも町長・様似町長編【エンジョイ!北海道】(2018年4月11日)
更別村・西山猛 町長編【エンジョイ!北海道】(2017年10月13日)
平取町・イザベラ・バードと平取のアイヌの伝統工芸を学ぶ(2017年9月11日)
東神楽町・山本進 町長編【エンジョイ!北海道】(2017年8月29日)
浦臼町・斉藤純雄 町長編【エンジョイ!北海道】(2017年7月14日)
月形町・上坂隆一 町長編【エンジョイ!北海道】(2017年7月13日)
月形町・櫻庭誠二 町長編【エンジョイ!北海道】(2015年11月25日)

バスツアー・シィービーツアーズ

 ・ホームページ・バスツアー「旅する」  ・Facebook「シィービーツアーズ(北海道中央バスグループ)」


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子

山外明人家の上棟祭(北竜町)餅まきで地域住民と福を分かち合う

2019/07/23 13:57 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/07/25 23:41 に更新しました ]

2019年7月24日(水)

7月23日(火)15:00〜、北竜町共栄町内会・山外明人(39歳)家の新築における上棟祭、散餅の儀が行われました。


xxx 
山上明人さん宅


上棟祭:感謝と安全をこめて

上棟祭(じょうとうさい)は、新築家屋の土台の基礎工事が終わり、骨組みを組み立てて棟木を上げるときに行われる儀式。土地や建築を司る神様に感謝し、工事の安全と建物の長久を祈る祭礼とされています。


上棟祭 
上棟祭


祭壇へのお供え物

祭壇には、お供え物の米・酒・餅・魚・乾物・野菜・果物・塩・水・隅餅などが供えられます。


祭壇へのお供え物 
祭壇へのお供え物


儀式

神社宮司様の「修祓」から始まり、「降神」「献饌」「祝詞奏上」「曳綱」「槌打(つちうち)」「玉串拝礼」「神酒杯歳」等などが行われます。


修祓x 
修祓

祝詞奏上 
祝詞奏上

槌打(つちうち) 
槌打(つちうち)

槌打(つちうち) 
槌打(つちうち)

玉串拝礼 
玉串拝礼

玉串拝礼 
玉串拝礼

神酒杯歳 
神酒杯歳

祭壇 
祭壇


散餅の儀(さんぺいのぎ)餅まき

散餅の儀は、厄災や災禍を祓うと共に、地域の人々への感謝と福の分かち合いの意味がこめられています。紅白の丸餅には、すべて丸く収まるようにという願いが込められ、散餅を食べると福が舞い込むという言い伝えがあるようです。

お餅は、北竜町の(有)ひまわり農産の「田からもち」。今回は、1俵(60kg)のお餅がまかれました。


お餅は(有)ひまわり農産「田からもち」 
お餅は(有)ひまわり農産「田からもち」

xxx 
餅まきの準備


地元の方々沢山集まり皆さんでお祝いし、縁起の良いお餅を沢山拾って福を皆さんで分け合いました。


餅まきを今かと待つ地元の方々 
餅まきを今かと待つ地元の方々

餅まき 
餅まき

xxx 
餅まき

山外明人さん 
山外明人さん

子供にお菓子をまく奥様 
子供にお菓子をまく奥様

福をしっかりキャッチ 
福をしっかりキャッチ

おめでとうございます! 
おめでとうございます!


山外家の新築を心よりお祝いし、ますますのご発展をご祈念申し上げます。おめでとうございます!
土地や建物の神様に感謝し、工事の安全を願い、災いを祓い、地域の人々とともにお祝いして福を分け合う、
厳格で神聖なる上棟祭に、限りない尊厳と感謝と祈りをこめて。。。


地域の人々とともにお祝いして福を分け合う上棟祭 
おめでとうございます!


山外明人家の上棟祭の写真(73枚)はこちら >>


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第71回 北空知消防連合演習・北竜町ひまわりの里駐車場で開催

2019/07/22 20:40 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/07/23 3:50 に更新しました ]

2019年7月17日(水)

令和元年7月5日(金)午後1時より、北竜町ひまわりの里駐車場にて、第71回北空知連合消防演習が開催されました。主催は、北海道消防協会空知地方支部北空知分会、深川地区消防組合、深川地区消防組合北竜消防団、深川地区消防組合深川消防署北竜支署です。開催場所は、各消防団の持ち回り。北竜町での開催は、10年振りとのことです。

