農業

特集記事・目次        ・農畜産物直売所・情報       ・町内会        ・文化・活動        ・サークル活動       ・スポーツ

農事組合法人みずほファーマーズ【No.12】ひまわりスイカの定植スタート

に 寺内昇 が投稿   [ に更新しました ]

2017年5月23日(火)

農事組合法人みずほファーマーズでは、ひまわりスイカの定植がスタートしました。
水稲の育苗パットが運び出されたハウスでは、苗床を耕起して土中に空気を含ませ、土を平らに整え、その後マルチ張り。
マルチ張りを行うことによって、地中の水分を保ち乾燥を防いだり、雑草防除対策や防虫・病害予防にもなるとのことです。


xxx 
水稲苗の育苗ハウスをひまわりスイカ用ハウスに変身(撮影:2017年5月20日)

xxx 
アッパーローター耕起中の西野利幸 理事


トラクターにマルチアダプタを取り付けてマルチシートを張っていく作業です。
マルチ張り機に、マルチシートをセットし、後部に取り付けられたタイヤでマルチシートをしっかりと押さえつけながら、ディスクで覆土。その後、シートが剥がれないように、人の足でしっかりと土を踏み込んでいきます。


トラクター用のマルチ掛け装置 
トラクター用のマルチ掛け装置(撮影:2017年5月22日)

マルチ掛け装置の取り付け<br>    <br>    
マルチ掛け装置の取り外し。ハウスの中で取り付け

マルチを装置に設置します 
マルチと散水用チューブを装置に設置します

タイヤでマルチを押さえてディスクで土を盛ります 
タイヤでマルチを押さえてディスクで土を盛ります

マルチのサイドの土を踏んでいきます 
マルチのサイドの土を踏んでいきます

端の部分等の手直し 
端の部分等の手直し


マルチシート張り終了後、マルチ穴開け機で80cmごとに苗を植える穴を空けていきます。同時に穴を開けた土も取り出し、苗を植えた後その土を被せていきます。


マルチへの穴あけ 
マルチへの穴あけ

間隔は80cm。100mメジャーできちんと測定 
間隔は80cm。100mメジャーできちんと測定

側120株、100mハウス1棟では240株 
片側120株、100mハウス1棟では240株

穴あけ用具 
穴あけ用具


ひまわりスイカの育苗ハウスで、しっかりと育ったスイカの苗たち。 コンテナに積込、軽トラで運びます。


ひまわりスイカの育苗ハウス 
ひまわりスイカの育苗ハウス

見事に成しているひまわりスイカの苗 
見事に成長しているひまわりスイカの苗

1コンテナーに15株づつ。ひまわりスイカハウス1棟分は16コンテナー 
1コンテナーに15株づつ。ひまわりスイカハウス1棟分は16コンテナー

お母さん達で頑張ります 
お母さん達、頑張ります

ひまわりスイカハウスに到着 
ひまわりスイカハウスに到着


定植前には、用水路で苗にたっぷり水分補給。コンテナ毎、苗を運び込み並べていきます。


用水路で苗にたっぷりと水を含ませます 
用水路で苗にたっぷりと水を含ませます

穴の数分にコンテナーを置きます 
穴の数分にコンテナーを置きます


定植前の一休みで、水分をチャージして・・・いざ、定植スタート!


笑いが飛び交う休憩タイム 
笑いが飛び交う休憩タイム


ポットから苗を取り出して、丁寧に大切にマルチ穴に植えていきます。100mハウス1棟に、240本の苗の定植。今後、ハウス10棟の定植作業が続きます。


苗をポットから外して 
苗をポットから外して

xxx 
1棟目の定植。最終的には10棟になります


北竜町のひまわりスイカ部会としては、初出荷は6月の中旬。お盆頃まで、ひまわりスイカの出荷ができるように、農家毎に定植時期を調整しているとのこと。

みずほファーマーズは、ひまわりスイカ部会の中で、遅い時期の出荷を担当されています。
今後、1か月後に着花、2か月後から収穫開始とのこと。7月下旬からお盆あたりまでが出荷時期のようです。
1株から4〜5玉。
みずほファーマーズで収穫されるひまわりスイカの総数は概算で、240株×5玉×10棟=12,000玉。

元気に実が成長し、美味しいひまわりスイカになりますように ♡


xxx 
みずほファーマーズのハウス群と恵岱岳(ドローン空撮:2017年5月9日)


みずほファーマーズ・ひまわりスイカの写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.11】今日のランチは手作りカレー

2017/05/21 2:11 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/21 5:42 に更新しました ]

2017年5月21日(日)

田植え作業真っ盛りの農事組合法人みずほファーマーズでの今日のランチは、真心のこもった手作りカレーが振る舞われました。高田秋光理事の奥様手作りの絶品カレーです!!!


