クールベジ(北竜町ひまわり直売所)で夏を乗り切る!

2011/08/09 16:14 に 寺内昇 が投稿   [ 2011/10/12 18:44 に更新しました ]
2011年8月9日(火)

夏真っ盛り!「ひまわりの里」のひまわりの花も満開! 北竜町のお母さんたちの直売所「ひまわり直売所」では、新鮮野菜がいっぱい! 

トマト、キューリ、セロリ、ゴーヤ、ズッキーニ、コリンキー、アジウリ、ニンニク、メロン、スイカなどなど、新鮮野菜のオンパレード ♬


左から:アマウリ(甘露)、ニンニク、コリンキー


暑い夏を乗り切る対策として、今年は「クールベジ」が注目されています。

「クールベジ」(クールベジタブル)とは、カリウムと水分を多く含む野菜。 カリウムには、利尿作用があり、水分とともに体の余分な熱を体外に放出し、体をクールダウンさせる効果があります。


「ひまわり直売所」では、真夏の旬の野菜「クールベジ」が大活躍。 水分とカリウムを豊富に含んでいるのがウリ科の野菜や果物・・・ゴーヤ、ズッキーニ、アジウリ、キューリ、メロン・・・

ゴーヤは、体の酸化を防ぐ働きをもつ野菜。 ズッキーニは、老化を抑える働きをもつ野菜。 メロンは、紫外線から体を守る働きをもつ野菜。


水分とともに体の熱を排出する野菜「クールベジ」。

とはいえ、体を冷やしすぎると免疫力が低下してしまいます。食べ過ぎにはご注意を! 瞬間的に冷やして、サッと体の火照りを冷ますことが大切ですね。

「サッと冷やした後は、パッと温める」このバランス感覚をお忘れなく!

こんな時、活躍するのが、鮮やかな黄色の夏野菜「コリンキー」。生で食べられる「カボチャ」です。かぼちゃは、血行を促進し、ホルモン分泌を調整するビタミンEが豊富に含まれている野菜。 


にんじんは、免疫力を高め、皮膚や粘膜を強化するカロテンを含む野菜。

ししとうがらしは、発汗によって新陳代謝を促進し、脂肪を燃焼させる辛味成分であるカプサイシンを含む野菜。

それぞれの野菜が持つ、それぞれの栄養を上手に体に取り入れてパワーUP!

旬の野菜たちの活力を最大限に生かし、活用して、暑い夏を乗り切っていきましょう ♬



果汁たっぷりの美味しいメロン

◇ いくこ&のぼる


Comments