文化・活動

特集記事・目次        ・農業        ・農畜産物直売所・情報       ・町内会        ・サークル活動       ・スポーツ

お食事処 向日葵(ひまわり)オープン!(北竜町)1日20食限定の北竜町産そば粉を使った手打ちそばも味わえます

2018/05/16 17:21 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/05/17 7:54 に更新しました ]

2018年5月17日(木)

5月15日(火)、北竜町和に、お食事処「向日葵(ひまわり)」が新規オープンしました。


町民に親しまれてきた年季に入った建物 
町民に親しまれてきた年季の入った建物


ラーメン、丼物、定食など種類も豊富、そして日替わりランチには、コーヒーがサービス。オープン日の日替わりランチはまぐろ生姜焼き丼。

お米は、第46回日本農業賞大賞を受賞した「ひまわりライス生産組合」の「おぼろづき」。夏には、北竜町産の野菜がどんどん登場するとのこと。北竜町を存分に味わえるお食事処です。


日替わりランチ 
日替わりランチ


食後のコーヒー(日替わりランチに付いてくる) 
食後のコーヒー(日替わりランチに付いてくる)


そばセット(そば+おむすび) 
そばセット(そば+おむすび)


そば湯 
そば湯


天丼 
天丼


さらに、店主である佐藤光男さん(39歳)が、自ら手打ちする蕎麦(北竜町産そば粉使用)が、1日20食限定でご提供。お店は、奥様・裕子さん(44歳)、娘さん・三奈さん(21歳)の3人で切り盛りされています。


佐藤光男さん、奥様・裕子さん、娘さん・三奈さん  
左から:佐藤光男さん、奥様・裕子さん、娘さん・三奈さん


店内は、カウンター席と小上がりで客席数40席ほどで、ゆったりと広々とした空間広がっています。


小上がり 
小上がり


カウンター席 
カウンター席


オープン当日、ランチタイムには、60人以上のお客様が訪れ、良好なスタートです。
2時からのカフェタイムには、イチゴパフェをオーダーするお客様もご来店!!!


カフェタイムにパフェを楽しむ 
カフェタイムにパフェを楽しむ


イチゴのミニパフェ 
イチゴのミニパフェ


オーナー佐藤光男さんは、北竜町出身。実家は農業(農事組合法人豊竜農場の元構成員)。

佐藤さんは、高校卒業後、星野リゾートトマムのホテルで、料理人としての人生をスタート。その後、様々な飲食店で修行を重ねる。料理が好きで、地元で自分の店を持つことを夢に描きながら、これまで努力を続け、念願かなってお店を開くことが実現しました。

「地元で応援してくださる方々も多く、心強いです。北竜町産のそばが食べたいという要望を耳にしていたので、地元のそば食楽部北竜で腕を磨き、毎朝5時から20食(2kg)を手打ちしています。どなたでも、気楽に訪れていただけるようなお店にしたいと思います」と、優しい笑顔でお話くださった佐藤さんです。


お祝いの花束 
お祝いの花束


地元の人々の沢山の応援のもと、夢が叶ってオープンしたお食事処、
地元で味わう手打ち北竜そば、美味しいお料理のお店「向日葵」に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


写真(28枚)はこちら >>

関連記事
(お知らせ)5月15日(火)オープン・お食事処 向日葵(ひまわり)(2018年5月14日)


           お食事処 向日葵(ひまわり)
地図:お食事処 向日葵北海道雨竜郡北竜町和7−6
Tel:0164ー34ー6009(FAX共用)

【営業時間】11:00〜20:00
【定休日】 日曜日(予定)
【夏季】  ひまわりまつり開催中は
      ひまわり観光センター内で開店予定。
【駐車場】 店の裏側に6台分程あり


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA)オープン!

2018/04/22 23:19 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/04/22 23:37 に更新しました ]

2018年4月23日(月)

北竜町の第三セクター (株)北竜振興公社(佐野豊 代表取締役)が運営する北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA)が、いよいよ4月21日(土)9時30分、オープン!!!


北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA) 
北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA)


オープンに先駆け、オープニングセレモニーが、施設前の駐車場にて開催されました。沢山の来賓の方々や町民にお集まりいただき、盛大に執り行われました。


オープニングセレモニー 
オープニングセレモニー


(株)北竜振興公社・佐野豊 代表取締役よりご挨拶

(株)北竜振興公社・佐野豊 代表取締役 
(株)北竜振興公社・佐野豊 代表取締役


「北竜町では、稲の種まきが一斉に始まり、田んぼの耕起など、農業の町・北竜町が、最も忙しい季節を迎えます。本日ここに、北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA)が、関係機関のご支援とご協力を賜り、無事竣工し、グランドオープンの日を迎えましたことに、心より感謝と御礼を申し上げます。

今日のオープン式には、通常国会開催中で極めてご多忙の中、衆議院議員・稲津久 代議士、渡辺孝一 代議士に出席をいただき、華を添えていただきました。誠にありがとうございます。この度に、商業施設の建設に対し、大きなご尽力を賜りましたことに、改めまして感謝を申し上げます。また、ご出席をいただきました多くのご来賓の皆様におかれましても、ご多忙の中ご出席いただきまして、誠にありがとうございます。

かえりみますと、平成25年11月Aコープ閉店協議から、4年半の歳月が流れました。この間、町民の皆様、関係機関の皆様から、数多くのご意見ご要望をいただき、また、経済産業省のご支援もいただいて、昨年7月に整備の着手をさせていただきました。そして、本日この日を迎え、誠に感無量です。

北竜町商業活性化施設・ココワ(COCOWA)は、北竜町商店街活性化施設の核施設であります。また、高齢化が著しい本町にあって、買い物難民を作らないで欲しいという、多くの町民に皆さんが待ち望んでいた施設でもあります。

施設の核となります「スーパーマケット」は、生活協同組合コープさっぽろのご協力を賜り、豊富な商品数や、種類を取り揃え、安定した価格と充実したサービスの提供に努めて参ります。またコミュニティスペースや多目的スペースは、町民の憩いの場や、活動の場としてご利用いただけるスペースとなっております。今後は、数多くのイベント等を考えておりますので、町民の皆さん、是非、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

本町の人口も2,000人を割り、益々過疎化が進行しておりますが、町民の皆さんが、安心してこの町に住み続けていただけるよう、今後とも施設の充実を一層図ってまいりますので、北竜温泉と同様に、皆様のご利用ご愛顧を宜しくお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました」。


来賓の方々のご紹介

来賓の方々のご紹介 
来賓の方々のご紹介

衆議院議員・稲津久 様、衆議院議員・渡辺孝一 様、生活協同組合コープさっぽろ常務理事・岩藤正和 様、開発本部長・横澤秀明 様、店舗本部長・村上伸吾 様、北空知信用金庫理事長・廣上光義 様、北竜町議会議長・佐々木康宏 様、北竜町商工会会長・藤井雅仁 様、きたそらち農協協同組合代表理事組合長・柏木孝文 様。


寄贈品目録受領

・樋口・北創経常建設共同事業体様よりカスケードガレージ2連1棟を寄贈
・北空知信用金庫様から車椅子の寄贈


寄贈品目録受領 
 
寄贈品目録受領 
寄贈品目録受領


感謝状贈呈

施設整備にご尽力いただいた施工業者、工事監理業者に感謝状を贈呈。

・樋口・北創経常建設共同事業体様:(株)樋口組様、(株)北創様
・塩見・金山若林・大輪経常建設共同事業体:
 塩見(株)様、(株)金山若林様、大輪興業(株)様、(株)コムズワーク様


感謝状贈呈 

感謝状贈呈 

感謝状贈呈 

感謝状贈呈 
感謝状贈呈


テープカット

(株)北竜振興公社・佐野豊 代表取締役、北竜町商工会・藤井雅仁 会長、衆議院議員・稲津久 代議士、衆議院議員・渡辺孝一 代議士、北竜町議会・佐々木康宏 議長、生活協同組合コープさっぽろ・岩藤正和 常務理事、きたそらち農協協同組合・柏木孝文 代表理事組合長により、テープカットが行われました。


テープカット 
テープカット


お客様方の入店

列をなしてお待ちかねのお客様方が入店です!!!
野菜・果物・肉・魚・乳製品など生鮮食品をはじめ、お惣菜など種類も豊富で、日常雑貨なども充実しています。店内は所狭しとお客様でいっぱいです。


COCOWAお客様方の入店 

COCOWAお客様方の入店 

COCOWAお客様方の入店 

COCOWAお客様方の入店 

COCOWAお客様方の入店 
列をなしてお待ちかねのお客様方が入店


商業機能

スーパーマーケットは、「コープさっぽろ」から商品を仕入れ、運営ノウハウの提供を受けながら、(株)北竜振興公社が運営。


商業機能 

商業機能 

商業機能 

商業機能 
商業機能


施設概要

・2018年2月23日竣工 ・建物:鉄骨造り陸屋根平屋建て・面積770.78平方メートル
・併設:北竜町商工会事務所
・スーパーマーケット、コミュニティースペース、多目的スペース、支え合いセンター、
 観光案内コーナー、キャッシュサービス(農協ATM)
・駐車場:44台収納可能

▶ 事業費(税込み・ココワパンフレットより引用)

・建設工事費     317,250千円
・建設その2工事費    2,376千円
・駐車場整備工事費   37,422千円
・工事管理他委託業務   6,867千円
・備品購入費      12,031千円

・地域・まちなか商業活性化支援事業費
 補助金(地域商業自立促進事業)79,951千円


xxx 
キャプション

ココワパンフレット 

ココワパンフレット 
ココワパンフレット


コミュニティスペース

コミュニティスペースは、自由に休憩や飲食ができる場であり、サークル活動や会合など自主的に集い、親睦を深める場所として利用。


コミュニティスペース 
コミュニティスペース

コミュニティスペース 
コミュニティスペースのキッチンコーナー


和地域支え合いセンター

和地域支え合いセンターは、地域の高齢者が集い、健康相談や軽運動など多目的に利用できる場所。


和地域支え合いセンター 
和地域支え合いセンター

多目的ホール 
多目的ホール


観光案内コーナー

観光案内コーナーには、スタッフが対応。また、フリーのWIーFIが設置されるなどきめ細かいサービスが提供されています。


観光案内コーナー 
観光案内コーナー


キャッシュサービス(農協ATM)

キャッシュサービス(農協ATM) 
キャッシュサービス(農協ATM)


町民が集い、心と心が和(輪)になって、
美味しさと楽しさを分かち合い、親睦を深め合う「ココワ・COCOWA」に
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


門出を祝う 
門出を祝う


写真(112枚)はこちら >>


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


交通事故死ゼロ4,000日達成記念町民集会・北海道警察音楽隊演奏会・人の波運動 開催!

