文化・活動

特集記事・目次        ・農業        ・農畜産物直売所・情報       ・町内会        ・サークル活動       ・スポーツ

在宅医療・介護を考える 北空知地域住民フォーラム in 北竜 の開催

2019/11/10 17:53 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/11/10 17:55 に更新しました ]

2019年11月11日(月)

10月27日(日)13:30〜、北竜町公民館大ホールにて、北空知地域医療介護確保推進協議会主催による「『在宅医療・介護を考える 北空知地域住民フォーラム in 北竜』〜いずれはみんに訪れる人生の最期 どう迎えたいですか? どう送りたいですか?〜」が開催されました。

目次

  1. 1 ▶ 総合司会:北竜町地域包括支援センター・南祐美子 センター長
  2. 2 ▶ 開催地挨拶:北竜町・高橋利昌 副町長
  3. 3 ▶ 北空知地域の在宅医療・介護の取組紹介「自宅で安心して暮らすために~チーム北空知の取組」:北空知地域医療介護連携支援センター・三ツ井隆博 事務局長
    1. 3.1 ▶ 北空知の人口について
    2. 3.2 ▶ 北空知の介護サービス事業所の状況
    3. 3.3 ▶ 北空知地域医療介護確保推進協議会の設置
    4. 3.4 ▶ 地域包括ケアシステムの構築イメージ
    5. 3.5 ▶ 在宅生活を支える関係図
    6. 3.6 ▶ 北空知地域医療介護確保推進協議会とは
    7. 3.7 ▶ 各種研修事業
    8. 3.8 ▶ 北空知地域の連携でできたらいいこと
    9. 3.9 ▶ 認知症初期集中支援事業事例共有検討会
    10. 3.10 ▶ 地域包括ケアに携わる多職種合同研修会
    11. 3.11 ▶ 在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 妹背牛
    12. 3.12 ▶ 第1回北空知地域入退院支援研修会
    13. 3.13 ▶ 北空知地域リハビリテーション活動支援事業
    14. 3.14 ▶ 我が家で健康に過ごすために
    15. 3.15 ▶ 地域で支え合いの輪作り
    16. 3.16 ▶ 緊急時の連絡メモ
    17. 3.17 ▶ 救急あんしんカードの活用
    18. 3.18 ▶ 地域住民向け講演会
  4. 4 ▶ 「自宅で安心して暮らすために~訪問看護の取組」訪問看護師からの事例紹介:深川地域訪問看護ステーション 「みのり」立花洋子 管理者
    1. 4.1 ▶ 事例1:Aさん
    2. 4.2 ▶ 事例2:Bさん
    3. 4.3 ▶ 事例3:Cさん
    4. 4.4 ▶ まとめ
  5. 5 ▶ 講演『認知症を予防するために大切なこと〜あたまの元気度テスト2年間のまとめから〜』北翔大学生涯スポーツ学部健康福祉学科・小田史郎 教授
    1. 5.1 ▶ 講師紹介
    2. 5.2 ▶ 本日の話題
    3. 5.3 ▶ 年齢を重ねるごとに認知症の有病率は高くなる
    4. 5.4 ▶ 認知症の現状
    5. 5.5 ▶ 認知症対策の新大綱:『共生』『予防』の2本柱
    6. 5.6 ▶認知症を発症したら何が不安?
    7. 5.7 ▶ 認知症の行動・心理症状
    8. 5.8 ▶ 理解の輪を広げる取り組み
    9. 5.9 ▶ 日本人はアルツハイマー型認知症が多い
    10. 5.10 ▶ アルツハイマー型認知症は、新しいことを覚える脳の中の海馬が萎縮します
    11. 5.11 ▶ 軽度認知障害(MCI)
    12. 5.12 ▶生涯にわたる認知症の危険因子
    13. 5.13 ▶認知症の予防のためのガイドライン
    14. 5.14 ▶あたまの元気度テストの結果
    15. 5.15 ▶ 物忘れ相談プログラム、TDAS(日本光電)
    16. 5.16 ▶ 認知機能を維持できた要因
    17. 5.17 ▶ 本日のまとめ
  6. 6 ▶意見交換「支え合う地域づくり」コーディネーター:北竜町地域包括支援センター・大井敬太 介護予防係長
    1. 6.1 ▶ 介護保険サービス利用の例:北清喜初さん(和本町)
    2. 6.2 ▶ 「碧水支え合いの会」の活動について:浅野進 事務局長
    3. 6.3 ▶ 地域での支え合いの実例:鈴木節也さん(碧水)
    4. 6.4 ▶ 「若年認知症家族会 空知ひまわり」の活動内容について:田中盛亮 副代表
  7. 7 ▶ 写真(186枚)はこちら >>
  8. 8 ▶ 関連記事・サイト

在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 北竜 
在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 北竜


・主催:北空知地域医療介護確保推進協議会
・共催:北竜町、北竜町社会福祉協議会、北空知介護支援専門員連絡協議会
・後援:北海道深川保健所、一般社団法人深川医師会、北空知歯科医会、北海道薬剤師北空知支部深川部会、公益社団法人北海道看護協会北空知支部、北空知栄養士会


配布資料 
配布資料


総合司会:北竜町地域包括支援センター・南祐美子 センター長


北竜町地域包括支援センター・南祐美子 センター長 
北竜町地域包括支援センター・南祐美子 センター長


開催地挨拶:北竜町・高橋利昌 副町長


北竜町・高橋利昌 副町長 
北竜町・高橋利昌 副町長


「台風19号等の災害により多くの方々が亡くなられ、被災された方々に対しお悔やみ申し上げます。支援を必要とされる方々の防災対策についても改めて考えていくところです。

北竜町におきましては、今年のひまわりまつりに多くの観光客の方々が訪れ賑わいました。お米の稲刈りも終わり、豊作基調という報告を受けております。また、死亡事故死ゼロも4500日を経過し継続されています。今後とも、大きな事件事故、災害のない中で、住民の皆さんが安心安全に暮らせる町づくりに務めて参りたいと思います。

本日『北空知地域住民フォーラム in 北竜』において、北翔大学の小田先生には、足掛け3〜4年、何度も北竜町に足を運んでいただきご指導いただいております。本日もお忙しい中、お越しいただき本当にありがとうございます。

今回のフォーラムが、ご参加の皆様にとって有意義なものとなりますことをご祈念申し上げまして挨拶にさせていただきます。よろしくお願いいたします」



北空知地域の在宅医療・介護の取組紹介「自宅で安心して暮らすために~チーム北空知の取組」:北空知地域医療介護連携支援センター・三ツ井隆博 事務局長


北空知地域医療介護連携支援センター・三ツ井隆博 事務局長 
北空知地域医療介護連携支援センター・三ツ井隆博 事務局長


「今日はよろしくお願いいたします。私の母が、北竜町和出身です。北竜町には度々訪れています。

本日は、北空知地域の在宅医療・介護の取組紹介 ということでお話させていただきたいと思います。『医療や介護が必要になっても 住み慣れた自宅や地域で 自分らしく暮らしたい』その想いを叶えるための支援としての北空知の公益事業として行っています。このパンフレットは、北空知1市4町の全戸に配布をしています。

北空知の人口について


北空知の人口推移 
北空知の人口推移


2015年の北空知1市4町の人口は3万2千人。

・高齢者は1万3千人。団塊の世代が高齢者になる2025年(令和7年)には、北空知の人口が2万6千人で、6千人減少しますが、高齢者は800人の減少となります。

・15歳から64歳の労働人口より65歳以上の人口が上回ると推計されています。高齢化率は、北空知は21圏域で最も高い高齢化率41.8%を示しています(北海道では31.1%)。

・介護認定率は、北海道が19.6%、北空知は17.7%、北竜町は17.2%(平成29年集計)となっています。沼田町では、平成27年が17.6%、そして平成29年に13.8%と減少しています。これは『介護予防』に力をいれてきたことが要因となっているといわれています。

認知症高齢者の推計としては、令和7年には高齢者の5人に1人が認知症になると推計されています。


介護認定者の推定 
介護認定者の推定


北空知の介護サービス事業所の状況

北空知の介護保険施設系の定員は、特別養護老人ホームは390人、老人保健施設は176人と、比較的施設は充実してますが、居住系や介護人材は不足しています。

<減少する医療資源>

・北空知管内の病院病床数は、平成17年に1,458床から平成29年には1,039床と減少しているものの、人口10万対では道の値の約2倍、21圏域で最高となっています

・北空知地域では、医療保険等による在宅サービス(往診・訪問診療・看取り)を実施している医療機関はありません

・人口比では、全道で北空知がもっとも多い病床数・介護施設定員数となっています(2012年報告)

・産業別構成人口(2015年度国勢調査)は、総数10,006人の内医療・福祉関係が1,800人(内女性が1,351人)で全体の18%を占め、他の産業の中でも高い比率になっています

・今後人口減少が推測され、医療機関の人材確保、担い手の維持・確保が最大の課題になってきます

北空知地域医療介護確保推進協議会の設置

少子高齢化・人口減少が進む中、各市町村単独では対応困難なため、限られた資源を維持確保し有効に活用するために、広域的な連帯対応が必要であると考え、平成28年6月に「北空知地域医療介護確保推進協議会」が設置されました。

連携づくりの拠点といて、深川市立病院内に『北空知地域医療介護連携支援センター』を設置。在宅医療・介護の連携推進事業などの広域事業を実施し、北空知における地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

地域包括ケアシステムの構築イメージ

医療・介護などが連携して総合的に医療サービスを推進していきます。


北空知圏域における地域包括ケアシステムの構築イメージ 
北空知圏域における地域包括ケアシステムの構築イメージ


在宅生活を支える関係図


北空知地域での暮らしを支える「地域包括ケア」 
北空知地域での暮らしを支える「地域包括ケア」


北空知地域医療介護確保推進協議会とは

・地域医療・介護に係る連携推進事業を広域的に実施しています
・関係市町長、保健所長、医師会長、介護事務所の代表などが委員となって運営。『チーム北空知』となって、地域包括ケアシステムの構築を目指しています
・『北空知地域医療介護連携支援センター(深川市立病院)』を連携拠点に、顔の見える関係を築き、多職種協働によるチーム支援に取り組んでいます
・3つの専門部会『医療・介護情報共有支援部会』『退院調整・在宅生活支援部会』『多職種・地域啓発部会』があります

各種研修事業


令和減年度 北空知地域医療介護確保彗心協議会 各種研修事業等 
令和減年度 北空知地域医療介護確保彗心協議会 各種研修事業等


北空知地域の連携でできたらいいこと


北空知地域の連携を見える化 
北空知地域の連携を見える化


認知症初期集中支援事業事例共有検討会

北竜町すこやかセンターにて、認知症サポート医、診療所医師、保健師、ケアマネージャー、ホームヘルパー、地域包括支援センーの職員など23名が集まり、事例検討しました。


認知症初期集中支援事業事例共有検討会 
認知症初期集中支援事業事例共有検討会


地域包括ケアに携わる多職種合同研修会

深川市立病院・大会議室にて、『顔の見える関係』から『多職種協働』そして『チーム北空知』へ〜『第1回ケア・カフェきたそらち〜蘊奥〜』が開催され、関係者88名が参加しました。


「顔の見える関係」から「多職種協働」、そして「チーム北空知」へ 
「顔の見える関係」から「多職種協働」、そして「チーム北空知」へ


在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 妹背牛

妹背牛町・わかち愛もせうしひろばにて、地域づくりをテーマに開催。


在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 妹背牛の開催報告 
在宅医療・介護を考える北空知地域住民フォーラム in 妹背牛の開催報告


第1回北空知地域入退院支援研修会

深川市立病院にて、入退院支援をテーマに開催。


第1回北空知地域入退院支援研修会 
第1回北空知地域入退院支援研修会


北空知地域リハビリテーション活動支援事業

個別訪問、通所訪問、地域ケア会議、地域予防事業、研修会などを開催。平成30年度は、1市4町で306の支援事業が開始されました。


北空知地域リハビリテーション活動支援事業 
北空知地域リハビリテーション活動支援事業


我が家で健康に過ごすために

・運動・健康診断・食事・病気への備え(かかりつけの病院・歯科)に対する意識をもって、自分でできることは自分で積極的に取り組んで行きましょう

<各種サービスの利用>

それぞれの状況に応じた、医療保険や介護保険サービスが利用できます。主治医、各市町の地域包括支援センター、北空知地域医療介護支援センターにご相談ください。


在宅医療の相談 
在宅医療の相談


地域で支え合いの輪作り

・見守り、生活相談、緊急時の備えについて、各地域で意見交換します


誰もが希望する療養生活を選択でき、安心して暮らせる北空知地域にするために 
誰もが希望する療養生活を選択でき、安心して暮らせる北空知地域にするために


緊急時の連絡メモ

・救急車を呼ぶ時に、必要事項(伝える事項)


緊急時の連絡メモ 
緊急時の連絡メモ


救急あんしんカードの活用

・『救急あんしんカード』に必要事項を記入し、各市町の担当窓口に提出。各家庭の冷蔵庫に『保管マーク』シールを貼り、カードを入れた保管容器を冷蔵庫のドアポケットに入れておきます


救急あんしんカードを活用しよう! 
救急あんしんカードを活用しよう!


地域住民向け講演会

・リハビリ専門職による介護予防のお話・体操・実技指導
・訪問介護ステーション職員からの在宅療養のお話
・深川医師会で『暮らしの医学公開講座』を開催しています

いざとなったときに、上手に病気や介護と付き合っていただけるような地域づくりを皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。ご静聴ありがとうございました。


会場の様子 
会場の様子


「自宅で安心して暮らすために~訪問看護の取組」訪問看護師からの事例紹介:深川地域訪問看護ステーション 「みのり」立花洋子 管理者

2015年10月に深川市立病院に深川地域訪問看護ステーションを開設し、北空知の利用者さんを訪問。3事例を元に、どのようにその人らしく、自宅で過ごすことができたのかをご紹介いたします。


深川地域訪問看護ステーション 「みのり」立花洋子 管理者 
深川地域訪問看護ステーション 「みのり」立花洋子 管理者


事例1:Aさん

80歳男性、糖尿病、心不全などで、入退院を繰り返す。在宅医療を希望し、訪問看護の導入、デイサービス・配食サービスを利用。1年3ヶ月後、家族に見守られながら永眠。家族の思いは『しんどいと思うこともあったけど、家でゆっくり過ごせて良かった』。

事例2:Bさん

80歳女性、大腸癌で人工肛門造設。訪問看護を導入し、体調管理、入浴介助、人口肛門管理等をお願いする。本人の表情も明るく穏やかになり、家族の心配事も軽減。

事例3:Cさん

60代男性、消化器癌末期。暖和ケア病棟に入院し、一旦自宅に戻られ、、数日後永眠される。ご本人より『家でいい時間を過ごすことができた』といわれていたとのことです。

まとめ

Aさん、Bさん、Cさん、そのご家族に共通していたことは、残された人生をどう過ごしたいか明確に述べられ、困った時は、その都度相談できていたことではないかと思います。

私達は、生まれてから成長過程の中で、節目節目でそれぞれの決断を決めて前に進んでいたのではないでしょうか。進学、就職、結婚、育児等など。例えば、高校進学のときには、どこの高校に進みたいのか、家族や学校の先生、友人と話し合い、それを目標に前に進んで行ったと思います。

しかし、病気や介護が必要になった時は、その場面にあって慌ててしまうことが現状ではないでしょうか? 今一度、これからの人生を自分が過ごしたいのか、家族、パートナーと元気な頃から話し合っていくことが大切なのではないかと思います。

在宅医療で、Aさん、Bさん、Cさんがその人らしく過ごせたのは、様々な職種の人がいて、支えることで安全に安心して在宅で過ごすことができたからだと思います。在宅医療・介護のことで困った時は、いつでも相談していただきたく思います。

保健所、市町村役場、病院スタッフ、近所の方々、身近なところで相談してください。私達は、地域の方々が、安心して過ごすことができるように、これからも多職種と連携しながら、お手伝いさせていただきたいと思います。
ご静聴、ありがとうございました!


多職種連携 
多職種連携


講演『認知症を予防するために大切なこと〜あたまの元気度テスト2年間のまとめから〜』北翔大学生涯スポーツ学部健康福祉学科・小田史郎 教授


北翔大学生涯スポーツ学部健康福祉学科・小田史郎 教授 
北翔大学生涯スポーツ学部健康福祉学科・小田史郎 教授


講師紹介

・1973年生まれ、広島県出身。北海道大学大学院教育研究科修士課程 博士後期課程を修了
・北海道浅井学園大学講師、北翔大学生涯スポーツ学部スポーツ教育学科准教授、教授を経て、2013年より北翔大学大学院生涯スポーツ学研究科教授、北翔大学生涯スポーツ学部健康福祉学科教授

・専門分野:健康科学、睡眠学、認知症予防
・賞与:第38回日本睡眠学会定期学術集会・べストプレゼンテーション賞
・資格:博士(教育学)、健康運動指導士
・著書:『新版生涯スポーツと運動の科学』(志村出版 平成28年3月)

北竜町には、およそ2年間半通っています。年に10〜20回くらい訪問させていただいております。

本日の話題

・なぜ認知症の予防が必要なのか?
・認知症の発症や進行を遅らせるためにできることは?
・あたまの元気度テストの結果から

年齢を重ねるごとに認知症の有病率は高くなる

長く生きていく上で、たとえ認知症になっても、元気で自分らしく過ごしていこうと考えていただければと思います。

認知症の現状

厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は約462万人(65歳以上の高齢者の約7人に1人)。さらに、認知症予備群が約400万人。

2025年には、700万人(65歳以上の高齢者の5人に1人)前後に達する見通し。我が国の高齢化スピードは世界一。

一方、生産年齢人口(15歳〜64歳)が減少傾向にあるので、元気な高齢者を増やしていく必要があります。世界でも、3秒に1人のペースで認知症が増えている統計が出ているので、大きな問題と捉えられています。

認知症対策の新大綱:『共生』『予防』の2本柱

車の両輪のように、どちらも必要不可欠であり『共生』を実現するために『予防』の視点が必要です。

・共生:認知症になっても安心してくらせる社会の実現
・予防:認知症になるのを遅らせ、進行を緩やかする

・一次予防:認知症を発症しないための予防
・二次予防:早期発見、早期治療
・三次予防:病気の進行防止(大切な要素)

たとえ、認知症になったとしても、その人らしさを尊重するケアを行い、生活の不安を軽減できるように対処していくことが大切。


認知症予防とは 
認知症予防とは


認知症を発症したら何が不安?

・家族に負担をかける
・地域や周辺の人の負担をかける
・認知症に対する誤解や偏見が、認知症の方やその家族を苦しめているほか、早期発見・早期治療をためらわせています


「予防」を進めるためには「共生」が必要! 
「予防」を進めるためには「共生」が必要!


認知症の行動・心理症状

徘徊や暴力などのマイナスのイメージがありますが、認知症の行動・心理症状は、周囲の接し方やサポートによって軽減できます。

・中核症状:記憶障害、見当障害、失認・失語・失行、実行機能障害
・心理症状:不安、焦燥、妄想、幻覚
・行動症状:徘徊、多動、不潔行為、収集癖、暴言・暴力、介護への抵抗


徘徊や暴力などのマイナスイメージばかりあるが・・ 
徘徊や暴力などのマイナスイメージばかりあるが・・


理解の輪を広げる取り組み

・認知症サポーター:認知症について学び、正しい理解と知識をもって、身近にいる認知症の方やその家族をそっと見守り、支える『応援者』

・ご近所力:地域の方の協力や見守りによるご近所パワー

この2年間、調査のために北竜町に訪問していますが、北竜町は、一緒に集まって協力し合う『ご近所パワーが強い』と感じています。例えば、パークゴルフなどスポーツにおいても、住民のどんな人達とでも打ち解けあって、楽しんでプレーしています。

記憶が低下して、外にでるとみんなに迷惑をかけてしまうのではないかと心配して家に閉じこもってしまうような社会ではなくて、『出ておいでよ、なんとかなるから』というような関係があれば、良い関係が築けるのではないかと思います。

家族だけでは、とても支えられるものでは無いので、ご近所同士で、助け合える互助関係が大切になってきます。

・スコットランド:認知症の方々が住んでいる施設において、鍵はかけずに、出入り自由です。外に出てしまった場合も、町の人々が理解していて、施設に連れ戻してくれるようになっています。


スコットランドの事例 
スコットランドの事例


日本人はアルツハイマー型認知症が多い

アルツハイマー型、脳血管性型、レビー小体型、中には、治る認知症もあります。


日本人ではアルツハイマー型認知症が多い 
日本人ではアルツハイマー型認知症が多い


アルツハイマー型認知症は、新しいことを覚える脳の中の海馬が萎縮します


新しいことを覚える脳のなかの海馬が小さくなる(萎縮する) 
新しいことを覚える脳のなかの海馬が小さくなる(萎縮する)


海馬が小さくなるのは、脳の中にたまったゴミ(アミロイドβ)が神経細胞を破壊することによっておきてきます。


なぜ海馬が小さくなる? 脳の中にたまったゴミが神経細胞を破壊する 
なぜ海馬が小さくなる? 脳の中にたまったゴミが神経細胞を破壊する


軽度認知障害(MCI)

アルツハイマー型認知症はゆっくりと進行するのが特徴。発症前に「物忘れはるけれど、生活に障害がない」MCIの時期があります。MCIは、認知症を発症するか、MCIのまま維持するのか、正常なレベルまで回復するのかの分岐点。この時期がとても大事な時期となります。

非認知症から認知症への移行率は、1年間で10%、5年間で40%になります。MCIの状態で、健常者への回復率は14%〜44%あり、MCIは、正常なレベルまで回復できる最終段階でもあります。この時期の過ごし方がとても大事になってきます。


MCIは ① 認知症を発症するか、② MCIのまま維持するか、③ 正常なレベルまで回復するかの分岐点 
MCIは ① 認知症を発症するか、② MCIのまま維持するか、③ 正常なレベルまで回復するかの分岐点


・早期発見は、早期絶望ではなく、対処が早いほど「できる」ことを多く残せます
・MCIの方をしっかりとキャッチすることがとても大切です

生涯にわたる認知症の危険因子

現在の研究結果によると、認知症の危険因子は、65%ありますが、そのうち、改善可能な要因とされるものが35%あります。年代によって、その要因内容が変化してきます。

・中年期:高血圧(2%)、肥満(1%)、難聴(9%)
・更年期:喫煙(5%)、抑うつ(4%)、運動不足(3%)、社会的孤独(2%)、糖尿病(1%)


