文化・活動

特集記事・目次        ・農業        ・農畜産物直売所・情報       ・町内会        ・サークル活動       ・スポーツ

ひまわり油を知るセミナー&味わうランチ会(札幌市)に200名以上が参加してひまわり油を味わう

に 寺内昇 が投稿   [ に更新しました ]

2018年2月19日(月)

北竜町では、昨年発売された「燦燦ひまわり油」に続き、第2弾として「北竜焙煎ひまわり油」が、2月19日(月)より道の駅「サンフラワー北竜温泉」売店にて販売開始となります。


北竜町産「焙煎ひまわり油」 
北竜町産「焙煎ひまわり油」


販売に先駆け、「ひまわり油を知るセミナー&味わうランチ会」が、2月15日(木)、ホテルニューオータニイン札幌「鶴の間」にて開催されました。


ニューオータニイン札幌(札幌市)案内板 
ニューオータニイン札幌(札幌市)案内板


会場は、関係者をはじめ一般の方々、約200名を超える人々で埋め尽くされ、ひまわり油(道産油など)を学び、魅力を味わいました。


当日のプログラム・メニュー・資料など 
当日のプログラム・メニュー・資料など


総合司会は、青山千景さん(北海道観光大使)。流暢な進行の流れに、終始会場は明るく楽しい雰囲気に包まれました。
青山千景さん公式HP


総合司会はの青山千景さん 
総合司会はの青山千景さん


主催者挨拶:北竜町・佐野豊 町長Facebookページ「北竜町長 佐野豊 活動報告


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「今年は全国的に厳しい寒波の冬となりました。特に福井県を中心に北陸地方大変な雪となりました。

今日は、北竜町ひまわり油を知るセミナーで、大勢の皆さんにご出席いただきましたことに心から感謝申し上げます。ご多忙の折、北海道総合政策部地域創生局・今井太志 局長をはじめ、大勢のご来賓の皆様にご出席いただき、重ねて御礼申しあげます。

ご案内の通り、ひまわりの町・北竜町が進めております、ひまわり油再生プロジェクトの「焙煎ひまわり油」の商品発表です。
昨年2月、日清オイリオグループのご協力を得て、北竜町ひまわり油再生プロジェクト協議会を立ち上げ、北竜町産『燦燦ひまわり油』を生産しました。

お陰様で、町内外大変反響が大きくて、昨年生産された商品はすべて完売となりました。プロジェクトの2年目の今年は、一番搾りのまろやかな味と香りのある『焙煎ひまわり油』を製作いたしました。「燦燦ひまわり油」も「焙煎ひまわり油」も、北竜町産のひまわりの種100%を使用して作られた一番搾りのひまわり油です。

この後、北海道農政部から出向していただいております担当の濱田課長補佐よりご説明させていただきますので、宜しくお願いいたします。

そして本日は管理栄養士の佐藤舞子先生のご講演をはじめとして、滝川市、深川市、名寄市、そして北竜町よりそれぞれの町の観光と食用油PRをさせていただくことになっています。ニューオータニイン札幌の舘野 総料理長によるランチ会も計画されていますので、楽しみにしていただきたいと思っております。さらに、道内各地でご活躍のシンガーソングライター・星野裕矢さんのスペシャルライブもございます。

盛り沢山の行事内容で、限られた時間の中でのイベントでありますので、ご堪能いただければと思います。また、札幌駅前通地下歩行空間におきまして、各市町村の特産品販売を行っております。後ほど寄っていただければと思います。

昨年北竜町は、ひまわりライス生産組合が日本農業賞大賞を受賞させていただきました。安全で安心なお米を消費者に届けるということが高く評価されました。今後共、安全で安心な農産物の生産を進めて参りたいと考えておりますので、ご出席の皆さまにおかれましては、特段のご支援ご協力をお願い申し上げて、開会のご挨拶と致します。
本日は、宜しくお願いいたします」。


佐野豊町長ご挨拶 
佐野豊町長ご挨拶


講演:「健康と油の話」管理栄養士・佐藤舞子様


管理栄養士・佐藤舞子 様 
管理栄養士・佐藤舞子 様


血液中の油について正しい理解と、植物油の質の重要性についてのお話です。

1.動脈硬化について(チャックリスト)
動脈硬化とは、血管が硬くなり、しなやかさを失ってしまうだけでなく、血管の内側に脂肪の塊ができたりひび割れなどのより血液の流れが悪くなり、詰まりやすくなる状態。

2.コレステロールについて
コレステロールは身体で作り出され、細胞膜の材料になっている成分です。がんを退治する免疫細胞もコレステロールからできています。様々な細胞の材料になっていて、真面目に働いている成分です。細胞の材料になっているコレステロールを全身に運ぶ役割をもつのが、LDLコレステロール。末梢で余ったコレステロールを回収してるのが、善玉と呼ばれているHDLコレステロールです。体のエネルギー源として使われているのが中性脂肪。

悪玉と言われているコレステロールは、酸化LDLコレステロール。酸化したコレステエロールを除去しようとするのが泡沫細胞で、これが血管の壁に付着すると血管が破壊され血栓ができやすくなり、心筋梗塞や動脈硬化などの病気を発症しやすくなります。

3.脳卒中の症状の見極めと対処法について

4.脂肪酸の質:飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸の違い

分子構造が真っ直ぐな飽和脂肪酸は、動物性の油に多く含まれている脂肪酸。曲がりやすい不飽和脂肪酸は、植物油の構成する脂肪酸で、二重結合があるので酸化され易い。

6~7割が身体で作られているコレステロール。2~3割が食事から摂取できるコレステロール。食事から捕りすぎると、身体から排除しようという機能が働くので、とりすぎないように日々の食生活に注意が必要。

5.オレイン酸について
オレイン酸は、血液中のLDLコレステロールのみを減らす作用がある。体内の発生酸素を抑制する効果を持ちます。

6.ひまわり油について
ひまわり油には、種の種類によって、オレイン酸が高いもの、リノール酸が高いもの、リノール酸が中くらいのものと3種類あります。

7.焙煎ひまわり油について
焙煎ひまわり油は、オレイン酸が高いタイプの種が使われている。ビタミンEを多く含み、酸化しにくく、熱に強い油です


北竜町のひまわり油はオレイン酸が豊富 
北竜町のひまわり油はオレイン酸が豊富


ひまわり油についてのセミナー

「ひまわりの町から生まれたひまわり油」北竜町役場企画振興課・濱田敬一 課長補佐


北竜町役場企画振興課・濱田敬一 課長補佐 
北竜町役場企画振興課・濱田敬一 課長補佐


ひまわり油用ひまわりの栽培からひまわり油製造過程が動画で説明されました。
(動画提供:北竜町役場企画振興課)



ひまわり油が生まれるまで 
ひまわり油が生まれるまで


「ひまわりはとてもきれいな花が咲くのですが、咲かせるまではとても大変でした。夏の暑い日に、草刈りを一生懸命してあげないとひまわりは丈夫に育ちません。ひまわり油を作る上で生産者の方々と5つの約束していることがあります」。


安全で最上級のひまわりを作るために 
安全で最上級のひまわりを作るために


「<安全で最上級のひまわりを作るために>
(1)ひまわり栽培に使う種は、高オレイン酸品種を使うこと
(2)町内で統一した栽培法でひまわりを栽培すること(肥料の種類や量を統一する)
(3)除草に手間をかけ丈夫なひまわりを育てること
(4)最良の状態で種子を収穫すること(江別市にある酪農学園大学食品企画開発研究室で8月下旬から4回くらいにわたり、最良の時期に収穫をするための調査研究を依頼)
(5)他の作物の種子を混入させないこと(ひまわりの種専用のコンバインで収穫する)

目に見えないところで、様々な事を約束し協力しながらひまわりを大切に育てました。

・北竜町には、「燦燦ひまわり油」と「焙煎ひまわり油」の2種類のひまわり油があります。様々な油が存在し、栄養価もそれぞれの特徴があります。ご家庭での日常生活の中で、スプーン1杯のひまわり油を使っていただくことを願っています。どうぞ、宜しくお願いします」。


ひまわりの町から生まれた「ひまわり油」 
ひまわりの町から生まれた「ひまわり油」


まちの観光と道産食用油PR

1.滝川市と菜の花:滝川市役所産業振興課・壽崎美穂 係長たきかわ菜の花まつり: 滝川市菜の花


滝川市役所産業振興課・壽崎美穂 係長 
滝川市役所産業振興課・壽崎美穂 係長


・滝川市の地理、滝川市の名前の由来、気候について
・「菜種」栽培の由来:平成元年に栽培がスタート。観光目的ではなく、連作障害を防止対策として栽培が開始。ここ4年ほどで、作付面積日本一。
・菜種の搾油方法(菜の花館での搾油施設で実施)圧縮し絞り出す方法を使用
・菜種油は、エルシン酸を含まない、不飽和脂肪酸が少ない油で、身体に優しい油です