目次

  1. 1 ▶ 第71回北空知連合消防演習
    1. 1.1 ▶ 目的
    2. 1.2 ▶ 主催
    3. 1.3 ▶ 後援
    4. 1.4 ▶ 協力
    5. 1.5 ▶ 参加隊名
  2. 2 ▶ 入場分列行進
  3. 3 ▶ オープニングセレモニー
    1. 3.1 ▶ 防火の歌
    2. 3.2 ▶ 防火の誓い
  4. 4 ▶ 開会式準備
    1. 4.1 ▶ (1)会場整列
    2. 4.2 ▶ (2)人員機械器具点検報告
    3. 4.3 ▶ (3)総指揮官指示:北竜消防団・中山成幸 副団長
  5. 5 ▶ 開会式
    1. 5.1 ▶ (1)開会の言葉:消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長
    2. 5.2 ▶ (2)国旗に敬礼
    3. 5.3 ▶ (2)消防物故者に対する黙とう
    4. 5.4 ▶ (4)人員報告(総指揮官から統監へ)
    5. 5.5 ▶ (5)総監挨拶:北竜町・佐野豊 町長
    6. 5.6 ▶ (6)消防長に敬礼:深川地区消防組合・野弘道 消防長
    7. 5.7 ▶ (7)統監訓示:消防協会北空知分会分・古川隆夫 会長
    8. 5.8 ▶ (8)観閲
    9. 5.9 ▶ (9)閉 式
    10. 5.10 ▶ (1)規律訓練(中隊及び小隊訓練)
    11. 5.11 ▶ (2)消防ポンプ操法(水出し操法)
    12. 5.12 ▶ (3)出動訓練
    13. 5.13 ▶ (4)放水訓練(小型ポンプ)
  6. 6 ▶ 閉会式
    1. 6.1 ▶ (1)統監講評:消防協会北空知分会・古川隆夫 分会長
    2. 6.2 ▶ (2)表彰(表彰区分:消防協会空知地方支部北空知分会長)
    3. 6.3 ▶ (3)来賓祝辞:北海道空知総合振興局長・青木誠雄 様
    4. 6.4 ▶ 来賓祝辞:北竜町議会・佐々木康宏 議長
    5. 6.5 ▶ 来賓祝辞:旭川深川方面警察署・有蔵久 署長(代読:深川警察署沼田警察庁舎・嵯峨所長)
    6. 6.6 ▶ 祝電の披露
    7. 6.7 ▶ 国旗に敬礼
    8. 6.8 ▶ 閉会の言葉:消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長
  7. 7 ▶ 総指揮官に敬礼:北竜消防団・中山成幸 副団長
  8. 8 ▶ 解散
  9. 9 ▶ 第71回北空知連合消防演習の写真(290枚)はこちら >>
  10. 10 ▶ 関連サイト・記事

会場:北竜町ひまわりの里駐車場 
会場:北竜町ひまわりの里駐車場

北空知連合消防演習 
北空知連合消防演習


第71回北空知連合消防演習

目的

北空知地域消防機関相互の連絡協調を図り、総合的消防技術を演練し、もって消防職団員の資質の向上と士気の高揚並びに関係住民の防火思想の普及徹底を図り、更なる近代消防の確立を期することを目的とします。

主催

・北海道消防協会空知地方支部北空知分会、深川地区消防組合、深川地区消防組合北竜消防団、深川地区消防組合深川消防署北竜支署

後援

・深川市・妹背牛町・秩父別町・沼田町・幌加内町・北竜町・北竜消防団連合後援会

協力

・深川警察署、北竜町交通安全指導員会、北竜町和保育園

参加隊名

・北竜支署(6名)大型水槽車(司竜号)・タンク車(真竜号)
・北竜消防団第1分団(25名)ポンプ車小型付(泉竜号)
・北竜消防団第2分団(30名) ポンプ車小型付(鍾竜号)・積載車(幸竜号)
・深川消防団(33名)ポンプ車小型付(第5分団3部4班車)
・妹背牛消防団(17名)ポンプ車小型付(1号車)
・秩父別消防団(25名)ポンプ車小型付(1号車)
・沼田消防団(15名)ポンプ車小型付(第3分団車)
・幌加内消防団(16名)ポンプ車小型付(朱鞠内ポンプ車)

 計167名(10台)


