有機栽培カボチャの定植〜草取り@(有)ファームトゥモロウ

2011/07/11 3:05 に 寺内昇 が投稿   [ 2011/07/11 7:11 に更新しました ]
2011年7月11日(月)

7月に入り、太陽の光を燦々と浴びて、(有)ファームトゥモロウ(土居健一社長)の「カボチャ」がすくすくと成長しています。



マルチングが終わって一息、土居健一社長
((有)ファームトゥモロウ)


5月に種が撒かれ、ポットで大切に育てられたかぼちゃの苗たち。6月に入り、マルチが引かれた広大な大地へ旅立ちです。


    

    
苗を段階的に育成中(撮影:2011年5月31日)


6月17日(金)は最後の定植日。 太陽の光をいっぱいに浴びて、ぐんぐん苗は成長を続けています。

7月7日(木)には、苗の脇に生えてきた草を刈り込んでいく作業が行われていました。

かぼちゃは、葉っぱの良し悪しが美味しくなる生命線。葉っぱで光合成を行い、成長を促進していきます。

この広大な大地が大きな葉っぱで埋めつくされていくのですね。これからの成長ぶりが楽しみ♫


    
強い陽射しの下、一苗づつ丁寧に定植します(撮影:2011年6月17日)

    
左:社会へ出たばかりの苗(撮影:2011年6月17日)  右;順調に生育するカボチャ(撮影:2011年7月4日)


    
カボチャのつるが伸びる前に草刈り(撮影:2011年7月7日)


ビタミンA・E・C、食物繊維など豊富で、 

種にはコレステロールを低下させるリノール酸が多く、 

黄色の色素成分は、ルテインという目の健康を保ち、抗酸化作用を含む、栄養満点野菜! 


大きく、甘〜くなぁ〜れ、パンプキンちゃん!



真っ青な空のもと、大きく美味しく育って欲しい。パンプキンちゃん
(撮影:2011年7月7日)


◆(有)ファームトゥモロウ
(代表取締役社長・土居健一)
 〒078-2516 北海道雨竜郡北竜町字西川31の3
 Tel: 0164-34-2618


◇ いくこ&のぼる



Comments