みちくさ‎ > ‎

大衆食堂「静のや」でお好み焼きに舌鼓(滝川市)

2014/01/20 13:41 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/01/20 14:47 に更新しました ]
2014年1月21日(火)

去年2013年11月に発行された文庫本『いとしの大衆食堂〜北の味わい32店』(文:北室かず子、写真:田淵立幸)。その「食堂は浮世の方舟」のお店の一つとして紹介された大衆食堂「静のや」&「一福」(滝川市)。

滝川駅近くに位置するそのお店は、「一福」の店主・久光孝雄さんのお母さまが、1938年(昭和13年)に創業。そのお店が、道を挟んで斜め前の現在の場所に移転してから26年。
実に長い間、地元の人々に愛されてきたお店なんですね。


 
大衆食堂「静のや食堂」(撮影:2014年1月16日)


「大衆食堂・静のや」と書かれた暖簾をくぐって、引き戸を開けると、店内には4席のカウンターと奥に小上がり。
「いらっしゃ〜い、どうぞ♬」と、優しい笑顔で迎えてくださった、おかみさんの久光昇子さん。
壁には、黒文字の手書きで書かれたおしながきの黄色い札がずら~り。

そして、カウンターの少し奥の壁には、縦に細長い不思議な通り穴・・・
なんと、お隣のうどんやさん「一福」に繋がっているではあ~りませんか!?
「大衆食堂・静のや」は奥様が営み、お隣の「うどん・そば一福」はご主人が腕を振るいます。

 おかみさんに「お薦めは?」とお聞きした処、
「いろいろあるけど『お好み焼き』や『肉たま丼』が学生さんたちに人気ですかねぇ~」ということで、
「肉玉丼」と「お好み焼き」を注文。

お客様から広島のお好み焼きレシピを教わって、メニューとなった「肉たま丼」。
お好み焼きがご飯の上にのかったようなどんぶりです。
ソースがあま~いお好み焼きソースみたいで、ガツンとくるどんぶりもの。
お好み焼きは、具だくさんでボリュームたっぷり、まさに「お母さんのお好み焼き」ッて感じです。


    
お好み焼きのタレがかかる「肉たま丼」


病院の帰りに必ずお店に寄って帰る常連のお客さん、毎日、日課のようにご飯とおしゃべりを楽しむおばあちゃん。
お母さんの味を求めて、お腹ペコペコで通ってくる学生さんたち・・・そこは、まるで大家族が集う食堂のよう・・・
「ただいま、おかえりなさい、いってらっしゃい~」の声が飛び交い、我が家のようにほっと和む空間。
お母さんの味が恋しくなった時、再び訪れたい、心あたたまる食堂です。


 
「静のや」の気さくなおかみさん・久光昇子さん


◆ 大衆食堂 静のや食堂
静のや食堂・地図
北海道滝川市栄町3−8−19
Tel:0125−24−3618

【営業時間】11:30〜21:00
【定休日】不定休
【駐車場】店の横に3台分ほど



☆ いくこ&のぼる