2018/04/19 21:48 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/04/25 1:49 に更新しました ]

2018年4月20日(金)

平成30年の北海道の交通安全年間スローガンは「ストップ・ザ・交通事故 ~ めざせ安全で安心な北海道」。
交通ルールの遵守や思いやりのある交通マナーの実践が主体的に行われ、一人ひとりの交通安全意識の高揚を図ることを目的とした運動が各地で展開。7大セーフティキャンペーンを軸として、交通安全運動が展開されています。

 <7大セーフティキャンペーン>
  1.高齢者事故防止     5.自転車走行ルール・マナーアップ
  2.飲酒運転根絶      6.居眠り運転防止
  3.シートベルト全席着用  7.デイ・ライト実践
  4.スピードダウン

北竜町は、平成30年4月15日(日)、交通事故死ゼロ4,000日を達成いたしました。


北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ4,000日達成記念」 
北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ4,000日達成記念」


翌4月16日(月)、北竜町公民館大ホールにて、北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ4,000日達成記念」、そして祝賀記念イベントとして、北海道警察音楽隊演奏会、更に国道275号線沿いにて交通安全街頭啓発運動、およそ300人(集会100人、北海道警察音楽演奏会300人、人の波運動250人)の町民の方が参加し繰り広げられました。
北竜町・北竜町交通安全協会の主催、深川警察署・沼田地区交通安全協会連合会の協賛です。


北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ4,000日達成記念」 
北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ4,000日達成記念」


< 交通安全町民集会 >

交通安全町民集会の模様 
交通安全町民集会の模様


司会進行は、北竜町役場住民課・有馬一志 課長。交通事故犠牲者に対する黙祷が捧げられました。


北竜町役場住民課・有馬一志 課長 
北竜町役場住民課・有馬一志 課長


主催者挨拶:北竜町・佐野豊 町長

北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「交通事故死ゼロ 4,000日達成記念町民集会に大勢の方々にお集まりいただき、誠にありがとうございます。心から感謝と御礼を申し上げます。大変お忙しい中、深川警察署・有倉久署長をはじめとして、大勢のご来賓・関係各位の方々にご参列いただき心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございます。

皆さんご存知の通り、北竜町は、275号線と233号線の2本の国道が東西南北に交差している町です。道道増毛稲田線、高規格道路留萌線と交通網が整備されております。車両も多く、通過される方々の交通事故も極めて多い道路です。

そのような状況の中、昨年は交通事故死ゼロ10年を迎えました。本日またここに、交通事故死ゼロ4,000日を達成することができました。

このことは、町民皆さんの交通事故に対する本当に深いご理解とご協力の賜であります。また、交通安全指導員さんのご指導のもと、交通安全に関わってこられた多くの関係者の皆様の努力のお陰だと思っています。重ねて皆様に感謝と御礼を申し上げます。

本日は、北竜町交通安全町民集会の後に、北海道警察音楽隊による演奏やカラーガート隊の皆さんに花を添えていただくことと成っております。引き続き参加をお願いいたします。

これから、ゴールデンウィークそして「ひまわりまつり」など観光シーズンを迎えますので、尚一層交通量が増えて参ります。本日の町民集会を契機に、交通事故ゼロを目標に5,000日を目指して、町民一丸となって交通安全運動の推進を皆様にお願いします。4,000日達成! 皆さん、ありがとうございました!」。


北竜町交通安全協会・板垣義一 会長

北竜町交通安全協会・板垣義一 会長 
北竜町交通安全協会・板垣義一 会長


「交通事故死ゼロ4,000日達成記念町民集会に大勢の方々にお集まりいただき、厚くお礼申し上げます。平成27年7月20日に3,000日を達成いたしました。昨年5月4日には、死亡事故ゼロ10年を達成することができました。そして今年4月15日をもちまして、4,000日を迎えることができました。

この北竜町は高規格道路・留萌道が開通したとはいえ、国道2本に道道94号増毛稲田線が走り、交通量は少ないとは言えません。常日頃より、町民の皆様方の交通安全に対する意識の高さと深川警察署をはじめ、各関係機関の方々の取り組みが結果に繋がっていると思います。

特筆すべきことは、この北竜町全戸が交通安全協会会員であり、会費を払って交通安全を展開していることに大きな意義があると思います。町民一丸となっての交通安全運動の推進をお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。本日は大変ありがとうございました」。


来賓祝辞:北竜町議会・佐々木康宏 議長


北竜町議会・佐々木康宏 議長 
北竜町議会・佐々木康宏 議長


「交通事故死ゼロ4,000日達成は、北竜町民として大変嬉しく誇りに思います。

北竜町は、交通量の厳しい道路が走っています。「ひまわりまつり」には30万人を超える人々が来町しますので、その中で厳しい交通環境だと思っています。

小さな町で、小さいから交通網が整っているというのではなく、皆さんの日頃の連携のお陰だと思っています。

今、北竜町のロゴデザインが出来上がり、町長を筆頭に『あかるい北竜町』のデザインとなっております。北竜町があかるいというデザインの中に、今日の町民集会のように、皆さんが一同に介して笑顔で集会を行うことが北竜町のデザインの要素になっていると聞きました。

町民の明るさ、交通安全協会のいつもの笑顔、役員さん方の親しい活動、深川警察署長さんの信頼ある交通指導のお陰だと思います。北竜町民のひとりとして嬉しく思います。これを境に、さらに継続なされるように心から願っております。本当におめでとうございます」。


深川警察署・有倉久 署長

深川警察署・有倉久 署長 
深川警察署・有倉久 署長


「本日、北竜町交通事故死ゼロ4,000日達成記念が、盛大に開催されましたことを心よりお喜び申し上げます。北竜町の皆様、4,000日達成、おめでとうございます。

平成19年5月を最後に、交通死亡事故が発生していないという輝かしい記録を達成したことは、北竜町の皆様が、交通安全に対する深いご理解と交通安全教育を実践の場で再現している賜であると思います。 また北竜町をはじめとして、北竜町交通安全協会、さらには北竜町交通安全指導員会と関係各機関の方々にありましても、常日頃から交通安全に対する活発な各種活動がこの記録に現れたのだと思います。

北竜町の治安を守る警察署として、非常に喜ばしく、また北竜町の皆様の交通安全に対する真摯な活動と気概がひしひしと感じられ、北竜町の誇りがまたひとつ増えたことに関しまして、心より敬意を表する次第です。

4,000日をひとつの節目として、5,000日、6,000日と交通事故死ゼロが続くよう、警察署といたしましても、北竜町の皆様に負けないよう最大限の努力をしたいと思います。 北竜町の皆様におかれましては、今後共、交通事故で尊い犠牲がありませんよう、交通安全に対してご尽力賜りますようお願い申し上げます。

北竜町の皆様の今後益々のご発展と本日お集まりの皆様のご健勝を心から祈念いたしまして、お祝いの言葉とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます」。


ご来賓の方々のご紹介

 ・北竜町議会議長・佐々木康宏 様
 ・深川警察署長・有倉久 様
 ・深川警察署沼田警察庁舎所長・嵯峨康成 様
 ・深川警察署交通係長・瀧田聡 様
 ・深川警察署和駐在所長・富所秀樹 様
 ・深川警察署碧水駐在所長・藤原公平 様


ご来賓の皆様 
ご来賓の皆様


深川警察署長より感謝状の贈呈

 ・北竜町交通安全協会
 ・北竜町交通安全指導員会

「貴協会(指導員会)は、交通安全の重要性を良く認識され、多年に渡り、交通安全活動に取り組み、北竜町交通事故死ゼロ4000日を達成するなど、交通事故抑止に大きく貢献されました。ここに深く感謝の意を表します。
平成30年4月16日 旭川方面深川警察署長 警視 有倉久」。


