みちくさ‎ > ‎

北の誉酒造・酒泉館(小樽市)

2013/09/19 13:46 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/09/19 13:47 に更新しました ]
2013年9月20日(金)

明治34年(1901年)の創業以来110年を越える
小樽市の老舗「北の誉酒造」。

「北の誉」の酒造名には
「この北の地で、褒め称えられる人、
褒め称えられる酒、褒め称えられる酒蔵であろう」
との想いが込められているそうです。

酒蔵に併設する「酒泉館(しゅせんかん)」は、
「麗しい酒」を追求する
北の誉の酒造りを見学できるミュージアム。

北の誉酒造の歴史、酒造りの行程を表現したジオラマ、
資料、パネル等が展示されています。

創業以来の酒蔵も見学をはじめ、北の誉各銘柄の試飲や、
ここでしか味わえない限定販売品なども購入できます。
明治時代に建てられた石造りの酒蔵もいまだ現役。

小樽は、かつて船乗りたちに「水は東の小樽」といわしめたほど、
美味しい水に恵まれた土地。

小樽市の天狗山からの伏流水で仕込まれている北の誉は、
穏やかに発酵した淡麗なお酒です。
平成18年度(2006年度)全国新酒鑑評会で金賞受賞。


北の誉酒造外観 
北の誉酒造・酒泉館(撮影:2013年8月17日)


「純米吟醸 北の一番蔵」は、
清酒「北の誉」の誕生酒。木骨石造りの一番蔵。
穏やかな香りのすっきりとした淡麗な味わいのお酒。

「ハスカップ梅酒」は、
北海道産のハスカップ果汁の爽やかな酸味が、
梅酒とマッチして、すっきりな甘さが香るお酒です。
  美容と健康に良さそう~♬

「ピリカ伝説25°」は、
北海道のじゃがいもを原料にした焼酎。ちょぴり気になるお酒です。

季節限定「北の誉 特別純米 ひやおろし」が9月に新発売!
「ひやおろし」とは、
厳寒期に仕込んだ新酒を熟成させ、
円熟味が増したところで出荷した清酒。

・北海道産お酒造好適米「吟風ぎんぷう」を100%使用し、
精米歩合55%まで磨いた特別純米酒です。
 ラベルは、真っ赤に染まった紅葉のデザイン。

一夏を超えて、じっくりと熟成された
秋の香りがふんわりと漂ってきそう~♡

じんわりと味わってみたい清酒です。


北の誉酒造・店内  北の誉酒造・資料室  麗しい酒  
北の誉酒造酒泉館・館内


北の誉酒造・酒泉館
北の誉酒造 酒泉館・地図
 北海道小樽市奥沢1丁目21番15号
  Tel:0134−22−2176

 【入館無料】
 【開館時間】09:00〜17:00
 【休館日】1月1日・2日
 【駐車場】30台あり


☆ いくこ&のぼる