第32回北空知コーラス団体合同演奏会(北竜町)が開催されました

2011/06/25 5:29 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/11/06 14:02 に更新しました ]
2011年6月25日(土)


真っ青な空がどこまでも広がり、田んぼが日毎に緑濃く輝く日々。

第32回北空知コーラス団体合同演奏会が北竜町公民館大ホールで開催されました。総勢240人、北竜町ひまわりコーラスを含む11団体の歌声がホールいっぱいに響き渡りました。総合司会は、北竜町ひまわりコーラス・メンバーの杉本育子さん。

北空知コーラス団体連絡協議会・加藤廣一会長のご挨拶です。

「人間にとって、歴史にとって、世界にとって、どうすることが正しいのか、自分の心の中で決めていかなければならないという、大きな決断をする年になったと思います。
 コーラスというのは、人間の崇高なる姿を求めている活動です。冷静に熱く決断の為に努力する年が今年ではないかと思います。今年は、北竜町、教育委員会、文化連盟の手厚いバックアップの元、熱く、若く、美しいひまわりコーラスのみなさんの丁寧な準備でこの演奏会が開かれたことに心から感謝申し上げます」

そして、佐野豊副町長の歓迎のご挨拶の後、北竜町ひまわりコーラスをご指導されている山本徹淨先生指揮「あの鐘を鳴らすのはあなた」の全体合唱です。心震わせる平和の鐘の音が、鳴り響きます・・・



全体合唱「あの鐘を鳴らすのはあなた」

    
指揮:山本徹淨先生  伴奏:中島和子さん


第32回北空知コーラス団体合同演奏会@北竜町


浦臼町女声コーラス りらの会、深川混声合唱コール・メム、コーラス「バラの会」、砂川コール・ミュゲー、滝川市民合唱団、砂川混声合唱団。それぞれの団体の個性あふれる素晴らしいハーモニーの数々にうっとり。。。

15分間の休憩を挟み、6団体による女声合唱「忘れな草」、そして4団体による混声合唱「行こうふたたび」の大合唱が高らかに歌い上げられました。

続いて、
奈井江コーラスサークル「コスモス」、スターライトコールあしべつ、新十津川男声合唱団スノーグリー、新十津川アザレアコーラス。日頃の成果が発揮され、見事な響きに心打たれました。


 そしてフィナーレを飾ったのは「北竜町ひまわりコーラス」。曲目は「いのちの歌」と「みぞれ」の2曲。

「いのちの歌」は、NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008年9月~2009年3月放送)のイメージソング。島根県と京都府を主な舞台とするドラマ。「だんだん」は、「ありがとう」という感謝の意味を持つ出雲弁です。


「いのちの歌」
作詞:Miyabi・作曲:松村崇継・編曲:横山潤子

本当にだいじなものは 隠れて見えない

ささやかすぎる日々の中に かけがえのない喜びがある

いつかは誰でも この星にさようならを する時が来るけれど

命は継がれていく

生まれたことを 育ててもらえたことを

出会ったことを 笑ったことを

そのすべてにありがとう

この命にありがとう

・・・・・


    
北竜町ひまわりコーラス


指揮:山本徹淨先生  伴奏:中島和子さん

    


素晴らしい言葉の波に乗って、重なり合い、響き合う、

ひまわりコーラスのみなさんの見事なハーモニー。

大になり小になり、大きなウェ~ブを巻き起こし、

ホール全体を大きく揺るがしていく・・・

心震え、涙溢れる・・・

たくさんの感動を本当にありがとうございます!


Youtube いのちの歌@北竜町ひまわりコーラス 2011(約5分)


最後に北竜町ひまわりコーラス代表・土居ひでさんのお言葉です。

「我町でこの演奏会が行われるのは今回で2回目。前回と比べると様子がわかっているだけに準備の方ものんびりとゆとりがあった様に思います。
 今回は未曾有の大震災があり、コーラス団体として何か出来ないかと考えて、募金箱を用意させて頂きました。ひまわりの鉢植えを買って頂き、売上金は、全額共同募金会を通して東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。
 沢山の方のご協力をお願い致します。被災地の方々に皆様の歌声と心が届きますように!!」



北竜町ひまわりコーラス代表・土居ひで さん


ホール入り口には、この日の為に「北竜町ひまわりコーラス」の代表土居ひでさんに大切に育てられた、沢山の鉢植えのひまわりさん達がニコニコ笑顔でお出迎え。。。

募金箱には、溢れるばかりの「真心」が詰め込まれていました。

ひまわりの品種名は「グッド スマイル(Good Smile)」!!!