感謝状・北竜町交通安全協会 様 
感謝状・北竜町交通安全協会 様

感謝状・北竜町交通安全指導員会 様 
感謝状・北竜町交通安全指導員会 様

感謝状の贈呈 
感謝状の贈呈


以上をもちまして、交通事故死ゼロ4,000日達成記念集会は終了となりました。


北竜町交通安全指導員の皆さん 
北竜町交通安全指導員の皆さん


引き続き、記念事業として北海道警察音楽隊・カラーガード隊による演奏会を改善センター体育館にて開催いたします。


< 北海道警察音楽隊演奏会 >

司会進行は、住民課・高橋敦 課長補佐。


住民課・高橋敦 課長補佐 
住民課・高橋敦 課長補佐


「北海道警察音楽隊による演奏会を開催いたします。本日、交通事故死ゼロ4,000日達成に合わせ、札幌からお越しいただき、今日の達成日に花を添えていただきます。

北海道警察音楽隊は、昭和31年に発足し、今年で設立62年目を迎えます。北海道警察本部広報課に所属され、交通安全運動や防犯運動などパレードや演奏会をはじめ、小中学校・養護学校などで音楽教室や音楽鑑賞会など幅広い演奏活動を行っております。

それでは早速、北海道警察音楽隊の皆さんの演奏をお楽しみいただきたいと思います」。


カラーガード隊員からのご挨拶


カラーガード隊員からのご挨拶 
カラーガード隊員からのご挨拶


「お集まりの皆さん、こんにちは! 北海道警察音楽隊です。本日は、北竜町交通事故死ゼロ4,000日達成町民集会にお招きいただき、ありがとうございます。和保育園、真竜小学校、北竜中学校の皆さん、今日はこの集会に足を運んでいただき、ありがとうございます。

この交通事故死ゼロ4,000日という大記録の達成は、皆さん一人一人の交通安全に対する意識の高さと地道な努力があったからこそ、今回の素晴らしい記録に繋がったことと思います。

今日は、記録達成のお祝いとともに、さらに5,000日6,000日と記録が続きますようにという想いをこめて、演奏させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします」。


北海道警察音楽隊 
北海道警察音楽隊


演奏曲

1.『聖者の行進』

2.『明日があるさ』
1968年に発表された、今は亡き坂本九さんの名曲。ノリの良いリズムと前向きな歌詞は、多くの人々に親しまれ、発表から50年以上経ちましたが、未だに歌い継がれています。今日は、この局を演奏して、皆さんに元気をお届けします。

3.『夢をかなえてドラえもん』(ドラえもんの主題歌)

4.『トロンボナンザ』
トロンボーンのメンバーがラテンのリズミに乗って、軽快なメロディーを奏でます。トロンボーン特有の「スライド」と呼ばれる部分を伸ばしたり縮めたりして音程を変えています。この長いスライドの音に注目してお聞きください。

5.『北酒場』
この曲は、1985年に真狩村出身の歌手・細川たかしさんが歌い、その年の日本レコード大賞を受賞しました。曲調が演歌というよりも歌謡曲に近いところがあるため、演歌のあまり馴染みのない方にも親しまれ、大ヒットとなりました。明るいエネルギッシュなこの演歌は、細川さんの人柄にぴったしです。


迫力の演奏 
迫力の演奏

流麗な指揮 
流麗な指揮


碧水駐在所・藤原公平 所長のお話

音楽隊&カラーガード隊によるステージドリルの準備が整うまで碧水駐在所・藤原公平 所長にお話を伺います。

碧水駐在所・藤原公平 所長 
碧水駐在所・藤原公平 所長


〇司会:準備ができる間、北竜町の安全を守る碧水駐在所・藤原公平所長にお話を聞いてみたいと思います。藤原所長お願いします! まず、自己紹介をお願いします。

〇藤原所長:皆さん、こんにちは、碧水駐在所の藤原です。碧水駐在所へは、平成28年4月に来て、今年で3年目に入ります。名前は藤原公平です。年齢30歳で、妻、長男、次男、長女の5人家族です。

こちらに赴任した時の第一印象は、住民の方に引っ越しを手伝ってもらったり、歓迎会を開いてもらったりとか、地域の方々が温かく感じました。

また、3年間過ごしてきて、大きな事件もなく、皆さんのお陰で、家族の時間を大切に、ゆっくりと生活できているので、これからもよろしくお願いします。

〇司会:その温かい北竜町の好きな食べものや好きな場所を教えてください。

◎藤原所長:好きな場所は、今はまだ咲いていませんが、ひまわりの里が綺麗だと思います。冬は、子どもたちを連れて、スキー場にいってましたので、スキー場が大好きです。

好きな食べものは、特産品の「ひまわりライス」「ひまわりメロン」「ひまわりすいか」です。こちらに来て、徐々に体重も増加傾向にありますので、雪も溶けたので、これからランニングなどしてダイエットしたいと思います。

〇司会:深川警察署では、どんなことに力を入れて取り組んでいるのでしょうか?

◎藤原所長:力を入れて取り組んでいるのは、交通事故防止と特殊詐欺被害防止です。

交通事故防止の関係は、北竜町は地域の住民の方々や関係団体の方々のご協力があり、4,000日を迎えられました。全道的には死亡事故も発生していますし、今後、「ひまわりまつり」などで、交通量も増加してきますので、皆様も交通事故を起こさないように、さらなる5,000日6,000日を目指してほしいなと思います。

特殊詐欺も全道的に発生し、北竜町にも詐欺のはがきなど届いています。皆さんのところに届いた際には、誰かに相談するなど、被害に合わないように充分注意してほしいと思います。

〇司会:最後に地元警察から皆さんにお伝えしたいことがあればお願いします。

◎藤原所長:北竜町には大きな事件事故はありませんが、昨年、北竜町内で車上狙いが2件発生しております。我々もパトロールを強化しています。葬儀や行事に参加する歳には、車の中に荷物を置かないよう、ドアロックをして皆さんも注意していただければと思います。

最後に、犯罪や事故のない、安全で安心して暮らせる北竜町を目指して活動していきますので、今後共宜しくお願いします。

〇司会:ありがとうございました!碧水駐在所・藤原部長でした!


音楽隊&カラーガード隊によるステージドリル

準備が整いましたので、音楽隊の演奏にのせて、カラーガード隊による演技やダンス、音楽隊員によるシンバルを使った演技など、様々なパフォーマンスを次から次へと繰り広げます。題して「ミュージック・パトロール2018 in 北竜町」をどうぞお楽しみください!


ポンポン演技 
ポンポン演技

フラッグ演技 
フラッグ演技



シンバル演技

シンバル演技 
シンバル演技



音楽劇「ついていかないで」

ステージ途中には、下校途中に知らない人からの連行防止音楽劇「ついていかないで」が演じられました。 北海道警察音楽隊による、素晴らしい演奏、演技をありがとうございました。



お礼の花束贈呈

北竜町地域包括支援センター保健指導係・磯田萌さんより花束が贈呈されました。


お礼の花束贈呈 
お礼の花束贈呈


人の波運動

交通安全街頭啓発運動は、真竜神社から真竜小学校までの約150mに及ぶ国道275号線沿いで、町民集会参加者全員、和保育園園児、真竜小学校生徒、北竜中学校生徒ら、およそ250人が参加。 「スピードダウン」「シートベルト着用」「早めの点灯」などと書かれた交通安全の旗を掲げ、通過する車両に呼びかけました。


スピードダウン 
スピードダウン

人の波(国道275号@北竜町役場前) 
人の波(国道275号@北竜町役場前)


北竜町の町民が心合わせ、努力し、守り抜いてきた交通規則、
11年の時を超え、交通事故死ゼロ4,000日の栄光の日々を、
町民みんなでお祝いし、尊い生命に感謝する町民集会に、
限りない尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


春の北竜町・JAきたそらち北竜支所周辺 
春の北竜町・JAきたそらち北竜支所周辺


写真(70枚)はこちら >>


◆ 関連記事

北竜町交通安全町民集会「交通事故死ゼロ3,000日達成記念」北海道警察音楽隊演奏会・ジャンボ人の波運動 開催!(2015年7月27日)
北竜町交通安全町民集会・ジャンボ人の波運動 2014 の開催(2014年7月18日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子

北竜町保育所を設計中・隈研吾氏 展覧会「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」@ 東京ステーションギャラリー(東京駅)

2018/04/04 22:08 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/04/04 22:08 に更新しました ]

2018年4月5日(木)

世界的建築家・隈研吾氏の展覧会が、2018年3月3日(土)~5月6日(日)10:00〜18:00(金曜日は20:00まで)、「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」と題して、東京ステーションギャラリー(東京駅ま丸の内北口)にて開催されています。

主催は、東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、隈研吾建築都市設計事務所。


世界的建築家・隈研吾氏「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展示会 
「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展示会@東京ステーションギャラリー


隈研吾氏は現在、2020年に完成が予定されている北竜町の保育所の設計を手がけていらっしゃいます。

隈氏は、1954年横浜生まれ。1979年、東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。

木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称されています。新国立競技場の再設計を手がける他、2020年に開業を予定しているJR品川新駅、デンマークのアンデルセン美術館などの建築物に携わっています。

今回の展覧会は、「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30年に及ぶプロジェクトの集大成です。隈氏は、対話を重ねてきた素材に着目し、時系列ではなく10種類のマテリアル(素材)に分類して展示しています。


くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質 
「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」10種類の素材


「建築は、物質と人間との会話である。物質が違うと、会話の仕方も変わり、こちらの気分も大いに変わってくる。もう一度、様々な物質といきいきとした会話をはじめよう」という隈研吾氏のお言葉です。

展示作品は、2フロワーで展開されており、「竹」「木」「紙」「土」「石」「金属」「ガラス」「瓦」「樹脂」「膜・繊維」の10種類の素材別に建築の数々が展示されています。