ずらりと勢揃いした消防車 
ずらりと勢揃いした消防車


入場分列行進

入場分列行進 

入場分列行進 

入場分列行進 
入場分列行進


オープニングセレモニー

やわら保育園幼年消防クラブによる防火の歌並びに防火の誓い。


やわら保育園幼年消防クラブによる防火の歌 

やわら保育園幼年消防クラブによる防火の歌 
やわら保育園幼年消防クラブによる防火の歌


防火の歌

戸締まり用心 火の用心
戸締まり用心 火の用心

一日一度は良いことを
にこにこにっこり日曜日

戸締まり用心 火の用心
戸締まり用心 火の用心

肝心かなめの火曜日だ
どろんこ風の子元気な子

どんどん出てこい土曜日だ
にこにこにっこり日曜日

防火の誓い

・代表:ひまわり組 藤田りのちゃん、藤田ゆのちゃん


防火の誓い :代表・ひまわり組・藤田りのちゃん、藤田ゆのちゃん 
防火の誓い :代表・ひまわり組・藤田りのちゃん、藤田ゆのちゃん


「けいれい! わたしたちは、ぜったいにひあそびをしません!
 ひまわりぐみ ふじたりの ふじたゆの
 けいれい!!」


やわら保育園幼年消防クラブ 
やわら保育園幼年消防クラブ


開会式準備

(1)会場整列

会場整列 
会場整列


(2)人員機械器具点検報告

・各隊長 ⇒ 副指揮官 ⇒ 総指揮官


人員機械器具点検報告 
人員機械器具点検報告


(3)総指揮官指示:北竜消防団・中山成幸 副団長

北竜消防団・中山成幸 副団長 
北竜消防団・中山成幸 副団長


「令和になっての初めての消防演習でございます。団員の皆様方も気持ちを新たに、訓練をされてきたと思っております。その成果を十分に発揮していただき、この演習が盛会のうえに終わることを願っております。どうぞ、よろしくお願いします」。


成果を十分に発揮していただきたい 
成果を十分に発揮していただきたい


開会式

(1)開会の言葉:消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長

「只今より、第71回消防演習を開催いたします」。


消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長 
消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長


(2)国旗に敬礼

国旗に敬礼 
国旗に敬礼


(2)消防物故者に対する黙とう

消防物故者に対する黙とう 
消防物故者に対する黙とう


(4)人員報告(総指揮官から統監へ)

人員報告 (総指揮官から統監へ) 
人員報告 (総指揮官から統監へ)


(5)総監挨拶:北竜町・佐野豊 町長

総監挨拶:北竜町・佐野豊 町長 
総監挨拶:北竜町・佐野豊 町長


「本日ここに、歴史と伝統ある第71回北空知連合消防演習が、町内外より多数のご来賓を迎え盛大に開催されますことに、心よりお喜び申し上げます。

この栄えある消防演習に対し、深川地区消防組合を構成する1市5町の消防団員の皆様は、平素より各地域での予防消防業務において、昼夜を問わず住民の財産保全のため、献身的なご尽力をいただいておりますことに対し、深い敬意と感謝を申し上げますとともに、本演習に向けた演習の成果を遺憾なく発揮され、目的が達成されますことを、ご期待申し上げる次第であります。

さて、近年の消防機関の出動は、火災をはじめ多岐に渡り対応し、地震や風水害等大規模で広範囲な災害による出動が増えている状況にあります。特に昨年9月に発生した北海道胆振東部地震では、大規模な土砂崩れが発生し、多くの尊い人名が失われ、さらに、北海道全域にわたる停電、いわゆるブラックアウトとなり、重要な社会基盤のひとつである電力が失われ住民生活の支障が出たところであります。このような災害は、全国どこでも起こる可能性があり、安全安心な暮らしを守るための防災の要として、消防に対する住民の期待は、益々大きくなっております。

消防職団員の皆様におかれましては、災害が発生した際はそれぞれが持つ近代装備を活用し、訓練により培われた技術を持って迅速に対応していただき、住民に期待に答えていただきますよう、改めてお願い申し上げるところでございます。

今回の演習は、昨年整備しましたひまわりの里駐車場が会場となっております。駐車場の西側に広がるひまわり畑には、毎年沢山の方が観光に訪れております。本日はまだ、花が咲いておりませんが、今月20日から来月20日まで、第33回ひまわりまつりが開催されますので、是非、ご来場いただき、満開のひまわりをご覧いただきたいと願っております。

結びに、この演習にあたりご協力をいただいております、連合後援会並びに交通安全指導員の皆様、先程、オープニングセレモニーとして、防火の歌・防火の誓いをご披露いただきました、やわら保育園幼年消防クラブの皆さんに対し心からお礼を申し上げますとともに、消防職団員客員と本日ご臨席を賜りましたご来賓の皆様の益々のご健勝を心よりお祈り申し上げ、演習にあたっての挨拶といたします。終わります」と、佐野町長。


会場の様子 

会場の様子 
会場の様子


(6)消防長に敬礼:深川地区消防組合・野弘道 消防長

消防長に敬礼:深川地区消防組合・野弘道 消防長 
消防長に敬礼:深川地区消防組合・野弘道 消防長


(7)統監訓示:消防協会北空知分会分・古川隆夫 会長

統監訓示:消防協会北空知分会分・古川隆夫 会長 
統監訓示:消防協会北空知分会分・古川隆夫 会長


「令和元年の幕開けとともに、新しい時代が築かれる記念すべき年に、伝統ある北空知連合消防演習を北竜町で開催できますことは誠に光栄であり、心より感謝を申し上げる次第でございます。