高田秋光理事の奥様手作りの絶品カレー
高田秋光理事の奥様手作りの絶品カレー


お肉や野菜をじっくりと煮込んだ愛情たっぷりカレー!
ピリ辛のスパイスが刺激的で、疲れた身体と心を癒やしてくれるような、とろ~りとろける美味しさです。
皆さん、山盛りのカレーを夢中でガブリッ!!!


事務所の台所
事務所の台所

メガ盛り!
大鍋!

メガ盛り!
メガ盛り!

いっただきま〜す!!
いっただきま〜す!!

皆で一緒にランチ
皆で一緒にランチ・美味かった〜!


あっという間に、カレールーも炊飯ジャー3釜のご飯も完食!
美味しい田植えランチで力を蓄え、午後の作業に備えます。


炊飯ジャー3釜
炊飯ジャー3釜


食事後の貴重な時間、圃場が記入された地図を広げての真剣な会話。。。


圃場が記入された地図を広げて
圃場が記入された地図を広げて


それは、先輩が後輩へ教える、圃場毎の田植えルートのレクチャーでした。

圃場は、それぞれ1枚づつ形状が異なり、田植え機の入り口と出口の場所が違います。各地域の圃場の形をすべて頭に入れて、田植え機の入れ方や走行ルートを確認しながら稼働します。この動きによって、稼働効率が上下するので、真剣そのもの!!!

後藤敦理事は、1枚の圃場毎について、田植えコースや注意事項について、丁寧にレクチャーされていました。


ここから入ってこのルート、出口はここから。1枚の圃場毎にレクチャー
ここから入ってこのルート、出口はここから。1枚の圃場毎にレクチャー

圃場毎に田植えルートが異なります
圃場毎に田植えルートが異なります


果てしない、田植え作業は、これから5月一杯続きます。
こうした生産者の方々の沢山の絶え間ぬ努力に、心から感謝いたします。
ありがとうございます!


95haの圃場への田植えは続きます
95haの圃場への田植えは続きます

後藤敦 理事もドローンで撮影
後藤敦 理事のドローン撮影

後藤敦 理事もドローンで撮影
後藤敦 理事のドローン帰還(DJI phantom-4)


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.10】空知農業改良普及センターの水稲生育調査の苗植え

2017/05/21 0:45 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/21 21:56 に更新しました ]

2017年5月20日(土)

農事組合法人みずほファーマーズでは、田植えが順調に進んでいます。


順調な田植え
順調な田植え(撮影:2017年5月19日)


5月19日(金)、高田秋光理事(北竜町三谷)ご自宅の隣の圃場にて、空知農業改良普及センターの水稲生育調査の苗植えが行われていました。この高田理事の圃場での稲作況調査は、20年以前より続けられているとのことです。


空知農業改良普及センターの水稲生育調査の苗植え
空知農業改良普及センターの水稲生育調査の苗植え


調査は、田植えが終了した一定区画に、苗を抜き取り、「ななつぼし」「ゆめぴりか」「きたくりん」の3品種の苗(各450株程づつ)を手植えで植え替えです。


「ななつぼし」「ゆめぴりか」「きたくりん」の3品種
「ななつぼし」「ゆめぴりか」「きたくりん」の3品種

区域を設定
区域を設定

1株づつ手植えしていきます
1株づつ手植えしていきます


稲の成長に伴い葉数が確認できるようにするために、現在葉数が4枚なので、4の数字を葉にマジックで記入。毎月2回の実施により、草丈、葉数、茎数等の成長具合を調査していきます。


葉にマジックで番号(葉の枚数)を記入
葉にマジックで番号(葉の枚数)を記入

水稲生育調査の苗植え模様
水稲生育調査の苗植え模様


この調査は空知全域で実施され、調査結果は空知総合振興局が集約。さらに各総合振興局のデータが道庁に集められ、そのデータをもとに、その時期における北海道の作況が確定。毎年のこうした調査により、より高品質米生産への研究が進められているとのことです。


苗植え
苗植え


代掻きが終了後、順次に田植え作業が実施され、20日(土)午後には、3台の田植え機が同時稼働しました。


みずほファーマーズ・3台フル稼働で田植え中
みずほファーマーズ・3台フル稼働で田植え中(寺内ドローン空撮:2017年5月20日)


育成ポットへの水掛け、軽トラでのポット運搬、田植え機での補助作業、田植え機操縦など分担作業が絶え間なく継続。


分担作業が絶え間なく継続
分担作業が絶え間なく継続


田んぼの形状が長方形とは限らず、端が変形となっている圃場もあるので、田植え機の操縦はパズルのよう!
熟練オペレーターの力の発揮処です。皆さん、真剣そのもの!


