北清方巳氏・平成25年秋の叙勲「旭日双光章」受章祝賀会の開催

2013/12/18 14:03 に 寺内昇 が投稿   [ 2016/12/12 18:32 に更新しました ]
2013年12月19日(木)

平成25年度秋の叙勲にて元北竜町議会議長・北清方巳(きたせ まさみ)氏が、「旭日双光章」を受章されました。

この栄誉をお祝いし、北竜町長、北竜町議会議長、北竜町議会等OB会長、北竜町老人クラブ連合会長の皆様が発起人となり、祝賀会が、北竜町公民館大ホールにて盛大に開催されました。祝賀会当日の12月15日(日)、吹雪の中を180人を越える人々がお祝いに駆けつけました。


北清正巳氏「旭日双光章」受章祝賀会   勲章と賞状 
左:北清方巳氏「旭日双光章」受章祝賀会、右:勲章と勲記(撮影:2013年12月15日)


今秋11月3日(日)、平成25年秋の叙勲が発表されました。

叙勲は、国家又は、公共の為に功労のあった方を対象に勲章が授与されるものです。
日本の勲章は、大勲位菊花章、桐花大綬章、旭日章、瑞宝章、文化勲章、宝冠章の6種類。
旭日章は功労の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方に授与され、また、瑞宝章は、公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方に授与されます。それぞれ、 大綬章 、重光章 、中綬章、 小綬章、 双光章、単光章の6段階に区分されます。

春秋叙勲は、毎年2回、春は4月29日、秋は11月3日に発令されます。
受章者には、所管大臣(一部、都道府県知事)による伝達式が行われ、授与後、受章者は勲章を着用し、配偶者同伴で皇居にて天皇の拝謁が行われます。


ご夫妻の入場   ご夫妻の入場   ご夫妻の入場  
北清方巳様、リツ子様ご夫妻入場


平成25年秋の叙勲は、旭日章及び瑞宝章を合わせて4,193名の方々が受章されました。

  ・旭日章   933(女性 37)名
  ・瑞宝章 3,260(女性310)名

旭日章のうち旭日双光章は全国で、

   ・旭日双光章 589(女性24)名 

北海道では16名の方々が旭日双光章を受章されました(※ 受章者数、受章者名簿は内閣府サイトを参照)。


北清正巳・リツ子様ご夫妻   北清正巳・リツ子様ご夫妻 
北清方巳様・リツ子様ご夫妻


会場模様   会場模様   中村道人 総務課長 
左・中:会場  右:司会 北竜町役場・中村道人 総務課長


発起人を代表して佐野豊 町長のご挨拶
北竜町・佐野豊 町長
 本日、栄えある「旭日双光章」を受章されました元北竜町議会議長・北清方巳様の叙勲祝賀会が、大勢の皆様の御出席を賜り、開催できましたことは誠に喜びに堪えないところであります。
 永年に亘り、議会活動を通じて、地方自治の推進と町づくりの発展に多大なご貢献を戴きましたご功績に対し、11月3日、秋の叙勲においてめでたく受章されました。心よりお祝い申し上げます。
 本日の栄誉の影には、ご家庭を守り、心置きなく職務に専念できるようご苦心されました奥様のご労苦に対しましても敬意を表するものであります。

 北清様は、昭和62年3月、地域の住民の皆様から強く推されて、北竜町議会議員に当選以来、平成19年3月に勇退されるまで、連続5期20年の永きにわたり、北竜町の議会議員として在任されました。
 平成7年より1期4年間、副議長として、平成11年から1期4年間、議長として、豊富な経験と卓越した識見、指導力を発揮されました。

 議会の円滑な運営、町の産業振興、福祉の向上、生活環境の整備、教育文化の振興など広範多岐の分野にわたってご尽力を戴き、今日の北竜町の発展と繁栄をもたされた功労者であり、叙勲に輝くそのご功績は、本町の自治進展の牽引者と申し上げても過言ではございません。此のように多くの皆様方が祝賀会に御出席戴きましたのも、北清様のご功績とご久聴の致す所と存じます。本日の栄誉を重ねてお祝い申し上げます。