またこの演習には、各種の行事が集中するこの時期、何かとご多忙の中をご来賓としておいでいただいております、北海道空知総合振興局長・青木誠雄 様、北竜町議会議長・佐々木康宏 様、深川警察署長・有倉久 様、組合管内市町議会議長様をはじめ管内外より多数のご来賓各位のご臨席を賜り、衷心より厚くお礼申し上げます。

この演習にご参集の消防団の皆様には、それぞれ生業を持ちながら、昼夜を問わず防火活動に献身的にご尽力されておりますことに、改めて敬意と感謝を申し上げます。

この連合演習は、1市5町における消防機関相互の連携と協調を密にし、多様化する各種災害に即応できる体制や資質の向上を目的として開催される演習であり、合わせて、地域住民の防火意識の効用を測る目的でもあります。

災害対応は消防の使命であり責務が不可避でありますが、このように動員力や即時対応力を要する消防への期待は益々大きなものがあり、社会を維持していく上で重要不可欠な存在であります。団職員の皆様には、日頃の訓練を活かし、地域全体の要として住みよい安全な町づくりに貢献されますことをご期待申し上げます。

さて、北海道は、いよいよ出水期のシーズンを迎えます。地球温暖化に伴う気象状況の激化により、突発的に発生する災害に、私達消防は常に向き合っていかなければなりません。

今年から国は、避難強化を重点として、住民が取るべき行動を直感的に理解しやすくなるよう5段階の警戒レベルを明記して、防災情報が提供されることとなりました。

昨年、火災氾濫の危険による避難勧告が発令されたことを教訓として、また、先月の新潟・山形で発生した大地震等地域的な災害はなく、いつどこで発生しても災害に対する備えに万全をきさなければならないと、さらに気を引き締め尚一層のご精進をされますようお願い蒸し上げます。

結びにご来賓の皆様、本演習にご協力いただきます関係機関の皆様、そして本日の演習を開催するにあたり、準備を進めていただきました開催地・北竜町の関係者の皆様に心より感謝を申し上げ、統監としての訓示といたします。終わります」。

(8)観閲

・観閲者: 総監・佐野豊 町長、副総監・高橋利昌 副町長、野野弘道 消防長、統監・古川隆夫 分会長(妹背牛消防団長)

・来賓者の方:
北海道空知総合振興局・青木誠雄 局長、北竜町議会・佐々木康宏 議長、北海道旭川方面深川警察署・有倉久 署長、妹背牛町議会・宮﨑博 議長、秩父別町議会・寺迫公裕 議長、沼田町議会・渡邊敏昭 議長、幌加内町議会・小川雅昭 議長、深川市・平山泰樹 副市長、妹背牛町・廣瀨長留次 副町長、秩父別町・髙鶴公人 副町長、沼田町・菅原秀史 副町長、幌加内町・大野克彦 副町長、深川地区消防組合・西村博明 名誉消防団員、同・渡邊健三 名誉消防団員、同・山岸正俊 名誉消防団員、同・伊藤博章 名誉消防団員、同・藤井利昭 名誉消防団員

観閲 

観閲 
観閲


(9)閉 式

演習

(1)規律訓練(中隊及び小隊訓練)

規律訓練(中隊及び小隊訓練)北竜消防 

規律訓練(中隊及び小隊訓練)北竜消防 
規律訓練(中隊及び小隊訓練)北竜消防


(2)消防ポンプ操法(水出し操法)

消防ポンプ操法(水出し操法) 

消防ポンプ操法(水出し操法) 

消防ポンプ操法 

消防ポンプ操法(水出し操法) 

消防ポンプ操法(水出し操法) 

消防ポンプ操法(水出し操法) 
消防ポンプ操法(水出し操法)


(3)出動訓練

出動訓練 

出動訓練 

出動訓練


(4)放水訓練(小型ポンプ)

放水訓練(小型ポンプ) 

放水訓練(小型ポンプ) 

放水訓練(小型ポンプ) 
出動訓練・放水訓練


閉会式

(1)統監講評:消防協会北空知分会・古川隆夫 分会長

統監より講評:古川隆夫 分会長 
統監より講評:古川隆夫 分会長


「本日は、天候が大変心配されていたところではございますが、記念すべき令和の年を迎え、第71回を飾る北空知連合消防演習を滞りなく終了させていただきましたことを厚くお礼申し上げます。また多くのご来賓の皆様におかれましても、最後まで終始熱心にご観覧を賜り、厚くお礼申し上げます。