なたね油 
なたね油


・菜の花まつりについて:10万人を超える観光客が訪問。期間中のイベントについての話。写真コンテスト、イエロープロジェクト、えべおつマラニック、菜の花タクシー、江部乙丘陵地フットパスなどを開催
・菜の花関連商品:雪割りなばな、なたね油、菜の花オイルソース、菜の花はちみつ、菜の花オニオンソース、ふりかけ、グラノーラ、菜の花スイーツ
・自然景観が美しい「日本で最も美しい村」連合に加盟
・それぞれが持つ油の特徴を捉えながら、自分に合う油を選択し使っていただきたい


滝川市・農村地帯の自然景観 
滝川市・農村地帯の自然景観


2.カラダに優しいこめ油:深川油脂工業(株)伊藤惠介 取締役深川油脂工業(株)


深川油脂工業(株)伊藤惠介 取締役 
深川油脂工業(株)伊藤惠介 取締役


・こめ油は、米糠を原料にして抽出・搾油した油。原料を国産で賄える唯一の油
・昭和8年から産業用として、石鹸等の油として使用
・昭和16年 深川油脂工業(株)設立
・昭和39年から食用として使用。高価な油なので希少な商品として扱われました。その後、ポテトチップス協会が、こめ油に着眼。業務用を中心としたこめ油の販売が展開。熱安定性の高いこめ油は、たくさん食べても胸焼けがしない油として、ポテトチップスやかりんとう、油菓子全般に広がりました。近年、こめ油の研究が進歩し、マスコミでこめ油の効用が注目されるようになりました。
・北海道で唯一の米糠企業「深川油脂工業株式会社」
・米ぬかを搾油し、80%脱脂で、20%が原油。搾った後の脱脂糠を肥料にします。タマネギ栽培には最適と高評価。
・濾過を幾度も繰り返しごみを除去します。


こめ油の製造 
こめ油の製造


・こめ油は、オレイン酸とリノール酸の割合のバランス良い
・こめ油の3大栄養成分:トコトリエノール、ガンマ・オリザノール、植物ステロール
・こめ油の特性:油酔いしにくく、揚げ物がカラッと揚がり、酸化安定性に優れる
・北海道の米糠を使った唯一地域限定の商品「ポテトチップス」「揚げせんべい」「かりんとう」
・北海道限定の材料使用の「ポテトチップス」を販売(ジャガイモ、塩、油、全て北海道産)


深川油脂工業(株)の商品群 
深川油脂工業(株)の商品群


3.名寄市と「ひまわり」なよろ観光まちづくり協会・三浦勝秀 様なよろ観光まちづくり協会


なよろ観光まちづくり協会・三浦勝秀 様 
なよろ観光まちづくり協会・三浦勝秀 様


・30年ほど前にひまわりの栽培が開始
・2006年サンピラーパークオープン
・映画「星守る犬」メインロケ地(2011年)
・観賞用とひまわり油用のひまわりの栽培


名寄の「ひまわり畑」の歴史 
名寄の「ひまわり畑」の歴史


・ひまわりの商品:ひまわり油「北の耀き」「オイルドレッシング」「ひまわり畑ポーク(ひまわりの種を搾りかすを肥料にして育てた豚肉「ひまわり豚」)」「ひまわり畑ポークのジンギスカン」「ナヨロひまわり畑のポークカレー」「ひまわり花びらパウダー」(高校生作成)などの紹介


ひまわりでどんな商品があるの? 
ひまわりでどんな商品があるの?


ひまわり工房「北の耀き」斎藤裕 工場長ひまわり工房「北の耀き」


ひまわり工房「北の耀き」斎藤裕 工場長 
ひまわり工房「北の耀き」斎藤裕 工場長


・2008年からひまわり油の研究を開始。翌年2009年にひまわり工房を操業・搾油事業開始。3年間試行錯誤を繰り返し、2013年にひまわり油「北の耀き」販売
・名寄市のひまわり油の特徴は、圧搾一番搾りのみ。地順による低温自然濾過を行っています。植物本来の色と香りを残したコクのある油です。
・ひまわり油は世界で4番目に扱われている油。日本国内においての使用率は全体の1%にも満たない。今後、北竜町と二人三脚でひまわり油を全国に発信できることを期待します。


ひまわり工房「北の耀き」 
ひまわり工房「北の耀き」


ランチ会:ひまわり油を使った豪華なランチコース

ニューオータニイン札幌・舘野一博 総料理長による料理の説明がありました。


ニューオータニイン札幌・舘野一博 総料理長 
ニューオータニイン札幌・舘野一博 総料理長


生ハムを添えた色々なお野菜サラダ・サンフラワーオイルで仕上げた豆乳マヨネーズで

豆乳とひまわり油を使ったまろやかな味のマヨネーズでいただく、色とりどりの野菜たち。


生ハムを添えた色々なお野菜サラダ 
生ハムを添えた色々なお野菜サラダ

サンフラワーオイルで仕上げた豆乳マヨネーズ 
サンフラワーオイルで仕上げた豆乳マヨネーズ


若鶏のペペロナータ包みのロースト・ひまわりライスななつぼしのリゾットを添えて

ビーツのピンク色に染まる、ひまわりライスななつぼしのリゾット。若鶏のロースト「ペペロナータ」とは、トマト、パブリカ、玉葱等を使って煮込んだイタリア料理。


若鶏のペペロナータ包みのロースト ひまわりライスななつぼしのリゾットを添えて 
若鶏のペペロナータ包みのロースト ひまわりライスななつぼしのリゾットを添えて


プリママロンプリン

栗の甘露煮、栗のペースト、カスタードプリン、ジュレなどを重ね、アーモンドクリームをトッピングしたプリン。


プリママロンプリン 
プリママロンプリン


パン:サンフラワーオイルを使用した自家製フォカッチャと焙煎ひまわり油

焙煎ひまわり油をたっぷりとかけていただく自家製フォカッチャ。


サンフラワーオイルを使用した自家製フォカッチャと焙煎ひまわり油 
サンフラワーオイルを使用した自家製フォカッチャと焙煎ひまわり油


星野裕矢さんスペシャルライブ星野裕矢さん Official Site

新潟県魚沼市出身で、魚沼観光特使を務めるシンガーソングライター・星野裕矢さん(31歳)。現在、東京と北海道を行き来して活動中。『宇宙戦艦ヤマト2202』のエンディングテーマも歌われています。


シンガーソングライター・星野裕矢さん 
シンガーソングライター・星野裕矢さん


ひまわりの花言葉「あなただけを見つめてます」をイメージして誕生したオリジナルソング「ひまわり」を、北竜町に捧げる歌として披露してくださいました。

透き通る伸びやかな声と優しさに包まれた素敵なメロディに感動です!


星野裕矢さん作詞・作曲・歌『ひまわり』

『ひまわり』
作詞・作曲・歌:星野裕矢

君がみていた 景色を教えて
きっとそよ風が 訪ねてくるから
いつか手帳に 滲んだ想い出は
今君と生きる 意味にかわった
僕の胸の哀しさと 君の胸のやさしさが
寄り添って答えるのは 言葉じゃなくていい


今は二人 知らない道でも
また歩くたびに 確かめあえるよね
出逢えたことや 過ごした時間を
いつもより少し 大切にできる


裸足のまま駆けて行く ときめきを忘れないよ
微笑みを預けたまま 明日に迷っても

暖かい日差しの中で 聞こえてくる唄のような
特別じゃなくたって いつでも瞳には
眩しく光る 君がいた

(ご本人より公開の許諾を得て、写真・動画・詞を掲載させていただいています)


星野祐矢さんスペシャルライブ 
星野祐矢さんスペシャルライブ


まちの観光PRと道産食用油・特産品販売イベント

同日、チカホ北大通交差点広場(東)にて、「まちの観光PRと道産食用油・特産品販売イベント」が開催されました(10時~17時まで)。出店は、北竜町、滝川市、深川市、上ノ国町によるもので、それぞれの町の特徴を生かした特産品の販売が行われました。


まちの観光PRと道産食用油・特産品販売イベント 
まちの観光PRと道産食用油・特産品販売イベント

北竜町ブースの皆さん 
北竜町ブースの皆さん


北竜町のひまわり咲ちゃんも応援に駆けつけました!