北清正巳氏履歴 北清さんは、昭和62年に初当選され、以来「ひまわり」を核とした町づくりを推し進め、平成元年、農業農村活性化農業構造改善事業の採択を受け、サンフラワー構想により、平成2年から平成6年まで段階的にサンフラワーパークセンター、保養センター、加工施設、体験農園等を建設し、地域住民をはじめ観光客の憩いの場としての整備を町理事者一体となり事業の推進にご尽力を賜りました。

 平成7年は副議長、平成11年には議長に就任され、この間北海道の水田地域としてはじめて実施された、国営農地美葉牛地区再編整備事業において、平成7年期成会を設立し、地元の体制を整え、平成9年全体設計、平成12年着工、平成16年完了に向けて御尽力を戴きました。

 事業の実施により、圃場の大型化による農作業の効率化、用排水施設のパイプライン化による営農形態に適した水利用が可能となり、受益者の生産性の向上が図られ、事業開始から5年で完了したことにより受益者の負担も軽減され、安定した農業経営基盤の確立にご貢献を戴いたのであります。

 平成3年から北竜町議会総務民教常任員会委員長を務められ、急速に進む少子高齢化社会に向けて、地域の教育諸施策の将来を総合的に展望しながら、教育施設の整備、介護保険制度の導入により、福祉サービスの需要増大、住民ニーズの多様化、複雑化に対応した福祉施設の整備にもご尽力を戴きました。

 温厚誠実なお人柄、常に的確な判断、機敏な行動力で、北竜町農業協同組合理事、北竜町農民団体連絡協議会委員長、北竜町遺族会会長、北竜町消防団第2分団部長など、数多くの公職、役職に就かれ、適正な指導力、手腕を発揮されたことにより、全国町村議会議長会会長表彰をはじめ、北海道町村議会議長会会長表彰、北海道知事表彰、北竜町開町120年記念特別功労表彰など数多くの表彰を受賞されたのであります。

 町の行政に対して、永年に亘り寄与戴きましたご功績の一端を申し上げましたが、どうか今後共、北竜町の発展と安心安全な町づくりのために、尚一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 北清様のご健勝、ご家族皆様のご繁栄をご祈念申し上げ、発起人を代表しお祝いの言葉といたします。
 本日は誠におめでとうございました。


花束贈呈

 お孫さんの北清友悟さん、北清佳朋さんより花束が贈呈されました。


花束贈呈   花束贈呈   花束贈呈 
花束贈呈


 祝辞:北竜町議会・佐々木康宏 議長
佐々木康弘 議長
 北清さんとは、昭和62年当選の同期です。当時14人中新人7人が当選しました。議会は、新人が多いこともあり、とても活発な活動を行っていました。定例会ごとに、いろんな勉強会を開催しました。元気ある新人の活動に、当時の森町長は大変なご苦労をなさったと思います。そんな7人の議員たちのまとめ役が、北清さんでした。

 碧水の歴史をまとめた『碧水100年史』の中には、すべての分野で、北清さんの沢山のご活躍が記載されています。昭和52年から客土事業で土作りをし、いい米をつくろうという北清さんの熱心な技術が随所にあります。
 北竜の米は「食べものはいのち」であり、北竜の米は、より良い人材を育む「いのちの米」でもあります。そんな米作り、土づくりを一生懸命されてきた北清さんです。
佐々木康弘 議長
 北清さんが戴いた勲章は、天皇陛下からの人生最高の贈り物です。北清さんご夫妻、ご家族にとって、類稀なるものです。と同時に2,100人の北竜町民の誇りであります。今日はその大きな喜びの日です。
 現在、北清さんは、遺族会会長を勤められておられます。戦争で苦労された北清さんは、遺族会会長の立場で、これからも平和で安全な町づくりに、まだまだ頑張っていただきたいと思います。
 これからもますますのご活躍を願って挨拶の言葉とさせていただきます。 誠におめでとうございます。