本演習には、組合管内各団より、多くのご来賓の皆様ご参集のもとに演習を開催したところです。それぞれ、力強く入場行進、分列入場行進からスタートし、地元の和保育園の幼児の皆様によるオープニングセレモニー、可愛らしく誓いのことばもいただきました。緊張感漂うこの会場の雰囲気を和やかな雰囲気にしていただきました。参加いただいたことを厚くお礼申し上げます。

演習に入りまして、高い意識のもとで行われました規律訓練、機敏な行動と節度ある行動の中で行われましたポンプ操法、各隊の連携良く統制の取れた中で行われました出動訓練、放水訓練と、参加されました団員の皆様におかれましては、これまで培われた技術はもとより、今日に向けての訓練の成果が大きく現れた、大変立派な演習内容であったと考えるところでございます。伝統ある連合消防演習、皆様の力で大きな成果のある演習にしていただけました。重ねて厚くお礼申し上げます。

立派に終えられた団員に皆様におかれましても、今後それぞれの地域において、消防の責務であります安心安全を守るそんな責務の中で、今後とも日々精進していただきながら、地域の皆様から大きな信頼と負託に応える消防組織を目指して、今後共ご活躍いただければとご期待申し上げます。

結びに、今年の開催地であります北竜町の関係の皆様に、立派に準備から本演習まで準備を進めていただきましたことに重ねて厚く感謝を申し上げます。ご来賓各位のご多幸ご参加されました団員の皆様の今後益々のご健勝でご活躍されることをご祈念申し上げ、講評のご挨拶といたします。終わります」。

(2)表彰(表彰区分:消防協会空知地方支部北空知分会長)

<竿頭綬(無火災)表彰>

・北竜消防団 第2分団(平成28年10月20日より900日間無火災)
・深川消防団 第1分団(平成29年8月1日より360日間無火災)
・深川消防団 第4分団(平成29年5月3日より540日間無火災)
・秩父別消防団(平成29年10月8日より540日間無火災)

<精勤賞表彰>

精勤賞受賞 
精勤賞受賞


・北竜消防団 団員:橋本哲、山田敏光、石川大輔
・深川消防団 団員:亀上健太、野上雅弘、宮武実、吉田裕紀、堀井大輔、納村憲明
・妹背牛消防団 団員:荒瀬成孝、湯浅真太郎
・秩父別消防団 団員:藤原幹也、土井陽平
・沼田消防団 団員:鷲尾靖浩、片桐圭一、高橋博紀
・深川消防署:消防副士長・小野寺飛翔、消防副士長・松井真一、消防副士長・高 田汰希

・代表:北竜消防団 団員・橋本哲


代表:北竜消防団・ 橋本哲 様 
代表:北竜消防団・ 橋本哲 様


<勤続30年以上会員夫人表彰>

・深川消防団:部長・菅原司 夫人・千里、団員・中野一美 夫人・栄子
・沼田消防団:部長・上林達夫 夫人・尋美、班長・中野範行 夫人・めぐみ
・深川消防署:消防司令・宮内秀公 夫人・加代
・幌加内支署:消防司令補・有働裕妃 夫人・裕美子

<北空知分会役員退会者感謝状>

北空知分会役員退会者感謝状 
北空知分会役員退会者感謝状


・前北空知分会参与・前深川地区消防組合消防長・須見淳一(平成31年3月31日退任)
・前北空知分会評議員・前北竜町役場総務課長・中村道人(平成31年3月31日退任)
・前北空知分会評議員・前沼田町役場総務財政課長・菅原秀史(令和元年5月31日退任)
・前北空知分会評議員・前幌加内町役場総務課長・大野克彦(令和元年6月30日退任)
・深川消防団第5分団後援会監事・納村一男
・深川消防団第5分団後援会理事・関良一

(3)来賓祝辞:北海道空知総合振興局長・青木誠雄 様

北海道空知総合振興局長・青木誠雄 様 
北海道空知総合振興局長・青木誠雄 様


「空知総合振興局長の青木でございます。本日ここ北竜町におきまして、第71回北空知消防演習がかくも盛大に開催されましたことを心よりお喜び申し上げます。

先程、消防団の皆様の勇壮な分列行進や消火訓練などを拝見させていただきました。消防団員の皆様におかれましては、おのおの本業を持ちながら消防活動にご尽力されており、356日24時間緊張感を持ってのご活動に対し、心より感謝を申し上げますとともに、自治体の消防として、71年という長きに亘り幾多の災害や火災を乗り越え、地域の伝統や反映を支えてこられたご功績に心から敬意を表します。

近年は、台風や集中豪雨により、全国的に甚大な被害が発生しております。ここ北空知におきましても、昨年7月の大雨により、深川市、沼田町、妹背牛町で避難勧告が発令されました他、幸いにも人的被害はありませんでしたが、家屋の床下浸水や大規模な農地冠水の被害が発生いたしました。また、昨年9月の胆振東部地震では、多くの方々が犠牲になられるなど、未曾有の災害となるとともに、道内全域の停電により様々な影響をもたらしたところであります。