ひまわり咲ちゃん登場 
ひまわり咲ちゃん登場

北竜町ひまわり油 
北竜町ひまわり油

滝川市ブース 
滝川市ブース

上ノ国町ブース 
上ノ国町ブース

深川油脂工業(株) 
深川油脂工業(株)

xxx 
大型ビジョンを使った説明(北竜町)


北海道の素晴らしいオイルが繋ぐ生命の架け橋、
人々に健康と美味しさを与えれくれる、素敵なひまわり油に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


北竜町ひまわりの里 
北竜町ひまわりの里


写真(212枚)はこちら >>


◆ 関連記事

北竜町産ひまわりの種100%の一番搾り「焙煎ひまわり油」サンフラワーパーク北竜温泉にて新発売!(2018年2月13日)
ひまわり油再生プロジェクトが北海道創生ジャーナル『創る』に掲載(2017年7月12日)
日高晤郎ショー(STVラジオ)で佐野豊 町長「燦燦ひまわり油」商品化報告(2017年2月23日)
燦燦ひまわり油(北竜町 X 日清オイリオグループ)商品発表(2017年2月17日)
ひまわり油再生プロジェクト町民説明会&試食会(レシピあり)(2017年1月28日)
東郷さんの油の話(2016年7月〜11月)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第31回ゆきんこまつり(北竜町営スキー場)雪降る中に笑顔が満開

2018/02/12 15:02 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/02/12 15:03 に更新しました ]

2018年2月13日(月)

2月11日(日)12:30より、第31回ひまわりSNOWフェスタ「ゆきんこまつり」が、北竜町営スキー場にて開催されました。雪が降り続く中でのゆきんこまつりでしたが、子どもたちは元気いっぱい、笑顔いっぱいに雪と戯れ、楽しいひとときを過ごしました。


第31回ひまわりSNOWフェスタゆきんこまつり・開会式 
第31回ひまわりSNOWフェスタゆきんこまつり・開会式


お昼は、北竜町ライオンズクラブと北竜町農産物生産協議会のお母さん方々による、真心のこもった美味しいカレーが振る舞われました。


お母さん方々による、真心のこもった美味しいカレー 
お母さん方々による、真心のこもった美味しいカレー


愛情たっぷりのお母さんのカレーライス、とっても美味しかったぁ~~ ご馳走さま!!!


とっても美味しかったぁ~~ ご馳走さま 
とっても美味しかったぁ~~ ご馳走さま


北竜町竜トピアの皆さんにより、香ばしい焼きいも(1個100円)が販売されました。遠赤外線でじっくりと焼かれたお芋は、芯まで柔らかくしっとりとして、甘~くて最高に美味しい焼き芋です!


遠赤外線でじっくりと焼かれたお芋 
遠赤外線でじっくりと焼かれたお芋


雪像滑り台は、農協・商工会・役場など町の若者が一体となって運営している「チームノースドラゴン」の皆さんの手作り。今年はいたずらっ子の「ミニオン」登場です。


雪像滑り台「ミニオン」 
雪像滑り台「ミニオン」


司会は、北竜町商工会青年部・山田雄三さん、進行係は、佐々木進一さん、


商工会青年部・山田雄三さん 
商工会青年部・山田雄三さん


そして北竜町商工会青年部・三原淳平 部長の開会の挨拶でスタート!
「怪我には十分きをつけて、元気いっぱい楽しんで、お菓子をいっぱい持って返ってください!」


北竜町商工会青年部・三原淳平 部長 
北竜町商工会青年部・三原淳平 部長


親子ボブスレー、スノーフラッグ、アイス早食い、お菓子まき、スノーモービルによるバナナボード曳きなど、楽しいイベントが盛り沢山!


親子ボブスレー

子どもがボブスレーに乗り、父母が引いてポールをまわって早くスタートラインに戻ったものが勝ち。運動不足気味のお父さん、そりを引いて走ります。


 親子ボブスレー 
親子ボブスレー


スノーフラッグ競技

スタートは逆方向向きでうつぶせ寝(両手のひらを重ねて顎につける)、ゴーサインで起き上がり、フラッグを先取りしたものが勝ち。 雪の中に思いっきり飛び込んで、雪まみれになりながらの楽しい競技!


スノーフラッグ競技 
スノーフラッグ競技


アイス早食い

口の中に入ったアイスを全部飲み込んだ時点で手を上げる。子どもたちは、動き回って火照った身体に、アイスの冷たさが口のなかでとろけて心地よさそうに、笑顔が溢れています。


アイス早食い 
アイス早食い


お菓子まき

子供80人分のお菓子、約2,000個ほどのお菓子が高台より撒かれました。 参加者全員へのお菓子、さらに小さい子供用に袋詰されたお菓子も用意され、子どもたちは大喜び!!!大人も子供も無我夢中でお菓子拾いです!


お菓子まき 
お菓子まき

子どもも大人も夢中 
子どもも大人も夢中


スノーモービルによるバナナボード曳き

爆音を響かせながら、豪快にスノーモービルを操縦するのは、HMK(碧水モービル組合)の頼もしい皆さんです。


HMK(碧水モービル組合)の頼もしい皆さん 
HMK(碧水モービル組合)の頼もしい皆さん


安全に気を配りながら時にゆっくりと慎重に、時にスピーディー雪原を走らせます。 スリル満天のスピードに、子どもも大人も大興奮!!!


スノーモービルによるバナナボード曳き 

スノーモービルによるバナナボード曳き 

スノーモービルによるバナナボード曳き 
スノーモービルによるバナナボード曳き


降り積もる真っ白な雪の中で、寒さも忘れ、はしゃぎまわるウインタースポーツ。
笑顔と歓声が響き渡り、家族みんなで雪を思いっきり楽しむ「ゆきんこまつり」に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


笑顔と歓声が響き渡る 
笑顔と歓声が響き渡る

時折顔を見せる太陽 
時折顔を見せる太陽


写真(139枚)はこちら >>


◆ 関連記事

第30回ゆきんこまつり 2017・子供達の笑顔がいっぱい(2017年2月13日)
第26回ひまわりスノーフェスタゆきんこまつり(2013年2月11日)
北竜町民スキー大会&ゆきんこ祭り(北竜町営スキー場)が開催されました(2011年2月11日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜町産ひまわりの種100%の一番搾り「焙煎ひまわり油」サンフラワーパーク北竜温泉にて新発売!

2018/02/12 15:02 に 寺内昇 が投稿   [ に更新しました ]

2018年2月13日(火)

北竜町では、昨年販売された「燦燦ひまわり油」に続き、2月19日(月)より、「焙煎ひまわり油」が道の駅「サンフラワー北竜温泉」売店にて販売開始となります。2月19日〜3月31日まで、還元価格として500円税込み・100g(通常価格は972円税込み)。

北竜町産ひまわりの種が原料として100%使われている一番搾りタイプの「北竜焙煎ひまわり油」です!


焙煎ひまわり油 
焙煎ひまわり油


販売に先駆け、2月15日(木)には、ニューオータニイン札幌・鶴の間(札幌市)にて、「北竜町のひまわり油を知るセミナー&ランチ会」が開催されます(現在定員200名の受付は満席となり終了となっています)。

尚、同日2月15日(木)に開催されるチカホイベント「まちの観光PRと道産食用油・特産品の販売イベント」では、北竜焙煎ひまわり油をはじめ、滝川市のなたね油、上ノ国町の菜の花油、深川市の北海道こめ油などの販売が行われます。
新発売を記念して、北竜焙煎ひまわり油は、販売イベント特別価格キャンペーンとして500円税込みで提供されます。(詳しくはこちら >>

このイベント全体を企画・担当された北竜町役場企画振興課・濱田敬一課長補佐に、お忙しい中、お話を伺いました。


企画振興課・濱田敬一課長補佐 
企画振興課・濱田敬一課長補佐


ひまわり油の良さを知ることの大切さ

「この1年間、ひまわり油を皆さんに知っていただく方法を、色々考えてきました。直接、消費者の方々に説明しひまわり油に良さを知っていただき、理解してもらいたいと思っていました。

店頭に並べられひまわり油を消費者の方々が手に取った時、なぜ値段が高いのか、他のオイルとどのように違うのか、どのようにして生産されたのかに疑問が湧いてくるのではないかと思います。ひまわり油の価値や良さを理解してこそ、購買に繋がっていくのではと感じます。

昨年は、ひまわりまつり際観光センターのブース、札幌駅周辺でのブースなどでの対面販売を行ってきました。さらに、昨年12月下旬から、札幌市在住の主婦の方々10名に1か月間ひまわり油を使用するモニターを募集し実施しました。

使用後の報告会では、皆さん声を揃えて『良さを知らずに、値段だけ見ると購買意欲が薄れてしまいます。けれども、この油の良さを知ると使ってみたくなります。是非、この油の価値や良さをしっかりと消費者の皆さんに伝えて下さい!』と言われました」。


焙煎ひまわり油を紹介する濱田さん 
焙煎ひまわり油を紹介する濱田さん


道産の食用油の価値

「北海道産の食用油には、素晴らしい油がたくさん存在します。今回のチカホでのイベントは、北竜町のひまわり油だけでなく、滝川市のなたね油、上ノ国町の菜の花油、深川市の北海道こめ油等、様々な道産の食用油の良さを知っていただきたいと思い、道内の市町村への声掛けをさせていただきました。