この夏、ひまわり「グッド スマイル」が、みなさんの心に、笑顔の可愛い花をたくさん開かせることでしょう!!!


ひまわりの笑顔とともに鳴り響いた愛と幸せのハーモニー

心和らぎ、心癒される、感動的な歌声に

永遠の平和と愛と感謝をこめて。。。


    
東日本大震災支援チャリティ


ひまわり「グッドスマイル」



◆ 地域おこし協力隊の隊員ブログ「ひまわりの里・北竜町(北海道)だより」に、
山本徹淨先生よりコメントをいただきましので、ご紹介させていただきます。

素晴らしいハーモニーが、北竜町の公民館一杯に響き渡りました。参加していただいた全てのコーラス団体の皆さん、ありがとう!音楽を通して心通わせ、東日本大震災で悲しむ人たちへの応援歌としてこの美しい声を届けたいですね。特にひまわりコーラスの『いのちの歌』は、感動的な最高の演奏でした。この場所は北竜町の和(やわら)地区と言いますが、和音の和です。様々な声が集まって美しい和音(ハーモニー)となり、十方の世界に響き渡るのです。まるで浄土の音楽のようでした。ありがとうございました!

投稿者 やまもとてつじょう | 2011-06-29 06:43:46

 第32回北空知コーラス団体合同演奏会(北竜町) 写真(46枚)はこちら


◆ 参考ページ

<参考>



第32回北空知コーラス団体合同演奏会

プログラム


2011.6.25(土)開演12:30
北竜町公民館大ホール


1.会長あいさつ:北空知コーラス団体連絡協議会会長・加藤廣一

2.祝辞:北竜町長・西野陽一

3.全体合唱:『あの鐘を鳴らすのはあなた』
    指揮:山本徹淨・伴奏:中島和子

主催:北空知コーラス団体連絡協議会
主管:北竜町ひまわりコーラス
後援:北竜町・北竜町教育委員会・北竜町文化連盟


◆ こあいさつ

北空知コーラス団体連絡協議会会長 加藤廣一

 3・11の大震災は、原発事故を伴ったことで復旧の見通しが持てなくなっています。
 自然災害ならば幾度となく乗り越えた経験と歴史を持っており、悲しみからの立ち上がりも、励ましと援助で早期にできるでしょう。しかし、人災といえる原発事故は、怒りと恐怖・不安を導きました。
 被災を受けなかった私たちの多くは、被災を受けた身内や大切な知人をもっています。それなのに、報道は被災者の救済や被災地の復興よりも、原発関連と国会のドタバタを第一に取り上げているように見えます。
 組曲『上の歌』に「人智の愚かさよ」という一節があります。まだコントロールできない物を先進科学だと自惚れ、言葉と札束で人心を得たとした「指導者たち」を目の当たりにし、彼らを選んだ自分の曖昧さを省みるとともに「愚かさ」を実感しました。
 しみじみと、コーラスという芸術活動にかかわっている者として、崇高なものを求め、謙虚でありたいと思います。
 このたびの合同演奏会では、北竜町ひまわりコーラスのみなさんのアイディアと努力によって、被災者救援のチャリティー募金も行います。傍に行くなどできない「済まなさ」を、幾ばかりか埋めるごとができたならと思います。
 本日は、生まれ変わった芦別の「バラの会」初登場に、一年間に蓄えたレパートリーと精進での各合唱団の演奏と、内容豊かな演奏会になることでしょう。そして、受けた刺激を大切にしましょう。
 終わりに、主管のひまわりコーラスのみなさん、お力添えを下さった北竜町と関係機関に心からの感謝を申し上げます。