このような中で、今年5月から気象警報注意報等の避難のタイミングの関係を明確化し、住民の自主的な判断と避難を支援する取組として、警戒レベルが導入されるなど、新たな取組が開始されております。 一方、災害が発生したときに、被害を最小限に留めるためには、地域の消防団員の皆様の敏速な対応が極めて重要であります。

本日の訓練では、北竜町をはじめ、北空知管内市町の消防組織が力を結集し、日頃からの厳しい自己研鑽の成果を披露していただきましたが、このような訓練が地域の安心安全を確かなものにするものと心強く感じたところでございます。

振興局といたしましても、皆さまとしっかり連携しながら、住民の方々が安心して暮らせる地域づくりに取り組んでまいりますので、今後共関係者の皆様にご協力いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

結びになりますが、消防団員並びに消防職員各位の今後のご活躍と本日お集まりの皆様のご健勝をご祈念申し上げ、ご挨拶とさせていただきます」。

来賓祝辞:北竜町議会・佐々木康宏 議長

北竜町議会議長・佐々木康弘 様 
北竜町議会議長・佐々木康弘 様


「南九州で大雨被害がありました。速やかな復興を願います。
今日は最初に観閲をさせていただきました。お一人ひとり目を合わせていただきまして、農業の方、商店の方、役場職員、現役の議員さんもおられました。大変ご苦労さまです。

何年か前に加藤団長から『2019年が、消防演習の北竜町の当番の年に当たっていますから、どこかやれる場所がないでしょうかね』というお話をいただておりました。ひまわりの里入場者増加に対応するため、新たに駐車場を拡張することとなり、この駐車場が新たに作られました。そして、今日の演習がここで開催される運びとなりました。

今回71回目の北空知連合消防演習を期に、幌加内町は来年から上川総合振興局の方に移られます。71年間のいろんな想い、同じ場所、同じ空の下でやってきましたが、上川に移られるのは致し方ないことです。寂しいですけれども、これまで同じ時間を共有できたことに感謝申し上げます。71年間ありがとうございました。

今日の北竜町和保育園の子どもたち、北空知1市5町、沼田にはラッパ隊があり、深川には女性消防団員があり、それぞれの町の特徴を活かした消防の想いがあります。そんな1市5町、これからも益々消防の皆さんの力でひとつになって、発展していくことを願っております。

今日は雨には当たりませんでした。予報通りこの後は『恵みの雨よ、降れ』とそんな願いを最後に込めまして、地元の議長としてのお礼のご挨拶とさせていただきます。本日は大変にご苦労様です」と佐々木議長。

来賓祝辞:旭川深川方面警察署・有蔵久 署長(代読:深川警察署沼田警察庁舎・嵯峨所長

「深川警察署沼田警察庁舎所長の嵯峨 です。本来であれば、有蔵 署長が出席させていただくところですが、所用のため、本日代わって祝辞を述べさせていただきます。


旭川深川方面警察署長・有蔵久 様 
旭川深川方面警察署長・有蔵久 様


『本日ここに、第71回来北空知連合消防演習が、盛大に挙行されましたことに、心からお礼申し上げます。輝かしい伝統と歴史を持ちます消防団の皆様にとりましては、多忙な本業の傍ら、火災や災害から住民の生命財産を守るという崇高な職務に精励されているところであり、そのご苦労に対し、深く敬意を表するものでございます。

先程は、指揮官の号令と迫力ある演習で、分列行進や放水などを拝見いたしましたが、士気高く堂々とした姿に誠に頼もしく感じたところであります。

各種報道の通り、九州南部において記録的な大雨で甚大な被害があり、また土砂崩れによって2名の尊い命が奪われております。昨年の丁度今頃、ここ北空知においても大雨で、河川の増水などにより、住民の方々が避難するということもあり、また9月には、胆振東部地震やそれに続くブラックアウトが発生しているところです。

このようなことから、いざという時のために準備を怠らない、といことが重要になります。どうぞ、皆様におかれましては、引き続き高い士気を堅持していただき、更なる資質の向上に励まれ、住民の信頼に答えていただきますようお願い申し上げます。

消防と警察は、地域住民の生命・身体・財産を守るという共通の責務を担うものであり、警察といたしましても、その任務を果たすため、皆さまと日頃から緊密な連携を保ち、共に力を合わせて、地域住民の安全安心のため、努力してまいります。

結びに、消防団消防各位、並びに本日ご臨席の皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げ、祝辞といたします。本日は本当におめでとうございます』」。