お客様にとって、バラエティに富んだ道産の油を知っていただいた方が、その中でのひまわり油の選択技が広がっていくのではないかと感じました」。


2年間の目標達成

「道庁より出向したこの2年間、独自に目標・計画を立て、企画書を提出して北竜町ひまわり油再生協議会の承認のもとに実行してきました。自分なりの目標はほぼ達成したと思います。

ひまわり栽培においても、今年は去年の1.6倍の収量となりました。この成果は、生産者の皆さんのご協力と努力によって達成したことだと感謝しています。

お互いに意見交換を繰り返し、生産においても研究や試行錯誤しながら、工夫と努力の積み重ねにより実行し得られた結果だと思います。

そして、念願であったまろやかな味と香りのある一番搾りタイプの『焙煎ひまわり油』も完成し販売に至ることができました。

一番搾り油から作ったサラッとしてクセのない『燦燦ひまわり油』、同じく一番搾りから作ったまろやかな味と香りのある『焙煎ひまわり油』の2種類があると販売も使い方も範囲が広がります。対面販売で両方のオイルを試食していただいた結果も、好みが半々に分かれています。消費者の方の直接の声を聞くことは、とても大切なことだと実感しています」。


厳選された最高の品質を誇る「焙煎ひまわり油」


去年約14トンのひまわりの種が収穫できましたが、その内、約1.5トンを使って『焙煎ひまわり油』を作りました。原料については、私の方でひまわりの種の酸化の程度などの品質検査を行い、厳選した種だけを使っています。自信をもっておすすめできる、最高の品質のバージンオイルです。

これからは、この2種類の油をベースに、様々なものと融合させ、付加価値のあるドレッシングやブレンドオイルなど、幅広い商品に発展していくと思います。例えば、レストランやお店で使い易い商品の研究開発に発展していくと思います。

現在、北竜町の特産品である黒千石大豆と焙煎ひまわり油を使ったドレッシングの開発が進められています」。


縛りたてのオイルの味を求めて

「私が経験した中で、ひまわり種の搾りたてのオイルを味わった時の『ほんのりとした甘さ』の美味しさが忘れられません。

現在、酪農学園大学とこの搾りたての味をなんとか再現できないこかという協同研究が進んでいます。担当いただいている教授が油に詳しいこともあり、研究開発が実現しました。

研究が進めば数年後、道の駅のレストランで自家焙煎のコーヒーを味わうように、自家焙煎した搾りたてのオイルを味わうことが可能になるかもしれません! 縛りたてのオイルのドレッシングで、地元の新鮮野菜サラダをいただく。その場でしか味わうことのできない絶品料理をいただける日を願っています。

さらに種の保存方法や濾過方法、種の皮を剥いた種を使ったオイルの製造などの研究が平行して行われています。

今後大学や試験場など様々な分野において研究が進められる予定なので、バックアップや協力が得られことと思います」と、ひまわり油に対する熱い思いを語ってくださった濱田敬一課長補佐です。


以前作られていたひまわり油(左)と新発売の「焙煎ひまわり油」 
以前作られていたひまわり油(左)と新発売の「焙煎ひまわり油」


まちの観光PRと道産食用油・特産品の販売イベント

2月15日(木)には、チカホイベント・北大通交差点広場(東)「まちの観光P・Rと道産食用油・特産品の販売イベント」(キャンペーン特別価格500円税込み)にて販売されます。

▷ 日時:2018年2月15日(木)10:00〜17:00
▷ 場所:札幌駅前通地下歩行空間・北大通交差点広場(東)
▷ 出展者と主な販売品目
・ひまわりの町北竜町:焙煎ひまわり油、黒千石大豆・加工品(フレーク、きなこ、お茶、発芽納豆)
・滝川市:なたね油、菜の花オイルソース、菜の花ふりかけ、菜の花キャンドル、お米チップス、紅甘雪(さつまいも)
・天の川・菜の花油工房(上ノ国町):菜の花油、煎りえごま、アマランサス、えごまパウダー、アマランサスパウダー
・深川油脂工業株式会社(深川市):北海道こめ油、北海道こめ油ポテトチップス

なお、無添加一番搾りの極上バージンオイル「焙煎ひまわり油」は、2月19日(月)から、道の駅「サンフラワー北竜温泉」の売店にて新発売されます(2月19日〜3月31日まで還元価格500円税込み。尚、4月より通常価格972円税込みとなります)

まちの観光PRと道産食用油・特産品の販売イベント 
まちの観光PRと道産食用油・特産品の販売イベント


◆ お問合わせ先

・北竜町役場企画振興課・濱田敬一 課長補佐
 Tel:0164−34ー2111(代表)


◆ 関連記事

ひまわり油を知るセミナー&味わうランチ会(札幌市)に200名以上が参加してひまわり油を味わう(2018年2月19日)
ひまわり油再生プロジェクトが北海道創生ジャーナル『創る』に掲載(2017年7月12日)
日高晤郎ショー(STVラジオ)で佐野豊 町長「燦燦ひまわり油」商品化報告(2017年2月23日)
燦燦ひまわり油(北竜町 X 日清オイリオグループ)商品発表(2017年2月17日)
ひまわり油再生プロジェクト町民説明会&試食会(レシピあり)(2017年1月28日)
東郷さんの油の話(2016年7月〜11月)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


公民館講座「剣詩舞教室」で黒田節を舞う

2018/02/04 13:18 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/02/04 14:50 に更新しました ]

2018年2月5日(月)

1月30日(火)18:00より、北竜町公民館2F和室にて、北竜町教育委員会主催の公民館講座「剣詩舞教室」が開催されました。

講師に日本剣詩舞道会桜心流二代目・下屋敷桜翠 先生をお招きして、吉田徳桜 代表、関根靖桜さんと共に演舞指導が行なわれました。北竜町剣詩舞同好会(川田日出子 代表)の皆さんのお手伝いの中、10名ほどの町民の方々が参加され、真剣に楽しく演舞を学びました。

本多一志 教育委員長をはじめ、教育委員会職員も積極的に参加しての教室となりました。


公民館講座「剣詩舞教室」 
公民館講座「剣詩舞教室」

日本剣詩舞道会桜心流・下屋敷桜翠 二代目(右)、吉田徳桜代表(左) 
日本剣詩舞道会桜心流・下屋敷桜翠 二代目(右)、吉田徳桜代表(中)、関根靖桜さん(左)


吟剣詩舞は、「吟詠(漢詩や和歌を歌う)」と「剣詩舞(吟詠に合わせて舞う)」とを総称した日本の伝統的芸道です。


黒田節の模範演技 
黒田節の模範演技


日本吟剣詩舞道会桜心流は、雨竜町で始まり、創立41年の歴史をもつ伝統的な会。現在2代目下屋敷桜翠 先生が継承されています。


日本剣詩舞道会桜心流二代目・下屋敷桜翠 先生 
演技指導中の日本剣詩舞道会桜心流二代目・下屋敷桜翠 先生


今回の北竜町公民館講座での剣詩舞教室は、より多くの人々に「剣詩舞」の素晴らしさを知ってもらおうと開催されました。

福岡県民謡「黒田節」の舞踊を3回にわたりご指導いただきます。今回はその第1回目で、黒田節の歌詞1番目における演舞指導が行なわれました。

扇の持ち方、開き方、足の運び方、手・腕の高さや動き、様々な所作に対するご指導を受けながら、曲に合わせた動作を学んでいきます。

普段動かさない筋肉を動かし、背筋を伸ばしての動作は、思いの外大変なようです。

それでも皆さん、とても身体能力が高く、曲に合わせて、しっかりと身体を動かしていらっしゃいました。1時間で、黒田節の歌詞1番の演舞を一通りマスター!!!すごい!歌詞2番・3番の演舞指導は、次回2月6日、2月13日と引き続き行なわれる予定です。


黒田節演技指導 
扇子の開け閉め

黒田節演技指導 
腰を下げて

黒田節演技指導 
槍を担いて

黒田節演技指導 
袖を掴みながら

黒田節演技指導 
右手を伸ばし

黒田節演技指導 
扇子を開いて

黒田節演技指導 
教室を終え「ありがとうございました」


尚、北竜町碧水剣詩舞同好会は、1991年(平成3年)に公民館講座からスタートし、今年で27年目を迎えます。現在は週1回碧水生きがいセンターで稽古に励んでいらっしゃいます。


xxx 
北竜町剣詩舞同好会の皆さん


古武道の形を尊重し、吟詠の詩の心をつかみ、詩の世界を舞いで表現していく、日本の奥深い伝統芸道「吟剣詩舞」。あなたも日本伝統文化の扉を開いてみませんか?


