「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場

2011/04/19 23:53 に 寺内昇 が投稿   [ 2011/05/29 7:46 に更新しました ]
2010年5月13日(木)

高田ファームでは、ひまわりすいかの定植から6週間経ち、苗さん達は、元気に蔓を伸ばし、すくすくと成長しています。

「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場
「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場


まず、ビニールハウスを訪れて驚いたのが、ビニールハウス囲むように張られた電線。なんと、キタキツネの防御用の鉄戦だそうです。

「おいしいすいかを選んで食べてしまうのですよ」と奥さまの智美さん。キタキツネは、香りでおいしいすいかを嗅ぎ分けているのですね。驚き!

「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場    「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場

「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場    「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場


温度調整されたビニールハウスの中には、受粉するための蜜蜂の巣箱が置かれ、あちこちに、ミツバチが飛び回っています。

黄色の花の付け根の部分が少し膨らんだものが雌花。智美さんは、花の付け根の膨らみ具合によって、すいかの成長ぶりを区別していらっしゃいました。

ミツバチさんが、雄花から雌花へと飛び回り受粉が行われます。頑張ってね!ミツバチさん!!アリさんも、受粉のお手伝い。

おいしい、おいしいすいかの実を付ける為に、昆虫たちも大切な役目を果たしながらお手伝いしています。


「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場
「ひまわりすいか」6週間目@みずほの里・高田(秋)農場


小さな世界で繰り広げられている生体循環の神秘さに、

大きな、大きな感謝をこめて。。。


 いくこ&のぼる


Comments