それぞれの素材を「積む」「粒子化」「包む」「編む」「支え合う」という「操作」で分類し、いかに組み合わせ建築が成り立っていくかが図式化されています。

各建築事例は、写真、模型、モックアップ(原寸大の部分模型)で紹介され、イメージしやすい展示内容のなっています。


「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 

「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会 
「くまのものー隈研吾とささやく物質、かたる物質」展覧会


それぞれの素材がもつ特徴、しなやかさ、やわらかさ、温かみ、香り、強靭さ、重さ、軽さなどが建築全体で、強烈なイメージとして感じられるデザインの数々です。

既成概念に囚われない奇想天外な柔軟な発想に感動するばかりです!!!
隈研吾氏の素晴らしい建築の数々に出逢えたことに心から感謝です。


東京駅丸の内北口を望んで 
東京駅丸の内北口を望んで


写真(190枚)はこちら >>


◆ 関連サイト

隈研吾建築都市設計事務所
東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -
<インターネットミュージアム> 素材でひもとく、隈研吾の歩み ── 東京ステーションギャラリーで「くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質」(2018年3月1日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


梅原真氏デザイン「あかるい農法 北海道ひまわりの北竜町」北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋 町民発表会

2018/03/28 3:55 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/05/26 2:06 に更新しました ]

2018年3月28日(水)

3月27日(火)18:00〜、「北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋デザイン」が完成し、製作者であるデザイナー・梅原真 氏とコーディネーター・立正大学・鈴木輝隆 特任教授による町民発表会が、北竜町公民館1階講堂にて行われました。ワークショップ参加の皆さんをはじめ、およそ20人の町民が集まり、感動を共有しました。

町民発表に先立って、役場内で、梅原氏、鈴木教授、佐野豊 町長、北竜町議会・佐々木康宏議長、佐光勉 議員、小松正美 議員、松永毅 議員、北竜町役場・高橋利昌 副町長、企画振興課・南波肇 課長、北島勝美 議員、JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事、北竜ひまわりライス生産組合・川村功 組合長を交えた懇談がありました。


懇談会の様子 

懇談会の様子 

デザイナー・梅原真 氏(右)立正大学・鈴木輝隆 特任教授(左) 
デザイナー・梅原真 氏(右)立正大学・鈴木輝隆 特任教授(左)


プロフィール

梅原真(うめばら まこと)氏

高知県高知市出身(68歳)。大阪経済大学経済学部卒業。1980年に梅原デザイン事務所設立。高知の高知の砂浜を美術館にした「砂浜美術館」、「一本釣り鰹の藁焼きたたき」、四万十の自然を生かした「しまんと地栗」、島根県の離島・海士町「ないものはない」などの様々なプロデュースを行い、「一次産業 ✕ デザイン=風景」をテーマに全国各地で活躍中。2016年に「土地の力を引き出すデザイン」で毎日デザイン賞特別賞を受賞。

鈴木輝隆(すずき てるたか)氏

名古屋市出身(68歳)北海道大学農学部卒業。神戸市役所、山梨県庁、総合研究開発機構、江戸川大学を経て立正大学経済学部特任教授。現在、江戸川大学社会学部特任教授。観光まちづくり、地域経営、ローカルデザインなどを専門に、クリエイターと共に各地の地域づくりに関わる。ミツバチのように全国各地を飛び回り、地域とクリエイターを結びつける“みつばち先生”と親しまれる。北海道清里町「清里焼酎ブランド」リ・デザインのプロデュース 、長野県小布施町のまちづくり 、八王子市「TAKAO 599 MUSEUM」のプロデュース などを手がけ全国で活躍中。


18時より場所を北竜町公民館1階講堂に移し、町民への発表が行われました。


北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋町民発表会 
北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋町民発表会


梅原真氏のお話

日本農業賞大賞受賞をきっかけに、「自分たちの町・北竜町はどんな町なのかを考える=形にしてみること」を提案いたしました。

数回のワークショップにて皆さんの話しをお聞きしながら進めていきました。皆さんから沢山の言葉をいただき、例えば「人も米もJAS」「小さな町の大きな安全」「たんぼが笑っている」「町ぐるみでJAS」などを集め、言葉としてエキスを抽出していきました。


漏斗に北竜町の魅力を詰め込む 
北竜町の魅力を詰め込む

ギューッと凝縮して抽出したものがロゴ 
ギューッと凝縮して言葉のエキスを抽出


あかるい農法

「あかるい」は、ワークショップで若者が元気に会話していた印象です。「農法」には、この町の安全な農業が、特に「生産情報公表農産物JAS規格」という、生産情報をすべて明るくオープンにしているという姿勢にあります。

この言葉を抽出するのに、大変時間がかかりました。そして次にデザインです。


色チップで色を確認 
色チップで色を確認

あかるい農法の真ん中は、田んぼの田、ひまわりを表す 

あかるい農法の真ん中は、田んぼの田、ひまわりを表す 
あかるい農法の真ん中は、田んぼの田、ひまわりも表す


「あかるい農法 北海道 ひまわりの 北竜町」とは

「あかるい」という未来を示唆する言葉と「農法」という「食は生命」につながる言葉をつなぎあわせ、北竜町の本質、あたらしい未来を表現したい。


北竜町ロゴマーク&ふるさと納税用米袋町民発表会 
「あかるい」という未来を示唆する言葉と「農法」という「食は生命」につながる言葉をつなぎあわせ、
北竜町の本質、あたらしい未来を表現したい


「あかるい」という言葉は、いつの日も、使い古されてもいい言葉です。「あかるい」という言葉が嫌な人はいません。
「あかるい」という言葉は未来に繋がります。

未来をつくるのが役場の仕事です。町民の心を明るくします。あかるい農民が作った農業は、生産情報公表農産物JAS規格は、あかるい情報公開です。

「あかるい農法」は北竜町の価値観

「あかるい」という言葉には、この町の明るさ、農業の明るさ、情報を公表している明るさが含まれています。

「農法」はとても重要な言葉で、米の生産に関する情報を日本全国に公表しているということは、北竜町の価値観として世界にも広げることができます。さらに、農業のジャンルを超えた、あかるい町を作るという広いイメージにも繋がっていきます。

町が「あかるい農法」を行っていますというメッセージは、日本全国へも世界中へも、この町の考え方が伝わっていくことを意味しています。

北海道 ひまわりの 北竜町

デザインは、田んぼの「田」を表しています。濃い色のところが水田。薄い色がひまわりです。町にはひまわりの花柄が沢山あるので、あえて花の形を無くし、田んぼを基準としたビジュアルに直し埋め込んで、メッシュの記号として表しました。

今回工夫したところは、「北海道 ひまわりの 北竜町」という言葉です。北海道というイメージが北の地であることを示していて、北海道のひし形を思い出します。その北海道にある北竜町ということを明確に示しています。更に、ひまわりの絵柄を使わなかったので「ひまわり」という文字で補っています。

結果「あかるい農法 北海道 ひまわりの 北竜町」という言葉に凝縮されました。

ロゴが生み出すコミュニケーション

このマークを見た人は、「あかるい農法」って何?と疑問を持ちます。このマークが示された名刺を差し出した時、「あかるい農法とは何ですか」と聞かれ、「実はこういうことです!」と自分の言葉で説明することができます。ここにコミュニケーションが生じ、その輪が何倍にも広がっていきます。ロゴマークの言葉がコミュニケーションを生むためのあかるい道具となり得ます。

役場と農協が同じロゴも可能

役場と農協の皆さんが一体となって、同じロゴマークを共有することもできます。多分、日本でそのようなことをしている自治体は無いと思います。

ロゴマークのデザインには、縦のデザイン、横のデザインがあります。使用する用途毎に使い分けをしていきます。例えば、ロゴマーク入りセロテーブ・ガムテープ、ホームページ、車のボディ、名刺、封筒などに使用できます。


ガムテープ、セロテーブに 
ガムテープ、セロテーブ

ホームページのロゴとして 
ホームページのロゴ

車のボディ 
車のボディ

名刺に利用 
名刺

封筒に利用 
封筒


 「あかるい」という人を明るくさせる言葉

様々なものに町の想い「あかるい農法」を明記すると、そこには「人を明るくする言葉」が入っているので、使えば使うほど、限りなくこの町の良さが知れ渡り広がっていきます。

道路の脇に、「あかるい農法 北海道 ひまわりの北竜町」の幟を目にしたとき、「何やろなぁ~、あかるい農法って、どんな町なんやろなぁ~」と疑問を抱きます。サンフラワーパーク北竜温泉のショップに立ち寄り、ひまわりライスのお米を手にした時、その意味が理解できます。この町の人々に接し、話しを聞いて、この町の明るさを理解することできるのです。

ふるさと納税返礼品用のお米袋のデザイン

真ん中の2つの円が重なっている白い部分は、ひまわりが2つ重なっているデザインであり、雪の町・北竜町の雪だるまのイメージでもあります。

「北海道 低農薬」の印象が、強くインプットされます。「あかるい農法」という言葉で、北竜町の生産情報公表農産物JAS規格が位置付けられます。

「日本の農業賞大賞を受賞しました」と厳かに書いてあります。自慢はしていません。「JAS認定をいただいたんです」とおとなしく明示してあります。


ふるさと納税用米袋 
ふるさと納税用米袋(表)


表のデザインは、情報が少ないほど信用ができます。高級感のあるデザインで、「この米は高そうだなぁ~」「このお米安全なんだ」「食べてみたら、めちゃめちゃ美味しい~」というイメージのギフトとなります。

裏には、JASマークと生産者情報の説明、北海道の形に色抜きをした部分は透明でお米が透けて見えるようになっています。さらに北竜町の位置が示してあります。


ふるさと納税用米袋(裏) 
ふるさと納税用米袋(裏)


北竜町って「あかるい農法」をやっているところだよ!