北竜町剣詩舞同好会の皆さん 
北竜町剣詩舞同好会の皆さんによる黒田節演舞

吉田徳桜代表の手作り資料 
吉田徳桜代表の手作り資料


写真(73枚)はこちら >>


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


「北竜町の1年・2017年ー北竜町ポータル特集記事でみる10大ニュース」ひまわり大学で講演

2018/01/21 18:58 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/01/21 19:07 に更新しました ]

2018年1月22日(月)

2018年1月18日(木)、北竜町公民館大ホールにて、北竜町ひまわり大学2018年1月講座が開催。「北竜町の1年2017年ー北竜町ポータル特集記事でみる10大ニュース」と題して、北竜町集落支援員・寺内昇が講師を務めました。ひまわり大学受講生、一般の方々を含め50名の皆様にご参加いただきました。多数の方々のご参加、誠にありがとうございました。


「北竜町の1年2017年ー北竜町ポータル特集記事でみる10大ニュース」 
「北竜町の1年2017年ー北竜町ポータル特集記事でみる10大ニュース」


私達、寺内昇&郁子が、2010年3月北海道北竜町へ移住し、今年2018年3月で8年間の時が過ぎようとしています。二人して地域おこし協力隊員3年間務め、そして集落支援員は5年目を迎えます。


北竜町町民憲章と本日のレジュメ 
北竜町町民憲章と本日のレジュメ


北竜町ポータルサイトは、2011年7月に開設以来、北竜町ポータルの訪問者数(ユニークユーザー)は累計で100万を超え、累計閲覧ページ数(ページビュー)が350万ページに達し、累計掲載記事は4,600件を超える数になっています。こうした結果は、多くの皆様に支えられたお陰です。

さらに2017年度のひまわりの里への入込客数が356,000人となり、過去最高。そして北竜町ポータル・Facebookページへのアクセスも過去最高となりました。こうして国内外の多くの皆さんへ北竜町の魅力をお届けすることができ、訪問いただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

・参考記事:北竜町ポータル訪問者数100万人突破!海外からのアクセス6年間で30倍(2017年9月12日)


50名以上の方が参集 
50名以上の方が参集


昨年2017年は、北竜町にとって画期的で実に素晴らしい1年となりました。
北竜町の豊作・交通安全・健康を祈願する元旦マラソンは、北竜町体育協会とJAきたそらち北竜支所の共催へとしっかり受け継がれました。

2月、念願の「燦燦ひまわり油」が新発売となり、3月には、めでたくも、北竜ひまわりライス生産組合が「第46回日本農業賞大賞」を受賞し、NHKホールでの表彰式に参列。更に12月には、チームノースドラゴンが第10回コープさっぽろ農業賞・交流賞部門で「札幌市長賞」受賞というおめでたいことが続きました。

7月には、若年認知症家族会・空知ひまわり10周年記念事業開催。更に7月末には、ひまわりの里で須田喜昭さん&渡邊沙斗さんの人前結婚式!、8月にはシービーツアーズの「佐野町長がバスガイド」開催!

そして1年を締めくくる12月には、台湾台中市の食品スーパーマーケット裕毛屋(ゆうもうや)にて「北竜町物産展」が開催。裕毛屋が主催する北竜町物産展への参加は、北竜町の海外販路拡大事業の一環で、北竜町単独による物産展参加は初めての試みとなりました。

2017年に掲載した特集記事65件の中から、10大ニュースを抜粋して記事内容をご説明致します。


講演模様 
講演模様


北竜町ポータル特集記事でみる北竜町10大ニュース 2017

1.第34回豊作祈願・交通安全祈願元旦マラソン 2017・熱い想いを次世代に引き継ぐ(2017年1月3日)
2.燦燦ひまわり油(北竜町 X 日清オイリオグループ)商品発表(2017年2月17日)
3.第46回日本農業賞表彰式@NHKホールにて北竜ひまわりライス生産組合(北竜町)大賞受賞(2017年3月17日)
       第46回日本農業賞(集団組織の部)大賞受賞祝賀会(北竜町)皆で祝う(2017年3月23日)
4.若年認知症家族会 空知ひまわり10周年記念事業「懇親会」開催(2017年7月28日)
5.ひまわりの里で人前結婚式「須田喜昭さん・渡邊沙斗子さん」(2017年8月1日)
6.町長がバスガイド~北竜町長編~@シィービーツアーズ 2017(2017年8月8日)
7.祝!チームノースドラゴン!第10回コープさっぽろ農業賞・交流賞部門で「札幌市長賞」を受賞!(2017年10月25日)
8.梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)
9.第10回コープさっぽろ農業賞2017・交流部門「札幌市長賞」アグリファイターノースドラゴン受賞・表彰式(2017年11月22日)
10.裕毛屋(台湾台中市)で北竜町物産展「米・黒千石大豆・ひまわり油」開催(2017年12月11日)


裕毛屋は、株式会社 裕源(謝明達 代表取締役・神奈川県厚木市)が直営している日本食品を中心に販売する大型高級食品スーパーマーケットで、台中市内に3店舗展開。北竜町物産展は、12月2日(土)崇徳店、3日(日)公益店にて開催されました。

北竜町物産展では、(株)裕源による全量買取りのもと、ひまわりライス、黒千石大豆、燦燦ひまわり油、発芽玄米などを販売。

会期中、白米、黒千石ご飯、赤飯(もち米・小豆)を炊飯し試食用ミニおにぎりの配布や、おにぎりの作り方の実演、ひまわり油を使った野菜炒めの料理教室を実施。現地では、北海道の人気が高く、特に減農薬80%のひまわりライス「きたくりん」は、健康志向のお客様に大好評で、商品はほぼ完売となりました。


これら特集記事以外に、「北竜町の宝物」コーナーにおいて、1年を通してほぼ毎日、北竜町の宝物として風景や事柄を写真と言葉で綴っています。
昨年1年を振り返って、2017年の北竜町の四季をまとめてみました。北竜町の宝物の写真1,750枚から、厳選した写真91枚を使った6分のスライドショーです。

どうぞ、北竜町の1年間の風景をお楽しみ下さい!

北竜町の四季2017スライドショー


私達が、北竜町に有り難いご縁をいただき、今ここに存在できるのは、いつも見守り応援してくださる素晴らしい北竜町の皆様のお陰です。言葉に表すことのできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

私達は二人で一人前。お互いの力を補い合いながら、二人三脚で協力しあい、二人だからこそできる仕事を心を尽くし、真心こめて全力で組んでいます。

私達は、これまでも、そしてこれからもずっと北竜町の宝物を探し光を当てながら、身体と頭が動く限り情報発信を続けていきます。どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。今日は、本当にありがとうございました。


北竜町の冬景色・早朝 
北竜町の冬景色・早朝


◆ 講演会関連記事

老人クラブ・西川老春会で「北竜町の宝もの」講演(2016年1月27日)
老人クラブ・板谷一位会で「北竜町の宝もの」講演(2015年12月17日)
地域おこし協力隊員の3年間のご報告「北竜町の宝もの〜感動の3年間を振り返って〜」ひまわり大学で講演(2013年2月19日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第35回元旦マラソン2018・祈願「豊作・交通安全・無災害・家内安全」

2018/01/01 20:47 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/01/01 21:04 に更新しました ]

2018年1月2日(火)

謹賀新年、穏やかな元旦を迎えました。2018年「戊戌(つちのえいぬ)」は、「勤勉・努力の年」。これまで積み上げ、培ってきたものを、勤勉に継続し、努力し続ける年です。

今年35回目を迎える元旦マラソンは、これまで北竜町体育協会の陸上部を中心に、有志の方々の志で開催されていました。今年より、北竜町体育協会とともに、「JAきたそらち北竜支所」が主催に加わり、さらに協賛団体として、「交通安全協会」「北竜消防連合消防後援会」「黒千石事業協同組合」の3団体が参加。北竜町教育委員会、サンフラワーパーク北竜温泉が後援。そして事務局は、JAきたそらち北竜支所、長谷川清隆氏(北竜消防)に引き継がれました。

これまでの歴史ある「元旦マラソン」がしっかりとバトンタッチされ、未来へと繋がっていきました。


第35回元旦マラソン2018 
第35回元旦マラソン2018

第35回元旦マラソン・次第 
第35回元旦マラソン・次第


真竜神社参拝

まずは、朝7時、約40人ほどの町民の方々が真竜神社に集合。真竜神社に集合し、心ひとつに祈ります。
祈願は「豊作・交通安全・無災害・家内安全」です。7年続いた豊作に感謝し、交通事故死ゼロ4,000日を目指し、無災害、家内安全を心から祈願します。


真竜神社初詣 
真竜神社初詣

皆で一緒に祈願「豊作・交通安全・無災害・家内安全」 
皆で一緒に祈願「豊作・交通安全・無災害・家内安全」

記念撮影 
記念撮影


元旦マラソン

参拝後、北竜消防庁舎の前に集合し、皆で「交通安全」の黄色のたすきをかけて、一斉にスタートです。
1km、3km・5kmのコースを、体調に合わせゆっくりと走り抜けていきます。交通安全のためのパトカー伴走は、和駐在所の富所秀樹 所長。



