ひまわりすいかの初出荷、そして初競り2011

2011/06/16 13:38 に 寺内昇 が投稿   [ 2011/06/19 16:17 に更新しました ]
2011年6月15日(水)・16日(木)

6月15日(水)

 真っ青な広い空に、モクモクと入道雲が広がり、夏を思わせるような日差しです。 

いよいよ、北竜町の黄小玉「ひまわりすいか」の初出荷が15日(水)、JAきたそらち北竜支所青果撰果場でスタートです。 

   

初出荷
 ひまわりすいか部会・初出荷の皆さん


4件の農家が初出荷し、翌日16日(木)、旭川と札幌の市場に10ケースづつ運ばれました。 

「今年は春先の天候不順で、着果が遅れ心配されたが、6月からの晴天で、昼を夜の寒暖の差も大きかったため、糖度が上がり、美味しくなりました。」と「ひまわりすいか部会」部会長・西野利幸さん。 

町花ひまわりを思わせるビタミンカラー・黄色の果実と、すっきりとした上品な甘さが特徴の北竜町産「ひまわりすいか」。 上々の出来具合に生産者の皆さん、幸せいっぱいの笑顔で記念撮影! 


@@@@@@@
ひまわりすいか初出荷


ポスター2011年版      ポスター2011年版
ひまわりすいかポスター:2011年版 (表・裏)


6月16日(木)

早朝、5時30分、ピリッと引き締まった冷たい空気の中、旭一青果卸売市場(旭川市)へと出発です。 


旭一青果卸売市場
 旭一青果卸売市場


卸売市場では、青果物を運ぶフォークリフトが所狭しと何台も運行。

ピーンと張り詰めた空気が市場いっぱいに広がっていました。 


市場風景    展示されたひまわりすいか
左:市場内風景  右:展示されたひまわりすいか


7時前、30cmもありそうな大きな包丁で、手際よく「ひまわりすいか」が切り分けられていきます。

甘〜い香りが広がり、その甘美な香りに引きつけられるように、仲買人の方々が集まってきました。 

「生産者は、この瞬間が一番緊張します。仲買人の方々が、切り分けられたすいかの一切れをいかに食べ切るかが、味の良し悪しを判定する証明になるからです。皮のギリギリまでたべられていたら、甘い証拠。食べ残されていたら、その反対!?仲買人の判定は厳しいですよ。」と長年すいかを栽培していらっしゃる「ひまわりすいか部会」の技術部長・杉本克裕さんのお言葉。 

「うまい!」という声とともに、食べ後は、緑の皮だけ!!! 甘い美味しさの見事な証明です。

流石!幸せ色の北竜町さん「ひまわりすいか」さん! 


試食    初競り
市場での試食


試食    試食
市場での試食・仲買人の皆さんから「美味い!」の声


西野利幸部会長の心のこもったご挨拶の後、初競りスタート。 

仲買人の方々の威勢のいい掛け声もあっという間、ご祝儀価格「10万円」で落札されました。 


西野利幸さん    初競り
左:競りの前にご挨拶される「ひまわりすいか部会」部会長・西野利幸さん
 右:初競りで1箱・10万円 


その後、市場の2階の食堂で、関係者みなさんが集合し、美味しい食事と今年のすいか話しで華が咲いた朝食会。 

流石、市場のお料理は、新鮮なお魚と野菜の品々です。おいしかったです!ご馳走さま。 


市場での朝食    市場の食堂での朝食
市場の食堂での朝食・ごちそう様でした


「ひまわりすいか部会」の農家15戸の皆さんの

 真心と熱い想いがこめられた、

幸せ色のひまわりすいかさんに

甘〜〜い愛と感謝と笑顔をこめて。。。


笑顔のひまわりすいか
ひまわりすいかさんも、にっこり (^_^)


◇ いくこ&のぼる

Comments