祝電の披露

公益財団法人北海道消防協会・平井勇光 会長、北海道消防協会空知地方支部・岡正義 支部長

国旗に敬礼

閉会式の様子 

閉会式の様子 

閉会式の様子 
閉会式の様子


閉会の言葉:消防協会北空知分会・加藤宰 副分会長

「これをもちまして、北空知連合消防演習を終了いたします」。

消防協会北空知分会副分会長・加藤宰 様 
消防協会北空知分会副分会長・加藤宰 様


総指揮官に敬礼:北竜消防団・中山成幸 副団長

解散


敏速かつ勇壮な団体行動の中に宿る消防団員の熱い魂、
地元の人々の安心安全な暮らしと命を守り抜く、誇らしくも頼もしい消防団に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


会場の様子 

会場の様子 
会場の様子


第71回北空知連合消防演習の写真(290枚)はこちら >>

関連サイト・記事

北竜消防ホームページ

平成30年度北海道防災総合訓練・恵岱別川に自衛隊が架橋して物資を運搬(北竜町)(2018年10月16日)
北海道警察旭川方面本部・北竜町合同災害警備訓練(大雨洪水・土砂災害避難訓練及び災害警備訓練)の実施(2017年10月31日)
北竜消防庁舎(深川地区消防組合 深川消防署 北竜支署)の改築(2015年11月24日)
関係機関合同 総合災害警備訓練(北海道警察本部・旭川方面本部、深川地区消防組合、北竜町・沼田町)の実施(2013年8月30)
北竜消防団創立100周年記念式典・表彰 2013 の開催(2013年7月9日)
北竜消防団創立100周年記念式典・演習 2013 の開催(2013年7月8日)
北竜消防・創立100周年を飾る「出初式」2013(2013年1月11日)
第62回北空知連合消防演習 2010(北海道深川市)に身も心も引き締まりました(2010年7月26日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


令和元年 第33回ひまわりまつりオープン式・32日間の祭りがスタート!

2019/07/21 15:03 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/07/21 23:35 に更新しました ]

2019年7月21日(日)

令和元年7月20日(土)11:00から、第33回ひまわりの里オープン式が行われました。


北竜太鼓の演奏 
北竜太鼓の演奏


北竜太鼓演奏

ひまわりの里オープン式に先立ち、勇壮な北竜太鼓の演奏です。曲目「雷」、「川瀬の宴」の2曲です。


力強い曲目「雷」 
力強い曲目「雷」

勇壮な「川瀬の宴」 
勇壮な「川瀬の宴」


「心に響く素晴らしい演奏をありがとうございました。尚、8月4日(日)、「ザ太鼓まつりin北竜」が、午前11時よりひまわりの里芝生広場にて開催されます。皆様のご来場をお待ちしています」。司会は、北竜町役場産業課・細川直洋 課長。


北竜町役場産業課・細川直洋 課長 
北竜町役場産業課・細川直洋 課長


ご挨拶:北竜町ひまわり観光協会・佐光勉 会長

北竜町ひまわり観光協会・佐光勉 会長 
北竜町ひまわり観光協会・佐光勉 会長


「今日から1か月間に亘り、ひまわりまつりが開催されます。ひまわりは、私達に元気と勇気と希望を与えてくれます。ひまわりは、しあわせを呼ぶ花とも言われています。

今年もひまわりを堪能し、素敵な思い出と明るい生活を送っていただきたいと思います。今日は町内外から多数の皆様をお迎えし、心から歓迎と感謝を申し上げます。ありがとうございました!」と佐光会長のご挨拶です。


来賓ご祝辞:佐野豊 町長

北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「今日は日本一を誇るひまわりの里のオープンです。合わせて、第33回ひまわりまつりの開幕です。

北竜町ひまわり観光協会会長さんをはじめ、町内の各団体長さんに参加していただき、こうして盛大にオープン式を開催させていただきました。心からお祝いとお慶びを申し上げます。

ただいま、北竜太鼓の勇壮な演奏を聞かせていただきました。ひまわりの花も太鼓の響きも同じでありまして、私達に明るく健康な心を与えてくれます。

約1か月のロングランで、ひまわりまつりが開催されますが、天候にも恵まれて、多くの観光客の皆さんが訪れていただくよう、心から願っています。

この後、北竜中学校の皆さんに演奏していただきますし、餅まきもあります。どうか皆さん、素敵な演奏を楽しみ、美味しいお餅を沢山拾って帰っていただきたいと思います。町民を代表して一言ご挨拶といたします。どうぞ宜しくお願いいたします」と佐野町長のご挨拶です。


テープカット

・北竜町ひまわり観光協会・佐光勉 会長、北竜町・佐野豊 町長、北竜町議会・佐々木康宏 議長、北竜町商工・藤井雅仁 会長、JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事、北竜土地改良区・近江博信 理事長、ボランタリー協会・田中盛亮 会長、北竜中学校ひまわり委員・山田陽菜(ひな)委員長


テープカット 
テープカット


北竜中学校吹奏学部の演奏

1年生4名、2年生2名、3年生1名.。曲目「フラミンゴ」「パブリカ」(2020年東京オリンピック応援ソング)です。

「1曲目の『フラミンゴ』は、演出など部員皆で考えたものです。楽しんでいただけましたでしょうか? 