◆ 歓迎のことば


北竜町長 西野陽一

 今年の春は異常な低温が続き、農作物の生育を大変心配しておりましたが、ここに来て暖かな好天の日が続き、青田の緑も日一日とその濃さを増しております。
 本日ここに、第32回という大変歴史のある北空知コーラス団体合同演奏会が本町で開催されますことに、町民を代表しまして心よりお祝いとご歓迎を申し上げます。
 皆様ご存じのとおり、本町は「ひまわり」の町です。ひまわりは、一本一本がすくすく成長し、やがて大輪の花を咲かせる。その大輪が百三十万本集まって黄金の「ひまわりの里」となります。
 皆様も、お一人お一人の声が仲間の声と合わさってそして共鳴し、素晴らしい大輪のハーモニーとなります。
 本日ご参集頂いた11団体皆様が、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮され、更に、お互いの親睦と交流を深められ、本日素晴らしいハーモニーが奏でられますことをご期待申し上げます。
 結びになりますが、貴協議会のご発展と会員各位のご多幸をご祈念申し上げ、歓迎の挨拶と致します。

◇ 北竜町教育委員会教育長 竹内範行

 野山の緑が色を深め、頬に当たる風も爽やかに感じる季節に、第32回北空知コーラス団体合同演奏会が北竜町で盛大に開催されますことに心から歓迎を申し上げます。
 参加されます皆さんは、沢山の課題を乗り越えて練習を積み重ね、今歌う喜びと緊張に満ちて居ると思いますが、また他の合唱団の発表を聞き、そして仲間との交流で今日は大きな感動を分かち合えるものと思います。
 「微妙な音の重なり合いが調和したときには、涙が出るほど感動する」とコーラスに参加されている方に聞いたことがあります。
 一つの目標に向かって心を通わすせることは、豊かな人生を過ごすために欠かせないものであり、歌うことを通して地域に一体感が醸成される活動が広がることを私も願っています。
 コーラスの楽しさや素晴らしさが、歌う人達から聴いている人達に伝わって行くのを、今日はぜひ会場で楽しみたいと思います。
 今後も本演奏会の開催が長く続きますことと合わせ、貴協議会の益々の発展とご参集の皆様のご多幸を祈念して歓迎のことばと致します。


◇ 北竜町文化連盟会長 山岸正俊

 青田を渡る風がさわやかな時節となりました。ここに第32回北空知コーラス団体合同演参会が、我町で開催されますこと町民の皆様と共に心から歓迎とお祝いを申し上げます。
 我町は農業を基幹産業とする町でありますが、すこやかな青田から真夏の向日葵の咲きみだれるまでと、これから季節が移ろいをみせるわけですが、その先陣を飾るように北空知の背景の素晴らしいコーラスによる歌声が町中に流れてくる、こんな嬉しい企画が催されますことは、真に喜びとするところであり、感謝を申し上げる次第です。
 第32回という歴史に、北空知各地域のコーラス団体における皆様の情熱を感じ、ご努力に敬意を衷すると共に北空知の文化発展の為、益々ご活躍あらんことを衷心よりお祈り申レ上げまして歓迎の言葉と致します。


1.全体合唱

『あの鐘を鴫らすのはあなた』

 作詞:阿久悠・作曲:森田公一・編曲:尾形敏幸
 指揮:山本徹淨・伴奏:中島和子


2.浦臼町女声コーラスりらの会

 指揮:中田晶子・伴奏:藤井永子

(1)おおひばり
   作詞:高野辰之・作曲:メンデルスゾーン
(2)花
   作詞:武島羽衣・作曲:瀧廉太郎・編曲:信長貴富 
(3)落葉松
   作詞:野上彰・作曲:小林秀雄

 私達は、昨年11月に25周年記念演参会を無事終了し、ホッとした気持で新年を迎えました。
 会員は、現在16名と少人数ですが、“継続は力なり”と今年度もボイストレーニングを2回実施する予定です。
 暗譜の挑戦やアカペラの曲を増やしたいと努力しているところですが、無理せず、息長く、楽しく歌い続けていきたいと思っています。
(会長 木内邦子)


3.深川混声合唱団コール・メム

 指揮:吉田朝雄・伴奏:洞ノ上美恵子

(1)オールド・ブラック・ジョー
   訳:絵図涼子・作曲:フオスター・編曲:橋本祥路
(2)心さわぐ青春の歌
   訳:関忠亮・作曲:パフムートワ・編曲:橋本祥路
(3)バイカル湖のほとり
   訳:中央合唱団・ロシア民謡・編曲:江口泰央
(4)収穫の歌
   訳:関鑑子・作曲:ドゥナエフスキー・編曲:橋本祥路