農業を主力とする北竜町のメッセージ、自治体としての方向性である「町民のあかるい町」、そして、生産のすべてを明るく公表する北竜町の生産情報公表農産物JAS規格の農産物を作るというのイメージを、エネルギーを持ってこのマークに込めました。

「北竜町って北海道のあそこだよ!『あかるい農法』をやっているところだよ!」と道外からも、北竜町が行っている安全で明るい農業であることを認識していただくことができます。


町民への発表会の様子 
町民への発表会の様子


鈴木輝隆 教授のお話

町の考え方を明快な言葉で伝える

少子高齢化で人口減少の現在、2050年頃には、人口が半分以下になる地点が現在の居住地域の6割以上を占めます。いままで通りにはいかない不安があり、今、日本は曲がり角にきています。

しかし、小さな町でも水田があり、そこには文化やそこに暮らす人々の誇りや、いろんなものが残っています。これからは自分達で生きていかなければなりません。北竜町という町を知ってもらい、そこで生産されたお米を買ってもらうことにより、稲作が継続し、文化が残っていきます。

町が生きていく形を示し、周りに共感していただいてこそ、生き残っていけます。そのために町の考え方を伝えていくことが大切です。皆に理解し、知ってもらえば、その町の存在感と楽しさが伝わります。

それを伝えるためには、明快な言葉が必要で、印象に残る言葉を借りないと自分達の想いはつたえることはできません。

「あかるい」イメージ=お米が美味しいに違いない

梅原さんの「あかるい」という言葉は、JAS規格などでオープンにしているということもありますが、物事に明るいということは、「物事をよく知っている」ということであり、さらに「澄み切った」「活きが良い」「活き活きしている」「生命力がある」「バイタリティに溢れている」「元気で伸び伸びしている」という意味を含みます。

そして「農法」とは、いい農業をイメージさせる言葉であり、農薬を極力使わない、有機で栽培したり、そういう技術を持って、あるレベルの農業をおこなっていくことを示します。そこに工夫があり、努力の積み重ねの中で、明るい自分たち独自の農業が行われているというメッセージが示されています。

この「あかるい」イメージによって、そこで生産されているお米が美味しいに違いないと感じる情報が、一瞬にして伝わっていきます。

子ども達が「北竜町のあかるい生き方」を実感

知識は時間が立つと古くなりますが、知性は、工夫を重ねることで、いつの時代でも古くなりません。そんな知性を感じる地域や農業は、工夫を重ねて、いつの時代も生きていけるものです。農法の言葉には、知性が含まれていると思います。

ただ物を売るだけでなく、知性のある地域の人たちが、磨かれて、育てられていくことを願っています。これまでのように、ひまわりだけを表現するのではなく、自分たちの考え方、メッセージを発信していくことによって、子どもたちが「北竜町のあかるい生き方」を実感し、元気に学んでいくことに繋がっていけると思います。

色んな所に、情報が発信されることによって、わが町を誇りに思い、自信を持って生きる応援になっていくと思います。

デザインには応援してくれる力がある

デザインには、応援してくれる力があります。応援することは、町の旗印を持ったことになるのです。皆さんの中にあった意識を、梅原さんが発見し、形として表現され誕生したものが今回のデザインです。


発表会の様子 
発表会の様子


北竜町民の感想

「かっこいいデザインだと思います。文句はありません。農家の名刺にも使えたらと思います」

「素晴らしいデザインだと思います。田んぼの文字やひまわりをイメージするようなデザインがいいですね。北竜町の町が北海道の地域であることもすぐにイメージできて、素晴らしいと思います」

「シンプルでわかりやすくて、内容も濃くて素晴らしいです。『デザインはコミュニケーションをつくる』という言葉の意味を考え続けていたのですが、コミュニケーションを生み出すロゴマークであることを実感し理解できました。町も農協も農家も、町全体で統一された名刺ができるといいなぁと思いました」


ありがとうございました 
ありがとうございました


昨年秋より、何度も足を運んでいただき、北竜町のイメージを素晴らしい素敵な形にしてくださった梅原氏と鈴木氏に心からお礼申し上げます。 ありがとうございました!


全てを公表し、明るい元気な心をもって、生命を生み出し、
町全体がひとつにつながっていく素晴らしい北竜町のロゴマークに、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


春が近い北竜町 
春が近い北竜町


写真(70枚)はこちら >>


◆ 関連記事

梅原真氏、鈴木輝隆氏に「北海道北竜町ひまわり観光大使」を委嘱(2017年10月27日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


チームノースドラゴン(三原淳平 代表)平成29年度きたしん「ふるさと振興基金・ふるさと活性化大賞」を受賞

2018/03/26 0:42 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/03/26 16:09 に更新しました ]

2018年3月26日(月)

3月26日(月)10:00〜、北空知信用金庫が主催する「平成29年度きたしんふるさと振興基金表彰式」が、同金庫本店(深川市)にて開催されました。表彰は、ふるさと活性化部門、文化部門、特別賞から6団体が受賞し、表彰状と助成金が授与されました。

今年度は、ふるさと活性化部門において、チームノースドラゴン(北竜町)が、ふるさと活性化大賞を受賞しました。


「平成29年度きたしんふるさと振興基金表彰式」 
「平成29年度きたしんふるさと振興基金表彰式」


「ふるさと振興基金」とは

地域の産業技術の向上、地域活性化、文化向上などに努力している団体や個人を表彰し振興するもので、対象は、上川管内幌加内町を含む、1市6町(深川市、妹背牛町、沼田町、幌加内町、秩父別町、雨竜町、北竜町)となっています。

北空知信用金庫の地域社会貢献活動事業としての「ふるさと振興基金」は、創立60周年を記念事業の一貫として、今年で8回目の表彰となります。


北空知信用金庫の役員の皆さん 
北空知信用金庫の役員の皆さん


開会宣言:長澤勤 常務理事・業務部長

長澤勤 常務理事・業務部長 
長澤勤 常務理事・業務部長


ご挨拶:廣上光義理事長

廣上光義理事長 
廣上光義理事長


「本日は、お忙しい中、きたしんふるさと振興基金表彰式にご出席いただきまして、ありがとうございます。この基金は、当金庫創立60周年を記念事業の一貫として発足し、今回で8回目となります。今年は産業技術部門応募2席、ふるさと活性化部門応募3席、文化部門応募7席、合計12席と多数の応募がありました。

その中から、ふるさと活性化大賞には、北竜町チームノースドラゴン様、ふるさと活性化奨励賞には、深川市ふかがわコレクション実行委員会様、文化大賞には、深川市昴様、文化奨励賞には、雨竜町獅子神楽保存会様、深川市夢プロジェクト実行委員会様、審査員特別賞には、深川市ふかがわヤングスターズ様が2月21日の審査委員会、及び3月22日の当金庫理事会で決定されました。

今後の当金庫振興基金受賞により、より一層の地域の活性化の一助になるように頑張っていただきたいと思います。当金庫におきましても、今後共地域の皆様が頑張っていく手助けになるようより一層頑張って参ります。今後共、ご支援ご指導宜しくお願いいたします。本日は、本当におめでとうございます」。


表彰先のご紹介:事務局からの説明

表彰先のご紹介 
表彰先のご紹介


<きたしんふるさと活性化大賞:チームノースドラゴン 様> 詳細はこちら >>

北竜町の団体で、ご当地戦隊ヒーローを結成し、食育をテーマに、ヒーローショーを行っています。また町内外の祭事で、地元北竜町の農産物及び観光PR活動を行っています。

<きたしんふるさと活性化奨励賞:ふかがわコレクション実行委員会 様> Facebookページ >>

市民・企業・団体が制作した洋服や日々の仕事で着用してる制服や作業服を着て、市民自らモデルとなり、作り上げる市民参加型ファッションショーを行っています。

<きたしん文化大賞:昴(うづら)様> 参考ページはこちら >>

自らの学びの場として結成された女性農業者グループです。活動は、消費者交流や地域農産物を活用した商品開発を行っています。

<きたしん文化奨励賞:雨竜町獅子神楽保存会 様> 参考ページはこちら >>

雨竜町民文化祭、町の行事等に参加しており、昭和41年より続く雨竜獅子神楽を北空知全体にPRする活動を行っています。

<きたしん文化奨励賞:夢プロジェクト実行委員会 様> 参考ページはこちら >>

障害のある方と一緒に舞台公演を作ろうと夢プロジェクトを3団体で結成し、「深川市文化交流ホールみ・らい」等で、演劇公演を行っています。

<審査員特別賞:ふかがわヤングスターズ 様> 参考ページはこちら >>

野球スポーツ少年団として、昭和47年から設立されており、所属メンバーは、41名ほど参加されています。全道少年軟式野球大会に17年ぶりに出場し、チーム歴代最高の3位という結果を残しています。


