みちくさ‎ > ‎

映画「銀の匙 Silver Spoon」

2014/03/11 13:33 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/03/11 13:34 に更新しました ]
2014年3月12日(水)

映画「銀の匙(ぎんのさじ)」は、週刊少年サンデーで連載された荒川弘のコミックを吉田恵輔監督が実写映画化した青春ドラマ。

都会の進学校出身の主人公・八軒勇吾が北海道の農業高校に入学。酪農実習や部活に苦悩しながら、食と命の大切さを学んでいくストーリー。コミカルな場面と真剣な眼差しが交差し、入り混じっていて、あったかくて感動的!!!

「銀の匙」の本来の意味は、「銀のスプーンで食べると一生食べものに困らない」と欧米で言い伝えられていて「幸運な赤ちゃんのシンボル」とされているものです。

☆ ☆ ☆

映画の中で、進学校での受験競争がいやで、農業の道を選んだ八軒勇吾。
すべてを否定的に捉え、前向きに考えることが出来なかった八軒。

「今まで逃げることに否定的でしたか?」。
「逃げた先で出会った出来事や出会った人々は否定的でしたか?」

という問いに、ハっと大切なものに気づく八軒勇吾。

さらに、「夢がない」という八軒勇吾に対して、

「夢がないってことは、これから何にでもなれるってことだね」
「八軒の本気をみせて!」

 八軒勇吾の心にガツンと響いた、友達の言葉です。


ばんえい十勝 
ばんえい十勝(ばんえい競馬
(撮影:2011年11月27日)


自分自身が選んで、進んだ人生行路。
その道は、逃げた道ではなく、出会うべき人に出会うための道。

本気を出して進むことのできる道。
どんな夢をも描くことんできる道。

失敗して、悩んで、挫けても、
迷った時は、一歩前へ動き出そう!

動いた瞬間、動いた方向へ、
心のままに。。。


ばんえい競馬 ばんえい競馬 ばんえい競馬 ばんえい競馬 
全力で一歩前へ


映画「銀の匙」公式ページ

 ・2014年3月7日公開
 ・Youtube予告編


☆ いくこ&のぼる