 私達コール・メムの43年の歩みを、団長加藤さんが作って下さいました。
 今迄、多くの方々にご指導を受けたことを心より感謝致しております。
 平成6年、東京文京混声合唱、平成15年11月カナダ、「アボッフオード」平成17年札幌合唱団「波」等ジョイントコンサートでの感動は一生心に残るものです。
 現在吉田先生、洞ノ上先生に丁寧なご指導を受け、ボイストレーニング等も、札幌の大楽先生に教えて戴き、発声練習をもり込みながら、毎週2時間、そして今年は集中練習を1泊して行う予定です。
(副団長 早川雅子)


4.コーラス「バラの会」

 指揮:貴部恵子・伴奏:太初瑞子

(1)逢えてよかったね
   作詞:小原孝・作曲:小原孝 
(2)白ばらは雨にぬれ
   作詞:近藤玲二・作曲:ネーゲリー・編曲:みのだよしこ
(3)逢えてよかったね
   作詞:小原孝・作曲:小原孝 

 はじめまして「バラの会」でございます。すみれコーラスは作秋解散し、11月に「バラの会」としてメンバーを募りスタートいたしました。
 年令相応の深昧のある合唱をと真部先生のご指導のもと練習に励んでおります。
 北空知交流会がデビューとなりますが、楽しんで歌おうと思っております。
(代表世話人 鈴木かは組)


5.砂川コール・ミュゲー

 指揮:水田清己・伴奏:三浦雅美

(1)めぐりあいの中に
   作曲:鈴木憲夫・作詞:鈴木憲夫
(2)ひとひらの花びら
   作曲:鈴木憲夫・作詞:鈴木憲夫
(3)ほほえみ
   作曲:小田切消光・作詞:鈴木憲夫

 今年1月から新役員体制でスタート。昨年芦別すみれコーラスさんが歌われた曲に挑戦熱心に緻密なご指導下さる水田先生、ピアノで支えて下さる三浦先生、両先生に感謝。
 一日一笑をモットーに、一度は笑い声が聞こえる練習目。今日の歌う顔の表情に注目あれ!果して、練習通り変化をつけられるやら?
(団長 瀬戸敏子)


6.滝川市民合唱団

 指揮:佐藤香織・伴奏:斎藤香

(1)遠い目の歌(パッヘルベルの「カノン」による)
   作曲:岩沢千早・作詞:橋本祥路
(2)カワセミ
   作曲:鈴木敏史・作詞:寺嶋陸也
(3)あお
   作詞:谷川俊太郎・作曲:木下牧子
(3)秋の空の上で(混成合唱組曲「風の吐息」より)
   作曲:橋爪文・作曲:なかにしあかね

 昨年10月31日に第24回(30周年)定期演奏会を開催致しました。
 コーヒータイムや映像で組曲の紹介をしたり、お客様も喜んで下さいました。
 チョットはり切りすぎまして今年は開催せず来年までじっくりと難しい組曲に挑戦し練習しております。その中の1曲を含め4曲を聴いて戴きます。
 大きな災害を受けた方々への応援歌になると良いですね。
(団長 松嶋久美子)


7.砂川混声合唱団

 指揮:奥山一三・伴奏:田中真美

(1)ゴンドラの唄
   作詞:吉井勇・作曲:中山晋平・作詞:林光
(2)なぎさ歩めば
   作曲:山之井慎・作詞:佐藤佻
   混声合唱のための組曲「旅」より
(3)風のめぐるとき
   作曲:山本屋子・作詞:橋本祥路

 創立5年目を迎え、38名の団員一つで楽しんでおります。
 今年は、指導者の奥山先生が体調を崩され、3か月休まれたことから一時出場も危ぶまれました。
 サブリーダーの先生2人とピアノさんに支えられ、そして最後には無理を押しての先生の熱いご指導のお蔭で、やっと皆様にお会いする事ができ嬉しい限りです。
 今回はいつになく叙情的な曲を選んでみたのですが、改めて表現の難しさに苦慮したところです。
(団長 菅原美枝子)


8.女声合唱

 指揮:水田清己・伴奏:三浦雅美

『忘れな草』
  作詞:深尾須磨子・作曲:中田喜直

  浦臼町女声コーラスりらの会、コーラス「バラの会」、砂川コール・ミュゲー、
  奈井江コーラスサークル「コスモス」、新十津川アザレアコーラス、北竜町ひまわりコーラス・