表彰:ふるさと活性化部門

きたしんふるさと活性化大賞:チームノースドラゴン 様

きたしんふるさと活性化大賞:チームノースドラゴン 様 

  
きたしんふるさと活性化大賞:チームノースドラゴン 様


きたしんふるさと活性化奨励賞:ふかがわコレクション実行委員会 様

きたしんふるさと活性化奨励賞:ふかがわコレクション実行委員会 様 
きたしんふるさと活性化奨励賞:ふかがわコレクション実行委員会 様


表彰:文化部門

きたしん文化大賞:昴 様

きたしん文化大賞:昴 様 
きたしん文化大賞:昴 様


きたしん文化奨励賞:雨竜町獅子神楽保存会 様


きたしん文化奨励賞:雨竜町獅子神楽保存会 様 
きたしん文化奨励賞:雨竜町獅子神楽保存会 様


きたしん文化奨励賞:夢プロジェクト実行委員会 様

きたしん文化奨励賞:夢プロジェクト実行委員会 様 
きたしん文化奨励賞:夢プロジェクト実行委員会 様


表彰:特別賞

審査員特別賞:ふかがわヤングスターズ 様

<> 


審査員特別賞:ふかがわヤングスターズ 様 
審査員特別賞:ふかがわヤングスターズ 様


受賞、おめでとうございます。
皆様の益々のご活躍を心よりお祈りいたします。


記念撮影 
記念撮影


受賞者代表挨拶:チームノースドラゴン・三原淳平 代表

受賞者代表挨拶:チームノースドラゴン・三原淳平 代表 
受賞者代表挨拶:チームノースドラゴン・三原淳平 代表


「本日は、ふるさと活性化大賞という、僕たちの活動の糧となるふるさと活性化部門の活性化大賞をいただき、大変嬉しく思っております。

チームノースドラゴンは、地元の農協青年部、商工会青年部、役場職員、農協職員とみんなでひとつになって活動しています。現在しんきん北竜支店で勤務している尾谷くんにも、商工会青年部で入っていただき、悪役のいもちキングとして、イベントに参加していただいています。

今日のこの賞を励みにして、僕たちはこれからも地域の活性化をさらに進めていきたいと思います。
来年は、支店長にも中に入っていただきたいと思います。宜しくお願いします。本日は誠にありがとうございました」。


チームノースドラゴンのメンバー 
チームノースドラゴンのメンバー


地域の活性化そして発展のために、
限りない情熱と真心をもって、絶え間ぬ努力で活動し続ける人々に、
大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。


サンフラワーパーク北竜温泉 
サンフラワーパーク北竜温泉


写真(27枚)はこちら >>


◆ 関連記事

黒千石事業協同組合(高田幸男 理事長)平成25年度きたしん「ふるさと振興基金・産業技術奨励賞」を受賞 (2014年3月31日)
北竜太鼓(中村裕世 代表) 平成24年度きたしん「ふるさと振興基金・文化奨励賞」を受賞 (2013年3月31日)
ひまわりコーラス(北竜町)平成23年度きたしん「ふるさと振興基金・きたしん文化大賞」を受賞 (2012年2月31日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜温泉リニューアル記念・無料すくいどり「ひまわりライス」&「黒ちゃんドン」

2018/03/25 14:50 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/03/25 15:47 に更新しました ]

2018年3月26日(月)

3月24日(土)11:00〜、サンフラワーパーク北竜温泉リニューアル記念として、「ひまわりライス」&「黒ちゃんドン(黒千石大豆)」のすくいどりが、北竜温泉ロビーにて開催されました。 北竜ひまわりライス生産組合(川村功 会長)と黒千石大豆協同組合(高田幸男 理事長)の協賛です。


北竜ひまわりライス&黒ちゃんドン(黒千石大豆)のすくいどり 
北竜ひまわりライス&黒ちゃんドン(黒千石大豆)のすくいどり


ひまわりライスは、120kgを五合升で、黒千石大豆は、25kgを一合升で提供されました。スタートから皆さん列を成して、お待ちかねです!


列を作ってすくい取り 
列を作ってすくい取り


お米の五合枡も、黒ちゃんドンの一合枡も大盛りで大サービス! 皆さんの嬉しい笑顔がいっぱい満ち溢れ賑わうサンフラワーパーク北竜温泉ロビーです。


ひまわりライス 
ひまわりライス

山盛りで 
山盛りで

ノースドラゴンの袋に入れて 
ノースドラゴンの袋に入れて

https://lh3.googleusercontent.com/hcQBkQkCrIT3ohN6Nl1A81XmIaZ4U9sikkZagCgjKEyfg2m_ED3jJcmqXNaBq2xC8N_dPEEg57W11DGEOOr3mJyqJD1qhu7gGD70Em6GOWswJxGfjvPJvot5YO9cdK7ExCau4xS8G40F-JRs9_rTqD5ft42K52RIOyUYDifcaqkB8tYZMiuZG87mKABX6PVqYpr14THV0swQJXiEbqULcn1WXtyWSCJ6tk_Q78Y2lrx38l9wKiO1bQ_LZxs6v9d0Aiyi6FjZAmlA6JTPHfxZwitDGTdFSmju7U5TPORpKYGNZUv-UiyiAsIo-vWWS8yXVJFzuU4mq4zKpcQmfXNFr0lCFUM-O91_xSibUytquIKkk0wNlqgqxjEq2VBUxEvwuLzkXSI17SdvkIkLfLmAkTVHpWYqWDzM_ohF4kU9nCYxNfUVGERZIXohQXHMiyaPA7upLw7n3-CHpSW2ylnhkcGGPScVmMHT7tQ4GJnHLKRkMqYGEpru9t7M0dzmpumIIRT6BaFF3XBnpR7xg6E80N3FQ1xj1SLfAFnv8HkZv3lHNhMkaU6UyAiqkIXCSloWCfMYkRkfTzoM50kTysEDv76QuIWvCNL0JPkKNnCNBmAlRYwPYHKkXx_rkmZ9JAwpee01YacDaKQli0RXqP4W0-iV0qF2Z_tz=w1441-h960-no 
黒ちゃんドンも山盛りで

長い列ができました 
長い列ができました


軽食カウンターでは、「ライスバーガー」「チキンナゲット」「えだまめ」「ポテトフライ」、生ビールは300円で提供されています。


軽食カウンター 
軽食カウンター


レストラン風車では、リニューアルオープン記念特別メニューとして、ひまわりポークのジンギスカン丼(お肉250g)が1000円で販売開始されています。お楽しみがいっぱいのサンフラワーパーク北竜温泉です!


ひまわり豚ジンギスカン丼 
ひまわり豚ジンギスカン丼


写真(27枚)はこちら >>


◆ 関連記事

北竜温泉(サンフラワーパーク北竜温泉)リニューアルオープン!(2018年3月21日)
北竜温泉(サンフラワーパーク北竜温泉)紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜温泉(サンフラワーパーク北竜温泉)リニューアルオープン!

2018/03/21 0:25 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/03/21 1:07 に更新しました ]

2018年3月21日(水)

3月21日(水)09:30(〜22:00)、いよいよ今日、サンフラワーパーク北竜温泉がリニューアルオープン!


リニューアルオープンのお祝い 
リニューアルオープンのお祝い


装いも新たに、ロビーには、家具類(テーブル、椅子、椅子など)、自動販売機などがセットされ、準備万端です。 入り口には、お花が飾られ、9時20分からのオープニングセレモニーでは、テープカットが行われました。


テープカット 
テープカット


待ちに待った大勢のお客様も来館され、盛大にスタート!
初日3月21日(水)、22日(木)の両日は、オープン記念として入浴料無料です。


続々と浴室へ向かう皆さん 
続々と浴室へ向かう皆さんを佐野豊 町長がお出迎え


 リニューアル記念イベント 

3月23日(金)~31日(土)は、毎日先着100名様にお楽しみ抽選券配布され、さらに、子供応援企画として、こども入浴料が100円となります。

さらに、3月24日(土)11時~14時には、ロビーにて「黒ちゃんドンすくい(黒千石事業協同組合協賛)」&「お米すくい(ひまわりライス生産組合協賛)」が行なわれます!

そして、レストラン風車では、特価メニューとして、「ひまわり豚ジンギスカン丼」が1,000円でご提供!!!
お楽しみが目白押しです!


北竜温泉入り口


北竜温泉入り口 
北竜温泉入り口


ロビー・椅子&テレビ(4K・65型)


ロビー・椅子&テレビ(4K・65型) 
ロビー・椅子&テレビ(4K・65型)


有料休憩室 & テーブル


有料休憩室&テーブル 
有料休憩室&テーブル


無料休憩室


無料休憩室 
無料休憩室


浴場:龍心の湯 & ひまわりの湯

新装された温浴施設は、「ひまわりの湯」&「龍心の湯」!!
日替わりで入れ替わります。龍心の湯(奇数日:男性 偶数日:女性)、ひまわりの湯(奇数日:女性 偶数日:男性)。

天然温泉(加温加水塩素消毒ろ過)の主浴槽、人工温泉(ひまわりの湯、別府の湯、伊勢保の湯など季節ごとに内容が変化)、ジェットバス、泡のライブ湯、ミストサウナ、サウナ、寝風呂などが設置。
入浴料は、受付に設置された自動支払い機にて。

龍心の湯   ひまわりの湯 

龍心の湯   ひまわりの湯 
龍心の湯(奇数日:男性 偶数日:女性)  ひまわりの湯(奇数日:女性 偶数日:男性)
脱衣所ロッカー(100円玉が必要・戻ってきます) 
浴槽の温泉利用に関する情報


脱衣所ロッカー(100円玉が必要・戻ってきます)