生涯にわたる認知症の危険因子 
生涯にわたる認知症の危険因子


認知症の予防のためのガイドライン

世界保険機関(WHO)は、2019年5月4日に、世界的に増加している認知症予防のための『ガイドライン(12項目)』を公表。

1.身体活動の介入 2.禁煙の介入 3.栄養の介入 4.適正飲酒の介入 5.認知機能の介入 6.社会活動 7.体重の管理 8.高血圧症の管理 9.糖尿病の管理 10.脂質異常症の管理 11.うつ病の管理 12.難聴の管理

生活習慣病に繋がる要素と重なっている部分もあります。


認知症の予防のためのガイドライン 
認知症の予防のためのガイドライン


アメリカにおけるアルツハイマー病の危険因子として最も高いものは『身体的不活動』となっています。


アメリカにおけるアルツハイマー病の危険因子 
アメリカにおけるアルツハイマー病の危険因子


・運動が認知症の発症予防につながる可能性を示した報告が増えています
・認知機能の維持・改善には、有酸素運動、複合的運動が重要
・運動によって神経細胞の再生を促すBDNF(脳の栄誉)が増え、ニューロン(脳細胞)新生が促進されます
・これまでは、脳細胞は再生されないとされていましたが、現代医学では神経細胞の再生が可能とされています
・刺激が多い環境ではBDNFが増加し、シナプス形成が促進されます
・豊かな環境での楽しい運動が老人斑(βアミロイド)を減らします


xxx 
運動が認知症の発症予防につながる可能性を示した報告が増えている


知的活動、趣味活動などが、脳を活性化します。楽しい活動を続けていくことが大切です。


知的活動、趣味活動・・・脳の活性化 
知的活動、趣味活動・・・脳の活性化


・社会的コミュニケーション(他者とのコミュニケーション)は、前頭葉を活性化します
・独居で友人も家族も訪ねてこない高齢者は認知症発症のリスクが8倍になっています
・コミュニケーション型運動(まる元、ゆる元)は、身体を動かして楽しいと感じ、社会的コミュニケーションをとることによって、脳が活性化していきます


コミュニケーション型運動(まる元、ゆる元) 
コミュニケーション型運動(まる元、ゆる元)


・バランスの良い食事を心がけることが大切。魚を中心とした和食など、肉、魚介、野菜などバランスよく食材に取り入れる


バランスの良い食事 
バランスの良い食事


睡眠中にアミロイドβの除去が進みます。睡眠中に神経細胞のまわりに隙間ができ、神経細胞を洗い流すリンパ流が増加し、老廃物を含んだリンパ液は、静脈に沿って脳外へと運び出されます。


睡眠中にアミロイドβの除去が進む 
睡眠中にアミロイドβの除去が進む


あたまの元気度テストの結果

平成29年度から3カ年計画で悉皆調査(しっかいちょうさ)を実施。

・北竜町では『認知症になりにくい町づくり宣言』を実施しているので、悉皆調査を依頼

「あたまの元気度」調査と生活習慣との関連をみました。どのような生活をすることによって、頭の元気度を保つことができるかを調査。認知症予防実験を70歳以上の方を対照に、寿都町(高齢化率40.2%)と北竜町(高齢化率43.5%)の2つの町で実施。調査完了者数合計1,189名。


平成29年度から3か年計画で恣皆調査を実施 
平成29年度から3か年計画で恣皆調査を実施


物忘れ相談プログラム、TDAS(日本光電)


あたまの元気度テスト 
あたまの元気度テスト


認知機能を維持できた要因

2年目に維持できた方が8割、少し弱っている方が2割で、この違いがなぜ生じたのか要因を抽出。

<維持できた要因>

1.年齢が低い
2.教育を受けた年数が長い
3.他社と一緒に運動した
4.よく噛んで食事をした


北竜町だけでみた結果 
北竜町だけでみた結果


<維持・改善の割合が高い要因>

・社会的役割・責任あり
・旅行・遠出に行った
・積雪期の外出をした(週3〜4日)
・非積雪期の外出をした(週3〜4日)
・まる元に参加した
・楽しみなことがあった


まる元・楽しみなこと 
まる元・楽しみなこと


本日のまとめ

・認知症は誰もがなる可能性のあるありふれた病気である
・認知症になっても安心な暮らしができる共生社会を実現するためには、予防の考え方も重要である
・近所での見守りや助け合いがあれば、認知症の負担はかなり軽減でき、予防も進めやすい。認知症に対する誤解や偏見をなくすため、認知症の正しい理解が必要である
・認知症の発症を完全に阻止はできないが、運動などによる予防効果のエビデンスは増えてきている。よいと考えられている活動には行う価値がある
・2年間の悉皆調査の結果から『仲間と運動する』『よく噛んで食べる』『体力を維持する』等が認知機能の維持に関わっていると考えられる

ご清聴ありがとうございました」。


ありがとうございました! 
ありがとうございました!


意見交換「支え合う地域づくり」コーディネーター:北竜町地域包括支援センター・大井敬太 介護予防係長


北竜町地域包括支援センター・大井敬太 介護予防係長 
北竜町地域包括支援センター・大井敬太 介護予防係長


介護保険サービス利用の例:北清喜初さん(和本町)

奥様が大腸の手術後に、北竜町の訪問介護サービスを3年間に亘り受ける。介護サービスを利用する際に、支援センター・南センター長さんより、丁寧にわかりやすく様々な説明を受けました。お陰で、様々なサービス(デイサービスの利用、住宅改修・修理の利用、福祉用具サービス)を1割負担で受けることができ、大変助かっているというお話。

「一人でも多くの方々が、介護保険の内容を知り、積極的に利用して、素晴らしいサービスの恩恵を受けることができるよう願っています」とお話くださいました。


北清喜初さん(和本町) 
北清喜初さん(和本町)


「碧水支え合いの会」の活動について:浅野進 事務局長


碧水支え合いの会・浅野進 事務局長 
碧水支え合いの会・浅野進 事務局長


「碧水支え合いセンターは、平成2年から平成17年まで15年間続いたセブンイレブンの跡地に建設され、平成29年4月オープンとなりました。月・水・金の週3日のボランティア活動、火曜日は「まる元」(午前中2回・2班に分かれて)を実施しています。

平成30年度には、一人暮らしの高齢者(15名)を対象に、月1回「昼食会」を提供しています。その際、カラオケ、舞踊、ダンス、大正琴などの同好会の皆さんが演芸を披露しています。平成31年度においては、警察署長、郵便局長、保健師・看護師、町長さんの様々な方々の人生経験・仕事内容についてのお話をしていただきながら、昼食会を進めて参りました。

週間のイベントとして、月曜日はカラオケ、火曜日はまる元の体操、金曜日は囲碁を楽しんでいます。お茶は無料サービスを行い、1日平均13名の方々が参加訪問されています。お手伝いして頂いてるボランテァの方々が40名(65歳〜88歳で平均年齢74.3歳の男性20名・女性20名)でていただいています。

地域での支え合いの実例:鈴木節也さん(碧水)

砂川病院に通院されている80歳の高齢者の方の自動車での送り迎えを3年半継続してる実例。

「3か月に1回の受診。バスや電車を利用すると、乗り換えが大変で、かなり身体に負担がかかるということで、自動車の送り迎えをお手伝いしています。さらに、普段でも、近所の方々がスーパーなどまで送ってほしいと依頼されるので、今後も可能なかぎり、お手伝いができるようにしていきたいと思っています」。


鈴木節也さん(碧水) 
鈴木節也さん(碧水)


「若年認知症家族会 空知ひまわり」の活動内容について:田中盛亮 副代表

「北竜町の町長さんがアルツハイマー認知症を患い、町長を退任されました。彩星の会(東京都)干場功 代表が、北竜町出身であり、是非、認知症家族会を北竜町で立ち上げたいと切願し有志が集まり、平成19年11月家族会が設立しました。

当時、50代で若年アルツハイマーを診断された方のご家族が、北竜町に移住されました。ご本人は68歳で死去されましたが、9年間、家族会のメンバーで共に協力し合いお世話しました。毎週4日間、パークゴルフ、太鼓、陶芸、ウォーキング、卓球など交代でお世話していきました。数々の研修会では、この『空知ひまわり』の活動内容が高く評価され、ご紹介されています。

現在は、和地区に去年建設された北竜町商業活性化施設ココワ(COCOWA)にて、週3回(月・水・金)10時〜12時までの2時間、メンバーによる当番制で、ココワを訪れる方々のお話を聞いたり、相談に応じたり、買い物支援のお手伝い、お出かけ支援のお手伝い等、コミュニケーションの場を設けています」。


若年認知症家族会「空知ひまわり」田中盛亮 副代表 
若年認知症家族会「空知ひまわり」田中盛亮 副代表


たくさんの貴重なご意見、ありがとうございました。


会場の様子 

たくさんの貴重なご意見、ありがとうございました 

たくさんの貴重なご意見、ありがとうございました 
たくさんの貴重なご意見、ありがとうございました


地域のあたたかい支え合いのもと、積極的に活動し、健康で楽しい老後生活に導いてくださる地域支援活動に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


公民館横の公園に降り注ぐ天使のはしご 
公民館横の公園に降り注ぐ天使のはしご


写真(186枚)はこちら >>

関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


隈研吾 氏 & 鈴木輝隆 氏「新国立競技場から北竜町へ」北竜町まちづくり講演会の開催

2019/10/30 16:19 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/10/30 19:35 に更新しました ]

2019年10月31日(木)

10月22日(火)16:30〜、世界的な建築家・隈研吾(くま けんご)氏と立正大学・鈴木輝隆(すずき てるたか)特任教授による北竜町まちづくり講演会「新国立競技場から北竜町へ」が、北竜町公民館大ホールにて開催されました。

講演会は、建築家・隈研吾氏と、デザインプロデューサー(地域ブランド作成事業アドバイザー)鈴木輝隆 氏との対談形式です。

目次

  1. 1 ▶ 北竜町ひまわり観光大使・ひまわりの里基本計画策定委員会 委員
    1. 1.1 ▶ 隈研吾 氏
    2. 1.2 ▶ 鈴木輝隆 氏
  2. 2 ▶ 司会進行:北竜町役場産業課・細川直洋 課長
  3. 3 ▶ 主催者代表ご挨拶:北竜町・佐野豊 町長
  4. 4 ▶ 隈研吾 氏と鈴木輝隆 氏の対談
    1. 4.1 ▶ 鈴木輝隆 氏
    2. 4.2 ▶ 隈研吾 氏
  5. 5 ▶ 1. 那珂川町馬頭広重美術館(栃木県那珂川町)2000年7月
  6. 6 ▶ 2. 竹屋(Great (Bamboo) Wall・中国)2002年4月
  7. 7 ▶ 3. GC プロソミュージアム・リサーチセンター(愛知県春日井市)2010年5月
  8. 8 ▶ 4. 梼原 木橋ミュージアム(YUSUHARA Wooden Bridge Museum・高知県梼原町)2010年9月
  9. 9 ▶ 5. まちの駅「ゆすはら」・高知県梼原町)2010年7月
  10. 10 ▶ 6. スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店(福岡県太宰府市)2011年11月
  11. 11 ▶ 7. スターバックス リザーブ ロースタリー東京(東京都目黒区)2019年2月
  12. 12 ▶ 8. サニーヒルズジャパン(Sunny Hills Japan・東京都港区 表参道)2013年12月
  13. 13 ▶ 9. 浅草文化観光センター(Asakusa Culture Tourist Information Center・東京都台東区)2012年3月
  14. 14 ▶ 10. アオーレ長岡(Nagaoka city hall Aore・新潟県長岡市)2012年3月
  15. 15 ▶ 11. Birch Moss Chapel(長野県軽井沢)2015年5月
  16. 16 ▶ 12. La Kagu(ラカグ・東京都新宿区神楽坂)2014年9月
  17. 17 ▶ 13. COEDA HOUSE(こえだはうす・静岡県熱海市)
  18. 18 ▶ 14. 富岡市役所(Tomioka City Hall・群馬県富岡市)2018年3月
  19. 19 ▶ 15. 日本平夢テラス(Nihondaira Yume Terrace・静岡県静岡市)2018年10月
  20. 20 ▶ 16. 中国美術学院民芸博物館(Museum of the China Academy of Art・中国抗州)2015年11月
  21. 21 ▶ 17. 北京 前門(Beijing Qianmen・中国 北京)2016年11月
  22. 22 ▶ 18. ブサンソン芸術文化センター(Besancon City of Arts and Culture・フランス ブサンソン)2012年12月
  23. 23 ▶ 19. Saint-Denis Pleyel Emblematic Train Station(フランス パリ)建設中
  24. 24 ▶ 20. ポートランド日本庭園 カルチュラル・ヴィレッジ(Portland Japanese Garden・米国 ポートランド)
  25. 25 ▶ 21. V & A Dundee(英国 スコットランド)2018年9月
  26. 26 ▶ 22. The Darling Exchange(オーストラリア シドニー)2019年竣工予定
  27. 27 ▶ 23. The Odunpazan Modem Art Museum(エスキシェヒルの現代美術館・トルコ)2019年
  28. 28 ▶ 24. 新国立競技場整備事業(New National Stadium Devlopment Project・東京都新宿区)2019年11月完成予定
  29. 29 ▶ 25. 品川新駅(JR 高輪ゲートウェイ駅)(JR Takanawa Gateway Station)2015年〜2020年完成予定
  30. 30 ▶ 26. つみき(Tumiki)
  31. 31 ▶ 27. 住箱(Jyubako)設計:2016年6月完成
  32. 32 ▶ 立正大学・鈴木輝隆 特任教授
  33. 33 ▶ 新保育園の構想について
    1. 33.1 ▶ 周囲にマッチする保育園
    2. 33.2 ▶ひまわりの花びらが散らばっているようなデザイン
    3. 33.3 ▶ 北竜町のひまわりの花びらで染めた布を垂らした照明
  34. 34 ▶ ひまわりの里の全体配置計画(案)
    1. 34.1 ▶ ひまわりの里の圧倒的なランドスケープ
    2. 34.2 ▶ 「全体の関連性」と「額縁効果」
    3. 34.3 ▶ 展望台そのものが北竜町を代表するシンボルマーク
  35. 35 ▶ 立正大学・鈴木輝隆 特任教授
  36. 36 ▶ 記念撮影
  37. 37 ▶ 写真(98枚)はこちら >>
  38. 38 ▶ 隈研吾氏・参考サイト
  39. 39 ▶ 北竜町ポータル・関連記事

北竜町公民館 
北竜町公民館


会場には、町内外から約200人の方々が詰めかけ、隈研吾氏の建築に対する想い、北竜町新保育園のデザイン、ひまわりの里の全体配置計画(案)、さらに、新国立競技場をはじめ、これまでに携わってきた建築物などについて、隈氏の貴重なお話の数々に熱心に耳を傾けました。


北竜町ひまわり観光大使・ひまわりの里基本計画策定委員会 委員

隈研吾氏、鈴木輝隆氏は、両者ともに、2017年より北竜町ひまわり観光大使を就任され、現在北竜町で進行中の「ひまわりの里基本計画策定委員会」の委員も務めていらっしゃいます。

隈研吾 氏

1954年、神奈川県生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、1990年に隈研吾都市設計事務所設立。2001年から慶應義塾大学教授。2009年から東京大学教授。

木材などの和をイメージした建築が特徴で「和の大家」と称され、国内外で様々な賞を受賞。2020年開催予定の東京オリンピックの新国立競技場をはじめ、世界各国の斬新な建築設計を手掛けてご活躍中。

鈴木輝隆 氏

1949年愛知県名古屋市生まれ。北海道大学卒業後、神戸市役所、山梨県庁、総合研究開発機構を経て、2000年から江戸川大学・特任教授。現在、地域創生プロデューサー・立正大学経済学部特任教授。

「地域の魅力を発掘するローカルデザイン」を研究テーマに、各地の地域づくりに関わる。北海道清里町、ニセコ町、秋田県乳頭温泉「鶴の湯」、岩手県八幡平市、長野県小布施町、山梨県甲州市、東京都八王子市、高知県四万十ドラマ、鹿児島県西之表市(種子島)など、全国に地域づくりネットワークを構築し、総合プロデュースを手がける。


北竜町まちづくり講演会『新国立競技場から北竜町へ』 
北竜町まちづくり講演会『新国立競技場から北竜町へ』

会場の様子 
会場の様子


司会進行:北竜町役場産業課・細川直洋 課長


司会:町役場産業課・細川直洋 課長 
司会:町役場産業課・細川直洋 課長


主催者代表ご挨拶:北竜町・佐野豊 町長


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「今日は、北竜町まちづくり講演会ということでご挨拶させていただきます。町内はもとより、札幌市・旭川市等、近隣からの沢山の方々に参加いただいております。こうして盛大に講演会が開催されることは、私達にとっても本当に嬉しい限りです。

ご案内の通り『新国立競技場から北竜町へ』と題しての講演会で、世界的な建築家であります隈研吾先生、そしてデザインプロデューサー・立正大学特任教授の鈴木輝隆先生、お二人による対談形式の講演となっています。

お二人には、平成8年(1996年)、この公民館の会場で、そして平成9年(1987年)に、サンフラワーパーク北竜温泉で『ひまわりシンポジウム』ということで、パネラーとしてお越しいただき、提言をいただいているところです。

その際、隈先生は『北竜町はランドスケープの町だなぁ』と感じたそうです。皇居の二重橋、フランスのベルサイユ宮殿、あの緩やかな傾斜が、すなわちランドスケープが素晴らしくて、人々を感動させます。『北竜町にはそのランドスケープがある町だから、これを主役としてまちづくりを行ったらいいのではないか』というご提言をいただいています。

両先生には、平成29年(2017年)から北竜町のひまわり観光大使を引き受けていただいております。今年の8月に、東京大学教授として最後の講義を東京大学・安田講堂で学生1,000名を超える多くの方々の前で講演され、その時も北竜町ひまわりの里、ひまわりライスのPRをしていただきました。

そして現在進めております『ひまわりの里基本計画策定委員会』の委員としてもお世話になっています。

お二人による講演会が始まりますが、新国立競技場、今建築中の新保育園、ひまわりの里等について語っていただきますので、どうぞ皆さん、楽しんでいただきたいと思います。先生、どうぞ、よろしくお願いします」。


隈研吾 氏と鈴木輝隆 氏の対談

鈴木輝隆 氏


立正大学・鈴木輝隆 特任教授 
立正大学・鈴木輝隆 特任教授


「先程ご紹介がありましたように、二十数年前に隈さんと北竜町を訪れた日の事を懐かしく思い出していました。その後、ご縁があり、町長さん、議長さんなど二十数年来の仲間ということで、今関わりのある北竜町の保育園やひまわりの里などについて、隈さんの力をお借りしながら進めています。

また、デザイナーの梅原真さんにお話いただいたり、マルシェ株式会社(本社・大阪市)の会長・谷垣雅之さん、公認会計士・税理士の石川直也さん(税理士法人JAZY会計事務所長)にもご協力いただき、ひまわりの里のお話をさせていただいております。

まずは、隈さんのご紹介ということで、現在の仕事、これまで関わってきた隈さんの作品について語っていただきたいと思います。隈さんとは地方を歩き始めて30年以上になりますが、一つの町づくりにどのように関わってきたかというお話をしていただきながら、隈さんの自己紹介をお願いしたいと思います。

隈研吾 氏


建築家・隈研吾氏(左)、隈研吾建築都市設計事務所・田口誉 設計室長(右) 
建築家・隈研吾氏(左)、隈研吾建築都市設計事務所・田口誉 設計室長(右)


「これまでどんなことをやってきたかをご紹介します。最近は、地域の素材を生かした、地域らしい建物を作って、地域を盛り上げていくことに大変興味があります。

鈴木さんと地方を廻り始めたのが1990年代で、その頃は、各地方を時間をかけてゆっくりと回り、温泉に入りながらその地域を味わっていました。各地域の素材を建築に取り入れ始めたのは、2000年になってからです。それでは、建築物をご紹介していきます。


1. 那珂川町馬頭広重美術館(栃木県那珂川町)2000年7月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>


馬頭広重美術館(栃木県那珂川町) 
馬頭広重美術館(栃木県那珂川町)


浮世絵作家・歌川広重の作品を中心に展示している美術館。地元産の八溝杉の格子で覆われた建物。この建物は、アメリカCNNのチーフが取材に訪れるなど、私が海外で仕事をするきっかけになった建物です。

裏の里山の木を使い、腐りにくい不燃処理加工を施しました。更に地元の石、地元の和紙など、地元とコラボするような作品になっています。


2. 竹屋(Great (Bamboo) Wall・中国)2002年4月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

中国万里長城の麓に建つ「Commune by the Great Wall」。


中国万里長城の麓に建つ「Commune by the Great Wall」 
中国万里長城の麓に建つ「Commune by the Great Wall」


2002年、中国にて、万里の長城のすぐ脇に、中国製の竹を使い、山の緑の環境に合わせて造った建物です。このヴィラは、中国の人々、特に若者の支持を得ました。


中国の人々特に若者の支持を得たヴィラ 
中国の人々特に若者の支持を得たヴィラ


北京オリンピック(2008年)の総合プロデューサー・張芸謀(チャン・イーモウ)氏が、この建物を使って、オリンピックの開会式に流す映像に使いたいといい話題になりました。(参照論文はこちら >>

日本では、竹の家(Bamboo Wall)は、吉永小百合さんが出演した映画『SHARP AQUOS』のCMロケ地として使用さたことで有名です。


竹の家(Bamboo Wall) 
竹の家(Bamboo Wall)


3. GC プロソミュージアム・リサーチセンター(愛知県春日井市)2010年5月

<隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

愛知県春日井市鳥居の博物館・研究所。飛騨高山に伝わる木製の玩具「鴨」のシステムを発展させ、木材を釘の接着剤も用いずに組み合わせた木造建築。


GC Museum(GC プロソミュージアム・リサーチセンター) 

GC Museum(GC プロソミュージアム・リサーチセンター) 
GC Museum(GC プロソミュージアム・リサーチセンター)


2010年、飛騨高山の技術を用いた3階建ての建物。実験室で強度を試験しながら作り上げました。木材の骨組みだけで作る建物。日本の職人の高い技術を施した建築になっています。


4. 梼原 木橋ミュージアム(YUSUHARA Wooden Bridge Museum・高知県梼原町)2010年9月

<隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

町の面積の91%を森林が占め、雄大な四国カルストに抱かれた自然豊かな山間の小さな町。梼原町(ゆすはらちょう)は山奥なので行きにくい場所ですが、外国人にも人気の町になっています。

梼原の町は、日本各地を廻っていた30年以上前からお付き合いをしている町です。色々つくった中のひとつで、木の橋をつくりました。


梼原 木橋ミュージアム  
梼原 木橋ミュージアム


「雲の上のホテル」と「雲の上の温泉」を結ぶ連絡通路兼ミュージアム。梼原産杉を使用した刎橋構造でつくられています。


連絡通路兼ミュージアム. 
連絡通路兼ミュージアム.