9.混声合唱

 指揮:佐藤香織・伴奏:斎藤香

『行こうふたたび』
  作詞:田申請光・作曲:佐藤真

  深川混声合唱団尾コール・メム、滝川市民合唱団、
  スターライトコールあしべつ、砂川混声合唱団


10.奈井江コーラスサークル「コスモス」

 指揮:山本麻衣・伴奏:山中敦子

(1)中国地方の子守唄
   (日本古謡)作曲:山田耕作
(2)豊後竹田の子守唄
   作曲:沖喜英雄
(3)巻の目の花と輝く
   アイルランド民謡・作詞:堀内敬三・作曲:源田俊一郎

 今年も皆さんとお会い出来る交流会に参加でき、嬉しく思っています。
 が、しかし今回私達は一桁の参加人数となってしまいました。元々小人数なのですが、本日は特に少ない8人です。うまくハーモニーが作れるか心配ではありますが、何とか聞いていただけるものにしようと練習しました。

 どうぞよろしくお願い致します。
(会長 橋本ミエ)


11.スターライトコールあしべつ

 指揮:斉藤信乃夫・伴奏:桜井朝子

 混声合唱のためのメドレー「HANA」より  全て編曲:三沢治美

(1)さくら(独唱)
  作詞:森出直太郎・作曲:森出直太郎
(2)はなみずき
  作詞:一青窃・作曲:マシコタツロウ
(3)りんご追分
  作詞:小沢不二夫・作曲:米山正夫
(4)世界に一つだけの花
  作曲:槇原敏之・作詞:槇原敏之
(5)赤いスイートピー
  作詞:松本隆・作曲:呉田軽穂
(6)花
  作詞:喜納昌吉・作曲:喜納昌吉

 21年目をむかえました。ベトナム研修生も帰国し、純粋国産ロートル集団になりましたが、当たり前のことを当たり前に、普通に暮らしていけることに感謝しながら、歌い続けられたら幸せですね。
 今回はナウイ(死語)曲に挑戦と思っていたら、子供曰く、「スマップも直太郎も、もう古典だよ」だって。
(団長 大西俊夫)


12.新十津川男声合唱団スノーグリー

 指揮:奥山一三・伴奏:浅井万紀子

(1)浜辺の歌
  作詞:林古渓・作曲:成田為三
(2)君をのせて
  作詞:宮崎駿・作曲:久石譲
(3)旅立つ日
  作詞:田申請光・作曲:佐藤眞

 昭和59年結成で今年28年目を迎えました。団員数が20名を超えた時期もありましたが、現在は15人です。
 週1回の練習に全員が揃うことが少なく、練習不足を気持でカバーする、本番に強い、強心臓の合唱団といわれたことも。
 平均年齢が上がり、並みの心臓になってしまいましたが、今年も精一杯のステージを努めます。
(団長 前谷弘志)


13.新十津川アザレアコーラス

 指揮:志賀敦子・伴奏:横井美和

(1)芭蕉布
  作詞:古川安一・作詞:普久原恒勇・作曲‥脇山知宏
(2)ともしびを高くかかげて
  作詞:岩谷時子・作曲:冨田 勲
(3)景色がわたしを見た
  作詞:関根栄一・作曲:寺島尚彦

 一年ぶりに皆様にお会い出来ます事を会員一同楽しみにし、この日の発表をめざし日々の練習に励んできました。
 少ない人数ながら楽しく歌うことをモットーに歌い続けています。
 継続は力と言います。今日は精一杯楽しんで歌いたいと思います。
(会長 村部美津枝)


14.北竜町ひまわりコーラス

 指揮:山本徹淨・伴奏:中島和子

(1)いのちの歌
  作詞:Miyabi・作曲:村松崇継・編曲:横山潤子
(2)みぞれ
  作詞:伊藤民枝・作曲:野田

 我町でこの演奏会が行われるのは今回で2回目。前回と比べると様子がわかっているだけに準備の方ものんびりとゆとりがあった様に思われます。
 今回は未曽有の大震災があり、コーラス団体としても何か出来ないかと考えて、募金箱を用意させて頂きました。
 ひまわりの鉢植えを買って頂き、売上金は、全額共同募金会を通して東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。沢山の方のご協力をお願い致します。被災地の方々に皆様の歌声と心が届きますように!!
(代表 土居ひで)

以上

Comments