脱衣所ロッカー(100円玉が必要・戻ってきます) 
脱衣所ロッカー(100円玉が必要・戻ってきます)


化粧コーナー:ドライヤー & 飲料水サーバー


化粧コーナー:ドライヤー&飲料水サーバー 
化粧コーナー:ドライヤー&飲料水サーバー


洗い場


洗い場 
洗い場


ライブ湯 & ジェットバス & 寝湯


ライブ湯&ジェットバス 
ライブ湯&ジェットバス&寝湯

露天風呂


露天風呂 

露天風呂 
露天風呂

TV付き高温サウナ


TV付き高温サウナ 
TV付き高温サウナ


軽食コーナー

軽食コーナーにおいても、食券販売機で食券を購入後、注文・受取のシステムになっています。軽食は、ライスバーガー、フライドポテト、チキンナゲット、枝豆など。。。


軽食コーナー 
軽食コーナー


自販機コーナー (アルコールあり)& 喫煙コーナー


自販機コーナー (アルコールあり)& 喫煙コーナー 
自販機コーナー (アルコールあり)& 喫煙コーナー


p> マッサージチェアコーナー


マッサージチェアコーナー 
マッサージチェアコーナー


スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。


北竜門 
北竜門


北竜温泉リニューアル写真(132枚)はこちら >>


◆ 関連記事

北竜温泉3月21日(水)のリニューアルオープンに向けて着々と準備中!(2018年3月9日)
レストラン風車(サンフラワーパーク北竜温泉)リニューアルオープン!(2017年12月18日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


年金友の会(JAきたそらち北竜支所)第28回総会・懇親会の開催

2018/03/12 15:33 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/03/12 16:10 に更新しました ]

2018年3月13日(火)

3月6日(火)10:00〜、JAきたそらち北竜支所「年金友の会」第28回総会が、北竜町公民館大ホール(2F)にて開催されました。会員138名の方々が参加され、盛大に執り行われました。

懇親会では、金婚式(昭和44年結婚)9組のご夫妻、米寿(昭和6年生まれ)の9名の方々に御祝記念品が贈呈されました。


JAきたそらち北竜支所年金友の会第28回総会 
JAきたそらち北竜支所年金友の会第28回総会


司会はJAきたそらち金融共済北竜支所金融共済課・伊藤強 課長。


JAきたそらち金融共済北竜支所金融共済課・伊藤強 課長 
JAきたそらち金融共済北竜支所金融共済課・伊藤強 課長


黙祷

お亡くなりになられた方々への黙祷を捧げます。

開会挨拶:山下好晴 会長


山下好晴 会 
山下好晴 会


「早いもので、新年を迎えて2か月が過ぎ去りました。振り返ってみますと、昨年の北竜町は、本当に素晴らしいことばかりありました。今年は、爆弾低気圧など非常に寒い冬を迎えています。

ピョンチャンオリンピックの開催で寝不足な日々が続きました。健康だからこそ、観て感動したと思います。どうか皆様もいつまでも健康で。北竜町、北海道、世界中でも感動することが多く、新しい出発点があると思います。これからも年金友の会というひとつの綱を切らないようにして、健やかな日々を送っていただきたいと思います。

今日は、限られた時間の中での総会・懇親会となっております。普段会っていない人との会話の中でお互い健康を確認しながら、一生懸命生きていく姿は素晴らしい人生だと思います。そのことをお願いしながら、開会の挨拶とさせていただきます。本日は大変、ありがとうございます」。


会場の様子 
会場の様子


来賓挨拶:北竜町・佐野豊 町長


北竜町・佐野豊 町長 
北竜町・佐野豊 町長


「年金友の会が盛大に開催されますことを心からお祝いお慶び申し上げます。今年、9組の金婚式を迎えられた方々は、50年という長い間、健康で夫婦寄り添って本日を迎えられたことに心よりお喜び申し上げます。同じく米寿を迎えられた9名の皆さんにもお祝い申し上げます。健康で長生きしていただければと思います。

今年のピョンチャンオリンピックでは、本当に感激しました。十勝幕別町の高木姉妹の快進撃、そしてカーリングチームにも本当に魅了されました。

皆さんにご迷惑をかけていた北竜温泉も3月21日にはオープンとなります。21日と22日の2日間は町内外で無料でご利用いただけるよう準備を進めております。

また和市街の商業施設におきましても、検定も終えて、4月21日にはグランドオープンということで、着実に準備を進めております。碧水のセイコーマートと合わせて、新しい商業施設ココワの利用も多くの町民の皆さんにご利用いただけるように宜しくお願いいたします。

交通事故死ゼロは、今日で3,960日を迎え、長い間交通事故ゼロを継続中です。4月15日に、4000日達成を迎えます。静かに粛々とその日を迎えたいと思います。16日には、道警の音楽隊の演奏会など計画しおりますので、皆さんに参加していただければと思います。

ふるさと納税においても、昨年12月30日に3年連続3億円を超えました。昨日現在で3億6千万円、件数は3万100件で昨年より25%増と伸びております。これも、ひまわりライスが、日本農業賞受賞の影響だと思います。なにより生産者の皆さんが長年美味しいお米を消費者に届けることが全国から高く評価されていると思います。改めて長年に渡り努力されてきた皆さんに感謝と御礼を申し上げます。

今年1年、町内において大きな事故がないことを、町民の皆さんの幸せを願って、年金友の会のご発展と皆さんのご健勝を心からご祈念申し上げて、お祝いの挨拶とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます」。


会場の様子 
会場の様子


議長選出


山下好晴 議長 
山下好晴 議長


議案

(1)平成29年度事業報告並びに収支決算書について
(2)平成30年度事業計画並びに収支予算書について
(3)役員改選について
(4)その他


選出された新役員と旧役員の皆さん 
選出された新役員と旧役員の皆さん


懇親会
1.開会挨拶:谷本明 副会長


谷本明 副会長 
谷本明 副会長


「友の会会員537名、総会出席者138名、出席率25%となっております。昨年は、北竜町、北竜町農業にとりまして、大変素晴らしい年でした。本年も、農業とくに8年連続の豊作を祈願しております。

尚、本日金婚式・米寿祝いを受けられました方々に心からお祝い申し上げます。おめでとうございます。今回、役員を退任されます、青木副会長、高橋監事には、長年に渡り年金友の会の役員をしていただき、本当にありがとうございました。

これから懇親会がありますが、飲み物も沢山用意しております。カラオケやビンゴゲームなど用意しておりますので、時間に許す限り、皆様ごゆっくりご歓談いただきたいと思います。本日は、ありがとうございます」。


2.農協謝辞:北清裕邦 北竜地区代表理事


JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事 
JAきたそらち・北清裕邦 北竜地区代表理事


「今日は朝から雪が降って、足元が悪い中、沢山の皆さんにご参加いただきました。ありがとうございます。日頃から、農協の金融事業にご理解とご協力賜り、心から厚く感謝申し上げます。

昨年の農協の決算は、農産物販売額198億円で、農協合併以来の最高額となっております。平成5年に195億円までいきましたが、それを越えての史上最高の売上です。農家にとっては、本当にいい出来秋を迎えました。

北竜支所の販売額は、お米で26億8千万円、畑・青果・花卉の5億円を合わせて31億7千万円という農業生産額で終えました。さらに交付金を入れて、総額41億2,100万円。農家戸数が162戸で、農業所得1戸あたり、768万円という数字が出ております。ここ7年間ずっと豊作が続いており、農家も力をつけてきており、去年につきましては、クミカン(組合勘定)の繰越残高13億であり、農家にとっては好ましい状況となっています。

皆さんの若い頃からのご苦労の上で今があると実感しております。そして私達は、しっかりと守っていかなければと強い思いであります。本当に長年のご苦労に感謝を申し上げます。

先程、町長からふるさと納税のお話がありました。3億6千万円のふるさと納税の約半額を返戻しております。その中の約8割がお米の返礼品です。平成29年度産については、俵数で5,680俵がふるさと納税で販売されております。私達のJAきたそらち支所での直売では、4万2千俵の契約をいただいておりますが、5,680俵という数字は取引先の中でトップです。行政にお米が流れるのが一番多い状況となっています。

このふるさと納税の流れも、何度も納税していただいて『北竜のお米はおいしいからまた頼みます。がんばってください』『こんな美味しいゆめぴりかは、食べたことがない。ようやく美味しいゆめぴりかに出逢いました』というメッセージが数多く寄せられてきています。私達生産者としては、力強いメッセージであり、今年も頑張ばらんとなぁという想いがふつふつと湧いてくるような状況です。

このひまわりライスの販売に、年が開けて2月の中旬頃、沖縄にいってきました。沖縄との取引も6年目を迎えます。名護市の直売所で、2日間米売りをさせていただきました。1日沢山のお客様が来店くださいますが『北海道のひまわりライスだね。ななつぼし美味しいよね』を言葉をかけてくださる沖縄の方々がたくさんいらっしゃいます。やんばる市場(沖縄県名護市)の直売場には、年間1,000俵くらい北竜町のひまわりライスが送り込まれています。本当に有り難いお話です。

今年も東京・大阪・福岡・沖縄の消費者の方々に、しっかりと美味しいお米、安全なお米を届けたいと思います。今後共皆様方のご支援を宜しく申し上げます。

今年が、それぞれ健康で、豊かな1年でありますように農協もしっかりと応援してまいりますので、今後共宜しく申し上げます。本日は楽しんでください。ありがとうございます」。


懇親会の様子 
懇親会の様子


3.金婚式・米寿祝記念品贈呈

 金婚式祝

・岩村 :岩本忠司様・岩本トメ子様
・美葉牛:加葉田昇様・加葉田清子様
・美葉牛:吉尾政一様・吉尾廣子様
・板谷 :高畑清一様・高畑貴美子様
・西川 :藤井明雄様・藤井篤子様
・和  :佐藤香様 ・佐藤ヒデ子様
・和本町:高田義勝様・高田和恵様
・和本町:高橋正様 ・高橋裕子様
・和本町:滝本勇様 ・滝本譲子様

 米寿祝

・美葉牛:道下羨三様
・美葉牛:板垣義治様
・美葉牛:吉田正雄様
・共栄 :山田俊久様
・板谷 :中村利弘様
・桜岡 :目黒岩夫様
・和本町:城岡和子様
・三谷 :長谷川フジ様
・三谷 :高橋光雄様

おめでとうございます!