私達は、現在沼田中学校吹奏楽部と合同で練習していて、この後行われる空知地区吹奏楽発表会と空知地区吹奏楽コンクールに出場します。コンクール以外にも地域での演奏も行っていて、永楽園での訪問演奏もあります。

私達が1から考えて発表する定期演奏会も8月に行います。皆さん、是非、聞きにきてください」と、部員代表者の生徒さんの説明がありました。


北竜中学校吹奏学部の演奏 
北竜中学校吹奏学部の演奏


餅まき

ギンガムチェックの展望台から餅まき 
ギンガムチェックの展望台から餅まき


ひまわり柄の浴衣

ひまわり柄の浴衣を着た井崎碧さん(北竜町在住)、ひまわり咲ちゃんと一緒にパチリ!


佐野豊 町長と一緒に記念撮影・井崎碧さん(北竜町在住) 
佐野豊 町長と一緒に記念撮影・井崎碧さん(北竜町在住)

北竜町議会・佐々木康宏 議長(右)、北竜町商工会・藤井雅仁 会長(左)、ひまわり咲ちゃん 
北竜町議会・佐々木康宏 議長(右)、北竜町商工会・藤井雅仁 会長(左)、ひまわり咲ちゃん


こも樽割り

観光センター内に場所を移し、「こも樽割り」が行われました。威勢よく、こも樽割りです。祝い酒は、訪問者の皆さんに振る舞われました。


みんな一緒に「こも樽割り」 
みんな一緒に「こも樽割り」


たい焼きおにぎり

ひまわり観光センター内ショップでは、NPO法人 明るい農法による、「たい焼きおにぎり」の準備が進められていました。おにぎりの中身の具は2種類。右向きの具は、豚そぼろで、目が小豆。左向きが甘味噌で、目が黒千石になっています。


NPO法人 明るい農法による、「たい焼きおにぎり」 

NPO法人 明るい農法による、「たい焼きおにぎり」 
NPO法人 明るい農法による、「たい焼きおにぎり」


1か月間繰り広げられる「第33回ひまわりまつり 2019」どんなドラマがえがかれていくのか、とても楽しみです!!!


ひまわりの里・2つの迷路「REIWA 令和」「北竜ひまわり」 
ひまわりの里・2つの迷路「REIWA 令和」「北竜ひまわり」


写真(46枚)はこちら >>

関連ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


ひまわり生食パン新発売!北竜町産「焙煎ひまわり油」使用

2019/07/20 2:18 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/07/20 13:34 に更新しました ]

2019年7月20日(土)

岩見沢市内のパン屋さん「ベーカリーカンスケ」にて、無農薬栽培のひまわりの種を絞った北竜町産「焙煎ひまわり油」を使った「ひまわり生食パン」が新発売されました!


ひまわり生食パン1斤 
ひまわり生食パン1斤


小麦粉は、JAいわみざわの小麦粉「キタノカオリ」、その他北海道産にこだわった材料として、牛乳、生クリーム、バター、マーガリン、蜂蜜、昆布だし、練乳、塩(知床海洋深層水塩)などが使われています。

切り分けた際には、生地の表面に黄色の可愛い渦巻き模様が現れ、ひまわりを想わせるのが特徴!
優しい黄色のカラーは、ベニバナの黄色素を配合。


黄色いひまわりのような模様 
黄色いひまわりのような模様


ほんのり優しい甘さが広がり、ふんわりもっちり、焼かずにそのままいただく、最高に美味しい生食パン!
ひまわり油や塩をつけても相性抜群でさらに美味しい!!!

「ひまわり生食パン」は、北竜町で第33回ひまわりまつり2019 がスタートした今日、道の駅サンフラワーパーク北竜で12時より販売されましたが、あっという間に完売!

今後は、「ベーカリーカンスケ(岩見沢市)」、サンフラワーパーク北竜温泉・ショップ、「ココワ(COCOWA・北竜町商業活性化施設)」にて通年販売予定。また、札幌、東京、大阪等の催事でも販売される予定とのことです。

ひまわりの季節にいただく、ひまわり生食パン!
心もお腹も明るく元気いっぱい!!!


ひまわりの季節にいただく、ひまわり生食パン!  
ひまわりの季節にいただく、ひまわり生食パン!


ひまわり生食パンの写真(13枚)はこちら >>


関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


1-10 of 343