北竜消防庁舎横よりマラソンスタート 
北竜消防庁舎横よりマラソンスタート


和市街を走ります 
和市街を走ります

それぞれのペースで 
それぞれのペースで


元旦マラソン新年会

じんわりと気持ちのよい汗をかいた後は、公民館講堂にて新年会。


北竜町公民館 
北竜町公民館


中央の鏡餅は、北竜消防連合消防後援会・藤井利昭 会長が栽培されたもち米をが奉納され、(有)ひまわり農産で作製したお餅です。

藤崎正雄さんの司会進行によりスタートです。


第35回元旦マラソン新年会 
第35回元旦マラソン新年会


北竜町体育協会・澤田正人 会長の主催者挨拶


北竜町体育協会・澤田正人 会長 
北竜町体育協会・澤田正人 会長


「明けましておめでとうございます!
この元旦マラソンは、実行委員会型式になって2年目です。それまでは、体育協会の陸上部の皆さんが関わって開催されていました。去年から、多くの皆様のご協力をいただきました。

豊作祈願、交通事故死ゼロ4,000日を向けての祈願を行いました。これから、JAきたそらち北竜支所が中心になって開催されるということで、役職員の皆様には、元旦そうそう大変お世話になり、心より感謝申し上げます。

また、立派な鏡餅は、北竜消防連合消防後援会・藤井利昭 会長の奉納ということで、大勢の皆さんの手づくりによる元旦マラソンです。

この1年間、皆様方それぞれ、ご健勝で過ごされますことをご祈念申し上げて、ご挨拶といたします」。 


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


「今年から、JAきたそらち北竜支所が主催者という立場で、この元旦マラソンに協力をさせていただくことになりました。お金の面では、しっかりと協力させていただきますので、よろしくお願いします。

今年は、穏やかな新年を迎えることができました。昨年は、農業者にとっては、大きな賞をいただいた素晴らしい年となりました。

北竜支所は、様々な課題がありますが、本年の目標・豊富としては、これまで北竜町の直売を4万2千俵まで積みあげてきましたが、今後5万俵を目指して、しっかりと努力をしていきたいと思います。

さらに、農薬80%減の『きたくりん』を、今年は面積を増やし、消費者への販売を積極的に行っていきたいと思っています。今後共ご指導のほど宜しくお願いします。 この1年が、皆様にとって健康で笑顔あふれる年でありますよう心からご祈念申し上げます」。


北竜町・佐野豊 町長のご挨拶


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「あけましておめでとうございます。今年も穏やかで静かな元旦となりました。
私達は新しい年を迎える度に、夢や希望を掲げて今年も頑張るぞと誓います。皆さんが真竜神社に願った想いが成就することを願っております。

今年は、美味しいお米が沢山収穫でき、事故もなく、災害もなく、火災もなく町民の皆さんが幸せであることを願いました。今年も皆さん、健康に留意して、頑張りましょう!おめでとうございます!」と、35回全てに参加されてきた佐野豊町長です。


北竜町教育委員会・本多一志 教育長


北竜町教育委員会・本多一志 教育長 
北竜町教育委員会・本多一志 教育長


「元旦からお集まりの皆さんのお力が、北竜町が邁進していく力になり、子どもたちを育てる力になっているのだと思います。今年もまた豊作で素晴らしい年となりますよう、皆様方のご健康とご活躍をご祈念いたします。
北竜町のためになることを頑張りましょう!乾杯!!!」。


乾杯! 
乾杯!


お雑煮と祝杯

お雑煮の具だくさん汁は、サンフラワーパーク北竜温泉レストラン・山森和樹 料理長によるもの。お餅は、これまで35年間欠かさず、黄倉良二さん・真佐子さんご夫妻が、ご自宅の杵でついた有り難いお餅です。
参加されたお母さん方の盛り付けで、皆さんに振る舞まわれました。


美味しいお雑煮(餅:黄倉家杵つき・雑煮:サンフラワーパーク北竜温泉) 
美味しいお雑煮(餅:黄倉家杵つき・雑煮:サンフラワーパーク北竜温泉)

乾き物 
乾き物

和気あいあい 
和気あいあい


黄倉良二さんの締めの乾杯!


黄倉良二さん 
黄倉良二さん


「今回良かったことは、農協の北清さん、川村さん、星野支所長、篠永さん、高木さんが参加してくれて、これから農協が頑張りますといってくれたことが、本当に嬉しかったです。皆さん、今年も健康で頑張りましょう!」。(JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事、ひまわりライス生産組合・川村功 組合長、JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長、同営農課・篠永雄一 課長、同営農課・高木真樹 調査役)


締めの乾杯! 
締めの乾杯!


大自然の中で、共存し生き抜いて、受け継がれていく人々の魂、
皆が心ひとつに、町の豊作や発展を願い続ける元旦マラソンに、
大いなる尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


北竜町和地区(撮影:2018年1月1日) 
北竜町和地区から深川方面を望む(撮影:2018年1月1日)


写真(62枚)はこちら >>


◆ 関連記事

第35回元旦マラソン2018・北竜町体育協会&JAきたそらち北竜支所の共催で開催決定(2017年12月25日)
【北竜町】第35回元旦マラソン・参加者募集!<道新ブログ>(2017年12月26日)
第34回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2017・熱い想いを次世代に引き継ぐ(2016年1月3日)
第33回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2016(2016年1月4日)
第32回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2015(2015年1月5日)
第31回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2014(道新ブログ・2014年1月6日)
第30回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2013 (2013年1月2日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


クリスマスバイキング 2017(サンフラワーパーク北竜温泉)

2017/12/26 15:23 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/12/26 17:42 に更新しました ]

2017年12月27日(水)

12月23日(土)、サンフラワーパーク北竜温泉 にて、恒例のクリスマスバイキングが開催されました。


クリスマスバイキング2017(サンフラワーパーク北竜温泉 
クリスマスバイキング2017(サンフラワーパーク北竜温泉)


会場を埋め尽くす、家族連れの子どもたち、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、家族みんなで心ときめき、楽しむクリスマスです ♬


行列のできるバイキング 
行列のできるバイキング


パーティを飾る豪華なお料理たちは、およそ23品目、90人分!!!

お刺身の盛り合わせ、お寿司、巻きずし、ひまわり豚のミートローフ、ひまわりポークのチリソース、北竜町産米粉のえびグラタン、ポテトとウインナーのチーズ焼き、ミニピザ、サーモンのブルスケッタ、エビフライ、手羽先唐揚げ、茶碗蒸し、ラーメン、シーザーサラダ、トマトとモッツァレラのカプレーゼ、フルーツの盛り合わせ、プリン、ティラミス、各種ケーキの盛り合わせ。


豪華なお料理の数々 
豪華なお料理

刺身盛り合わせ 
お刺身盛り合わせ

ひまわり豚のミートローフ 
ひまわり豚のミートローフ

豪華なお料理 
豪華なお料理

お刺身盛り合わせ 
お刺身盛り合わせ

ひまわりポークのチリソース 
ひまわりポークのチリソース

手羽先唐揚げ 
手羽先唐揚げ

ミニピザ 
ミニピザ

北竜町産米粉のえびグラタン 
北竜町産米粉のえびグラタン

トマトとモッツァレラのカプレーゼ 
トマトとモッツァレラのカプレーゼ

シーザーサラダ 
シーザーサラダ

フルーツ盛り合わせ 
フルーツ盛り合わせ


その場で握る料理人・前田朋和さんの新鮮なお寿司!


豪華な握り寿司 

豪華な握り寿司 
豪華な握り寿司


パーティのメインイベントは、「牛ステーキフランベファイアー」。
見事に焼き上げていくは、山森和樹シェフ!

勢い良く燃え上がる炎!「わぁ~!」と上がる歓声!
いい香り~美味しそう~~~ ♡
待ちわびた皆さんの列が続きます。


山森和樹シェフ(右)と料理人・佐藤光男さん(左) 
山森和樹シェフ(右)と料理人・佐藤光男さん(左)

ジュージューと焼きあがります 
ジュージューと焼きあがります

フランベー! 
フランベー!

美味しそうな焼き色 
美味しそうな焼き色

美味しいクリスマスバイキング 
美味しいクリスマスバイキング


そして登場した町内在住者のバンド 「ハートビート」の皆さんが、パーティーを楽しく盛り上げます。


盛り上がるステージ 
盛り上がるステージ


素晴らしい演奏と見事な歌声で、素敵な曲を次々と披露!!!会場の皆さんもリズムに合わせてノリノリ ♬


ノリノリのバンド演奏 

ノリノリのバンド演奏 

ノリノリのバンド演奏 

ノリノリのバンド演奏 
ノリノリのバンド演奏

xxx 
クリスマスデコレーション

可愛い雪だるま 
可愛い雪だるま


豪華なお料理に身体が満たされ、楽しいリズムと素敵な歌声に心踊る、
「サンフラワーパーク北竜温泉」のクリスマスバイキング ♬
家族みんなで楽しむ、至福のひとときに、
限りない愛と感謝と笑顔をこめて。。。

皆様、素敵なクリスマス、そして良いお年をお迎え下さい!!!