金婚式祝 
金婚式祝

米寿祝 
米寿祝

記念品 
記念品


4.乾杯:黄倉良二 元代表理事組合長


黄倉良二 元代表理事組合長 
黄倉良二 元代表理事組合長


「今年の元旦マラソンに時に、JAきたそらち・星野忠雄 支所長が私に『996戸のきたそらち組合員で、そのうち144戸が北竜。8つの支所の中で一番経営が安定しているのが北竜支所です』と言いました。そして『先輩の皆様方の努力に感謝したい』と言われた星野支所長の言葉に私は胸が熱くなりました。

これまで忘れてはならないことは、平成12年2月1日に合併したとき、山本孝司町長と北清方巳議長を中心に議会の皆さんが協力して、合併助成金1億2千万円を出してくれたことです。これは町民が農民を讃え、その町民の支援の賜であります。今、若者が頑張ってくれて、組合員の経営が一番安定しています。我々農協員は、この町民の支援を忘れてはなりません。

今、ひまわりの里が有名です。今日は、谷本明さんの言葉を紹介させていただきます。

今年54回を迎える北商ロードレースマラソンですが、谷本明さんが若い頃の言葉『真夏の太陽に向かって美しく力強く咲き誇るひまわり。このひまわりロードを記録を目指して走る方、健康のために走られる方、皆さんが参加できます』この言葉は、今全国を駆け巡っております。私は講演を頼まれたときは谷本明さんの言葉を伝えています。『真夏の太陽に向かって美しく力強く咲く誇る北竜町ひまわり』」という言葉は大変素晴らしい。

そして、今日お集まりの農協女性部の皆さん方が、北竜のひまわりの主役です。昭和54年、農協職員の四辻進さんが、海外研修で感じたことを女性部の皆さんに報告されました。昭和53年・54年、女性部部長の故・川本きみさんは、自給率向上運動が女性部の仕事であるとし、何としてでも食料油を自給したいと願いました。

この報告を受けて、皆さんが取り組んでくれました。その時の目黒岩夫 事務局長、川本昭市 事務局員はこの声に対し、農協でひまわりの種を無償で配布するというご努力をいただきました。昭和55年に後を継がれた小野知子 女性部長は、栽培し収穫し乾燥し、9,600俵の収穫物を集めました。

『自給率とは、最後の一滴まで搾ってこそ自給率である』という川本きみさんと小野知子さんのお言葉により『私達で絞ろう!』と農協に伝え、当時の農協職員・山本俊章さん、岡本弘さん、桜庭賢一さん、彼らが高校の校舎を借りて、手回しの搾油機を用意し、そこにモーターを付けて15日間交替で搾りました。そして3,600リットルの油を搾油し、皆さんに7.7リットルづつ自給油を配布したのです。

1戸1アールのひまわり畑で35kg収穫ができたら、32%の搾油率であれば約10リットル。1年間の食用油を自給できるという皆さんの運動が1アール運動です。これが今日のひまわりの土台になります。

ひまわりの里については、当時の農地の所有者・沢山和一郎さん、役場の佐光勉さん、佐野豊さん、扇谷正美さん、農協の干場正さん、和泉記彦さん、彼らがひたむきにひまわりを咲かせる苦労を担ってくれました。このことを忘れてはなりません。

尊敬する田中盛亮さんと、本物を、そして北竜の皆さんの苦闘を書き残していこうと約束しました。本物とは『後味がよく、潔く、卑しくないこと』。今日お集まりの皆さん方という本物に支えられて、今日の北竜があることに感謝申し上げ、山下好晴さんを中心に役員の皆さん、農協職員の皆さんに感謝し、皆さんが健康でいい1年でありますことを祈念して、乾杯します!乾杯!!!」。


声高らかに乾杯! 
声高らかに乾杯!


5.会食・カラオケ・ビンゴゲーム

美味しいお弁当、祝杯、そして美声を響かせた歌声、楽しいビンゴゲームに楽しく和気藹々と盛り上がりました。


総会議案とお弁当(サンフラワーパーク北竜温泉) 
総会議案とお弁当(サンフラワーパーク北竜温泉)

和やかにお酌 
和やかにお酌

吉田政雄さん 
吉田政雄さん

山田孝雄さん 
山田孝雄さん

中西重則さん 
中西重則さん

木村和雄さん 
木村和雄さん

黄倉良二さん 
黄倉良二さん

ビンゴ大会 
ビンゴ大会

もうすぐリーチ 
もうすぐリーチ・目黒岩夫さん


6.閉会挨拶:青木悦子 元副会長

「昨年から雪が降り、除雪に疲れた年であります。飛行機事故で亡くなった向田邦子さんの『禍福はあざなえる縄の如し、幸せと災いはかわりばんこに現れる。人生はしあわせの縄と不幸の縄がより合わさってできている』という言葉があります。長生きをするためには、腹八分目と適度な運動だそうです。ストレス解消には、声をだして笑うこと、くよくよと過去にとらわれず、前を向いて取り組むことだと思います。

本日は、総会のお手伝いをいただいた農協の皆様、ありがとうございました。私事、長きに渡り、お世話になりました。皆様のご健康とご多幸をお祈りし、ご挨拶に返させていただきます。ありがとうございました」。


今日の北竜町を支え、受け継ぎ、守り続けた農協組合員の偉大なる魂に、
大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。


青木悦子 元副会長 
青木悦子 元副会長


写真(81枚)はこちら >>


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


北竜温泉3月21日(水)のリニューアルオープンに向けて着々と準備中!

2018/03/08 23:53 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/03/21 1:03 に更新しました ]

2018年3月9日(金)

昨年11月より大規模改修を行っていたサンフラワーパーク北竜温泉が、3月21日(水)09:30より営業再開します(22:00まで)。オープン記念として、21日(水)、22日(木)の両日は、入館料無料!!!

ロビーや休憩室は、白と茶色の色調でまとめられ、ジックで落ち着いた雰囲気でリニューアル。窓が多くて、明るい日差しが降り注いで、とても気持ちのよい空間が広がっています。受付横のカウンターキッチンでは、軽食が提供されるとのことです。ロビー一角には、貸部屋(有料・昼間のみ)が新設されています。


入り口 & 靴箱


入り口入って右側が靴箱 
入り口の右側が靴箱

靴箱 
靴箱


ロビー


ロビー 
ロビー


休憩所


休憩所 
休憩所


貸部屋(有料・昼間のみ)


貸部屋(有料・昼間のみ) 
貸部屋(有料・昼間のみ)


自動販売機 & スモーキングルーム


自動販売機&スモーキングルーム 
自動販売機&スモーキングルーム


キッチンカウンター


キッチンカウンター 
キッチンカウンター


風呂場入り口付近のトイレ:カラフルにリニューアル


大浴場入口入り口付近のトイレ 
大浴場入口入り口付近のトイレ


大浴場:毎日交互に入れ替わる男湯・女湯


大浴場 
大浴場


浴場は、全面的に改修され、ジェットバス、寝湯、人工温泉コーナーが新設。
仕切りのある洗い場、スチームサウナ、ミストサウナ、シャワーブース、露天風呂なども整備されました。更衣室にはロッカーが新設。


浴場 
浴場(天然温泉)

浴槽の温泉利用に関する情報 
浴槽の温泉利用に関する情報


人工温泉


人工温泉 
人工温泉


ジェットバス


ジェットバス 
ジェットバス


スチームサウナ


スチームサウナ(テレビ付き) 
スチームサウナ(テレビ付き)


ミストサウナ


ミストサウナ 
ミストサウナ


シャワーブース & 寝風呂


シャワーブース & 寝風呂 
シャワーブース & 寝風呂


仕切りの付いた洗い場


仕切りの付いた洗い場 
仕切りの付いた洗い場


露天風呂(源泉100%かけ流し)


露天風呂 
露天風呂(源泉100%かけ流し)


更衣室のロッカー(100円玉が必要・戻ってきます)


更衣室のロッカー(100円玉が必要・戻ってきます) 
更衣室のロッカー(100円玉が必要・戻ってきます)


高麗青磁竜頭湯口


高麗青磁竜頭湯口 
高麗青磁竜頭湯口


これから備品等がどんどん搬入されます。
竜頭湯口も新しくなって、皆さんをお待ちしております!


リニューアル関連写真(115枚)はこちら >>


◆ 関連記事

北竜温泉(サンフラワーパーク北竜温泉)リニューアルオープン!(2018年3月21日)
レストラン風車(サンフラワーパーク北竜温泉)リニューアルオープン!(2017年12月18日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


1-10 of 299