三角形の区画は切り返しを想定してコース取り
三角形の区画は切り返しを想定してコース取り

田植え機がフル稼働
田植え機がフル稼働


田んぼに生命が入り、稲の魂の旅立ちです。
健やかなる稲の成長を心よりお祈り致します。


夕陽に染まる圃場
午後の陽に輝く圃場(寺内ドローン空撮)


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ
空知農業改良普及センター北空知支所の「水稲品種比較展示ほ」を見学しました(2010年9月8日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.09】田植えスタート

2017/05/16 14:03 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/21 2:18 に更新しました ]

2017年5月17日(水)

農事組合法人みずほファーマーズでは、田植えがはじまりました。


田植えスタート@三谷
田植えスタート@三谷(撮影:2017年5月17日)


4月12日(水)の播種から35日目、ほぼ予定通りの田植えのスタート。
代掻き作業が終了した田んぼから順次、田植えが行われ、約2週間かけて、94haの水田の田植え作業が続きます。
一方、並行して大豆播種作業が始まるとのことです。


育苗ポット設置作業
育苗ポット設置作業

手早く設置
手早く設置

育苗ハウスからポット苗を搬出
育苗ハウスからポット苗を搬出

青々と育った苗たち
青々と育った苗たち


田植えの様子をドローンで空から撮影しました。


田植えの様子(寺内ドローン撮影)
田植えの様子(寺内ドローン撮影)

田んぼを走る船のよう(寺内ドローン撮影)
田んぼを走る船のよう(寺内ドローン撮影)


ひまわりスイカの育苗ハウスでは、根切を終えた苗がぐんぐん成長しています。
今後、田植えが終了した育苗ハウスへの、ひまわりスイカの定植作業が順次開始されます。


高温多湿なひまわりライスの育苗ハウス
高温多湿なひまわりライスの育苗ハウス

すくすく成長中の根切りした苗たち
すくすく成長中の根切りした苗たち


水を張った北竜町の水田風景。


北竜町三谷・和の交差点近く(寺内ドローン撮影)
北竜町三谷・和の交差点近く(寺内ドローン撮影)


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.08】代かき

2017/05/09 13:57 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/21 2:17 に更新しました ]

2017年5月10日(水)

農事組合法人みずほファーマーズでは、水田に水が入り、荒代かきが行われています。
田起こしが完了した田んぼに水を張り、土を細かく砕いて、土の表面を平らにしていく作業です。
散布した肥料と土が混ざり、さらに、雑草や害虫等の防除効果があります。
田植え前にもう一度、仕上げの代かきが行われるとのことです。


荒代かき中の圃場
荒代かき中の圃場(撮影:2017年5月9日)

金毘羅公園をバックに
金毘羅公園をバックに


春の北竜町三谷をドローンで空撮してみました。


北竜町三谷・寺内ドローン撮影
北竜町三谷(寺内ドローン撮影:2017年5月9日)

和・西川方面(寺内ドローン撮影)
和・西川方面(寺内ドローン撮影)

みずほファーマーズの育苗ハウス群(寺内ドローン撮影)
みずほファーマーズの育苗ハウス群(寺内ドローン撮影)

恵岱岳を望んで(寺内ドローン撮影)
恵岱岳を望んで(寺内ドローン撮影)

代かき風景(寺内ドローン撮影)
代かき風景(寺内ドローン撮影)


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.07】ひまわりスイカ3回目の接ぎ木・圃場の水平設定作業

2017/05/06 21:00 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/07 14:14 に更新しました ]

2017年5月7日(日)

農事組合法人みずほファーマーズのすいかハウスでは、先日の根切り作業に並行して、接木作業が行われています。

4月24日(月)にスタートした接木作業の3回目、最後の苗900本の接木作業です。お母さたちが加わって、和気藹々と楽しい会話も賑やかに進められています。根切りが終了した苗たちも、元気にぐんぐん成長中。


ひまわりスイカの苗 
成長中のひまわりスイカの苗(撮影:2017年5月7日)

