みちくさ‎ > ‎

高砂明治酒造(旭川市)

2013/07/04 14:56 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/09/29 19:52 に更新しました ]
2013年7月5日(金)

旭川を代表する高砂明治酒蔵は、明治32年(1899年)に創業した老舗の酒蔵会社。
高砂酒造のお酒は、大雪山からの伏流水を仕込み水として使用しています。
自然の豊かな風土と人(杜氏と蔵人)との絆が織り成す、極上の酒造り。


玄関口 
玄関で迎える「国士無双」(撮影:2013年6月25日)


高砂酒蔵では、日本初の「雪氷室」と呼ばれる
アイスドームのかなでの酒造りを行なっています。

できたもろみを酒袋にいれて吊るし、
圧縮をかけずに搾った大吟醸は格別な味わい。


その中でも、昭和50年(1975年)に誕生した「国士無双」は、
淡麗辛口の代表的ブランド。

国士無双は、天下に二つと無い酒、後世に語り継がれるような酒と
願いをこめて命名された名酒とのこと。

大雪山の雪清水と北国の寒暖の厳しさが醸す、
男性的でかつ爽やかな辛口のお酒です。

館内の酒造り資料館では、酒造りに関する資料などを展示。

直売所では、十数種の蔵元限定酒が販売され、
麹甘酒や酒粕なども販売されています。


角上(かくじょう)  資料室  お酒コーナー  国士無双 
店内の模様


厳しい自然の中から生み出された辛口清酒。

旭川の大自然の恵みを活かした、

この地だからこそ醸し出せる味わい深いお酒です。


高砂明治酒造の全景 
高砂明治酒造の全景


高砂明治酒造
高砂明治酒造・地図

北海道旭川市宮下通17丁目
Tel:0166−22ー7480
営業時間: 09:00〜17:30






☆ いくこ&のぼる