祝辞:元北海道議会議員・村井宣夫 様
村井宣夫 様
 本当に本日はおめでとうございます。
 この叙勲に対して、大変家族的、そして妻としてにご尽力を戴きましたそのご苦労に対して、リツ子婦人に拍手で労を労って戴きたいと思います(会場からの盛大な拍手!!!)。

 私と北清さんの付き合いは長く、最初に一緒に仕事をさせて戴いたのが「農民協(農民協議会)」でした。北清さんが書記次長として務められ、20数年間、私共々、農民運動を展開していただきました。様々な活動の中で、北清さんと一緒に代表となって活動した仲間のひとりであります。

 今日のこのお祝いは、自分のことのように嬉しくて、抱きしめてチューしたいくらいな気持ちです(会場笑)。これまでの長年の数々のご功績、ご苦労に敬意と感謝を申し上げます。
村井宣夫 様
 誠実で真面目で、ずるさを知らないということが北清さんの特徴です。飲みにいっても、女性に大変もてるので、一緒に飲みに行くのがいやになってしまったほどです(会場笑)。

 そんな素晴らしい人柄の北清さんと永い間、お付き合いさせて戴き、大変ご指導を賜りました。此の場で、厚く御礼申し上げます。
 永年のご苦労に対して、「心からご苦労様でした。これからも北竜町のために頑張ってくれよな」と申し上げて、私からの祝辞の挨拶とさせて戴きます。本日は誠におめでとうございました。


会場模様   会場模様 
会場模様

北清正巳・リツ子様ご夫妻   北清リツ子様   北清正巳・リツ子様ご夫妻 
北清方巳様・リツ子様ご夫妻


祝電披露

衆議院議員・渡辺孝一様、長沼町長・戸川雅光様、北海道町村議会議長会会長・萬和男様、全国商工会連合会会長・石澤義文様、衆議院議員・鈴木貴子様、参議院議員・橋本聖子様、参議院議員・長谷川岳様、参議院議員・徳永エリ様、前国務大臣・前衆議院議員・小平忠正様、新党大地代表・鈴木宗男様、北海道議会議員・つるべ勲様、北海道商工会連合会会長・荒尾孝司様、社会福祉法人幸鐘会理事長・米坂京子様、碧水郵便局長・石川克之様、浅野進様・久美子様


祝電のご披露   祝電のご披露   祝電のご披露 
祝電のご披露


記念品贈呈

 北竜町長、共栄町内会、参会者様代表して記念品が贈呈されました。


記念品贈呈   記念品贈呈   記念品贈呈 
記念品贈呈


謝辞:北清方巳 様
北清正巳様の謝辞
 お礼のご挨拶を申し上げます。今日は、あいにくの天候となり、家を出られるのに困難な状態が生じたと思われますが、こうして大勢の皆さんのお集まりを戴きまして、ここに盛会に祝賀会を開催戴きましたことに、心から感謝と御礼を申し上げます。
 佐野町長さんをはじめ、佐々木議会議長さん、村井元北海道議会議員の方々にご丁重なるお祝いのお言葉を戴きまして、この上ない光栄に存じ、心からお礼を申し上げます。
 この度の平成25年度秋の叙勲につきまして、栄えある章を戴き、緊張と同時に感激に浸っております。
 これは、皆様方のいままでのご支援ご協力の賜物と思いまして、心からの感謝と御礼を申し上げます。

 私は、昭和62年3月に初当選して以来、連続5期20年という永い期間にわたりまして、皆様方のご支援を戴き、議会活動に務めさせていただきました。
 今思い出しますと、この20年の間に、四人の町長さんにつかえたのであります(参考:北竜町歴代町長)。
北清正巳様の謝辞 当選のときの町長は森正一さんでした。この時代、北竜町では、米プラスアルファーを掲げて、国営農地開発事業が盛んに行われておりました。しかし、昭和63年の集中豪雨により、造成中の肌地が崩壊し、北竜町内のあらゆる所が水害に見舞われたのであります。
 二人目の町長は、山本孝司さん。この時代は、北竜町開基100年の事業、温泉のオープン等、数知れず事業が積み重なっており、本当に思い出深い年だったと思います。
 三人目は、一関開治さん。今日は奥様が出席戴いておりますが、本当に若さと行動力をもった町長が誕生し、この時代は、学校統合問題が発生いたしました。この時の努力は大変なものだったと思います。
 四人目は、西野陽一さんでありました。この時代は、全国的に市町村合併が盛んに行われている時代でした。北空知も1市5町の合併に、いろいろ議論し、検討されてきました。最終的に自立の方向で住むということに決定しました。