活き活きの根切りした苗 
活き活きの根切りした苗

西野理事より接ぎ木のレクチャー 
西野理事より接ぎ木のレクチャー

接ぎ木した苗をポットに移植 
接ぎ木した苗をポットに移植

賑やかな作業場 
賑やかな作業場

ひまわりスイカの育苗ハウス 
ひまわりスイカの育苗ハウス


一方、田んぼでは田起こし、そして造成・整地工事が行われた圃場の水平設定作業が行われていました。

最新テクノロジーであるローテーティングレーザーが使用されていました。本体からレーザーが回転しながら射出され、ブルドーザー側には、レーザーを受光するセンサー(レベルセンサー)が設置されて、水平方向の高さ位置を速やかに検出することができます。200m先で、7mm以下の高精度とのことです(トプコンHP)。

急ピッチで圃場整備が進んでいます。


圃場を水平に設定作業中 
圃場を水平に設定作業中

 土木作業も並行して進みます
土木作業も並行して進みます

高精度で水平を設定 
高精度で水平を設定

レーザーを回転しながら射出するローテーティングレーザー 
レーザーを回転しながら射出するローテーティングレーザー


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.06】ひまわりスイカの根切り作業

2017/05/04 20:47 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/04 21:11 に更新しました ]

2017年5月5日(金)

農事組合法人みずほファーマーズでは、ひまわりスイカ苗の根切り作業が行われています。


ひまわりスイカ苗根切り作業
ひまわりスイカ苗根切り作業(撮影:2017年5月5日)


接木して12日目のひまわりスイカの苗の根をカットする作業です。
根切りを行うことによって、丈夫なユウガオから栄養分をしっかり吸収します。


大きく育った接ぎ木の苗
大きく育った接ぎ木の苗


クリップ部分を持って、ひまわりスイカ苗の茎の部分をメスで内側から外側へカットします。カットしたひまわりスイカの根を抜き取り、ラップバンドを巻きつけます。さらに、病虫害予防として、割り箸で穴を空けネギを植えます。ひとつひとつ丁寧な作業が続きます。今回は全3,000株のうちの1,000株。


細いスイカの茎をメスで切ります
細いスイカの茎をメスで切ります

根と茎はユウガオ、芽はひまわりスイカ
根と茎はユウガオ、芽はひまわりスイカ

ラップバンドで継ぎ目をサポート
ラップバンドで継ぎ目をサポート

ネギを混植
ネギを混植


2日後の5月7日(日)には、3回目の接木作業(1,000株)が行われる予定です。


和気あいあいに作業
和気あいあいに作業

2班に分かれて根切り作業
2班に分かれて根切り作業

ひまわりスイカ担当の西野利幸理事・元気なお母さん達・農業実習生(右)
ひまわりスイカ担当の西野利幸理事・元気なお母さん達・農業実習生(右)


一方、田起こしを完了した田んぼでは、元肥の散布が行われています。


元肥を散布する小松正美 代表理事
元肥を散布する小松正美 代表理事

xxx
水稲の圃場を確認しながら

北竜町三谷地区の大きな空
北竜町三谷地区の大きな空


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.05】田起こし真っ最中

2017/05/02 20:17 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/05/02 20:34 に更新しました ]

2017年5月3日(水)

農事組合法人みずほファーマーズの育苗ハウスでは、4月12日(水)に播種した苗がぐんぐん成長しています。


苗がぐんぐん成長中
苗がぐんぐん成長中(撮影:2017年5月3日)

みずみずしい苗
みずみずしい苗


田んぼでは、田起こし作業が最盛期。
トラクターによって田を耕し、土地を整え、作物が育ちやすい環境を整備します。


若者たちが操る3台のトラクターがフル回転
若者たちが操る3台のトラクターがフル回転


土を耕すことによって、地中に酸素を供給して乾土効果(けんどこうか)をもたらします。
表面の藁、切り株、雑草の種を鋤き込んで、雑草の発生を減小させ、稲の生育を良くするための作業です。


xxx
角川蓮さん

高田駿樹さん
高田駿樹さん

小松修さん
小松修さん

恵岱岳をバックに
恵岱岳をバックに

緑に色づいてきた林
緑に色づいてきた林

真っ青な大空
真っ青な北海道の大空

大型トラクターで耕す高田秋光さん
大型トラクターで耕す高田秋光さん


耕起作業は3~4日間続けられます。圃場は活気づいてきました。


畦を彩る花たち
畦を彩る花たち


一方、ひまわりスイカの育苗ハウスでは、接木した苗が順調に成長。
5月5日(金)には、3回目の接ぎ木作業(約1,000株)と、1回目に行われた接ぎ木の根切り作業が開始されます。


左:1回目の接ぎ木 右:2回目
左:1回目の接ぎ木分(約1,000株) 右:2回目の接ぎ木分(約1,000株)

青々と成長
青々と成長中

新芽が出てきています
新芽が出てきています


みずほファーマーズの5月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.04】23棟の育苗ポット並べ完了