5. まちの駅「ゆすはら」・高知県梼原町)2010年7月

<隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

雲の上のホテル別館 マルシェ・ユスハラ。ホテルのロビーがマーケットになっていて、地元野菜が並んでいます


マルシェ ユスハラ 
マルシェ ユスハラ


雲の上のホテル 別館 「マルシェ ユスハラ」は、茅葺きで作りました。現在茅葺きを施す職人さんがいないので、経験のある職人さんに現場復帰してもらい作ったものです。


「マルシェ ユスハラ」は、茅葺きで作りました 
「マルシェ ユスハラ」は、茅葺きで作りました


梼原町の特産物販売とホテルが融合したまちの駅「ゆすはら」は梼原町の顔。まちの中の「森」というコンセプトを映すように施設内には杉丸太の柱を林立させ、森の中を巡るような内部空間を作り出しています。


6. スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店(福岡県太宰府市)2011年11月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

X型の木組みは、杉材を約2,000本使用し、筋交いとして建物を支えています。太宰府という歴史ある特別な場所に、木造現代アートがクリエートした独特な空間が広がっています。


太宰府天満宮 
太宰府天満宮

スターバックス太宰府天満宮店 
スターバックス太宰府天満宮店

杉材を約2000本使用 
杉材を約2000本使用


7. スターバックス リザーブ ロースタリー東京(東京都目黒区)2019年2月

外装の設計を隈研吾氏が手掛け、内装は、リズ・ ミュラー(Liz Muller)氏による「スターバックスリザーブロースタリー」。リズ氏は、チーフデザインオフィサーで、ロースタリー5店舗すべての主任デザイナー。

今年2019年2月28日、東京・中目黒にオープンした、世界で5番目・日本初出店となるロースタリー。世界最大級となる、17mにも及ぶ赤銅製のコーヒーキャスク(焙煎装置)が設置。

1階は、焙煎したコーヒーを提供するメインバー、日本初上陸となる手作りイタリアンベーカリー「Princi™(プリンチ)」のフードメニューが提供され、2階には、世界最大級の紅茶専門店「Teavana™(ティーバナ)」、3階には日本初上陸のカクテルバー「アリビアーモバー」、4階は、イベントを行う「アムインスピレーションラウンジ」。

1店舗あたりの売上の世界記録を示したほどの人気店です。


8. サニーヒルズジャパン(Sunny Hills Japan・東京都港区 表参道)2013年12月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

サニーヒルズは、台湾のパイナップルケーキ専門店。


サニーヒルズ 
サニーヒルズ


「SunnyHills at Minami-Aoyama(南青山店)」は、ヒノキの角材に覆われた建物。三階建てで、地獄組みと呼ばれる伝統的な組木格子が施されています。


9. 浅草文化観光センター(Asakusa Culture Tourist Information Center・東京都台東区)2012年3月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

浅草雷門前に位置する建物で、観光案内所などの複合施設。7つの家が重なったようなデザインで、ヒノキを使い、遠くに見える五重の塔の現代版のようなイメージでつくりました。


浅草文化観光センター 
浅草文化観光センター


中も木材をふんだんに使い、この場所の風情にあったものができ、沢山の外国人が集まってくるような場所になりました。屋内から、浅草寺を眺めることができるようになっています。


中も木材をふんだんに使い 
中も木材をふんだんに使い

屋内から、浅草寺を眺めることができるように 
屋内から、浅草寺を眺めることができるように


10. アオーレ長岡(Nagaoka city hall Aore・新潟県長岡市)2012年3月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

長岡城の市松模様をモチーフとして、地元産杉材を使ったすのこ状のパネルを外壁に張り付けた構造。新潟県の長岡市役所、アリーナ、ナカドマ(市民交流ホール)が一体となった市民交流の拠点となっています。

「まちの中土間」(土間のある市役所)をコンセプトに、屋根付き広場を土間のようにイメージして、1年中市民が使えるようなデザイン。子供達は、宿題をしたり、大人は市役所に友達に合いにいくような感覚がもてる空間が広がっています。

市役所が積極的に活動し、各種イベント(屋台やB級グルメ大会等)も開催される等、4年間で500万人が訪れる市役所になっています。


長岡市シティ・ホールプラザアオーレ長岡 
長岡市シティ・ホールプラザアオーレ長岡

「まちの中土間(土間のある市役所)」をコンセプト 
「まちの中土間(土間のある市役所)」をコンセプト


屋根に可動式の太陽光発電パネルが設置されています。


屋根に可動式の太陽光発電パネル 
屋根に可動式の太陽光発電パネル


アリーナ内には卓球台が設置され、子どもたちが卓球で体を動かし、疲れたら本を読んだりしています。


は卓球台が設置されるアリーナ 
は卓球台が設置されるアリーナ


市民の人々の活動の場である市民の活動室は、ネット予約で使用可能になっています。


市民の人々の活動の場である市民の活動室 
市民の人々の活動の場である市民の活動室


ガラス張りの議会。議会以外の時は、ミュージック・ホールや結婚式場として様々なイベントが開催されています。


ガラス張りの議会 
ガラス張りの議会


材料は、地元の小国和紙を使って壁を作っています。第一応接室の壁と天井には地元名産小国和紙を使用。壁面装飾には砂が練り込んで焼き上げた陶造形が施されています。


材料は、地元の小国和紙 
材料は、地元の小国和紙ン

天井には地元名産小国和紙を使用 
天井には地元名産小国和紙を使用


11. Birch Moss Chapel(長野県軽井沢)2015年5月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

長野県軽井沢町の白樺の森の中の小さなチャペル。鉄のプレートを挟んで、屋根やベンチを透明なガラスとアクリルで造り、床には苔を敷き込んで、建物と自然とが一体化したような空間です。


Birch Moss Chape 
Birch Moss Chape

屋根やベンチを透明なガラスとアクリルで造り 
屋根やベンチを透明なガラスとアクリルで造り


12. La Kagu(ラカグ・東京都新宿区神楽坂)2014年9月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

東京・神楽坂の商業施設「ラカグ」は、新潮社の倉庫をリノベーションした2階建ての建物。50年前に建てられた倉庫の面影を残しつつ、倉庫1階床と交差点とが繋がる木製の大階段を設置。

人々は階段に座り、おにぎりを食べたり、本を読んだり、日向ぼっこをしたり、それぞれの空間を楽しんでいます。


La Kagu(神楽坂の商業施設「ラカグ」) 
La Kagu(神楽坂の商業施設「ラカグ」)

倉庫をリノベーションした2階建ての建物 
倉庫をリノベーションした2階建ての建物


倉庫だった部分は、カフェやショップが設置。


カフェやショップが設置 
カフェやショップが設置


13. COEDA HOUSE(こえだはうす・静岡県熱海市)

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

海と空を一望する絶景カフェ・熱海「COEDA HOUSE」。アカオハーブ & ローズガーデンの高台にある、四方ガラス張りのカフェ。小さな枝を積み重ね、小枝が集まって大きな樹木になりそうなデザインです。


熱海「COEDA HOUSE」 
熱海「COEDA HOUSE」

小枝が集まって大きな樹木に 
小枝が集まって大きな樹木に


14. 富岡市役所(Tomioka City Hall・群馬県富岡市)2018年3月

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

群馬県富岡市庁舎。世界遺産である富岡製糸場の街にふさわしい市庁舎。「小さな屋根の集まり」としての分棟型建築。市役所を観光の通り道にしようというコンセプトから発想。


群馬県富岡市庁舎 
群馬県富岡市庁舎

「小さな屋根の集まり」としての分棟型建築 
「小さな屋根の集まり」としての分棟型建築


最初庁舎の前は、利便性を図って、駐車場にしようという意見がありました。しかし敢えて、人々が集う、コニュニケーションスペースとして芝生にしました。すると、屋台など出店され、予想外に賑わって市民の憩いの場になっています。


コニュニケーションスペースとして芝生に 
コニュニケーションスペースとして芝生に


壁面には、「きびそ」と呼ばれる生糸を用いた壁紙を使っています。


15. 日本平夢テラス(Nihondaira Yume Terrace・静岡県静岡市)2018年10月

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

富士山を望む日本平山頂に立つ「日本平夢テラス」は、展望施設と1周約200mの空中回廊、360度の「パノラマ展望」を備える建物。


360度の「パノラマ展望」 
360度の「パノラマ展望」


奈良 法隆寺「夢殿」にヒントを得た、八角形のジオメトリーの造りとなっています。木材は地元静岡県産ヒノキを使用。


ジオメトリー(八角堂)の造り 
ジオメトリー(八角堂)の造り

木材は地元静岡県産ヒノキを使用 
木材は地元静岡県産ヒノキを使用


16. 中国美術学院民芸博物館(Museum of the China Academy of Art・中国抗州)2015年11月

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

中国美術学院のキャンパス内に建つクラフト・ミュージアム。


中国美術学院民芸博物館  
中国美術学院民芸博物館


古い瓦をリサクルして、外壁を覆う瓦スクリーンが、太陽光をコントロールして、自然に溶け込むような設計になっています。


17. 北京 前門(Beijing Qianmen・中国 北京)2016年11月

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

北京旧市街の中心、前門東区の再生プロジェクト。今中国では、歴史の流れが大きく変わってきて、環境の歴史保存が大きなテーマになっています。

天安門は、皇帝の城である紫禁城の外城壁南端に位置する正門。荒れ果てた街を、芸術とデザインの街に再生することを目的に建設。これらの一角には、隈事務所北京オフィスも入居しています。


北京旧市街の中心、前門東区の再生プロジェクト 
北京旧市街の中心、前門東区の再生プロジェクト

芸術とデザインの街に再生 
芸術とデザインの街に再生


中は木材が使われています。


中は木材が使われています 
中は木材が使われています


18. ブサンソン芸術文化センター(Besancon City of Arts and Culture・フランス ブサンソン)2012年12月

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

フランスのブザンソンに建つ、音楽ホール・ 現代美術館・コンセルバトワール (音楽学校) からなる複合的文化施設。ドゥ川の川岸に面した建物で、屋根には、植栽・ 木・ 石・ガラス・太陽光パネルがモザイク状に配置。


ブザンソン芸術文化センター 
ブザンソン芸術文化センター


川沿いの散歩道になっています。全体をひとつの屋根で覆い、屋上緑化し、構造には鉄骨の柱と木の梁を組み合わさっています。虫や鳥が生育できる場所「ビオトープ(生物空間)」が、建物の脇に存在するデザインで構築しました。


「ビオトープ(生物空間)」が建物の脇に存在 
「ビオトープ(生物空間)」が建物の脇に存在


音楽ホールでは、世界的指揮者である小澤 征爾氏が指揮し、ブザンソン指揮者コンクールで優勝されました。


音楽ホール 
音楽ホール


19. Saint-Denis Pleyel Emblematic Train Station(フランス パリ)建設中

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

サンドニ平野にあるパリメトロ13番線の駅「サンドニ・プレイエル駅(Saint-Denis Pleyel Emblematic Train Station )。

鉄道を東西にまたぐ陸橋と駅舎を組み合わせた構成。駅舎地上部の屋外テラスがスロープ状に屋上まで連続し、東西通路となる陸橋へと人々を導きます。緑の公園を昇っていくと、そのまま駅へと自然に上がれるような設計です。


パリメトロ13番線の駅 
パリメトロ13番線の駅


完成まで、あと3年を予定しています。


20. ポートランド日本庭園 カルチュラル・ヴィレッジ(Portland Japanese Garden・米国 ポートランド)

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

オレゴン州ポートランドの日本庭園(ジャパニーズガーデン)。日本をイメージした3棟の建築物にリニューアルオープン(日本庭園は、1967年開園)。

「カルチュラル・ビレッジ」には、ギャラリーやレクチャーホール、図書館が設置され日本の伝統的なアートや文化が魅力的な空間が広がっています。

札幌市と姉妹都市提携をしているポーランド。アメリカで住みたい街No.1になるほど人気が高い街になっています。


オレゴン州ポートランドの日本庭園 
オレゴン州ポートランドの日本庭園

魅力的な空間がひろがっています 
魅力的な空間がひろがっています


21. V & A Dundee(英国 スコットランド)2018年9月

隈研吾建築都市設計事務所 HP>>

北の厳しい自然の中に位置するスコットランドの都市・ダンディのウォーターフロントにおける美術館・カフェ。以前は、川沿いに倉庫が並び、市民が近づけない場所でした。そこで、市民が歩ける空間へと導くようにしました。

川沿いに立つ建物の中央に「孔」が設けられ、コンクリートを積み重ねる事によって、スコットランドの崖の美しさが表現されています。


V&A Dundee 
V&A Dundee

川沿いに立つ建物の中央に「孔」 
川沿いに立つ建物の中央に「孔」


内部は、木材をふんだんに使い、「市民の居間・リビングルーム」をテーマとし、カフェ・レストラン・売店等の楽しい空間が広がります。市民に大変喜ばれ、パンフレットやトートバックにまでアピールされました。


木材をふんだんに使った内部 
木材をふんだんに使った内部

パンフレットやトートバックにまでアピール 
パンフレットやトートバックにまでアピール

「市民の居間・リビングルーム」をテーマ 
「市民の居間・リビングルーム」をテーマ


22. The Darling Exchange(オーストラリア シドニー)2019年竣工予定

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

シドニーのダーリンハーバーエリア開発計画の一部で、まわりは高層タワーマンションに囲まれた場所に立地する。1階がマーケット、2階が図書館、3階が保育園、4階がレストランや会議室となる複合施設。

柔らかい外観で包み込むように、外壁は木材を使い、鳥の巣のようなデザインの建物になっています。


The Darling Exchange 
The Darling Exchange


23. The Odunpazan Modem Art Museum(エスキシェヒルの現代美術館・トルコ)2019年

木材での建築を希望されたのですが、トルコでは木が取れなかったので、ロシアから輸入しました。大きな異なる箱を積み上げて中央に集める構成で、ストリートスケープの連続性を保つような設計になっています。


トルコ・エスキシェヒルの現代美術館 
トルコ・エスキシェヒルの現代美術館


24. 新国立競技場整備事業(New National Stadium Devlopment Project・東京都新宿区)2019年11月完成予定

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

「杜のスタジアム」と題して木材を取り入れた構造。全国47都道府県の木を使い、外壁に杉、屋根を支える構造に唐松(北海道)を使用(木材と鉄骨のハイブリッド構造の屋根)しています。

京都法隆寺五重塔をヒントに日本人の知恵を活かしたデザイン。庇の上には、土を使用しなくても植物を茂らせることができるリサイクル素材「Greenbiz」を採用し、「空の杜」に緑の植物を植えています。


新国立競技場 
新国立競技場


椅子の色をアースカラー(白、黄緑、グレー、深緑、濃茶の5色)とし、森の中の木の枝や落ち葉をイメージしています。


森の中の木の枝や落ち葉をイメージ 
森の中の木の枝や落ち葉をイメージ


夏の暑い時でも自然通風で、風が全体に回るようになっています。スタンド上部には「気流創出ファン」が設けられ、観客の体感温度を低減。外部の入場ゲート付近には「ミスト冷却装置」が設置され、周囲の温度を下げる効果をもたらします。

さらに大庇が影をつくり、効率よくスタジアムに風を取り込む構造になっています。今年の夏は、工事現場で熱中症が一人もでなかったほど、暑さをしのげる効果が生じているようです。


スタンド上部には「気流創出ファン」 
スタンド上部には「気流創出ファン」


リサイクル素材も活用しています。


リサイクル素材の活用 
リサイクル素材の活用


周辺には木々が茂り、小川が流れています。太陽光発電や雨水・井戸水の有効利用など自然エネルギーを積極的に利用しています。建材一体型シースルー薄膜太陽電池を大屋根先端のガラスに設置しています。


周辺には木々が茂り、小川が流れています 
周辺には木々が茂り、小川が流れています


25. 品川新駅(JR 高輪ゲートウェイ駅)(JR Takanawa Gateway Station)2015年〜2020年完成予定

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

2020年完成予定。鉄骨と唐松の集成材が組み合わされたフレームに、半透明のテフロン膜を貼ることによって、日本の障子のように、光が差し込み、日本の和を感じるようなデザインになっています。


品川新駅(JR高輪ゲートウェイ駅) 
品川新駅(JR高輪ゲートウェイ駅)

光が差し込み、日本の和を感じるようなデザイン 
光が差し込み、日本の和を感じるようなデザイン


26. つみき(Tumiki)

森林保全団体「more trees」の代表を務める音楽家・坂本龍一氏からの依頼で、新しいスタイルの日本の積み木をデザイン。杉材をV字に組み合わせた「つみき」。

いままでの木の塊を積み上げのような形でなく、大地に立つ樹木を想像させるような「木」のイメージで組み合わせていく積み木をデザインしました。

細い木を編む・折るということを発想させる積み木。木の匂い、木のぶつかる音、手触りが、木という素材も持つ良さです。

三角形の頂点に部分には、2枚に切り込みを入れ、小さな部材をはさんで接着しました。これは高度な職人技が成し得る日本独特の技によるものです。


Tumiki 
Tumiki


様々な組み合わせができるつみき。今年は、このつみきでクリスマスツリーをつくる事を予定しています。


様々な組み合わせができるつみき 
様々な組み合わせができるつみき

クリスマスツリーをつくる事を予定しています 
クリスマスツリーをつくる事を予定しています


27. 住箱(Jyubako)設計:2016年6月完成

隈研吾建築都市設計事務所 HP >>

木でできたトレーラーハウス。アウトドアーメーカー「スノーピーク」との共同開発です。


モバイルハウス「住箱」 
モバイルハウス「住箱」

側面 
側面


普通のトレーラーハウスと同じ大きさですが、木でつくると広く感じる空間が広がります。


住箱の内側 
住箱の内側


空き地で1年間レストランを開店しました。


空き地で1年間レストランを開店 
空き地で1年間レストランを開店


レストラン営業の許可をとって1年間のみ実施。こんな住まい方もあるのではないかと実感しました。


レストラン店内の様子 
レストラン店内の様子


立正大学・鈴木輝隆 特任教授


立正大学・鈴木輝隆 特任教授: 
立正大学・鈴木輝隆 特任教授:


30年来のお付き合いをしている隈さんは、自然体でありながら、普通ではないものをもっている方です。

地域の課題を紐解きながら、様々な地方と関わり、隈さんにはいろんなアイデアを出していただいています。隈さんの生み出す建築が、周りの環境・自然と調和している空間を実際に味わいたいと思う人々が、その地域を訪れることによって、必然的に地域が活性化し潤っていきます。

アインシュタインの「問題はそれが起ったときと同じ意識レベルでは解けない」という言葉にあるように、昔のままの意識ではなく、新しい意識を取り入れて活性化し発展させていくために、隈さんのお力をお借りしょうと考えています。


新保育園の構想について

周囲にマッチする保育園

複雑に絡み合う環境の中で、この保育園があまり大きく感じないようなサイズにしました。


新保育園 
新保育園・ひまわりの花びらが散らばっているようなデザイン


ひまわりの花びらが散らばっているようなデザイン

保育園の真ん中の部分がメインとなり、天井が高くなっています。その高い部分を囲むように、低い小さな部屋が、ひまわりの花びらが散らばっているようなデザインを考えました。


建設が進む新保育園 
建設が進む新保育園


北竜町のひまわりの花びらで染めた布を垂らした照明

可愛らしさや子供の視点に合った建物を考えました。中央の一番天井の高い部屋は、子供たちが一番楽しいと感じる空間になっています。

内部の見どころは「ひまわり照明」。北竜町のひまわりの花びらで染めた布を垂らした照明です。ひまわりは、形がはっきりしていて強いので、形をつくるのが難しいのです。そこで、ひまわりの優しさを取り出してデザインしました。

窓から入ってくる光に照らされて、淡い黄色に染まる柔らかな布が、まるでひまわりの花が咲いているようなイメージを表しています。


内部の見どころは「ひまわり照明」 
内部の見どころは「ひまわり照明」


ひまわりの里の全体配置計画(案)

ひまわりの里の圧倒的なランドスケープ

北竜町に20年前来た時「ランドスケープ」の素晴らしさを実感しました。この「ランドスケープ」の力はもの凄くて、建築で対抗しようとしても無理。地形の美しさは圧倒的です。

この環境条件の中で、傾斜やひまわりの咲き方、後ろの山の関係等をどう引き立てていくというのが鍵になります。

「全体の関連性」と「額縁効果」

1.テーマは「全体の関連性」
2.「額縁効果」のある建物

景色を額縁で囲い込むことによって、ランドスケープがさらに素敵に見えてきます。


ひまわりの里の全体配置計画(案) 
ひまわりの里の全体配置計画(案)


展望台そのものが北竜町を代表するシンボルマーク

3.魅力的な展望台

展望台そのものが北竜町を代表するシンボルマークになるような魅力的なものを、本夕開催される「ひまわりの里基本計画策定委員会」で提案します。


立正大学・鈴木輝隆 特任教授

「隈さんの仕事や、建築の魅力、世界が今どんな建築を望んでいるのか、人々がワクワクドキドキして感動するような構想について、隈さんより、貴重な沢山のお話をしていただきました。

来年には、新保育園の完成、そしてひまわりの里の最終報告を予定しています。ランドスケープの魅力や建築などで地域の力が倍増し、さらに新しい力で再生していく北竜町のこれからの発展を祈念いたします」とお話くださった鈴木氏です。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


自然の環境と建物が融合し、そこに存在する本来の魅力を残しながら、
新しく生まれ変わっていく町づくり。

人と自然が寄り添って、心沸き立ち生命きらめく隈研吾氏のお話に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


記念撮影

記念撮影 

記念撮影 
20数年来の仲間の皆さんと一緒に記念撮影


写真(98枚)はこちら >>

隈研吾氏・参考サイト

・<梼原町ホームページ> 梼原町 ✕ 隈研吾建築物
・<ハースト婦人画報社> 建築家・隈 研吾さんにインタビュー「つみき遊びが僕の原点」
・<公益財団法人ニッポンドットコム> 新国立競技場に込められたメッセージ 建築家・隈研吾さん
・<ファッションプレス> 隈研吾の手掛ける新国立競技場「杜のスタジアム」

 北竜町ポータル・関連記事

第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方(2019年8月23日)
第1回ひまわりの里基本計画策定委員会・令和時代のひまわりの里・検討開始(2019年4月29日)

(お知らせ)10/22(火)北竜町まちづくり講演会「新国立競技場から北竜町へ」(2019年10月7日)
隈研吾建築都市設計事務所 設計の新保育園の工事が進んでいます(2019年7月24日)