北清正巳様の謝辞 このように、その時代時代に大きな事業、懸案の行事が沢山行われました。
私はこの間、同僚の議員の皆さん、全体の議員の皆さんにご支援ご協力、そしてご指導を戴いて務めさせて戴きました。有難く厚く御礼申し上げます。

 この叙勲につきましては、遡ること9月24日、佐野町長さんから「平成25年度秋の叙勲の内示がきました」とお話がありました。私は、驚きと緊張と感動に浸ったところでございます。

 10月30日北海道知事さんより「おめでとうございます。この度の叙勲が決定いたしました」という文章が届きました。感激と緊張と喜びとが入り混じって、大変嬉しく感じました。

 新聞発表は11月3日、勲章の伝達式は11月7日、札幌グランドホテルにて北海道知事さんより伝達式がおこなわれました。総務省関係の方々37人が出席されました。

 12月12日、天皇陛下の拝謁を受けるため皇居に入りました。76歳にして、このような尊い章を戴いて一生の思い出となります。
 天皇陛下から「いろいろと業務を終えられ、ご苦労様でした。これからは、お体に十分気を付けてお過ごしください」というお言葉を戴き、私は感無量でした。
会場
 誰でも経験できることではなく、本当に胸がいっぱいになりました。これも、先輩の方々の皆さん、同僚の皆さん、町内各有志の皆さんのご支援。ご協力があってこその受章であります。
 深く深く、感謝と御礼を申し上げます。

 私は76歳という高齢ではありますが、この勲章に恥じないよう、社会の為に、微力でありますが、尽くして参りたいと考えております。
 今後とも、皆様方のご支援・ご協力、そしてご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げて、私のお礼のご挨拶とさせていただきます。
 本日は、誠にありがとうございました。


 乾杯:北竜町商工会・藤井雅仁 会長

 北清方巳様・リツ子様、「旭日双光章受賞」誠におめでとうございます。
 これからも、いままでの、議会議長として、農業経営者として、北竜ダンボール(株)の代表取締役として、多くの役職としての経験を私達に伝えていただき、また更にご指導をお願いしていきたいと思います。
 私達商工会では、農業経営者の会員がいます。これからは、法人化する農業経営者の会員の増えてきそうです。北清さんに今後共ご指導お願いできれば幸いです。よろしくお願いいたします。
 それでは、北清様のこれからのご健勝とご活躍、本日ご参加の皆様のご健勝をご祈念して、乾杯!!!
 おめでとうございます。

この後、盛大に祝宴が催されました。


藤井雅仁 様   ご祝杯   ご祝杯 
北竜町商工会・藤井雅仁 会長による乾杯


人生の素晴らしい歩みに対して、
天皇陛下から贈られる、名誉なる勲章。

日本国民、そして北竜町民の誇り高き、
北清方巳様&リツ子様の輝かしい栄誉ある「旭日双光章」受章に、

大いなる尊敬と感謝と愛をこめて。。。


勲章   会場を飾る花   賞状 
勲章と勲記


関連ページ

勲章の種類及び授与対象(内閣府)
平成25年秋の叙勲等(内閣府)
平成25年秋の叙勲受章者名簿・北海道(PDF)


◆ 祝賀会・関連記事

干場一氏・平成28年度秋の叙勲「瑞宝双光章」受章祝賀会の開催(2019年12月13日)
高田敏幸氏 文部科学大臣表彰(地方教育行政功労者表彰)受賞祝賀会(2014年1月28日)


◇ 撮影・編集=寺内昇  取材・文=寺内郁子