2017/04/27 18:10 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/04/27 20:49 に更新しました ]

2017年4月28日(金)

4月28日(金)、農事組合法人みずほファーマーズでは、新しい機械が導入されていました。
美葉牛地区の三上公晶さんが考案したオリジナル機械「根切シートを自動的に敷いていく装置」です。
この機械によって、育苗ポット並べと同時に、根切ネットを張っていくことができます。ネットは、以前使用していたものより、さらに細かい網目になっています。作業の能率が格段にアップする画期的な装置です。

今日で、100mの育苗ハウス23棟へのポット育苗箱並べは完了。 今後、田んぼでは本耕しがスタートします。田植えは5月15日頃に開始する予定。


根切りシートを自動的に広げる装置
根切りシートを自動的に広げる装置

ポット苗箱を自動で並べる装置
ポット苗箱を自動で並べる装置

整然と並ぶポット苗箱
整然と並ぶポット苗箱


そして、ひまわりスイカの育苗ハウスでは、接木された苗がすくすくと成長中。
田植え後には、スイカの育苗ハウス13棟の定植が開始される予定です。


しっかり温度管理中
しっかり温度管理中

猫ちゃんが見守り中
猫ちゃんが見守り中


みずほファーマーズの4月の写真(145枚)はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


農事組合法人みずほファーマーズ【No.03】ひまわりスイカの接木苗作り

2017/04/25 1:33 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/04/25 19:27 に更新しました ]

2017年4月25日(火)

農事組合法人みずほファーマーズでは、4月12日(水)に播種が開始。ハウスへの成苗ポット並べが行われ、苗が芽を出しぐんぐん成長しています。


青々と芽が出来てきた育苗ハウス
青々と芽が出来てきた育苗ハウス(撮影:2017年4月24日)

元気な新芽たち
元気な新芽たち


4月20日(金)、ひまわりスイカの苗、接木用ユウガオの苗、各苗1,000ポットの搬入が、JAきたそらち雨竜支所の農協育苗施設にて行われました。


JAきたそらち雨竜支所・農協育苗施設
JAきたそらち雨竜支所・農協育苗施設(撮影:2017年4月20日)

みずほファーマーズ用ひまわりスイカ苗と台木
みずほファーマーズ用ひまわりスイカ苗と台木

台木のユウガオ
台木のユウガオの苗

ひまわりスイカの苗
ひまわりスイカの苗


搬入された苗は、ハウス内の温度・床土の温度ともに20度以上に保たれた苗床で、ビニールカバーをかけて、温かさを保ちながら3~4日間保管されます。


育苗ハウスに搬入(北竜町三谷)
育苗ハウスに搬入(北竜町三谷)

ハウスの地温と気温を確認
ハウスの地温と気温を確認

台木のユウガオとスイカを整理
台木のユウガオとスイカを整理


4月24日(月)、育苗ハウスでは、ひまわりスイカの接木苗作り作業がスタートしました。病虫害に強いユウガオを台木として接木することによって、土壌病害を回避するためのものです。


すいかの接木苗作り作業がスタート
すいかの接木苗作り作業がスタート


台木ユウガオの本葉をヘラで掻き落とす。


台木の本葉をヘラで掻き落とす
台木ユウガオの本葉をヘラで掻き落とす


台木のユウガオの苗の茎を上から下へ斜めにカットし、穂木のひまわりスイカの苗は下から上へ斜めにカット。切れ目同士を組み合わせます。


台木のユウガオの苗の茎を上から下へ斜めにカット
台木のユウガオの苗の茎を上から下へ斜めにカット

穂木のひまわりスイカの苗は下から上へ斜めにカット
穂木のひまわりスイカの苗は下から上へ斜めにカット

切れ目同士を組み合わせます
切れ目同士を組み合わせます


斜めにカットした部分を合わせてミニクリップ止め。根の部分を水に浸し、ポットに植えます。


ミニクリップ
ミニクリップ

ミニクリップで留めた苗をポットに植えます
ミニクリップで留めた苗をポットに植えます

接ぎ木苗の完成
接ぎ木苗の完成


西野ファミリーが協力して行うひまわりスイカの接木苗作り。約3日間かけて、1,000ポットの苗の作業が続きます。友也くんのお嫁さんは、初めての農作業。お母さんの優しい丁寧な指導に、一生懸命に取り組んでいます。


4人での緻密で地道な作業
4人での緻密で地道な作業


写真(64枚)はこちら >>


◆ 関連記事

農事組合法人みずほファーマーズ紹介ページ


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子


1-10 of 218