メリークリスマス、そして良いお年を 
メリークリスマス、そして良いお年を


写真(94枚)はこちら >>


◆ 関連記事

山森和樹の んまいもの【No.22】サンフラワーパーク・クリスマスバイキング 2016(2016年12月22日)
<道新ブログ> 【北竜町】クリスマスバイキング@サンフラワーパーク北竜温泉 2016(2016年12月26日)
<道新ブログ> 【北竜町】クリスマスバイキング@サンフラワーパーク北竜温泉 2015(2015年12月24日)
クリスマスバイキング@サンフラワーパーク北竜温泉 2012(2012年12月23日)
クリスマスバイキング@サンフラワーパーク北竜温泉 2011(2011年12月24日)
クリスマスバイキング@サンフラワーパーク北竜温泉 2010(2010年12月24日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第35回元旦マラソン2018・北竜町体育協会&JAきたそらち北竜支所の共催で開催決定

2017/12/24 14:30 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/12/30 23:09 に更新しました ]

2017年12月25日(月)

12月20日(水)、JAきたそらち北竜支所データ処理室(2F)にて、「第35回元旦マラソン実行委員会打ち合わせ」が行なわれました。


第35回元旦マラソン 実行委員会打ち合わせ 
第35回元旦マラソン 実行委員会打ち合わせ


1984年(昭和59年)にスタートした「元旦マラソン」は、来年2018年元旦で、35回目を迎えます。祈願は「豊作・交通安全・無災害・健康(家内安全)」。
現在まで継続されてきた歴史ある「元旦マラソン」を未来に繋ぐための対策協議と、開催意義に関する共有が図られました。


元旦マラソンのはじまり:黄倉良二さんのお話

黄倉良二さんのお話し 
黄倉良二さんのお話し


「昭和58年(1983年)10月の降雪で、稲の倒伏という大冷害(稲の出荷比率68%の大冷害)が発生しました。
そこで、当時北竜農協の職員だった藤崎政雄さんの『元旦に皆で参拝し、この大冷害を克服し今後の豊穣を祈願しよう!』という熱い提案が実現し、神社参拝・元旦祈願と元旦マラソンがスタートしました。

年末に餅をつき、ご婦人の方々が雑煮を作って、その年の豊作祈願をします。
農家にとっての元旦祈願とは、その年の作物をどのように作っていくかをイメージし、その実現に向けていかに努力していくかを神様に誓うことです。

町役場・町民・農協・組合員・商工会等がそれぞれの立場で、1年間の計画を立て、それに伴う最大の努力と実行を、神様に報告し誓うことが元旦祈願です。計画と努力なしの神頼みではありません。

1954年(昭和29年)に北竜町体育連盟が創設され開催された、『北竜町民体育大会』は来年65回を迎えます。
7月2日の半夏生に開催されていた町民体育大会ですが、途中、中学校から中体連のスポーツ行事が重なるので、参加が難しいという問題が生じ、日程を変更。8月の最終日曜日に開催することとして、大会中止の危機を乗り越えました。

そして、1965年(昭和40年)からスタートした10マイルロードレース『北商ロードレース』は、今年53回を迎えました。途中、予算減少のため大会中止の声が上がった時、当時、北竜土地改良区の職員だった谷本明さんが『手弁当でも大会を継続したい!』という熱い想いから、ご婦人方がおにぎりを提供して継続に至りました。

来年35回を迎える『元旦マラソン』は、『北竜町の文化』なので、どんなことがあっても『熱意・願い』を持って継続してほしいと思います。支えた人々と分かち合って乾杯をし、雑煮をいただいて、神様に感謝し、その年の豊作を祈ります。

主催は、『北竜町体育協会』そして『JAきたそらち北竜支所』とし、この度、協賛団体として、『交通安全協会』『北竜消防連合消防後援会』『黒千石事業協同組合』の3団体のご協力を得ることができました。
さらに、事務局は、JAきたそらち北竜支所、北竜消防の長谷川さんに引き継いでいただくことになりました。
北竜町のその年の想いと祈願が込められた『元旦マラソン』が、今後とも末永く継続することを望みます」と、強い思いを語る黄倉良二さんです。


第35回元旦マラソン概要

・祈願:豊作・交通安全・無災害・健康
・主催:北竜町体育協会、JAきたそらち北竜支所
・後援:北竜町教育委員会、JAきたそらち北竜支所、サンフラワーパーク北竜温泉
・協賛:交通安全協会、北竜消防連合消防後援会、黒千石事業協同組合
・事務局:JAきたそらち北竜支所、北竜消防・長谷川清隆さん

・日程:元旦
    07:00 真竜神社にて参拝
          ランニング:北竜消防庁舎前〜板谷方面(1km・3km・5km)
          新年会:公民館・講堂にて
    09:00 お開き
・参加:北竜町民、町外からの参加可


会議の模様 
会議の模様


北清裕邦さん(JAきたそらち北竜地区代表理事)のお話


北清裕邦さん(JAきたそらち北竜地区代表理事)のお話し 
北清裕邦さん(JAきたそらち北竜地区代表理事)のお話し


「今年の出来秋、質も量も良い収穫を迎えられました。何より今年は『日本農業賞大賞受賞』という名誉ある賞をいただき、新聞、雑誌、テレビ、ネットなど媒体に乗って幅広い情報発信がいつもより何倍もできました。

こうした情報発信の広がりもあって、販売も好調で、新しく数か所との契約が進んでいます。台湾においても、昨年は空知総合振興局からの紹介、今年は北竜町単独での販売・プロモーション活動が展開されました。
今年は、佐野豊町長のかつてからの人脈により、立正大学・鈴木輝隆教授からのご紹介で、大阪の居酒屋チェーン店『マルシェ(株)』(480店舗)とも契約できることとなりました。マルシェ(株)谷崎会長からは、北竜産米に対する高い評価を頂いています。先日大阪にご挨拶に伺った際、これからも絆をもってしっかりとお付合いしましょうと固く握手を交わして参りました。

JAきたそらち北竜支所の直売が、平成28年度は3万6千俵でしたが、平成29年度産の販売計画では4万2千俵に増加しています。今後5万俵を目標に努力していきます。
北竜町では15万俵から16万俵のお米がとれます。その3分の1を独自販売しながら、組合員さんの生活を守っていきたいと思います。
今年は、北竜町にとって、今までにない素晴らしい成果の出た年でした」と、今年を振り返り新たな年への豊富を語る北清裕邦さんのお話しでした。


事務局:谷本明さんのお話


会議の模様 
会議の模様


「北竜町で元旦マラソンが始まる前に、滝川市で行なわれていた元旦マラソンに参加していました。北竜町では、豊作祈願の元旦マラソンがスタートした時から関わっています。

これまで、元旦マラソンの運営は参加者の『志』で行っていました。開始当初は、北竜町で作られていた組み木を参加者の皆さんに配布(50個)。以後、平成13年に組み木が作られなくなったため配布も中止となりました。また、全員の集合写真と個人のスナップ写真を皆さんに配布していました。

参加者の方々の『志』で賄っていたので、経費面においては、不足のときも余った年もありました」と、開催当初からの経緯を紹介された谷本明さんです。


全体スケジュールに関する藤崎正雄さんのお話

準備事項、用意する物、担当者、当日のスケジュール、マラソン後の新年会開催などについての詳細な説明がありました。


当日のスケジュール等について 
当日のスケジュール等について


今後の取り組み

第35回元旦マラソンより、主催が、北竜町体育協会とJAきたそらち北竜支所となりました。交通安全協会、北竜消防連合消防後援会、黒千石事業協同組合の3団体のご協力の元、経費においても、JAきたそらち北竜支所が負担することとなりました。

参加者の「志」によって運営されてきた「元旦マラソン」は、第35回から、「豊作・交通安全・無災害・健康」を祈願する北竜町の文化として、組織的に継続されます。

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・

元旦マラソンは、1年の計を神前で誓い祈願し、新年の想いを胸にいだきながら走る催しです。北竜町民はもちろんのこと、趣旨に賛同される方なら、町外の方どなたでも参加できます。どうぞ、奮ってご参加ください。


会議の模様 
会議の模様


◆ 関連記事

【北竜町】第35回元旦マラソン・参加者募集!<道新ブログ>(2017年12月26日)
第34回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2017・熱い想いを次世代に引き継ぐ(2016年1月3日)
第33回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2016(2016年1月4日)
第32回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2015(2015年1月5日)
第31回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2014(道新ブログ・2014年1月6日)
第30回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2013 (2013年1月2日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


レストラン風車(サンフラワーパーク北竜温泉)ニューアルオープン!