北竜町ひまわり観光大使・鈴木輝隆 氏講演「農業・観光・デザイン・まちづくり」(2019年2月25日)
1日目(1)視察・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
1日目(2)北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
2日目・視察&北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)

北竜町保育園を設計中・隈研吾氏 展覧会「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」@ 東京ステーションギャラリー(東京駅)(2018年4月5日)
梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会(2018年3月28日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


令和元年・素人そば打ち四段位技能審査北海道支部北竜認定会(北竜町)が開催されました

2019/10/27 14:54 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/10/29 5:23 に更新しました ]

2019年10月28日(月)

2019年10月20日(日)午前9時より、一般社団法人全麺協主催、北海道支部が主管となる「令和元年度 素人そば打ち四段位技能審査北海道支部北竜認定会」が、北竜町農村環境改善センター(体育館)にて開催されました。

・主催:一般社団法人 全麺協(東京都千代田区)
・主管:一般社団法人 全麺協・北海道支部(北海道砂川市)
・所管:四段位北竜認定会実行委員会


xxx 
会場となった北竜町農村環境改善センター(体育館)

館内の看板 
館内の看板


素人そば打ち認定会とは

一般社団法人 全麺協の「全麺協素人そば打ち段位認定制度基本要綱」及び「同審査基準規定」並びに「全国認定会実施細則」の基準に基づく大会で、そばを通じて人づくり、仲間づくり、地域づくりを推進し、地域の活性化を図ることを目的としています。

素人そば打ち段位認定取得者数は、全国で14,816人(2019年10月13日現在)。北海道では、初段位1,273人、二段位1,280人、三段位752人 四段位297人 五段位33人 合計3,635人となっています。(全麺協の資料はこちら >>)。


北竜認定会

今回北竜大会では、地元のそば打ち同好会「そば食楽部北竜(中村尚一 代表)」から、2名の方が参加されました。
なお本年度より、段位技能審査認定会は、全麺協主催・各支部を主管として、地域が主体となり地元関係者の協力のもと開催されることとなりました。今回の受験者は57名。12名ずつ2組、11名ずつ3組、合計5組に分かれて審査が行われます。


受験者への説明

会場責任者より受験者に対する丁寧な説明がありました。


丁寧な説明 
丁寧な説明


ご挨拶

一般社団法人全麺協・中谷信一 理事長


一般社団法人全麺協・中谷信一 理事長 
一般社団法人全麺協・中谷信一 理事長


「昨日まで降っていた雨も上がり、認定日和で、大変よい認定会になりました。素人そば打ち四段位技能審査北海道支部北竜認定会が、ここ北竜町にて盛大に開催されますことを、心から嬉しく思います。

本日大変お忙しい中、北竜町長・佐野様はじめ審査員の皆さん、それぞれこの審査会に参席していただきまして、心から厚くお礼申し上げます。そして北海道全道より、57名の受験者の方々が、日頃研鑽を重ねられた技術で、審査を受験なさることについても、心から厚くお礼申し上げます。ありがとうございます。

全麺協もお陰様で、本年度から各支部において、はじめての支部主体の四段位認定会です。これまでは、本部がその業務を進めておりましたが、本年度からは、支部主体として、進めて参ります。はじめての試みにおいて、北竜町長をはじめ、実行委員会の皆さんのご協力により、このように立派な審査会の会場ができますことを、大変嬉しく思いました。ありがとうございます。

今日、全麺協では、段位有段者は1万5千人を超えており、今年度の四段位を受験される方は、全部で350名を超えます。本日は、埼玉県と北竜町で四段位の認定会を開催しております。この後、西日本支部で富山県立山町、広島県尾道、更に年明けには栃木県において計5回の認定会の開催が予定されています。北竜町での四段位認定会に、広く多くの人々が注目しています。

常日頃から、技術を磨いてこられている皆さん、熱心に取り組まれ、最近では事前研修会などにも積極的に参加されていると聞いております。今回は、全員合格されるのではないかと大変期待いたしております。


どうぞ、常日頃の技術を思う存分発揮していただいて、見事四段になっていただき、次の世代の人々、あるいはこれからそばに興味を持って頂く方々にご指導いただければ、大変ありがたいと思っています。全麺協といたしましても、益々上位段を目指される方々で全麺協の組織が反映していくことを、皆さんとともに私共も頑張って生きたいと思います。

今日の審査会は、57名の方々が参加されるので、長時間となりますが、怪我や過ちのないように、楽しい審査会であることを心から願っております。

重ねて、この審査会に向けて、地元の皆さんのご協力に心から感謝を申し上げて、開催のご挨拶とさせていただきます。


演壇の様子 
演壇の様子


一般社団法人全麺協北海道支部・山本良明 支部長


一般社団法人全麺協北海道支部・山本良明 支部長 
一般社団法人全麺協北海道支部・山本良明 支部長


「先般、8月18日この会場で技術講習会を実施し、およそ2か月経過しましたので皆さんの技術も磨かれていることと実感しております。今日は審査員も勤めさせていただくので、楽しみにしております。

先日、5段位の認定会がありまして、57名の参加で、合格率は49%を超えております。北竜町での合格率はもっと上をいくように皆さんの実力を発揮できるようご期待しております。

今日の審査会会場設定においては、地域の方々にもお手伝いをお願いしています。今回初めての支部主管ということで、いろいろ手探り状態でやっています。何かありましたら、スタッフにお声掛けください。

日頃の成果を、ご家族のみなさんやご指導いただいた方々に良い報告ができるよう、頑張っていただきたいと思います。今日一日、頑張ってください!」。


会場の様子 
会場の様子


北竜町・佐野豊 町長


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「本日、素人そば打ち四段位技能審査北海道支部北竜認定会が、ここ北竜町で盛大に開催されますことを、心よりお喜び申し上げます。朝早くから全道各地から大勢の皆さんに参加していただいております。心からご歓迎を申し上げます。

北竜町はひまわりの花を町のシンボルとした農業の町です。人口も少なく、北海道でも本当に小さな町でありますが、住む人が心豊かに輝いて、元気な町づくりを今目指してます。

素人そば打ちにつきましては、近年食生活の改善や健康志向から、大変注目されています。北竜町でもそば食楽部北竜を組織して、今年で15年目になります。中村会長さんを中心に、町内の多くのイベントに参加をしていただいて、町の地域づくりに大いに活躍いただいております。

今日四段位の審査を受ける皆さん、練習の成果を十分に発揮していただき、見事栄冠を手にしていただくよう、心から願っています。

本日の審査会開催にあたり、全麺協・中谷理事長さん、山本北海道支部長さんの心温かいご支援のもとに開催されるものであります。ご尽力をいただきました多くの関係の皆さん、そして本日審査をしていただける審査員の皆さんにお礼を申し上げて、歓迎の挨拶とさせていただきます。どうぞ、皆さん頑張ってください」。


会場の様子 
会場の様子


特任審査員・加藤憲 審査委員長


特任審査員・加藤憲 審査委員長 
特任審査員・加藤憲 審査委員長


「皆さん、だいぶ緊張しているようなので、深呼吸しましょう! 平素、全麺協の本部で専務理事を務めさせていただいております。先程、お話がありましたように、本年度から各支部主管でこの認定会を開催することになりました。昨年とは少し趣が変わってきております。

各支部の皆さんの絶大なるご協力で、この審査会が開催されています。四段を希望する方々がほぼ全員が審査会に参加できるということになり、多くの皆さんが受験できるように本年度から変わってきております。

受験を希望される方々が、事前研修会に参加して努力を重ねていらっしゃるとお聞きしています。皆さんが腕を上げて、今日に望んでいらっしゃると思いますので、その成果について、しっかりと審査させていただきたいと思います。

甘い審査ではなく、厳しい審査をさせていただきますが、平素の成果がでれば、結果として非常に良い結果になると期待しています。平素の練習の7割から8割実力がでれば、合格できるといわれております。皆さんは、たぶん10割くらい平素の力がでてくると思います。

是非、頑張っていただきたいと思います皆さん、目が輝いていますので、期待しています。

北海道支部の皆さんには、大変立派な会場を準備していただき、こんな盛大な認定会ができることを大変頼もしく思っております。我々、各地の認定会に参加しておりますが、こんな立派な会場を設定していただいたのは、珍しい限りであります。

こんな立派な会場で、審査ができるのは審査員として喜ばしいことと感じております。しっかり審査をさせていただきますので、どうぞ、宜しくお願いいたします。皆さん、頑張ってください」。


審査員紹介


審査員紹介 
審査員紹介


・特任審査員 山本良明 様、全国審査員 落合輝美 様、全国審査員 横田節子 様、全国審査員 高橋進 様


第1組・審開始誌前 
第1組・審査開始前


午前審査会開始

「大会は午前9時より開始され、40分の制限時間のもと、午前中に3組、昼食時間を挟んで、午後2組の技能審査が実施されます。

そば道は、礼に始まり、礼に終わります。開始と終了時には、受験者と審査員は、姿勢を正して、お互いに礼を行います。

手を洗い、手の検査をして、技能審査の開始です。尚、審査中の撮影は禁止されていますのでご了承くださいませ」と、運営担当者より説明がありました。


礼に始まり礼に終わる 
礼に始まり礼に終わる


昼食

昼食時には、予約弁当が配布され、そば食楽部北竜のメンバーによる「かけそば」が販売されました。


そば食楽部北竜の食券売り場 
そば食楽部北竜の食券売り場

おそばお渡し所 
おそばお渡し所

蕎麦ゆでは公民館の厨房 
蕎麦ゆでは公民館の厨房


午後審査会

無事すべての審査会が終了。


審査員の皆さん 
審査員の皆さん


デモ打ち

守田秀生氏(五段位)の解説により、安田薫氏(五段位・幌加内そばスクール)のデモ打ちが行われました。


五段位・安田薫氏(幌加内そばスクール)のデモ打ち 
五段位・安田薫氏(幌加内そばスクール)のデモ打ち


閉会式

加藤憲 審査委員長より講評


加藤憲 審査委員長 
加藤憲 審査委員長


「皆さんの日頃の訓練の成果が十二分に発揮されていた結果ではないかと思います。審査をしていて若干気のついた事を審査員を代表して何点か申し上げます。

四段位とは、ご承知の通り、今後は指導をする立場にたつ方々です。そば打ちの基本は何であるかを認識してそば打ちをしなければなりません。

今日見ていますと、技術は素晴らしいのですが、基本を忘れた打ち方をしている人が何人かいるのを見かけました。例えば、水回しの仕方、麺棒の転がし方、巻棒の扱い方など、基本に基づいた作法でないやり方を行っている人がいました。「延し不足」「延しむら」の方が多数いらしたことです。

そばは『3つの均等』と言われています。『水回しが均等』『延し回しが均等』『切りが均等』の3つの均等が、そば打ちでは、大事なことです。この3つの均等が守られていない人が数名いらっしゃいました。今後、美味しいそばを打つためには、3つの均等の大切さを頭に入れて、そば打ちをされるとよろしいと思います。

そして四段位になりますと、『品格のあるそば打ち』を目指していただきたいと思います。何人かは、そばと喧嘩をしているような打ち方をしている人が見受けられました。そば打ちは、心を込めて優しく丁寧に打つことが大原則です。今後、品格のあるそば打ちを念頭において訓練されるといいと思います。こうしたことを、自分自身の訓練をすると同時に、人に指導する時にも、念頭に置いて、指導していただきたいと思います。

今日は、大変熱心に受験され、ご苦労さまでした。ありがとうございました」。


会場の様子 
会場の様子


審査結果発表

一般社団法人全麺協・横田節子 段位認定部長より発表がありました。


一般社団法人全麺協・横田節子 段位認定部長 
一般社団法人全麺協・横田節子 段位認定部長


57名中、28名の方々が四段位に認定されました。合格された皆様、おめでとうございます。

認定書授与

四段位認定を代表して、河地由紀さん(東神楽町聖台手打ちそば研究会)が認定証を授与されました。


四段位認定を代表して認定証を授与 
四段位認定を代表して認定証を授与


全麺協・中谷信一 理事長よりご挨拶


全麺協・中谷信一 理事長 
全麺協・中谷信一 理事長


「閉会にあたり、一言ご挨拶申し上げます。受験者の皆様には、早朝より大変お疲れ様でした。結果は、先程の通り、認定者の発表がありました。

残念ながら、届かなかった方、今回認定された方、それぞれ地域に戻られて、益々研鑽を重ねていただき、講評の結果を踏まえて、精進していただければと思います。

今回のこの認定会におきまして、朝から審査にあたっていただきました審査員の皆様に心からお礼を申し上げます。そして何よりも、この審査会にあたって、北海道支部の支部長さんを中心として、皆さんが準備をしていただきました。

特に昨日から本日にかけての設営・進行・撤収を含め、スタッフの皆さんが、受験者の気持ちを察して、いい会場の設営や運営をしていただきました。心から厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。

お陰様で、全麺協といたしまして、本年度からそれぞれの支部にて四段位認定会をお願いしていますが、北海道支部におきましても、一つのモデル的な形ができたと思っています。これも、北海道の皆様のお陰と心から感謝申し上げます。

受験生の皆様の今後益々のご健康・ご多幸・ご発展を祈念いたしております。全麺協の四段位となられ、今後より一層研鑽を重ねていただきますよう心からお願い申し上げます。本日は、大変ありがとうございました」。


演壇の様子 
演壇の様子

会場の様子 
会場の様子


準備・運営に携わってくださったスタッフの皆さんのご紹介と御礼


準備・運営に携わってくださったスタッフの皆さんのご紹介と御礼 
準備・運営に携わってくださったスタッフの皆さんのご紹介と御礼


<一般社団法人全麺協北海道支部会員>

・ZenMen北海道五段の皆様・沼田雪中そば倶楽部・秩父別町そば同好会・雨竜町手打ちそば同好会・奈井江手打ちそば道光会・じぞう庵そば塾・快適生活塾岩見沢手打ちそば同好会・幌加内そばスクール・朋練会・そば食楽部北竜


そば食楽部北竜の皆さん 

そば食楽部北竜の皆さん 
そば食楽部北竜の皆さん


北海道支部のスタッフの皆様のテキパキとした準備・運営における多大なるご協力により、素晴らしい認定会が開催されましたことを心より厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。


素晴らしい認定会の開催に御礼 
素晴らしい認定会の開催に御礼


「礼に始まり、礼に終わる」そば道の礼を尽くした「そば打ち」に限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


xxx 
そば道は手打ちそばを通じて自らを高め
心豊かで潤いのある人生をあゆみ
社会に貢献することです


写真(115枚)はこちら >>

関連記事


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


節也ルミナリエ 2019(鈴木節也さん作・お庭のイルミネーション)

2019/09/29 14:10 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/09/29 15:14 に更新しました ]

2019年9月30日(月)

鈴木節也さん(67歳)宅お庭の夜のイルミネーションが見事で話題になり、年々訪問する人々が増加しています。鈴木さんにイルミネーションについてのお話を伺いました。


鈴木節也さん宅のイルミネーション 
鈴木節也さん宅のイルミネーション


イルミネーション作成のきっかけ

猫と犬の散歩がきっかけです。犬猫の散歩中、庭の畑の中の通り道に、花や野菜を踏まないように目印として、花壇用ソーラーライトを20本くらい立てました。

そして庭の畑に、野良ばえのアサガオが、毎年自然に生えてどんどん広がってきました。500本くらいでてきたので、ぼっこを立ててその周囲に糸を張ってアサガオを誘導。さらに、ライティングしていきました。

年毎に増えて、エスカレートし、今年で5年目です。


設置作業は5月はじめから約1か月間かけて

ライティングの設置作業は5月頃から始め、1か月くらいかかります。6月頃から野菜の苗を購入し、ぼっこをたて、そこにライティングしていきます。

今年は、アサガオの500本の苗を鉢に移植。鉢で育てている間に、畑にアプローチや道を整備。畑が整った時点で、鉢から畑に綺麗に並べて植え替えています。結束テープは4,000本くらい使います。


こだわりはソーラーイルミネーション

電力は太陽光を使い、電気代は一切かかっていません。


「令和」の文字も鮮やかに 
「令和」の文字も鮮やかに


夕食後、庭のライトを観察

夕食後、8時から9時頃まで、缶コーヒーを飲みながら、イルミネーションを観察しています。電気が切れているところがないか、どこが足りないのか、来年はどういう風に変化させようか等を考えながら観察。

そうしている間に、見学の車がはいってきます。皆さん、遠くから写真を撮っているので、「中に入っていいよ」と声をかけます。


見学に来訪する車は、およそ200台

今年は5月以降、既に200台くらいの車が来訪しました。来訪者の70%は札幌からで、通りがかりにたまたま見つけた方がほとんどです。

近隣のイベントに来たときの帰りにこの道を通ったときに、イルミネーションが見えるので、Uターンして戻ってきて、このイルミネーションを見にきています。


ハートのイルミネーション「幸せロード」


大きなハート 
大きなハート


入り口からの通り道にハートのイルミネーションをつけ「幸せロード」と命名。カップルが喜んくれて、ハートのイルミをバックに自撮りしています。「幸せロード」の前で写真を撮って、「これで、しあわせになります」と若い女の子たち!!


後片付け作業は一大作業!

苦労するのは、後片付けです。10日以上かかります。からまっった電源を丁寧にぼっこから外すのに、手間がかかります。10月に入ったら、日増しに寒くなってくるので片付けはじめます。


来年2020年の飾りは東京オリンピック

来年2020年のライティングは、東京オリンピックをイメージしています。ひまわりの花で五輪マークをアレンジしようと思案中です!と、優しい笑顔でお話くださった鈴木さんです。


2020年はオリンピックがテーマ 
2020年はオリンピックがテーマ


写真(8枚)はこちら >>

関連記事


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜町・新保育園への地中熱ヒートポンプシステム導入について川田昌宏 技術長にお話を伺う

2019/09/23 14:43 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/09/29 15:13 に更新しました ]

2019年9月24日(火)

令和2年4月に竣工予定となっている、北竜町の新保育園建設において、地中熱ヒートポンプシステムが導入されています。地中熱ヒートポンプシステムは、省エネを図り、CO2排出を削減するクリーンエネルギーの積極的な利用を目指しています。

そこで9月13日(金)、ヒートポンプシステムの導入を担当されている北竜町役場建設課・川田昌宏 技術長(47歳)に、お忙しい中お話を伺いました。


北竜町役場建設課・川田昌宏 技術長 
北竜町役場建設課・川田昌宏 技術長


地中熱ヒートポンプシステムの目的

地中熱ヒートポンプ使用の目的のひとつは、CO2排出削減にあります。エネルギーの循環を上手に利用して、省エネや環境保全(環境負荷低減)に積極的に取り組んでいくものです。

町内のある程度規模のある施設の建設時には、地中熱ヒートポンプシステムの活用を考えています。公共施設で、町が管理する場合、ランニングコストの低減が可能となります。今後、合同庁舎や学校の建て替え建設の場合は、地中熱ヒートポンプシステムの検討を視野に入れています。


地中熱ヒートポンプシステムの原理

家庭用暖房エアコンの仕組み

家庭用暖房エアコンの場合、熱源が外気であり、室内機と室外機の循環するパイプに冷媒という液体を循環させます。液体が気体に変わる時、熱を奪って冷やし、気体が液体になる時、熱を放出して温める仕組みです。 夏の暑い日は、室内の熱を室外に排出して室内を冷やします。

地中熱を使う仕組み

地中熱ヒートポンプシステムの場合、温度変化の少ない地中の熱を熱源とします。冬は外気より高い温度、夏は外気より低い温度の熱源を使うことにより、効率のよいエネルギーの使い方が可能となります。 地中熱は、年間通して平均10度前後と言われています。

地中熱を使うメリット

夏は、30℃の外気温で冷やすより、10℃の地中熱を使って冷やす方が効率がよくなります。冬は、マイナス10℃の外気熱より、10℃の地熱を使って温めた方が、温度差が少ない分、効率がよくなり、省エネになります。


100mボーリングでWUチューブ22本使用

地中熱ヒートポンプシステムの場合は、100mボーリングし、WUチューブが2本セットになった管を埋め込み、5m置きに22本ボーリングする予定です。

冬季は、WUチューブを通った水(お湯)は、5℃で地中に入って、地中から熱をもらって7℃で地上に戻り、地上で0℃から2℃分の熱を放出します。そして、また5℃で地中に入っていくという、2~3℃の温度差で戻ってくる仕組みになっています。エアコンの室外機が、地中に設置されたというイメージです。

WUチューブの設置間隔は、近すぎると地盤の温度が低下してしまうので、最低5m置きにボーリングしていきます。水道管設置などの環境においては、7mになることもあります。ボーリングは駐車場(約50台駐車可能)付近で実施します。冬は雪置き場となります。


駐車場の下にヒートポンプ用チューブを配置 
駐車場の下にヒートポンプ用チューブを配置


地中熱ヒートポンプ・事業費

総事業費

総事業費は、1億4千300万円程。環境省の「再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業」の補助金(補助率2/3)を、9千500万円程受けるので、自己負担は4千800万円程となっています。

年間ランニングコスト試算

・地中熱ヒートポンプの場合      :150万円
・エアコン(電気)+灯油ボイラーの場合:248万円

年間運用コストが、およそ100万円ほど削減可能。また、LCC(ライフサイクルコスト)の30年間のランニング & メンテナンスコストを比較しても、建設時に環境省の補助金を受けることもあり、「エアコン+灯油ボイラー」の場合に比べ、地中熱ヒートポンプシステムの場合は、2千800万円程削減可能な試算が出ています。

二酸化炭素排出量(t-CO2/年)

・地中熱ヒートポンプの場合      :46 t-CO2
・エアコン(電気)+灯油ボイラーの場合:65 t-CO2

地中熱ヒートポンプシステムの場合、従来のエアコンと灯油ボイラーに比べ、毎年20トン近いCO2排出を削減できます。


(仮称)和保育所 
(仮称)和保育所


道内各地における地中熱利用の取組み例

これまでの地中熱ヒートポンプ・システム導入施設としては、「砂川市庁舎(砂川市)」「北欧の風道の駅とうべつ(当別町)」「北見信用金庫紋別支店(紋別市)」「日本銀行釧路支店(釧路市)」「サンフラワーパーク北竜温泉(北竜町)」などがあります。

北空知における公共施設での取り組みはこれまでになく、北竜町のみ導入しています。


北竜町役場建設課・川田昌宏 技術長 
北竜町役場建設課・川田昌宏 技術長


地中熱ヒートポンプシステム導入へのハードル

・一般的に普及している設備ではないので、関係者の理解・説明に時間がかかる
・事業費が高額であり、補助金申請に関する作業量が大きい
・建築の工程管理・全体調整が難しい
・プロジェクト開始から完了まで、全てを見通せる人材の存否がキーポイント
(プロジェクトが進行する中、様々な事象を予測し対応できる人材が必要)


