みちくさ‎ > ‎

薬膳朝食@札幌グランドホテル(札幌市)

2014/03/25 6:40 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/03/25 6:40 に更新しました ]
2014年3月26日(水)

北海道初の本格洋式ホテルとして、1934年に開業し、今年で開業80周年を迎える「札幌グランドホテル」。
札幌駅前通地下歩行空間8番出入口に直結している札幌グランドホテル専用口から、地上に上がること無く、エレベーターでホテル東館へ。

札幌グランドホテル内レストランには、西洋料理「ノーザンテラスダイナー」、中国料理「チャイニーズダイニング 黄鶴」、日本料理「ガーデンダイニング 環楽(わらく)」、ビアレストラン「北海道ダイニングビッグジャッキ」などがあります。

そして、札幌グランドホテルの朝食は、3種類から選択することができます。

1.洋食・和食バイキング(ノーザンテラスダイナー):
 フレンチトースト、野菜のしゃぶしゃぶ、ホームベーカリーのパン、きのことベーコンのスープ、トウモロコシの冷たい洋風茶碗蒸 キャラメリーゼ、長沼産大根の柚子漬け・・・全90品

2.和朝食・薬膳朝食(ガーデンダイニング 環楽):
 ・和朝食:中鉢、豆腐、焼物、海苔、味噌椀、浸し物、煮物、ご飯またはお粥、香の物
 ・薬膳朝食:豆腐、浸し物、酢の物、焼物、煮物、味噌椀、五穀米または白粥、香の物

3.和食バイキング(北海道ダイニング ビッグジョッキ):
 海の幸&山の幸のあぶりコーナー、ビッグジャッキ特製朝カレー、調理長特製「北海浜汁」・・・


環楽薬膳朝食 
環楽薬膳朝食メニュー(撮影:2014年3月12日)


環楽 
「環楽」の朝食風景


今回選んだのは、日本料理 ガーデンダイニング 「環楽」での薬膳朝食。
4階に位置しながら、日本庭園を眺めながらの身体に優しい薬膳料理です。

「医食同源ー旬の地の物が健康の源」という考えの基、調理長の上原貴幸さんが厳選した北海道産の旬の食材が登場します。中でも特にこだわって選びぬかれたのが、北海道栗山町産「豆腐」。大豆本来の「甘みと香り」が絶品!

<薬膳朝食(3月メニュー) >

・道産大豆で作った寄せ豆腐:小泉哲也総料理長自家製南蛮味噌掛け
・ほうれん草の黒胡麻掛け:すり黒胡麻が濃厚
・水雲の酢の物:ミネラル豊富な水雲に土佐酢がほんわり薫る
・野菜とひじきの真丈:人参、筍、椎茸、ひじきの真丈(しんじょう)
・道産鰊塩焼:鰊は、タンパク質、DHAが豊富
・十五穀米(とろろ芋付き) または 白粥(道産きのこの薬膳餡付き)
・味噌椀
・香の物

旅で疲れた胃を休め、身体に優しい薬膳料理の数々・・・
一品一品、こだわりをもって、丁寧に作られていて、
身体への想いが伝わってくる、素敵な朝食です!


薬膳朝食 
環楽薬膳朝食


札幌グランドホテル4Fエレベーターホール 
札幌グランドホテル4Fエレベーターホール


ガーデンダイニング 環樂(わらく)
xxx・地図
北海道札幌市中央区北一条西4丁目
札幌グランドホテル 本館 4F
Te;:011−261−3376






☆ いくこ&のぼる