2017/12/15 17:52 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/12/15 18:01 に更新しました ]

2017年12月18日(月)

12月11日(月)、サンフラワーパーク北竜温泉のレストラン「風車」がニューアルオープン!


サンフラワーパーク北竜温泉(撮影:2017年12月11日) 
サンフラワーパーク北竜温泉(撮影:2017年12月11日)

レストラン風車外観 
レストラン風車外観


レストラン風車店内

店内は、格子がはめ込まれた焦茶色のシックな壁にリニューアル。
座席は、二人掛けテーブルが増え、テーブルは50席、小上がり18席を含めて合計68席で、幅広い対応が可能に!
太陽が降り注ぐ中庭には、タイルで描かれたひまわりが輝いています。


店内 テーブル席:50席、小上がり:18席 

店内 テーブル席:50席、小上がり:18席 
店内 テーブル席:50席、小上がり:18席

壁のタイル画(店内より眺める) 
中庭の壁のタイル画(店内より眺める)


厨房

厨房は、最新の設備が設置され、大幅に効率の向上が図られています。ガスレンジ、全自動洗米機、ガス式立体炊飯器、スチームコンベクションオーブン、食器洗浄機など最新機器が導入!


ガスレンジ 
ガスレンジ

全自動洗米機 
全自動洗米機

ガス式立体炊飯器 
ガス式立体炊飯器

スチームコンベクションオーブン 
スチームコンベクションオーブン

食器洗浄機 
食器洗浄機


日替わりランチ新登場!

メニューには、日替わりランチ(700円)が新登場!平日限定、数量限定、14時30分(ラストオーダー14時)まで。シェフご自慢の美味しいお料理が、日替わりで提供されます。

その日のランチメニューは「オムライス」。きのこがたっぷり入ったデミグラスソース掛けで、エビフライが2尾トッピング。サラダ&スープがセットになっています。

コクのある深い味わいのデミグラスソースが、柔らか卵&ライスとベストマリアージュ♡
ボリューミーでとっとも美味しいオムライスです!!!


日替わりメニュー「オムライス〜きのこデミグラスソース・エビフライ付き」 
日替わりメニュー「オムライス〜きのこデミグラスソース・エビフライ付き」


ひまわり畑ポーク

そして人気メニューが、ひまわり畑ポーク!北竜町産油「燦燦ひまわり油」の絞り粕を餌に混ぜて育てた豚肉「ひまわり畑ポーク」です。


ひまわり畑ポーク生姜焼き定食 
ひまわり畑ポーク生姜焼き定食


肉ラーメン、トンカツ、生姜焼きなどの豚肉を「ひまわり畑ポーク」に変更可能です。是非、ひまわりポークの味わいをお試しください!!!


「ひまわり畑ポーク」シリーズ 
「ひまわり畑ポーク」シリーズ


レストラン風車・営業時間

レストランの営業時間が変更になりました。
・11:00~14:30(ラストオーダー 14:00)
・17:00~19:30(ラストオーダー 19:00)


レストラン風車・営業時間 
レストラン風車・営業時間

北竜門 
北竜門


写真(40枚)はこちら >>


◆ 関連ページ

サンフラワーパーク北竜温泉紹介


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北海道警察旭川方面本部・北竜町合同災害警備訓練(大雨洪水・土砂災害避難訓練及び災害警備訓練)の実施

2017/10/30 19:26 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/10/30 20:01 に更新しました ]

2017年10月31日(火)

10月30日(月)9時30分より、北海道警察旭川方面本部・北竜町合同災害警備訓練(大雨洪水・土砂災害避難訓練及び災害整備訓練)が実施されました。当日は、台風22号の影響により、強い風と雨に見舞われ、途中、雪混じりの寒い一日となりました。住民・関係者合わせて、総勢200名にも及ぶ参加者の訓練となりました。


北竜町公民館と北竜町農村環境改善センター 
北竜町公民館と北竜町農村環境改善センター(撮影:2017年10月30日)


訓練の想定としては「北竜町において50年に一度の大雨が降り、山間部での降水が一気に流れ込んだことで河川が氾濫、町内が広範囲に浸水する被害が発生した」です。

実施団体は、北海道警察・北竜町・深川地区消防組合北竜支署の3機関。避難訓練対象地区は、和町・和本町・桜岡・西川町内会。


来賓席 
北竜町災害対策本部・来賓席


訓練は、2部構成で実施されました。


1部:広域住民避難訓練

避難指示が発令され、住民は地域によって、北竜町農村環境改善センター、西川コミュニティーセンターに避難。西川地区で避難困難者救助・救出訓練などを実施し、その避難訓練状況の映像は、災害対策本部にライブ配信。さらに、西川地区の河川が避難判断水位に達したという想定で、避難住民は、自治体が用意したマイクロバスにて改善センターへ移動。


避難受付 
避難受付

雨の中避難所へ駆けつける町民 
雨の中避難所へ駆けつける町民

役場職員による受付模様 
役場職員による受付模様

避難所(環境改善センター)にて 
避難所「北竜町農村環境改善センター」にて

避難所「西川コミュニティーセンター」の様子をライブ中継 
避難所「西川コミュニティーセンター」の様子を災害対策本部でライブ中継


広域避難者受け入れにより、避難訓練完了、避難指示解除、対策本部解散となりました。


マイクロバスでご自宅まで 
マイクロバスでご自宅まで

災害対策本部で指揮を執る北竜消防・滝本浩幸 支署長 
災害対策本部で指揮を執る北竜消防・滝本浩幸 支署長

災害救助犬の出動 
災害救助犬の出動

匂いで救助者を発見し吠えて知らせる救助犬 
匂いで救助者を発見し吠えて知らせる救助犬


2部:消防・警察による実働訓練

住宅の1階の浸水を想定し、警察本部機動隊による、2階に取り残された要救助者を建物2階から救助・搬送を実施。


警察本部機動隊による救助 
警察本部機動隊による救助


土砂崩れによる車両内への住民の閉じ込めを想定し、災害救助犬による捜索、さらに特殊機材を使用した車両からの救出、救急車による搬送を実施。


特殊機材でドアを開ける 
特殊機材でドアを開ける

車のピラーを切断する 
車のピラーを切断する

前部を跳ね上げて救助 
前部を跳ね上げて救助

実践さながらの訓練 
実践さながらの訓練

エアーテントに搬入 
エアーテントに搬入


佐野町長の講評


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「今日は、悪天候でありましたが、多くの皆さんの参加をいただいて、河川氾濫の洪水を想定し、住民の広域避難を含めた、合同災害警備訓練を開催させていただきました。

第1部の住民避難訓練にあっては、大雨による河川氾濫の危険があるという想定で、避難指示の発令を行いました。改善センターを避難所としてる桜岡・和町・和本町の3町内会の皆様と広域避難訓練のため、西川町内会の皆様のご協力をいただき、深川警察署と北竜消防団の誘導により、住民避難訓練を実施し、先程無事終了することができました。

この訓練を、実際の災害において、住民避難が発生した際には、万全の体制がとれるようにしていきたいと考えています。

また、第2部では、北海道警察本部機動隊による高所救助に始まり、鑑識班警察犬による人名捜索、北海道警察旭川方面本部救助隊、北竜町・沼田町の救助隊合同による救助訓練を実施しました。残念ながらペリコプターは飛べないということで、屋上からの訓練については、今日はできませんでしたが、本日の救助訓練を住民の皆さんと共に体験をさせていただきました。

一人でも多くの人命を救うため、最新の機材を活用した訓練であり、大変頼もしく、災害発生時には、本日の訓練の成果を十分に発揮いただけるものと確信したところです。

北竜町では、最近大きな災害の発生はありませんが、いつ起きるかわからない災害に備え、安心安全な暮らしを守るためには、今日のような避難訓練に参加することは、大切であると、今日訓練に参加していただいた皆さんには、大いにご理解をいただけたと思っております。

最後に、本日の訓練にご参加いただきました各町内会の皆様、北海道警察の皆様、深川地区消防組合の皆様に、厚く感謝と御礼を申し上げ、今日の災害訓練の講評とさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました」と、佐野豊 町長から力強いお言葉をいただきました。


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


大雨・強風の中での合同災害避難訓練では、警察・消防の救助隊の方々の真剣な命がけの救助活動の凄さを実感すると同時に、災害時に発生する救助活動の大変さ・重要さを認識することができました。

貴重な体験に参加できたことに、心から感謝いたします。ありがとうございました。


来賓席と住民見学席 
来賓席と住民見学席

北竜町を守る北竜消防団 
北竜町を守る北竜消防団


写真(40枚)はこちら >>


◆ 関連記事

係機関合同 総合災害警備訓練(北海道警察本部・旭川方面本部、深川地区消防組合、北竜町・沼田町)の実施(2013年8月30日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


1-10 of 288