地中熱ヒートポンプシステム・工期

・工期:2019年4月25日(木)~12月20日(金)。完成後、検定


サンフラワーパーク北竜温泉の廃湯熱ヒートポンプシステムの現状

2009年に、公共施設では道内初といえる、廃湯熱ヒートポンプシステムをサンフラワーパーク北竜温泉に導入しました。2011年の東日本大震災前は、年間1000万円ほどランニングコストが削減されてました。

しかし原発が停止し、電気料金が高くなり、特にそれまで安価だった夜間電気料金がかなり上がりました。北竜温泉では、夜間の安価な電力を蓄熱して昼間使用しているのですが、夜間の電気料金が倍以上になってしまいました。

現在は、想定していない環境変化のため、震災前ほどのコスト削減にはなっていませんが、年間680トン弱の CO2削減が継続されており、地球環境の保全に寄与しています。


建設がすすむ北竜町の新保育所(撮影:2019年9月9日) 
建設がすすむ北竜町の新保育所(撮影:2019年9月9日)


写真(19枚)はこちら >>

関連記事


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ

2019/08/29 22:03 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/29 23:30 に更新しました ]

2019年8月30日(金)

令和元年8月26日(月)午後6時30分より、ホテルサンフラワーパーク北竜温泉・多目的ホール(2F)にて、「ひまわりライスおむすびコンテスト」結果発表・表彰式、及び懇親パーティが開催されました。

・主催:マルシェ株式会社(本社・大阪府大阪市)
・共催:北竜町
・後援:JAきたそらち北竜支所、サンフラワーパーク北竜温泉、アサヒビール株式会社

目次

  1. 1 ▶ 「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」の2部門
  2. 2 ▶ 表彰式
    1. 2.1 ▶ 主催者挨拶:マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長
    2. 2.2 ▶ ひまわりライスおむすびコンテストの概要についての説明:マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長
    3. 2.3 ▶ おむすびコンテストの概要
    4. 2.4 ▶ 7月10日:マルシェ(株)メニュー開発部にて書類選考
    5. 2.5 ▶ 7月12日:マルシェ(株)にて最終選考
    6. 2.6 ▶ 選考者ご紹介(7名)
      1. 2.6.1 ● おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表
      2. 2.6.2 ● アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長
      3. 2.6.3 ● マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長
      4. 2.6.4 ● 摂南大学経済学部・持永政人 教授
      5. 2.6.5 ● 立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授
      6. 2.6.6 ● 心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)
    7. 2.7 ▶ 審査内容
  3. 3 ▶ 表彰式 & 受賞者コメント
    1. 3.1 ▶ おむすび部門
      1. 3.1.1 ● 優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校2年生)
      2. 3.1.2 ● 準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様(妹背牛中学校2年生)
      3. 3.1.3 ● 3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤亜也子 様(深川市)
      4. 3.1.4 ● アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町)
      5. 3.1.5 ● 特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)
      6. 3.1.6 ● 特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口雄彗 様(深川市)
      7. 3.1.7 ● 特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)
    2. 3.2 ▶ 焼きおむすび部門
      1. 3.2.1 ● 優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校2年生)
      2. 3.2.2 ● 準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市)
      3. 3.2.3 ● 3位(持永取締役賞):「ひまわりベーコン焼きおむすび」磯田萌 様(札幌市)
      4. 3.2.4 ● アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)
      5. 3.2.5 ● 特別賞 JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様(北竜町)
  4. 4 ▶ 北竜町からの参加賞
  5. 5 ▶ マルシェ(株)様からの Good News
  6. 6 ▶ 記念撮影
  7. 7 ▶ 懇親パーティ
    1. 7.1 ▶ 乾杯:JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事
    2. 7.2 ▶受賞者出品に関するエピソード
      1. 7.2.1 ● 勝部由愛先生のお話
      2. 7.2.2 ● 坂本征人 校長先生のお話
    3. 7.3 ▶ 和気あいあいとご家族のみなさんと一緒に楽しい会場風景
    4. 7.4 ▶ 「おむすビジネス」についての紹介
      1. 7.4.1 ● ふるさとおにぎり百選
      2. 7.4.2 ● おむすびの日
      3. 7.4.3 ● おにぎり検定
      4. 7.4.4 ● おにぎり専門店「百千(ももち)」
      5. 7.4.5 ● 人気のおむすび屋・東京港区三田「三田おにぎり」
      6. 7.4.6 ● おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」
      7. 7.4.7 ● 佐藤初女さん
    5. 7.5 ▶ 「おむすび同好会」の提案
    6. 7.6 ▶ 閉会のご挨拶:アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長
  8. 8 ▶ その他の写真(234枚)はこちら >>
  9. 9 ▶ 関連記事・サイト

サンフラワーパーク北竜温泉 
サンフラワーパーク北竜温泉

表彰式会場・多目的ホール 
表彰式会場・多目的ホール(2F)


「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」の2部門

エントリーは「おむすび部門」&「焼きおむすび部門」に分かれています。

・おむすび部門:
優勝(谷垣会長賞)・準優勝(加藤社長賞)・3位(田中取締役賞)、アサヒビール賞、鈴木輝隆賞、梅原真賞、JAきたそらち賞が授与

・焼きおむすび部門:
優勝(谷垣会長賞)・準優勝(加藤社長賞)、3位(持永取締役賞)、アサヒビール賞、JAきたそらち賞が授与

マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長の総合司会によりスタートです。


マルシェ(株)執行役員・商品営業部・熨斗和之 部長 
マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長


表彰式

主催者挨拶:マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長


マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長 
マルシェ(株)谷垣雅之 取締役会長


「沢山の皆さんにお集まりいただき、大感激いたしております。マルシェ(株)は、大阪市に本社があり、宮城県仙台市から鹿児島県まで、約450店舗ほど展開しています。

去年の秋、ひまわりライスと出逢い、取引させていただくこととなりました。お店で、おむすび、焼きおむすび、とり天むす(鶏の天麩羅をのせたおむすび)の3種類を売り出したところ、創業49年目にして『これだけおむすびが売れるんかい!』というぐらいまで売れて、びっくりいたしました。そこで考えました。本当は、地元の皆さんが、この地域で作られているひまわりライスを使って、色々なアイデアをだしておむすびを作ってはどうか。そのおむすびが全国に知れ渡って、豊かになるのではないかと考えたのです。

JAさんにご相談したところ、『おむすびコンテスト』をやってみようということになりました。募集開始当初は、応募数が伸びませんで、ハラハラドキドキしました。令和が始まった5月1日に募集を開始し、2か月間で54件の応募をいただきました。なかなか質の高いおむすびばかりです。今日は、そのおむすびの中から、素晴らしい作品の表彰をさせていただきます。

おむすびを通じて、この地域の皆さんが、どんどん明るく楽しくひまわりのように輝いて、豊かな地域になられますことを祈念いたします。今日の表彰式そして懇親会を宜しくお願いいたします」と谷垣会長のお言葉です。


マルシェ(株)キャンペーンポスター 
マルシェ(株)キャンペーンポスター


ひまわりライスおむすびコンテストの概要についての説明:マルシェ(株)熨斗和之 商品本部長


ひまわりライスおむすびコンテストの概要 
ひまわりライスおむすびコンテストの概要の説明


 おむすびコンテストの概要


おむすびコンテストの概要 
おむすびコンテストの概要


・募集内容:ひまわりライスを使用した「おむすび部門」及び「焼きおむすび部門」のアイデアレシピ
・募集期間:2019年(令和元年)5月1日(水)から6月30日(日)まで

・ルール:
1.ひまわりライスを使用すること(品種:ゆめぴりか、ななつぼし、おぼろづき、きたくりん)
2.ひまわりライスを炊き上げる際に、「燦燦ひまわりオイル」を少量加えること(量は各自で工夫してください)
3.おむすびは、ごはんを手で握ること。焼きおむすびは、それの表面を焼くこと。中に入れる具材、トッピング、海苔・ごまなどは自由ですが、おむすびとは?を考えたものであることとします
4.できるだけ飲食店で提供しやすいレシピであること(複雑すぎないもの、お客さまが注文しやすいもの)

・応募総数:54品、出品者39名
 おむすび部門で40品、焼きおむすび部門で14品

7月10日:マルシェ(株)メニュー開発部にて書類選考

料理長(男性)、その他6名(女性)のスタッフによる厳正な審査により、おむすび部門8品、焼きおむすび部門6品、計14品を選定。


選考方法 
選考方法


7月12日:マルシェ(株)にて最終選考


最終選考 
最終選考


選考者ご紹介(7名)

おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表

・マルシェ(株)取締役会長、ひまわりの里基本計画策定委員、大阪府立大学博士(経済学)


マルシェ(株)取締役会長・おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表 
マルシェ(株)取締役会長・おむすび実行委員会・谷垣雅之 代表


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長 
アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長

・メッセージ:
「北竜町のひまわりライスのおむすびで、世の中の人に食べてもらいたいという気持ちとその行動は、必ず地域の人の心を動かすことになると確信しております」


マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長 
マルシェ(株)加藤洋嗣 代表取締役社長


摂南大学経済学部・持永政人 教授

・專門分野:観光学/人的資源管理論 研究内容:地方自治体との連携による地域活性化活動、地域媒体を活用した観光情報発信とブランドづくり、観光産業におけるインターンシップのあり方

立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授

・経済学博士、管理栄養士、2050食生活未来研究会主催


立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授 
立命館大学食マネジメント学部・田中浩子 教授


心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)

・第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡壮志 部長


心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡荘志 部長 
心の診療所 マルシェ(株)審査員(営業部門長)第一事業部・和唐茂 部長、第二事業部・本岡壮志 部長


審査内容

・1.味、2.見た目、3.独創性、4.地域性、5.販売可能性の5つの項目を10段階に分けて評価

試食後、厳正なる審査により受賞作品の決定となりました。


選考時の様子 
選考時の様子


表彰式 & 受賞者コメント


表彰式 
表彰式


おむすび部門

優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校2年生)


優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打 舞菜様(妹背牛中学校) 
優勝(谷垣会長賞):「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(妹背牛中学校)


・谷垣会長コメント:
「とにかく食べてその美味しさにビックリしました。深川産ベーコン・北海道チーズ・ひまわりライスがとてもよく合い、ひまわりオイルがその3つを取り持っている絶妙のバランスを感じました。これは、老若男女問わずお店でも絶対売れるはず!と確信します。これもまた妹背牛中学生恐るべし!
懇親会でも作っていただいたので、是非皆さん味わってみてください。本当に美味しいです」。

・賞金:5万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)


谷垣会長コメント 
谷垣会長コメント


・金打さんコメント:
「私達はクラスでこのコンテストに応募させていただきました。クラスの学級目標が『お弐ぎり~18人の素材をひとつに~』というもので、まさか、クラスから3人も受賞者がでるとは想像していなかったので、とてもびっくりしています。ありがとうございます!」。


金打舞菜 様コメント 
金打舞菜 様コメント


準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様(妹背牛中学校2年生)


準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様 
準優勝(加藤社長賞):「THE ONIGIRI」岡部陽空 様


・加藤 審査員コメント:
「13歳、岡部陽空くん、見た目は派手さはないのですが、これはシンプルに美味しい。ですから、「シンプルイズベスト」です。そばの実を使ってネーミングも味もシンプルで、大阪のお店で「中毒にならないよう」に気をつけて販売させていただきます。

・賞金:1万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・岡部さんコメント:
「クラスのみんなで、このおむすびコンテストに応募しました。その時調べて、使う材料が、深川産と北竜町産にこだわって作りました。食べた時の食感に面白さがあり、中毒性があります。5万円を上げたくなる美味しさです。ありがとうございました」。


岡部陽空 様コメント 
岡部陽空 様コメント


3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤亜也子 様(深川市)


3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤 亜也子様(深川市文光町) 
3位(田中取締役賞):「ルーロー飯風おむすび」佐藤 亜也子様(深川市文光町)


・田中 審査員コメント:
「具の味付けが絶妙です。またご飯と具のバランスが良く、大変美味しいおむすびに仕上がっています」。

・賞金:5千円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・佐藤さんコメント:
「大変光栄に思います。私は台湾が大好きで、大好きな北竜町と台湾を思い浮かべながら作りました。今日一緒にきている母にも沢山試食してもらい、家族に感謝しています。ありがとうございます!」。


佐藤亜也子 様コメント 
佐藤亜也子 様コメント


アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町)


アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町字和) 
アサヒビール賞:「黒千石大豆まぜおむすび」浅木日登美 様(北竜町字和)


・船本 審査員コメント:
「シンプルな塩味と食感でかなり美味しく食べれました。炊きたてのご飯との相性は抜群です」

・贈呈:アサヒビール・スーパードライ1ケース(24本)

・浅木さんコメント:
「『黒千石カリッと』というお菓子を混ぜました。黒千石をお菓子として食べるだけでなく、北竜町のひまわりライスと一緒に食べていただきたいと思い作ってみました」。


浅木日登美 様コメント 
浅木日登美 様コメント


特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)


特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町) 
特別賞(鈴木輝隆賞):「サンフラワーライスボール」永澤佑介 様(妹背牛町)

立正大学経済学部・鈴木輝隆 特任教授 
立正大学経済学部・鈴木輝隆 特任教授


・鈴木輝隆 審査員:
立正大学経済学部特任教授、北竜町ひまわり観光大使。「日本全国の地域で人と人を繋げて「受粉」を行うみつばち先生」としてご活躍中!

・審査員コメント:
「ミツバチはピカイチの花をみつけました。海と田んぼがひまわりオイルで花咲いた、サンフラワーライスボール。美味しい、楽しい、美しい!!!おめでとうございます」

・贈呈:サンフラワーパーク宿泊券

・永澤佑介 様コメント:
「このような機会を与えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
見ていただくとわかるように、ひまわりをイメージしてこのサンフラワーライスボールを作りました。が、しかし、真ん中が黄色で、花びらが黒です。若干、逆だったなと今にして思いました。
またこのような機会がありましたら、応募して優勝を目指して頑張りたいと思います。宜しくお願いします」。


永澤佑介 様コメント 
永澤佑介 様コメント


特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口雄彗 様(深川市)


特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口 雄彗様(深川市) 
特別賞(梅原真賞):「オニぎり」溝口 雄彗様(深川市)


梅原デザイン・梅原真 代表取締役(武蔵野美術大学客員教授) 
梅原デザイン・梅原真 代表取締役(武蔵野美術大学客員教授)

「オニぎり」溝口雄彗 様 
「オニぎり」溝口雄彗 様


・梅原真 審査員:
梅原デザイン 代表取締役、武蔵野美術大学客員教授、ひまわりの里基本計画策定委員。「農業や漁業、畜産業など一次産業の現場で地道に続く誠実なものづくりの『真価』を、デザインの力で発信し続けていらっしゃいます」。

・審査員コメント:
「おにぎりで「鬼」を作るとは! カワイラシイ『鬼ぎり』がパッと世の中を明るくします。『あかるい農法』の『あかるいオニぎり』よく考えました!!!天才です!」。

・贈呈:図書カード3千円分

・溝口さんコメント:
「色紙で色々考えてみました。おにぎりなので、鬼が思い浮かび、オニぎりにしました」。


溝口雄彗 様コメント 
溝口雄彗 様コメント


特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)


特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町) 
特別賞(JAきたそらち賞)「まぜにぎり」鎌田聖菜 様(妹背牛町)


・和唐 審査員コメント:
「おにぎりに天かすや炒り玉子を混ぜるなどおにぎりの常識を覆す新感覚のおむすび!長ネギ、天かす、かつおぶし、炒り卵がひまわりライスに包まれた満足おむすびです」

・贈呈:JAきたそらち様より「ひまわりライス(ななつぼし)」10kg

・鎌田さんコメント:
「母と一緒に考えて、ほとんど母のオリジナル作品ですが、本当に良かったです」。


鎌田聖菜 様コメント 
鎌田聖菜 様コメント


焼きおむすび部門

優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校2年生)


優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校) 
優勝(谷垣会長賞):「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(妹背牛中学校)

谷垣会長コメント 
谷垣会長コメント


・谷垣会長コメント:
「まさかお好み焼きソースが、おにぎりに合うはずがない!?と疑いながら試食しました。しかし、食べたら、この新しい味、旨さで、審査員みんなびっくりしました。この発想力に負けました。

村上くんのコメントにあった『関西人が審査員だから、関西のお好み焼きソースを使いました』というアピールポイントに、ハマってしまいました。ほんとうにお見事です!

この作品の凄さは、出品者が、食べる人(関西人)のことを深く考えて創作したものだからです。これは、商売の基本であり、この作品は、きたそらちの特産品と大阪に絆を表現するまさに絆むすびです。妹背牛中学生、恐れ入りました!」。

・賞金:5万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・村上さんコメント:
「5万円もらえるとは思ってもいなかったので、びっくりしました。僕はお好み焼きが好きなので、このような案をだしてみました」


村上潤成 様コメント 
村上潤成 様コメント


準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市)


準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市西町) 
準優勝(加藤社長賞):「ひまわりライス焼き味噌おむすび」髙田里枝 様(深川市西町)


・加藤 審査員よりコメント:
「手作りの味噌が決め手の作品です。黒千石大豆が良い具合に詰まっていて、これぞ、北竜町の焼きおむすびです。『こんなお酒に合う、焼きおむすびは食べたことがない』と一言、言わせていただきます」

・賞金:1万円、副賞:アサヒビール・カルピスウォーター1ケース(24本)

・髙田さんコメント:
「北竜温泉のショップで、手作り味噌や黒千石大豆が扱われているので、それらを組み合わせれば美味しいおむすびになるのではないかと考えました」


髙田里枝 様コメント 
髙田里枝 様コメント


3位(持永取締役賞):「ひまわりベーコン焼きおむすび」磯田萌 様(札幌市)

・持永審査員よりコメント:
「ひまわりの香ばしさとベーコンのコク、そして爽やかなパセリの緑もうまくマッチして、味わい深いおむすびですね。シメの一品にピッタリです!」

アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)

・船本 審査員よりコメント:
「ねぎみその風味とビールの相性が非常に良かった。居酒屋さん向けの商品だと感じました」

・贈呈:アサヒビール・スーパードライ1ケース(24本)

・榎本さんコメント:
「味噌と合うかなと思いつくってみました」


アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町) 
アサヒビール賞:「ねぎ味噌焼おむすび」榎本富美子 様(北竜町)

榎本富美子 様コメント 
榎本富美子 様コメント


特別賞 JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様(北竜町)

・本岡 審査員よりコメント:
「黒千石味噌を使用していることで、北竜町とひまわりライス(ななつぼし)の良さがより一層伝わる工夫とアピールポイント通り味噌の香ばしさにそそられました。刻み昆布が入ることで味に深みが感じられ、とても美味しくいただきました」

・贈呈:JAきたそらち様より「ひまわりライス(ななつぼし)」10kg


JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様 
JAきたそらち賞:「カリッと味そ焼」古澤真由美 様


北竜町からの参加賞

北竜町役場産業課・下浦健太 主事より紹介されました。

「北竜町オリジナルTシャツのポケットにあしらわれているギンガムチェックのオレンジは、北竜町の新しいロゴマークをアレンジしたものです。オレンジはひまわり、ギンガムチェックは田んぼをイメージしています。北竜町のキャッチコピー『あかるい農法』を、梅原真様より考案いただきました。今回、このオリジナルTシャツを参加賞として、北竜町から皆様にプレゼントさせていただきます」。


北竜町役場産業課・下浦健太  主事 
北竜町役場産業課・下浦健太 主事

北竜町オリジナルTシャツ 
北竜町オリジナルTシャツ


マルシェ(株)様からの Good News

9月3日から9月末まで、優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループの店舗にて販売決定! 各1個200円です。皆さん、お楽しみに!

・関西販売店舗:焼きそばセンター(9店舗)、ハッケン酒場(9店舗)、ハッケン食堂(2店舗)、餃子食堂マルケン(5店舗)の計25店舗。


優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループ店舗にて販売決定! 
優勝作品「お好みやき風やきおむすび」「ベーコンチーズおむすび」をマルシェグループ店舗にて販売決定!


記念撮影


写真撮影 
写真撮影


懇親パーティ

場所を移動し、親睦会会場へ。


懇親会場 
懇親会場

美味しいオードブル 

美味しいオードブル 
美味しいオードブル


優勝作品「おむすび」を手にする村上さん、金打さん、谷垣会長と一緒に!


優勝作品「おむすび」を手にする村上さん、金打さん、谷垣会長と一緒に 
優勝に輝いた 「ベーコンチーズ」金打舞菜さん(中)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成さん(左)、
主催者代表・谷垣雅之 会長(右)


乾杯:JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


「実に盛大な素晴らしい表彰式でした。ありがとうございました。

妹背牛中学校では、勝部先生のご縁で、家庭科の授業でひまわりライスおむすびの取り組みを実施していただきました。妹背牛中学校の一等賞は、先生方のお陰です。是非、このおむすびが、大阪でどんどん売れますことを心から願っています。

今日は、大勢の皆さんのご参加いただき表彰式が行われました。ご参加に感謝申し上げるとともに、今後ともひまわりライスをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今回の企画をしてくださいました谷垣会長、ありがとうございます。去年からお付き合いさせていただいておりますが、春の播種の忙しい時に、電話がかかってきて『おむすびコンテストやらないかい!』というお話でした。どんどん企画が進み、今日の日を迎えることができました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

それでは、妹背牛中学生の皆さんも今回の経験を大事にしながら、頑張っていただきたいと思います。皆さんのしあわせを願って、乾杯!!!」と、北清地区代表理事の力強い乾杯のご発声です。


乾杯! 
乾杯!


受賞者出品に関するエピソード


妹背牛中学校の皆さん 
妹背牛中学校の皆さん


勝部由愛先生のお話


勝部由愛 先生 
勝部由愛 先生


「今回は、北竜町出身の同僚の教師から『北竜町ひまわりライスおむすびコンテスト』を紹介していただきました。そこで、2年生の家庭科の授業で、クラス18人全員が応募しました。

2年生なので『弐』の文字を取り入れた『お弐ぎり~18人の素材をひとつに~』と題した学級目標を掲げていたので、全員で取り組みました。

おむすびのレシピを考案する時に、北空知の特産品を生徒に紹介したところ、生徒たちはそれぞれに、各地域の特産品を色々調べて、好きな具材を選んでおむすびに取り入れました。

1か月くらいかけて、試作を重ねました。生徒たちは、様々なユニークで意外な組み合わせを試みて、数々のレシピを考えました。今回のトライは、生徒たちにとって、大変良い経験となったと思います。

参加賞としていただいたTシャツを、今週末に開催される学校祭で、クラス全員でダンスを踊る際に、みんなで着用すると生徒たちは張り切っています」と、笑顔で語ってくださった勝部先生です。

坂本征人 校長先生のお話


坂本征人 校長 
坂本征人 校長


「今回、『お弐ぎり』という学級目標の下、クラスみんながひとつになって、ぎゅっと結んで、みんなで一緒に取り組んでいこうという『お弐ぎり』と『おむすび』のコンセプトが合致し、教員の想いが伝ったことが良かったと思います。

生徒たちが、『おむすび』をきっかけに、北空知(1市4町)の食材を色々調べて知ることができたことは、良い経験になったと思います。

今回、教員がこのような取り組みを探し当て、取り組む時間を作ってくれました。素晴らしい企画に出会ったことに感謝しています。

今後も、北空知地域の様々な取り組みに積極的に参加できればと思います。今日はどうもありがとうございました」と、お話くださった坂本校長です。


坂本征人 校長コメント 
坂本征人 校長コメント


和気あいあいとご家族のみなさんと一緒に楽しい会場風景


和気藹々の懇談風景 
和気あいあいの懇談風景

永澤佑介 様ご家族とパチリ 
永澤佑介 様ご家族とパチリ

ひまわりすいか 
ひまわりすいか


「おむすビジネス」についての紹介


おむすビジネス 
おむすビジネス


谷垣会長の奥様、ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様が「おむすビジネス」について、丁寧にご説明されました。


ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様 
ふるさと応援団マルシェ・谷垣ゆかり様


ふるさとおにぎり百選

農林水産祭りの第25回記念事業の一環として、特別展示「ふるさとおにぎりまつり(1986年)」の実施のために、全国応募からおにぎり・おむすび・まぜごはんが選考され、百選として130以上が選ばれました。


「ふるさとおにぎり百選」農林水産省 
「ふるさとおにぎり百選」農林水産省


北海道では3品「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」が選定されました。


「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」 
「開拓おにぎり(石狩川沿岸地域)」「バター焼きおにぎり(雄武町)」「こんぶ巻きずし(様似町)」


その他、秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」、新潟県「けんさ焼き」「ちまき」、群馬県「きび赤飯」、福井県「ほうば飯」などがあります。


秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」 
秋田県「だまっこもち」、神奈川県「御難おにぎり」


おむすびの日

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、ボランティアの皆さんの手によって握られたおむすびの炊き出しが人々を救ったことから制定されたもの。ご飯と塩でできる、緊急時にすぐに食べれる、手によって人と人(心と心)が結ばれるという意味がこめられています。


「おむすび」と「おにぎり」 
「おむすび」と「おにぎり」


おにぎり検定

おにぎりの魅力を国内外に発信する「オニギリスト」の育成を目的としたものです。


一般社団法人おにぎり協会 
一般社団法人おにぎり協会


おにぎり専門店「百千(ももち)」

東京都のJR品川駅構内にあるおにぎり専門店「百千(ももち)」では、47都道府県の名物おにぎりを販売。「えび天むす」(愛知県)、めざし(千葉県)、揚げ餃子(栃木県)など。


おにぎり専門店「百千(ももち)」 
おにぎり専門店「百千(ももち)」


人気のおむすび屋・東京港区三田「三田おにぎり」


東京港区三田「三田おにぎり」 
東京港区三田「三田おにぎり」


おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」

大阪のニコニコのり(株)の「おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」のご紹介。


おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」 
おにぎらず専門店「笑屋NICO-YA」


佐藤初女さん

・佐藤初女さん(2016年95歳で逝去):青森県岩木山麓にある「森のイスキア(救いを求めて訪れる人たちの癒しの場)」を主宰。「食はいのち」と語り、多くの人々に勇気を与える伝説のおむすびを握る(心で結ぶおむすび)。


佐藤初女さん 
佐藤初女さん


・佐藤初女さんのお言葉:
「おむすびの「手」のぬくもりが「透明感のある旨味」をつくる 」

・谷垣雅之 会長のお言葉:
「おむすびは農村を輝かせる。お米は日本の主食です。にもかかわらず、お米の消費量は減少し続けている。一方、コンビニ・飲食店などでのおにぎり・おむすび需要はあがっている」
「日本一のお米を作り、販売する使命がある」


マルシェ株式会社ひまわりライスの販売実績15トン(計21店舗) 
マルシェ株式会社ひまわりライスの販売実績15トン(計21店舗)


「おむすび同好会」の提案


おむすび同好会 
おむすび同好会


「みんなでおむすびの将来について語り合おう!」「おむすびで企業しよう!」。


同好会メンバー募集中 
同好会メンバー募集中


北空知のお米が全国的に有名になり、ムーブメントが沸き起こることを願っています。


楽しい懇親会 
楽しい懇親会


閉会のご挨拶:アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長 
アサヒビール(株)近畿圏市場開発支社外食営業支店・船本大志 課長


「札幌市白石区にアサヒビール北海道工場があります。ビールが飲み放題でもありますので、観光地としてよっていただければと思います。

今日は、長時間にわたり、『おむすびコンテスト』にご参加いただき、ありがとうございました。授与された賞金を楽しく有意義に使っていただければと思います。懇親会では、突然のご指名にも関わらず、坂本校長先生、勝部先生のお話で、大変盛り上げていただき、ありがとうございます。これからの中学校生活を大いに楽しんでいただければと思います。

日本人の主食であるご飯の糖質が不足すると、頭が回らなくなります。中学生の方々も勉強に支障をきたします。日本に食文化であるおむすびを広めることが、北竜町の『あかるい農法』の発展にも繋がっていくと思います。

今後『おむすび同好会』にもどんどん参加していただき、北竜町おむすびを盛り上げていきたいと思います。また、是非、家族旅行などの歳には、大阪にも立ち寄り遊びにきていただければと思います。

最語に、大阪で流行りの締めのサイン、元気に明るく「ビクトリー(Victory)!」で〆たいと思います。皆様、ご唱和願います。それでは、『本日お集まりの皆様ときたそらちの益々の発展を祈念いたしまして、Victory!」ありがとうございました!』と船元課長に締めのお言葉でした。


ビクトリー(Victory)! 
ビクトリー(Victory)!

ビクトリー(Victory)! 
ビクトリー(Victory)!

記念撮影 
記念撮影


この素晴らしい「ひまわりライスおむすびコンテスト」を企画してくださった、マルシェ(株)谷垣雅之 会長をはじめ、関係者の皆様に、心から感謝も申し上げます。ありがとうございました。

「心と心をむすび、ひまわりのように笑顔になれる、北竜町ひまわりライスのおむすび」の今後の益々の発展を祈念いたします。

日本食の命の魂宿るお米を通して、人と人とが手を繋ぎ合い、心と心と結ぶ「おむすび」に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(右)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(左) 
優勝に輝いた「ベーコンチーズ」金打舞菜 様(右)、「お好みやき風やきおむすび」村上潤成 様(左)


その他の写真(234枚)はこちら >>


関連記事・サイト

心の診療所 マルシェグループ | 酔虎伝・八剣伝・居心伝など

ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ(2019年8月30 日)
第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方(2019年8月23 日)
第1回ひまわりの里基本計画策定委員会・令和時代のひまわりの里・検討開始(2019年4月29日)

北竜町ひまわり観光大使・鈴木輝隆 氏講演「農業・観光・デザイン・まちづくり」(2019年2月25日)
1日目(1)視察・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
1日目(2)北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
2日目・視察&北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
プチマルシェ@ファームエイド銀座 2018 夏・北竜町ひまわりライス&燦燦ひまわり油の販促(2018年7月11日)
梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会(2018年3月28日)
梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)

◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方

2019/08/23 0:31 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/29 22:30 に更新しました ]

2019年8月23日(金)

令和元年6月30日(日)午後6時30分より、北竜町役場2階会議室にて、第2回ひまわりの里基本計画策定委員会が、町民が自由に傍聴できる公開形式で開催されました。

目次

  1. 1 ▶ 北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、委員等紹介
    1. 1.1 ▶ 今回新しく参加された関係者の方々のご紹介
    2. 1.2 ▶ 今回オブザーバーとして同席された方々
  2. 2 ▶ 第1回委員会のまとめ
    1. 2.1 ▶ 新ひまわりの里展望台への希望や提案
    2. 2.2 ▶ ひまわり観光センターへの希望と提案
    3. 2.3 ▶ ひまわりの里を含ねた北竜町の通年を通しての来訪者の増加策(あかるい農法、物産、体験、ショップ、サービスなど)
    4. 2.4 ▶ パブリックコメントによる提案内容
    5. 2.5 ▶ その他(何でもアイデアを)
  3. 3 ▶ 意見交換開始
  4. 4 ▶ 検討事項
    1. 4.1 ▶ 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ハード計画
    2. 4.2 ▶ 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ソフト計画
    3. 4.3 ▶ 現存展望台の改修デザイン
  5. 5 ▶ NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事
  6. 6 ▶ 梅原真 委員デザインのTシャツ
  7. 7 ▶ 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様
  8. 8 ▶ 谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社・ 取締役会長)
  9. 9 ▶ 町関係者意見
  10. 10 ▶ ひまわりの里・マスタープラン説明:田口誉 委員
    1. 10.1 ◎ 「さんさん商店街」のプランの提案
    2. 10.2 ▶ 1.観光センター改修・横長配置案
    3. 10.3 ◎ 観光センター新築・一体型案
    4. 10.4 ▶ 2.観光センター新築・中央配置型案
    5. 10.5 ▶ 3.ノンノの森と面した場所に一体型の建物を作るプラン
    6. 10.6 ▶ 意見交換
  11. 11 ▶ 石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)
  12. 12 ▶ 写真(92枚)はこちら >>
  13. 13 ▶ 関連記事

委員会資料 
委員会資料


北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、委員等紹介

開会にあたり、北竜町・高橋利昌副町長のご挨拶、そして、新規委員、関係者のご紹介がありました。


委員会の様子 
委員会の様子


今回新しく参加された関係者の方々のご紹介

・町内会長連絡協議会・谷本明 会長
・NPOひまわり・藤信清彦 施設担当者
・チームノースドラゴン・高田昌幸 代表
・北竜町議会 まちづくり等調査特別委員会・北島勝美 副委員長

今回オブザーバーとして同席された方々

・梅原デザイン事務所・大西町子 様
・地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様


xxx 
オブザーバー:佐々木優二様(左)、大西町子様(右)


第1回委員会のまとめ

本題に入り前に、第1回ひまわりの里基本計画策定委員会における提案内容のまとめが、北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長より紹介されました。


北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長 
北竜町役場産業課・吉田浩幸 係長


新ひまわりの里展望台への希望や提案

・混雑や事故の防止のため、階段の付け方について上り下りを別々にしてほしい

・展望台は、ひまわりの里を望むために必須であり、新観光センターの屋上という案に賛成。カフェ併設については、冬期利用が多くないと思うので反対

・上り下りの階段を別にし、階段の幅もゆったりとり、展望スペースをもっと広くし、階上や階下にイスを置き、展望したり休憩できるようにしてはどうか

ひまわり観光センターへの希望と提案

・観光センターも老朽化)世界のひまわりコーナーの方に建設し、その屋上を展望台するのはどうか

・建て直すのであれば、ただの箱物にするのではなく、ユニークな建物がいい(北海道で見た事のない建物)。また、使い勝手のいいもの、無駄のないものにするべき

・世界のひまわりの場所にて展望台を兼任した観光センターの建て替え(展望台へのエレベーターも設置)

ひまわりの里を含ねた北竜町の通年を通しての来訪者の増加策(あかるい農法、物産、体験、ショップ、サービスなど)

・ひまわりの間を抜けるそり(滑り台)、ターザンロープでひまわりの上を移動する

・ひまわりを低い位置から見上げることのできるトンネルを作る等々。こうしたアトラクションが多ければ、子供連れを中心に滞在時間が長くなり、アイス・フルーツ・飲み物の販売量が増えると思われる

・ひまわり畑の上段部に外周の遊歩道が欲しい

・夜のひまわりライトアップ(明るすぎないもの・夜の滞在者が少ないというアンケート結果もあるので)

・「あぜ道を歩く」とか、「ひまわりの種まきや草取り」「ひまわりの刈り取り」などの 体験観光はどうか

・ふるさと納税で、返礼品を米やひまわり油にするのではなく、田んぼの一区画やひまわり畑の一区画のオーナーになり、返礼品はその区画から収穫できるお米やひまわり油を送る(豊作であれば例年よりも多く、不作であれば少しになってしまうというのも面白いかもしれない )

寄付した区画が収穫の時期を迎えたら、自ら収穫に来ても らうこともできるようにする。可能であれば苗や種を植えるところから参加してもらう。農業体験と絡めてもいい。ひまわりの時期以外に初めて北竜町を訪れた人は、 ひまわりの時期になれば間違いなく北竜町に遊びに来るから、ひまわり以外で訪れる きっかけを提供する

・いま本州で北海道に泊まりで農業体験したいという人が待機だけで2万人いるということを聞いたことがある。農業体験をさせてはどうか

・1日だけではなく長期滞在できるように。連泊なら宿泊費を安くするとか。家族何 人来ても10万円など、長期滞在させるための企画があってもいいのでは

パブリックコメントによる提案内容

・ひまわり畑内(道路付近)に雨宿りや、日よけの場所が無いので、そのような施設が欲しい

・ひまわり畑の西部の山林に桜を植樹すれば、花見をする観光客が来るのでは

・ノンノの森の中にジンギスカンコーナーや焼き鳥コーナーがあると良い

・ひまわりの上から下へ移動するジップラインは良いと思う

・花火は規模は大きくないが工夫がなされており、評判が良いので続けて欲しい

・体験型の観光が人気を集めているので農業体験はビジネスチャンスだと思う。 ・体験として、「北竜町のお米でご飯を炊く」「大豆を使って豆腐を作る」「ひまわりの花びらで染める」「カゴを作る」というのはどうか。また、冬に温泉に泊まるお客様 にも色々な体験ができると案内する

その他(何でもアイデアを)

・北竜町公認の「明るい農法ファミリー(仮)」を創設して、ファミリーには名前入りチェックの名刺を持ってもらう(北竜町のファンであれば誰でもファミリ ーになれる)

ただ町の観光大使というと芸能人とかが務めているイメージがあるから、出張先などで「元気で健康なエネルギーを生み出す、北竜町の明るい農法ファミ リーです」と自慢しながら、名刺を配って北竜町をアピールしてもらう

・商品開発のデザインを考えている人、新しいビジネスをしたい人、会社を作りたい人、「何でもクリエイティブ・カフェ」の創設

・渋滞緩和のため)墓地線を拡げる、西川方面へ抜ける道路の新設

意見交換開始

鈴木輝隆 委員長の議事進行により委員会スタート。


鈴木輝隆 委員長(右)と梅原真 委員(左) 
鈴木輝隆 委員長(右)と梅原真 委員(左)


検討事項

 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ハード計画

・新展望台建設
・観光センター改修:雨漏り、会場内の証明設備改修など施設環境の改善
・ノンノの森整備:花木の植栽計画の検討
・観光案内所・協力金受付小屋:様々な機能の集約および分散の検討
・ひまわりの里・魅力アップ計画:周辺を含め、中長期計画の立案

 新ひまわりの里全体の考え方・全体計画:ソフト計画

・ひまわりの里における魅力アップにより、来訪者の拡大をはかる
・ひまわりの里経営計画により、自立した経営から永続性のある経営を目指す
・ひまわりの里の情報発信により、ひまわりの里の魅力アップやPRの検討を行う
・ひまわりの里の名物料理や商品開発を検討する
・ひまわりの里の資源の発掘・工夫・活用により、四季を通したひまわりの里の活用方法を考えていく

現存展望台の改修デザイン

田口誉 委員(隈研吾都市設計事務所・ 主任技師)より説明がありました。


隈研吾都市設計事務所・田口誉 主任技師 
隈研吾都市設計事務所・田口誉 主任技師


既存展望を木材で補強し、展望台全体をギンガムチェックで形どる。


展望台全体をギンガムチェックの木で覆う 
展望台全体をギンガムチェックの木で覆う


・ギンガムチェックを立体的にデザイン。単に補強ではなくてメッセージ性のある展望台をイメージ

・質問:展望台のどの部分の老朽化が激しいのですか?
・回答:木材は腐っていないので丈夫ですが、木材を連結する金具が錆びてきていて、そのままにしておくと展望台が崩れる恐れがあります


展望台の説明 
展望台の説明


NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事


NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事 
NPO明るい農法・竹林由美子 副代表理事(左)


・手作りギンガムチェックTシャツの販売を検討中
・Tシャツ名「明るいTシャツ」と命名
・ギンガムチェックバックは、町民がみんなで作れるような教室(講習会)を開催予定
・ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツを試作中
・たいやき焼きおにぎりを試作中


ギンガムチェックバック 
ギンガムチェックバック

ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツ 
ひまわり油、米粉、おから等を使ったスイーツ

たいやき焼きおにぎり 
たいやき焼きおにぎり

試食中 
試食中


梅原真 委員デザインのTシャツ


手作りギンガムチェックTシャツ 
手作りギンガムチェックTシャツ

梅原真 委員(右)、谷垣雅之 委員(左) 
梅原真 委員(右)、谷垣雅之 委員(左)


▶ ギンガムチェック籠の値段に付け方についてのお話

・理由のある値段設定をしていく
・小さい籠を編むのに4時間以上かかる。1時間における最低賃金が、825円ほどなので、賃金的には3,300円の仕事として換算できる。突然、3,000円と言われても買わないが、時給で換算していくと、購入者は、3,000以上の籠として納得感がある
・販売するディスプレーについてのお話
・ニュースソースを上手く利用してアピールしていく

地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課・佐々木優二 様

・ソフト面の対策は重要です。北竜町で進められているこのような取り組みは、全国的にみてもあまり行われていない、非常に珍しいケースです。魅力的なことを、ハード面とソフト面も揃えてやっていくことが重要です。その点において、ソフト面におけるTシャツや籠の販売は必要なことだと思います


海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課 佐々木優二 様 
海道立総合研究機構 建築研究本部 企画調整部 企画課 佐々木優二 様


谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社・ 取締役会長)

おむすびコンテストについてのお話がありました。


谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社 取締役会長) 
谷垣雅之 委員(マルシェ株式会社 取締役会長)


町関係者意見

・観光客の方々に喜んでもらえるには、何をすればいいのか、どんなふうにやっていけばいいのかをみんなで考えることが大切。どのように受け入れる環境を変えていったらいいのかを考え、発展させていくにはどうしたらいいのか。そこで、北竜町でしか味わえないものを生み出して、観光客を呼び込んでいこうと思案中です

・まず観光センターへの訪問者のことを考え、そして、観光センターで働く人々のことを考えていく。観光客が、北竜町でしか見れないもの、食べれないもの、買えないものを考えていくには、どうしたらいいのか、どんなものを提供していけばいいのか、町民みんなで考えていかなければと思います

・いままでのように施設があればいいというのでは、これからの観光は成り立っていかないと思います。魅力的な町こそ観光の基本。魅力的な町づくりのプランについては、従来の地元の発想では限界にきています

・今後も、ひまわりを継続し残していきたいという想いがあります。人を呼べる町でなければ、商業や農業にしても難しい。その中で必要なことは、今までにない実行力だと思います

・プロの方々の頭脳をお借りして、その中で町民の様々な意見を取り入れながら、素晴らしいひまわりの里に発展していければと思っています


会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 

会議の様子 
活発な意見交換


ひまわりの里・マスタープラン説明:田口誉 委員

・既存の観光センターを改善して使っていくのか、新たな観光センターを作って、ひまわりの里をさらに魅力的なものにしていくかという2のプランがある。


ひまわりの里・マスタープランの説明 
ひまわりの里・マスタープランの説明


ひまわりの里の現状の問題点としては、観光センターとひまわりの里までの高低差があり、各エリアが分断されていること。建物を介して、観光客をひまわりの里まで導く必要があり、観光センターから展望台への動線を考えたいと思います。


ひまわりの里・分断されている各エリア 
分断されている各エリア


「さんさん商店街」のプランの提案

・外に開かれた賑わいと景色を融合させ一体的に計画する


観光センターと展望台のコンセプト 
観光センターと展望台のコンセプト


 1.観光センター改修・横長配置案

・大階段広場イメージ。ノンノの森への抜け道とひまわり畑の一体感をもたせる


観光センター改修・横長配置案 
観光センター改修・横長配置案

田口誉 委員 
田口誉 委員


 観光センター新築・一体型案

・観光センターと展望台を一体にし、滞在時間を長くする

 2.観光センター新築・中央配置型案

・中央に配置し、広がるビューのイメージ


観光センター新築・中央配置型 
観光センター新築・中央配置型-

田口誉 委員 
田口誉 委員

会議の様子 
会議の様子


3.ノンノの森と面した場所に一体型の建物を作るプラン


観光センター新築・一体型案 
観光センター新築・一体型案


意見交換

・観光センターの建物の現状としては、屋上の防水工事を1年以内に改修する必要があるという状態が、5年前から続いている

北海道では、冬になると漏れた水が凍って膨張し部材を剥離させる。それがどんどんひどくなって、雨漏りどころか、ジャジャ漏れになっている状態です。今は、なんとか対処しようとしています。屋上の防水工事には、足場も組まなければならないし1千万円以上必要です。

以前、総合計画で観光センターの改築を掲げたときは3億円の費用がかかると積算されました。建物は、かつて竜巻の被害を受けていて、シャッターも閉まらない状態の中で、どうにかやっと現状を保っている現状です。

・冬季間の観光センターは、中学生の野球などスポーツセンターとして使用されています。このことも考慮していただきたい


参加者・佐藤稔さんからの意見 
参加者:農業の匠・佐藤稔さん


・全体的にひまわり畑の土力がなくなっているので、ひまわり畑の改修を年数をかけてやっていただきたい。年々、ひまわりの開花が悪くなってきている。観光客を呼ぶにあたり、ひまわりが咲かなくなってきている現状にどう対処していくかを検討する必要がある

今後、土の入れ替え、肥料の種類・散布方法等を検討し、ひまわりの地力を上げる方法を考える必要がある

・これまでに、連作障害防止方法として、秋蒔き小麦がひまわりと相性が良いということで、ひまわりの後に秋蒔き小麦を播いてすき込む方法を継続している

・ひまわりの里開設当初は、粘度が高くて、土の塊がゴロゴロしている所にひまわりを植えていました。さらに、出てきたひまわりの芽を鳥がつついて食べてしまい、みんなで補植をしたこともあります。その土地が、今、あそこまで開花できる土地になったことも歴史の積み上げだと思います

ただ、時代は常に進歩しているので、良い対処方があれば積極的に取り入れていきたいと思います。堆肥をいれることは必要なので、継続的にいれていきたいと思います。

 石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長

最後に、石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)による「会社設立の手順・運営上の必要手続き」などについての説明がありました。


会社設立の手順・運営上の必要手続き 
会社設立の手順・運営上の必要手続き

石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長) 
石川直也 委員(税理士法人JAZY会計事務所・ 東京事務所長)

会社は7万円で作れる!! 
会社は7万円で作れる!!

会場の様子 
会場の様子


町民の熱い想いが結集し、33年の時を超えて、守り抜き、受け継がれていくひまわりの里。。。
令和元年に、新たな光を放って活性化し、発展する偉大なるひまわりの里に、大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。


ひまわりの里(撮影:2019年7月11日) 
ひまわりの里(撮影:2019年7月11日)


写真(92枚)はこちら >>

関連記事

ひまわりライスおむすびコンテスト 2019 結果発表・表彰式・懇親パーティ(2019年8月30 日)
第2回ひまわりの里基本計画策定委員会・新ひまわりの里全体の考え方(2019年8月23 日)
第1回ひまわりの里基本計画策定委員会・令和時代のひまわりの里・検討開始(2019年4月29日)

北竜町ひまわり観光大使・鈴木輝隆 氏講演「農業・観光・デザイン・まちづくり」(2019年2月25日)
1日目(1)視察・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
1日目(2)北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
2日目・視察&北竜町まちづくり意見交換会・北竜町をデザインで活性化するプロジェクト(2018年8月13日)
プチマルシェ@ファームエイド銀座 2018 夏・北竜町ひまわりライス&燦燦ひまわり油の販促(2018年7月11日)
梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会(2018年3月28日)
梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


ひまわり大学講座・櫻庭誠二氏「樺戸集治監と北海道開拓」

2019/08/18 15:30 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/18 15:31 に更新しました ]

2019年8月19日(月)

8月8日(木)10:00〜、北竜町ひまわり大学講座にて、元月形町長・櫻庭誠二様を講師としてお迎えし、「樺戸集治監と北海道開拓」と題する講座が、公民館大ホールにて開催されました。

目次

  1. 1 ▶ 櫻庭誠二プロフィール
    1. 1.1 ▶ 略歴
    2. 1.2 ▶ 表彰
  2. 2 ▶ 櫻庭誠二様のお話
    1. 2.1 ▶ 黄倉良二氏、そして篠田久雄氏の貴重な出会い
    2. 2.2 ▶ 我が町の日本一!
    3. 2.3 ▶ 日本一元気な返事の町を目指して
  3. 3 ▶ 縄文文化人の遺伝子を持つアイヌ民族
    1. 3.1 ▶ 縄文人骨に残るDNA研究
    2. 3.2 ▶ 北の縄文文化
    3. 3.3 ▶ 元寇
    4. 3.4 ▶ 最強のモンゴル軍に負けないアイヌ民族
    5. 3.5 ▶ アイヌ民族と和人の戦い
    6. 3.6 ▶ アイヌ民族と松前藩の対立
    7. 3.7 ▶ シャクシャインの戦い
    8. 3.8 ▶ クナシリ・メナシの戦い
    9. 3.9 ▶ 北海道旧土人保護法制定
    10. 3.10 ▶ ウポポイ(民族共生象徴空間)誕生
    11. 3.11 ▶ 松浦武四郎氏の提案「北加伊道」
  4. 4 ▶ 樺戸集治監について
    1. 4.1 ▶ 明治4年(1871年)の廃藩置県
    2. 4.2 ▶ 北海道開拓使・島義勇 主席判官
    3. 4.3 ▶ 反乱の首謀者たちが収監された監獄が集治監
    4. 4.4 ▶ 国立刑務所の設立
    5. 4.5 ▶ 初代典獄(てんごく)月形潔 氏
    6. 4.6 ▶ 空知の道路開削をした樺戸集治監の囚人たち
    7. 4.7 ▶ 国立刑務所の総本家・樺戸集治監
    8. 4.8 ▶ 編集者提供・参考動画『空知の大地~樺戸道路が繋いだ歴史~紹介』
  5. 5 ▶ 父親の最後の言葉『ありがとう』
  6. 6 ▶ 故郷を愛し、国を愛すること
  7. 7 ▶ 繋がりの中ではとても大きな事ができそう
  8. 8 ▶ 写真(27枚)はこちら >>
  9. 9 ▶ 関連記事

北竜町高齢者大学・ひまわり大学 
北竜町高齢者大学・ひまわり大学

櫻庭誠二氏講演資料 
櫻庭誠二氏講演資料


司会進行の北竜町教育委員会・岸直樹さんによる、櫻庭誠二様のご紹介です。


北竜町教育委員会・岸直樹さん 
北竜町教育委員会・岸直樹さん


櫻庭誠二プロフィール

略歴

櫻庭誠二様は、新十津川町出身、昭和25年4月生まれの69歳。酪農学園大学酪農学科卒業後、家業の農業に従事。月形町農業委員・篠津中央土地改良区理事等の公職を歴任。平成7年(1995年)に月形町議会議員に当選。その後、多くの町民から推挙され、平成16年(2004年)10月に月形町長に就任。以来3期12年、町政の舵取り役を務め、昨年、平成30年(2018年)10月、任期満了をもって町長を退任。現在、法務省矯正局広報大使(名誉典獄)、月形樺戸博物館名誉館長として地域開拓の歴史伝承役としてご活躍中。

表彰

・平成28年(2016年)農林水産省農村振興局長表彰受賞
・平成29年(2017年)法務大臣感謝状受賞


会場の様子 
会場の様子


櫻庭誠二様のお話

櫻庭誠二氏(元月形町町) 
櫻庭誠二氏(元月形町町)


黄倉良二氏、そして篠田久雄氏の貴重な出会い

今日、最前列にいらっしゃる黄倉良二 元JAきたそらち代表理事組合長、そして 篠田久雄 元沼田長町は、私の大先輩です。

平成7年(1995年)に月形町議会議員になった時、役場職員が、北海道大学の森傑 教授の講座受講を勧めてくれました。その講座は、法学部の教室で6か月間に亘り、1年12回講座が開かれたものです。1年目は面白かったのですが、2年目にはそれ程でもなくなり、3年目は辞めようと思うほどになっていました。

そんな時、 沼田町・篠田 町長が沼田町の雪中米の具体的なお話をしてくだいました。『北海道のどこでもやってないことを私はやっている』というインパクトのあるお話でした。

次の年に開催された農協組合員講座で、当時組合長だった黄倉良二さんの講座『北竜町が水を守ること、稲を守ること、命を守る農業を行っている』というお話を拝聴したのです。近隣の町が、リゾート開発に走っていた時代に、黄倉組合長を筆頭に、町の人々がリゾート開発に反対していた。すごいことをやっているのだと感動しました。

物事の主導権を握る人が町のトップであり、農協のトップ。そのお二人が、責任をもって次の時代を創っていくという決断力に、私は憧れました。

我が町の日本一!

私が町長になった平成16年(2004年)の翌年、市町村長研修セミナーが実施され、隣席が、知内町の脇本哲也 元町長でした。

脇本町長のお話で『我が町は、ニラ栽培が日本一! 牡蠣の養殖が日本一! 牡蠣の養殖は、普通は湾で行うが、我が町は外洋で養殖を行っているのが日本一! 更にカレイで日本一! カレイは松葉鰈で日本一だ!』と、おっしゃる。

『お前の町には、日本一はないのか?』と聞かれ、思い起こすと我が町にもありました。月形という町の名前は、樺戸集治監の初代典獄(てんごく)の名前・月形潔氏から名付けられたのです。これは、全国でもオンリーワン!

まだあります! 集治監の1,000人の受刑者が参加した運動会に招待された時、所長が言うには『平均前科率3.8犯。ほとんどの受刑者が覚醒剤犯罪者で、暴力団更生比率56.3%で日本一です!』と。

刑務所を出所した人がもう一度戻りたい日本一!です。北海道の刑務所は、冬は完全暖房で、夏は冷房がなくても涼しい所です。さらに食べ物がいい。今は、一人部屋でワンルームマンションです。警部官の性格がいい。北海道警部官は優しい。

日本一元気な返事の町を目指して

そして町長時代には「元気な返事をする」ことをモットーとしていました。様々な式典で名前を呼ばれた時は、元気な声で『はい!』。これに同調してくれたのが、制服組である、警察支署長、消防支署長、交通安全指導委員会会長等の方々。あっという間に広がって、多くの人々が『はい!』と元気よく返事をするようになりました。


熱の入る講演 
熱の入る講演


縄文文化人の遺伝子を持つアイヌ民族

縄文人骨に残るDNA研究

国立科学博物館によると、縄文人骨に残るDNA研究(女性人骨の高精度ゲノム分析)により、平均的日本人は縄文文化人の遺伝子を10%しか持っていないが、北海道アイヌの人々は70%保持、そして次が沖縄人で30%保持しているそうです。縄文文化は1,000年から2万年前までと言われています。

何故、本州の人々は、縄文文化人の遺伝子を10%しか持っていないのか。弥生文化の時に、大陸で米を作っていた人々が渡来し、縄文文化の人々と交わり、本州では縄文文化の血筋が薄れていったのです。

時代は、縄文文化、弥生文化、古墳文化、明日香、奈良文化、平安文化、鎌倉文化、室町、安土桃山文化と続きます。

北の縄文文化

北海道の時代は、縄文文化、 続縄文文化、 擦文文化、アイヌ文化と繋がっていきました。そこで、縄文文化人の遺伝子を70%保持したアイヌ民族が存続しているのです。

アイヌの人々は、性格が穏やかで優しくて、自然の中で逞しく生きながら人とは争わない種族です。


上着を脱いで力の入るご講演 
上着を脱いで力の入るご講演


元寇

西暦1274年「文永の役」、1281年「弘安の役」、九州博多に来た「元(モンゴル帝国)」の蒙古襲来「元寇」で、神風が吹いて奇跡的に日本が勝利を収めた時代です。

最強のモンゴル軍に負けないアイヌ民族

「文永の役」の10年前に、北海道アイヌ民族はモンゴル人と戦い、そして樺太まで進出していきました。

モンゴル帝国は遊牧民族で、主力兵器として馬を乗りこなしていた世界最強の帝国だと言われています。アイヌ民族は、その最強のモンゴル軍に対して戦いを挑み、負けなかったのです。

アイヌ民族と和人の戦い

しかし、当時の鎌倉時代は、鉄を製造する技術を発達してきていたため、アイヌ民族は、幕府の支援を受けた松前軍の鉄砲隊に敗れ、行き場を失うことになっていきました。

応仁の乱の10年前の1457年、北海道が蝦夷と呼ばれていた頃、アイヌ民族と和人の戦い「コシャマインの戦い」があり、和人が道南に進出し、集落(道南十二館・どうなんじゅうにたて)を作りました。

蝦夷地の和人社会において中心人物となった蠣崎氏(かきざき)が蝦夷地支配を進め、松前藩の始祖となっていきました。

アイヌ民族と松前藩の対立

幕府からアイヌ交易権の独占を許された松前藩は、アイヌ民族に不利益な条件を突きつけました。それまで、干鮭100尾と米20kgを交換していたが、それを3分の1の7kgに変更するという、アイヌにとって非常に不利な条件だったのです。

幕藩体制が成立する前は、蝦夷アイヌ民族の生活は、狩猟、漁労、採種で、生活に足りないものは、交易で入手していました。津軽海峡を渡り鉄を仕入れたり、樺太に渡り中国の絹織物の古着を交換するなどして、それを江戸に売っていました。江戸京都では絹織物は作ってなかったので、それが坊さんの袈裟や公家の着物になったり江戸錦として重宝がられていました。こうしたアイヌの自由な貿易を松島藩は、交易独占権により制限したのです。

シャクシャインの戦い

アイヌ民族の首長シャクシャインを中心に、松前藩への蜂起が勃発。それに対し、松前藩は、シャクシャインのお酒に毒をもり、毒殺を試みたと言われています。

クナシリ・メナシの戦い

1789年、「クナシリ・メナシの戦い」は東蝦夷地で起きたアイヌの蜂起。国後の漁場で過激な労働を強いられたアイヌ民族が蜂起して、和人商人を襲い殺害した。それに対し、松前藩は『我々の後ろには徳川幕府がついている』といって首長を脅し、中心人物を処刑。

アイヌの若者は、常に和人の手先として使われ、略奪と和人が持ち込んだ病気によって50万人いたと言われるアイヌの人々がほとんどいなくなっていきました。

北海道旧土人保護法制定

明治維新後も似たような状況が続き、明治32年(1899年)、北海道旧土人保護法(北海道アイヌを保護する目的で定められた日本に法律)が制定されました。

アイヌの人々を「旧土人」と呼び、アイヌ民族が住んでいた土地を北海道のものだとして無償で取り上げ、和人が誰も手を出さないような土地を与えて農業を強制しました。こうしたことが、旧土人保護法の元で行われ、およそ100年ほど続いたとのことです。

こうした沢山の苦難を強いられたアイヌの人々の辛い想いをしっかりと受け止めて、これからの地域づくりに取り組んでいかなければならないと思います。

ウポポイ(民族共生象徴空間)誕生

令和2年(2020年)、「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が、北海道白老町ポロト湖畔に誕生します。アイヌ民族の文化を後世に伝えていくことを国が進めています。アイヌの人々は1万人くらいになってしまいましたが、今一度敬意をもって、アイヌ民族と向き合っていかなければと思います。

松浦武四郎氏の提案「北加伊道」

松浦武四郎氏は、アイヌ語の意味「私が生まれた土地」の想いをこめて「北加伊(ホッカイ)道」とという名を候補のひとつにしました。松浦武四郎氏は6回も蝦夷地を探検し、アイヌの人々がいなければ、この地の開拓はあり得なかったとさえ感じそうです。自然に対する逞しい姿、頼んだことに絶対裏切らない性格、穏やかで、常に全てに神が宿り神とともに暮らしているアイヌ民族の永久の幸福を祈って、「北加伊道」と地名の候補にしたのです。

1869年、松浦武四郎氏は「北加伊道」を含む6つを候補とする意見書を政府に提案しました。そして、政府によって現在の「北海道」という名になりました。


演壇の様子 
演壇の様子


樺戸集治監について

明治4年(1871年)の廃藩置県

廃藩置県とは、明治維新期の明治4年(1871年)7月14日に、明治政府がそれまでの藩を廃止して、地方統治を中央管下の府と県に一元化した行政改革です。

北海道開拓使・島義勇 主席判官

島 主席判官は、当時広大な原野であった「札幌市」の開発の磯を築き上げた北海道開拓使。札幌を一望したコタンベツに社殿を設けることを計画し、開拓三神が祀られ、後に北海道神宮となります。


ジェスチャーを交えて 
ジェスチャーを交えて


反乱の首謀者たちが収監された監獄が集治監

佐賀、熊本、福岡、山口など、各地で反乱が勃発。明治10年(1877年)西郷隆盛らが鹿児島で起こした反乱「西南戦争」。結果、政府に鎮圧され、重罪人となった首謀者たちが収監された監獄が集治監。

国立刑務所の設立

監獄・牢獄が最初にできたのが宮城県。そして2番目が東京拘置所、3か所目にできたのが北海道樺戸集治監。明治14年(1881年)開庁。樺戸集治監では、北海道開拓のために、道路建設や炭鉱採掘などの囚人の労働が強いられました。

初代典獄(てんごく)月形潔 氏

未開の原野が広がる北海道の立地調査から立ち会い、初代典獄となったのが月形潔 氏。月形潔 氏を団長とする集治監選定の調査団が、羊蹄山麓、十勝川流域、石狩川の須部都地方などの候補地を訪れ、綿密に調査した結果、現在の月形町を候補地に選定。

羊蹄山麓は、すでに民間の開拓が開始されていたし、十勝川流域は遠浅で大型の船が入れない理由で却下され、須部都地方(現在の月形町)が選ばれました。月形町は、背後は樺戸や増毛の山地、前には石狩川が広がり、石狩川の水運が活用できることが選択理由となりました。

空知の道路開削をした樺戸集治監の囚人たち

上川道路、峰延道路、月形町から当別町、月形町から増毛町などの道路開削を次々に行いました。樺戸集治監、空知集治監(三笠市)が中心となって、旭川市までの道路を開きます。上川郡の永山町、旭川市東旭川町、当麻町と続き、屯田兵の入植があり屯田兵舎を建てたのは樺戸集治監の囚人たちです。新十津川町から雨竜町、北竜町、増毛町へ抜ける道路は、樺戸集治監の囚人たちによって造られました。

札幌の西北を流れる「新川」も樺戸集治監の囚人の手によって創り上げられた川。新川の水位が下がったことによって、札幌市は190万の大都市になりました。

こうした囚人たちの過酷な労働があればこそ、空知の開拓があることをけっして忘れてはならないと思います。

国立刑務所の総本家・樺戸集治監

樺戸集治監が北海道における国立刑務所の総本家の本監であり、次に作られtのが空知集治監(三笠市)、釧路集治監(釧路市)、そして釧路集治監の分監が網走集治監で、その分監が十勝集治監(帯広)となっています。

編集者提供・参考動画『空知の大地~樺戸道路が繋いだ歴史~紹介』

櫻庭氏が登場する動画がYoutubeにありますので、編集者よりご紹介します。

・ナレーション:石橋凌 氏
・樺戸集治監名誉館長:櫻庭誠二 氏
・NPO法人炭鉱の記憶推進事業団理事長・吉岡宏高 氏
・美唄市長・髙橋幹夫 氏

北海道開拓の礎となった樺戸道路が、囚人たちの壮絶な労働と多くの犠牲の上に築かれてたことが語られていきます。さらに、そらち炭鉱の歴史と美唄の発展を描くストーリーです。



父親の最後の言葉『ありがとう』

私は短大卒業後、農業を始め、同時に隣町の嫁をもらいました。結婚生活は貧しく、結婚した年から36歳まで冬寒期には毎年、本田技研鶴岡・狭山工場(自動車製造)や土木作業員などに出稼ぎにいきました。

両親と私は、3人共に同じ干支(虎)です。性格が似ている母親とは特に意見が合わなかった。亡くなって初めて、子を思う親の気持ちが理解できたように感じました。母親が亡くなってから10年後に父親が旅立ちました。

父親の最後の言葉が『今まで世話になったなぁ。家族仲良く暮らすんだよ』。そして『ありがとう』の言葉を最後に。。。


笑顔の櫻庭誠二氏 
笑顔の櫻庭誠二氏


故郷を愛し、国を愛すること

北海道開拓の父・クラーク博士の言葉、『故郷を愛し、国を愛し、この老人のわたしのように、少年よ大志をいだけ!』。70歳近い私ではありますが、クラーク博士のように志をもって、若者の手本になれるような気持ちで、努力していこうと思っております。

一番大切なのは「故郷を愛し、国を愛すること」です。

父親が亡くなってつくづく感じたことは、両親が贅沢もせず、子ども達のために情熱をもって守り抜いた土地を大切にすることです。我が地域のことを今一度学び直して、樺戸集治監の歴史、アイヌ民族の歴史、北海道の歴史を掘り起こして、後世に伝え繋げていくことが大切だと強く思いました。

私は、刑務所で特殊面接員という仕事をしています。
『私は、179市町村の町長がいる中で、唯一ひとり出稼ぎをした町長だ。人生に無駄なことはひとつもない。おれは自慢できるんだ』。
『君たちがここに入ってきたことは、人に褒められた経験ではない。ここから、もう一度昔の世界に戻るのではなくて、ここから、人のために、志をもって生きていくとしたら、今までの経験が絶対に活きていくことになる』という話をいつもしています。

繋がりの中ではとても大きな事ができそう

来年2020年、標茶町でフォーラムが開催されます。標茶町はアイヌ民族の聖地であり、アイヌ民族の集落があり、アイヌ民族の伝統的神事ペカンベ祭りなどが行われています。

標茶町のフォーラムでは、知里幸恵さんの アイヌ神謡集『梟の歌(銀の雫降る降るまわりに 金の雫降る降るまわりに)』を、標茶町出身の髙橋恵子さん(開拓農家の娘さん)が朗読し、BGMは、札幌交響楽団のコンサートマスターが演奏することが予定されています。

私達、一人ひとりは何もできませんが、繋がりの中ではとても大きな事ができそうな気がします。それが、わたしの中の大志であり、志です。

北竜町さんとも、より緊密な繋がりを祈念いたしております。私は握ったら離しません。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。ご清聴ありがとうございました」と、沢山の熱いをお話くださった櫻庭氏です。


会場の様子 
会場の様子


北海道開拓の歴史を築き上げてきた先人の方々の、
創造を絶するような行動力と脈々と受け継がれる熱き魂に、
大いなる尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


写真(27枚)はこちら >>

関連記事

<エンジョイ!北海道> 町長がバスガイド〜月形町・櫻庭誠二 町長編〜シィービーツアーズ(2015年11月25日)
第5回北海道地域創造フォーラム in 北竜「北海道・コメ・未来」の開催(2012年9月14日) 


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


宮島学園 ✕ 北竜町・Tシャツコレクション & スイーツコンテスト

2019/08/14 16:15 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/08/14 17:58 に更新しました ]

2019年8月15日(木)

8月10日(土)、北竜町ひまわり観光センター内において、宮島学園 ✕ 北竜町・Tシャツコレクション & スイーツコンテストが開催されました。



宮島学園皆さんで記念撮影 
宮島学園皆さんで記念撮影


北竜町と宮島学園のコラボ企画

北竜町(北竜町商工会青年部・JAきたそらち北竜支部青年部・Team North Dragon)と宮島学園(北海道ファッション専門学校・北海道製菓専門学校)とのコラボ企画で実現したイベントです。北竜町ひまわり観光協会・竜トピア会・ひまわりの里売店組合のご後援をいただいて開催されました。


宮島学園さん ✕ 北竜町 
宮島学園さん ✕ 北竜町


宮島学園とのコラボ企画は、2016年の「お菓子の家」、2017年「スイーツ販売(北竜町特産品を使ったお菓子4種類)」、そして2019年「Tシャツコレクション & スイーツコンテスト」の3回目となります。

宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生のお話

ファッション担当の宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生にお話を伺いました。


宮島学園・北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生 
宮島学園北海道ファッション専門学校・市川沙耶 先生


「今回のTシャツコレクションを手掛けたきっかけは、毎年夏に北竜町で行われる北商ロードレースで着用するTシャツデザイン考案に端を発しました。その他、北竜町商工会青年部、ノースドラゴン等、様々な種類にデザインを広げていきました。

生徒達は、北竜町の様々な情報デやータを収集し、2~3か月かけて、じっくりとデザインを考案・検討。12種類のデザインを生み出しました。

今回のイベントは、2年生を中心とした生徒達が頑張って実施しました。北竜町の青年部の方々の優しいおもてなしを受けて、生徒たちはとても感激し、楽しそうでした」と、お話くださった市川先生です。

Tシャツコレクションは、10時と13時の2ステージ。コンテスト形式となっていて、好きなデザイン、好きなスイーツを選んで投票用紙に○を記入し投票するスタイルとなっています。


Tシャツコレクション投票用紙1 
Tシャツコレクション投票用紙1

Tシャツコレクション投票用紙2 
Tシャツコレクション投票用紙2


4部門のTシャツデザイン

Tシャツデザインは、北竜町商工会青年部用、北商ロードレース用、ノースドラゴン用、物販用の4部門に分かれています。

4各部門✕3種類で、12種類のデザインが発表されました。Tシャツ姿の12人のモデルさんが、ひまわり観光センター中央に用意されたランウェイをかっこよくウォーキング!!!

12人のモデルさんは、宮島学園の1年・2年の生徒さん、商工会青年部若者、北竜町の高校生の方々が務めます。

北竜町商工会青年部用

 1. 昇り竜

北竜町の道の駅サンフラワー北竜の北竜門「竜」をイメージしてデザイン。前面の和風に竜と、背面の洋風な感性戸とで、個性的なカッコよさを表しました。


商工会青年部用 1.昇り龍 
商工会青年部用 1. 昇り龍


2. ステッカーTシャツ

F1チームのユニフォームデザインからインスピレーションを得て制作しました。北竜町の名産品であるひまわりライスやメロン・すいかなどいろいろなものをステッカー風にデザインしてプリントしました。


商工会青年部用 2.ステッカーTシャツ 
商工会青年部用 2. ステッカーTシャツ


3. 男は背中で語る

北竜町商工会の文字を、胸に大きくあしらったユニフォーム的なTシャツ。男らしさを前面に出したデザインです。背中にお一人お一人の名前入りです。


商工会青年部用 3.男は背中で語る 
商工会青年部用 3. 男は背中で語る


北商ロードレース用

1. 北竜の風となれ

北商ロードレース参加者全員が、心地よく完走できるようにとの思いを込め、軽やかに走るランナーのイラストをあしらいました。


北商ロードレース用 1.北竜の風となれ 
北商ロードレース用 1. 北竜の風となれ


2. 五穀豊穣

北商ロードレースの参加者募集開催要項に、「ひまわりの里から五穀豊穣・健康促進と相互の親睦を深めるとともに、太陽を味方につけた『ひまわりのまち』北竜町のクリーンな景観を眺めながら爽快に走ってみませんか」との記述があります。そんなスローガンを大きく胸にあしらいました。各種目ごとに、消費カロリーがわかるように、計算式をいれてみました。


xxx 
北商ロードレース用 2. 五穀豊穣


3. 足にひまわり

スポーツの中にもファッション性が感じられるようにと思いデザインしました。マラソンは「足」が命と考え、足にひまわりの花をあしらいました。北商ロードレース2020が、おしゃれでファッショナブルな大会になるよう願っています。


xxx 
北商ロードレース 3. 足にひまわり


物販用

1. 北竜

北竜町を訪ねた記念の一枚、そんな思いを込めて、胸に龍をあしらいました。単色刷りで、強烈なインパクトが表現できたデザイン。老若男女を問わず、あらゆる世代に着ていただける一枚です。


xxx 
ノースドラゴン用 1. 北竜


2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編

かわいいイラストで北竜町の名産品をPRしつつ、楽しく着てもらえるデザイン。ひまわりライス、黒千石、黄玉すいか、北竜メロンなどなど、北竜町が世界に誇る一品の数々をおしゃれに着こなしてほしいと願っています。


xxx 
ノースドラゴン用 2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編


3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編

劇画タッチのイラストをTシャツ前面に大きくあしらいました。白黒のシュールな雰囲気の中に、ファッションセンスがキラリと光るデザイン。暑い夏にぴったりの涼しさを呼ぶ一枚です。


ノースドラゴン用 3.ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編 
ノースドラゴン用 3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編


ノースドラゴン用

1. アグリファイターノースドラゴン

北竜町のイメージキャラクター「アグリファイターノースドラゴン」。「ライスチャージ!!」は、有名なフレーズ。大人ばかりの「チームノースドラゴン」ではありますが、次の世代を担う子ども達も喜んでくれるかなと考え、イラストをメインにデザインしました。


物販用 1.アグリファイターノースドラゴン 
物販用 1. アグリファイターノースドラゴン


2.N43°43′

北竜町は、北緯43度43分に位置しています。その数字の配列が面白いと考え、デザインの中心においてみました。アルファベットを使用したデザインは、現代ファッションのトレンドでもありかっこよく、北竜町の特産品をPRできると思います。


物販用 2.N43°43′ 
物販用 2. N43°43′


3.BAD CROP ~悪ほど美しいものはない イモチキング編〜

ノースドラゴンの邪魔をし、凶作を揚げる悪の集団「バッドクラップ:イモチキング、カメムシ男爵、ノビエ」など油断ならないメンバーが揃っている。ノースドラゴンとの戦いでは、必ず負けるのだが、何度も立ち向かってくるところが、なんとも言えず面白いと考え、今回のコンペでは、主役に抜擢sてみることにしました。


物販用 3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編 
物販用 3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編


スイーツ紹介

北竜町の特産品を使ったスイーツ3種類が紹介されました。


竜町の特産品を使ったスイーツ3種類 
竜町の特産品を使ったスイーツ3種類

スイーツ販売 
スイーツ販売


1. まめ太郎

8時間かけてゆっくりと炊き上げた黒千石大豆をたっぷり入れた抹茶パウンドケーキ。仕上げに北竜町産の酒米「北竜彗星」のシロップを打ち、大人の味わいに。

2. 太陽のめぐみ

フレッシュバターをたっぷり使用したクッキーにキャラメルゼした黒千石大豆、ひまわりの種をたっぷりのせて焼き上げたフロランタン。

3. ひまわり畑のまさこひめ

ひまわりの種を使ったサクサク香ばしいクッキー。北竜町の特産品をふんだんに使った大人から子供まで楽しめる4つのアソート(イタリアン、黒千石、わさび、プレーンの4種類)。


まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚) 
まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚)

まめ太郎(右上)、太陽のめぐみ(右下)、ひまわり畑のまさこひめ(左4枚) 
自宅で味わうスイーツ3種類(エンジョイ!北海道より)


Tシャツコレクション スタート

商工会青年部用


商工会青年部用 
商工会青年部用

1.昇竜 
1. 昇竜

2.ステッカーTシャツ 
2. ステッカーTシャツ

3.男は背中で語る 

商工会青年部用 3.男は背中で語る 
3. 男は背中で語る


北商ロードレース用


北商ロードレース用 
北商ロードレース用

1.北竜の風となれ 
1. 北竜の風となれ

2.五穀豊穣 
2. 五穀豊穣

3.足にひまわり 
3. 足にひまわり


物販用


物販用 
物販用

1.北竜 
1. 北竜

2.北竜図鑑~「名品イラスト」編 
2. 北竜図鑑~「名品イラスト」編

xxx 
3. ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編


ノースドラゴン用


ノースドラゴン用 
ノースドラゴン用

1.アグリファイターノースドラゴン 
1. アグリファイターノースドラゴン

2.N43°43′ 
2. N43°43′

3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編 
3.BAD CROP~悪ほど美しいものはない イモチキング編

全モデルでウォーキング 
全モデルでランウェイウォーキング

元気に笑顔で! 
元気に笑顔で!


スイーツコレクション

しっかりとお菓子の説明をしながら、スイーツプラカードを持って、ランウェイウォーキング!


スイーツ紹介 
スイーツ紹介

1.まめ太郎 
1. まめ太郎

2.太陽のめぐみ 
2. 太陽のめぐみ

xxx 
3. ひまわり畑のまさこひめ

プレゼンテーション 
プレゼンテーション


投票結果発表

午後、投票の集計結果が発表されました。

Tシャツコレクション

● 北竜町商工会青年部用:ステッカーTシャツ
● 北商ロードレース用 :北竜の風となれ
● 物販用       :ソフトクリームを堪能するひまわり~劇画編

スイーツコレクション

● 太陽のめぐみ


ありがとう!!! 
ありがとう!!!


素敵なスイーツ、そして斬新でカッコいいTシャツコレクションをありがとうございました!!!
北竜町の特産品がいっぱいの美味しいスイーツ、北竜町の魅力きらめくTシャツコレクションに、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


凛と煌くひまわりさん 
凛と煌くひまわりさん


写真(157枚)はこちら >>

関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


清水ひまわりさん(マジパン:マジカル・パンチライン)北竜町ひまわり観光大使にご就任!

2019/08/12 15:20 に 寺内昇 が投稿   [ 2019/10/23 17:29 に更新しました ]

2019年8月13日(火)

8月7日(水)、ひまわりの里展望台そばの広場にて、「清水ひまわりさん・ひまわり観光大使委嘱状交付式」が開催されました。 清水ひまわりさんは、女性アイドルグループ「マジカル・パンチライン(通称:マジパン)」のメンバーです。


清水ひまわりさん・ひまわり観光大使委嘱状交付式


満開のひまわりの里 
満開のひまわりの里

北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式 
北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式


「ひまわり観光大使の委嘱状」「観光大使の名刺」の贈呈

北竜町・佐野豊 町長より、「ひまわり観光大使の委嘱状」と「観光大使の名刺」が贈呈されました。


北竜町ひまわり観光大使委嘱状 
北竜町ひまわり観光大使委嘱状

北竜町ひまわり観光大使・名刺 
北竜町ひまわり観光大使・名刺


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


北竜町・佐野豊 町長ご挨拶

「今、北竜町は第33回のひまわりまつりの真っ最中です。北竜町のひまわりの里は面積23ha、東京ドームの約5倍で、ひまわりの花は約200万本咲き誇ります。この200万本のひまわりの花が、清水ひまわりさんを歓迎いたしております。これからも北竜町のひまわりの里をよろしくお願い申し上げます。

ひまわりさんの芸名が『清水ひまわり』であり、北竜町にご縁のあるお名前です。JAきたそらち北竜支所の星野 支所長が清水ひまわりさんを知り、今日の交付式に繋げていただいました。ひまわりやひまわりライス等の北竜町の農業を応援していただきます。

私達は、北竜町からひまわりさんを応援していきたいと思います。北竜町でひまわりさんの応援団も設立しております。会員の方も一気に増えていますし、ひまわりさんを全国的なメジャーになってほしいと願っています。ひまわりさん、今後とも、北竜町をよろしくお願いいたします」。


北竜町・佐野豊 町長と清水ひまわりさん 
北竜町・佐野豊 町長と清水ひまわりさん


清水ひまわりさんご挨拶


清水ひまわりさんご挨拶 
清水ひまわりさんご挨拶


「北竜町観光大使に就任させていただきました、高校2年生16歳の清水ひまわりです。私は普段東京を中心にアイドル活動をメインに、女優やタレントとして活動させていただいているのですが、こんな無名な私を観光大使に選んでいただき感謝しかございません。本当にありがとうございます。

北竜町観光大使にしていただいたので、たくさん頑張って北竜町やひまわりの里をアピールできるように努めて参ります。これからも、北竜町と清水ひまわりを宜しくお願い致します」。

ひまわりライス1年分(60kg)&きたくりんのご飯パック贈呈

さらに、ひまわりライス生産組合の川村功 組合長より、ひまわりライス1年分(60kg)贈呈プレート、そして、JAきたそらち北竜支所・北清裕邦地区代表理事よりきたくりんのご飯パックが贈呈されました。

ひまわりライス生産組合の川村功 組合長ご挨拶

「北竜町の安心安全なお米を沢山食べて、まだまだ成長過程で身長も伸びていく清水ひまわりさん。これからのますますのご活躍を祈念して、北竜町のお米を贈呈したいと思います」と、川村組合長。


北竜ひまわりライス生産組合・川村 功 組合長 
北竜ひまわりライス生産組合・川村 功 組合長


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事ご挨拶

「清水ひまわりさん、北竜町が心をこめて作ったお米を贈呈します。いっぱい食べて大きくなってください!」と、北清地区代表理事。


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


北竜町ひまわり観光大使委嘱状交付式 & ひまわりライス贈呈式が終了となりました。


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


報道関係の取材

北竜町役場応接室にて、報道関係者の取材がありました。


北竜町役場応接室にてインタビュー 
北竜町役場応接室にてインタビュー


清水ひまわりさんは、2002年11月生まれ、神奈川県横横浜市出身。16歳。2016年2月にマジカルパンチラインが結成され、7月にデビュー。


清水ひまわりさん 
清水ひまわりさん


▶Q:ひまわり観光大使の就任についての感想をお聞かせください。


北海道新聞・矢野旦 記者の質問 
北海道新聞・矢野旦 記者の質問


清水ひまわりさん:
最初、観光大使のお話を伺ったとき、とてもびっくりしました。アイドルの中でも、そんなにメジャーではないので、驚きました。
どんな活動をすればいいのかなと思っていたのですが、実際、北海道北竜町のひまわりの里で就任の挨拶をしたとき、これからひまわり観光大使として北竜町をアピールしていくのだなぁという実感が湧いてきました。
今、PRの方法の一つとして、ツイッターで、定期的に北竜町の話題(ひまわりの様子、農産物の様子など)を発信できたらと考えています。


インタビューの様子 
インタビューの様子


▶Q:北竜町の町に対してどんな印象をもちましたか?
ひまわりさん:ひまわりの数が想像以上に多く感じました。一面のひまわりという言葉から、ちょっと広い公園くらいをイメージしていたのですが、視界が全部ひまわりだったのです。驚きと同時に、こんな素敵な場所の観光大使になれて嬉しいなと思いました。

▶Q:北海道のイメージは?
ひまわりさん:北海道は寒いというイメージが強かったのです。でも来てみたら暖かいのですが、ジメジメしてなくてカラッとしていて、すごしやすいなと感じました。


質問に朗らかに答える清水ひまわりさん 
質問に朗らかに答える清水ひまわりさん


▶Q:北竜町のひまわりは、海外の人々から注目を浴びていますが、清水ひまわりさんも海外をめざしてアイドル活動を行っていきたいですか?
ひまわりさん:ハイ! グローバルなアイドルや女優を目指していきたいです!

▶Q:お米は好きですが?
ひまわりさん:好きです。炊きたてを食べてみたいです!

▶Q:本名「ひまわり」について、自分自身どう感じていますか?「ひまわりの花」についてはどう思いますか?
ひまわりさん:ひまわりは、両親の好きな花で、「ひまわりの花のように、大きくのびのびと育つように」という意味をこめて名付けてくれた名前です。実際大きく育って、「名は体を表す」の意味の通りで、自分にはぴったりかなと思っています(笑)。
「ひまわりの花」は好きです。子どもの頃に、ひまわり畑に連れていってもらったりしたので、その頃の写真があります。「ひまわり」という名前でご縁が繋がって嬉しいです。ひまわりのように堂々として、凛とした女性になりたいと思います。


爽やかな笑顔の清水ひまわりさん 
爽やかな笑顔の清水ひまわりさん


「昼食に『黒千石おにぎり』と『ひまわりメロン』をいただいたのですが、とっても美味しかったです」と、素敵な笑顔で語ってくださった清水ひまわりさんです。


北竜町バックパネルの前で 
北竜町バックパネルの前で

清水ひまわりさん観光大使をプロデュースされたJAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
清水ひまわりさん観光大使をプロデュースされたJAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


清水ひまわりさん・北竜町ひまわり観光大使ご就任のプロデューサー:JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長のお話

先日、お忙しい中、JAきたそらち北竜支所にて、星野忠雄 支所長(59歳)のお話を伺いました。

「私がアイドルにご縁を持つようになったきっかけは、息子が旭川市の高校でバスケット部だった時のマネージャーが『橋本奈々未』さんだったことです」と、星野忠雄 支所長。

橋本奈々未さんは、驚いたことにその後「乃木坂46」のメンバーになったのです。そして、橋本奈々未さんの一番の仲良しメンバーが「深川麻衣」さん。「深川」というご縁が繋がっていきました。3~4年前、深川麻衣さんも橋本奈々未さんも、乃木坂46を卒業しています。現在、深川麻衣さんは、女優として映画やドラマに活躍中です。

そして、アイドルにアプローチするきっかけとなったのは7年前、星野忠雄 現支所長がJAきたそらち深川支所米穀部長だった時。「深川米(ふかがわまい)」の販売戦略として、「深川米」と「深川麻衣」と同音ということから、当時アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで、デビューしたばかりの「深川麻衣」さんに深川米のPRの協力を依頼したのです。OKを契機に、「ふかがわまいプロジェクト」が進展し、深川市で『走れ! Bicycle』の限定盤特典DVDプロモーションビデオに『深川麻衣 × JAきたそらち』として収録されました。(『深川麻衣 × JAきたそらち』Youtubeはこちら >>

星野 支所長は、深川麻衣さんの仲良しだった橋本奈々未さんを知っていたということもあり、ためらうことなく、先方の事務所に手紙を出してアプローチ。先方からOKをもらい、プロジェクトが実現しました。


JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


その後、星野さんが北竜支所の支所長として異動となった2016年、2月に女性アイドルグループ「マジカル・パンチライン」が結成され、7月にはポニーキャニオンよりメジャー・デビュー。「清水ひまわり」さんの存在を知り、その頃より、構想を温めていた星野 支所長。

星野 支所長は、ひまわりライス販売促進活動で、パシフィコ横花(神奈川県横浜市)、幕張メッセ(千葉県幕張市)等のアイドルイベントで、お米を販売しました。イベントでアイドル達がお米をPRすると、米が飛ぶように売れていったのです。アイドルの威力を目の当たりにしました。星野さんは「アイドル」パワーが米の販売促進に繋がり、さらに町を活性化させるに違いないと確信したのです。

北竜町役場に清水ひまわりさんを北竜町ひまわり観光大使にどうかと打診したところ、佐野町長は快諾。北竜町役場企画振興課・市場義弘 係長が奔走。清水ひまわりさんが北竜町のひまわり観光大使として活動する委嘱が実現したのです。

「7年間温めていた夢が実現しました! 清水ひまわりさんには『北竜町ひまわり観光大使』として、今後、様々な企画を通じて、北竜町を明るく元気にしていただきたいと願っています」と笑顔で語ってくださった星野支所長です。


JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長 
JAきたそらち北竜支所・星野忠雄 支所長


ひまわりの里での撮影会


ひまわりの里サインの横で 
ひまわりの里サインの横で

満開のひまわりと 
満開のひまわりと

ひまわりに囲まれて 
ひまわりに囲まれて

ひまわりの海 
ひまわりの海

満開の笑顔とひまわりさん 
満開の笑顔とひまわりさん


ひまわり咲ちゃん&アグリファイターノースドランと撮影会


北竜町キャラクター・ひまわり咲ちゃんと 
北竜町キャラクター・ひまわり咲ちゃんと一緒に

アグリファイターノースドラゴンと一緒に 
アグリファイターノースドラゴンと一緒に

みんな一緒にガッツポーズ 
みんな一緒にガッツポーズ


ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長のハウスにて収穫体験・試食

旬を迎えている北竜町ひまわりスイカの収穫体験 & 試食が、ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長のすいかハウスにて 行われました。


ひまわりすいかと清水ひまわりさん 
ひまわりすいかと清水ひまわりさん

よく冷えたひまわりすいか 
よく冷えたひまわりすいか


黄色のひまわりメロンを頬張り、「めっちゃ、美味しい!」を連発する清水ひまわりさん!


いただきま〜す! 
いただきま〜す!

関係者一同でいただきます 
関係者一同でいただきます

ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長と記念撮影 
ひまわりすいか組合・渡辺俊成 組合長と記念撮影


その日のスケジュールが一通り終了し、サンフラワーパーク北竜温泉にて、関係者の方々との懇親会開催となりました。


サンフラワーパーク北竜温泉 
サンフラワーパーク北竜温泉


▶ メロン収穫試食体験、役場町長室挨拶、和保育園訪問

翌日8月8日(木)、メロン収穫試食体験、役場町長室挨拶、和保育園訪問が行われました。
翌朝、朝から雨となったので、予定していたひまわりの里での撮影は中止となり、室内撮影に変更。その後、メロン収穫試食体験、北竜町役場・町長室にて佐野豊 町長にご挨拶、和保育園訪問となりました。

農事組合法人ほのかメロンハウスにて収穫・試食体験撮影


清水ひまわりさんひまわりメロン収穫体験 
清水ひまわりさんひまわりメロン収穫体験

ひまわりメロンとったど〜! 
ひまわりメロンとったど〜!

ひまわりメロンと一緒に 
ひまわりメロンと一緒に


農事組合法人ほのか・選果場でメロン試食

メロンハウス内でメロンの収穫体験をした後、選果場でメロン試食。選果場では、ほのかの皆さんが、収穫後のメロン磨きを箱詰めが行われていました。皆さんが見守る中、マネージャーをはじめ、関係者の方々とともにひまわりメロンを試食!


農事組合法人ほのかにてひまわりメロン試食会 
農事組合法人ほのかにてひまわりメロン試食会

いただきま〜す! 
いただきま〜す!

よく冷やされたひまわりメロン 
よく冷やされたひまわりメロン

美味しい〜! 
美味しい〜!


「収穫して日にちが経っていないので、まだ硬さが残るメロンです。数日おいて追熟させると豊潤な味わいと柔らい口当たりのメロンになります。硬めも柔らかめも好みがあるので、食べ方も色々です」と農事組合法人ほのか・水谷茂樹 代表理事。


和気藹々のひまわりメロン試食会 
和気藹々のひまわりメロン試食会


「甘くて、ジューシー、美味しいメロン!」と清水ひまわりさん。


ひまわりメロンと清水ひまわりさん 
ひまわりメロンと清水ひまわりさん


メロンを堪能した後は、ひまわりさんに色紙とメロンにサインをしていただき、皆さん一緒に記念撮影!


ほのかさんへのサイン色紙 
ほのかさんへのサイン色紙

水谷恵さん・サイン色紙と一緒に 
水谷恵さん・サイン色紙と一緒に

ひまわりメロンにサイン 
ひまわりメロンにサイン


素敵な思い出となりました! ありがとうございました!!!


全員でピース! 
全員でピース!


この後、移動して北竜町役場町長室へ。佐野町長への挨拶、そして記念撮影。さらに最後の訪問先の和保育園へと向かいました。

ひまわりのように明るくて可愛い清水ひまわりさん、北竜町観光大使として、太陽のように輝き、美しくきらめいて、今後益々ご活躍されますことを心よりお祈りいたします。


太陽のように輝き、美しくきらめいて 
太陽のように輝き、美しくきらめいて


写真(348枚)はこちら >>

関連記事・サイト


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


1-10 of 348