みちくさ‎ > ‎

優佳良工芸館(旭川市)で染色に魅入る

2014/01/07 14:22 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/01/07 14:23 に更新しました ]
2014年1月8日(水)

北海道伝統美術工芸村は、大雪山系の山々を望む旭川市の鷹高台に位置します。
手織り工芸「優佳良織(ゆうからおり)工芸館」、雪をテーマにした「雪の美術館」、染織工芸品「国際染織美術館」の三館で構成。

その館のひとつ、「優佳良織工芸館」。
建物は、北海道の土で焼成された赤い煉瓦などが使われ、内部の木材は北海道の天然木等。


優佳良工芸館 
優佳良工芸館(撮影:2013年12月27日)


優佳良織は、旭川市の染織作家・木内綾さんが創作した染織工芸品です。
木内さんは、日本民芸公募展最優秀賞など、国内で数々の受賞。
さらに、ハンガリー国際織物ビエンナーレの金賞を受賞するなど、
国際的な美術工芸品として高い評価を受けています。

北海道の美しい自然をテーマに、羊毛を主材料とし、染色・手紡・機織などすべての工程が手作業。
それぞれの作品には、200種類以上の染色が施され、
縦糸と横糸が織り成す高度な染織の技法で織り上げられています。

北海道に新しい織物を生み出そうとした木内綾さんの研鑽を積んだ絶え間ぬ努力が見事に結実。
どの作品も、北海道の自然が彩られ、実に見事な色合い。


創始者・木内綾さん  優佳良織  優佳良織 
左から:創始者・木内綾さん、自然な色合いが魅力な優佳良織


木内綾さんの織物に対する熱い想いが伝わってきて、吸い込まれそう。
展示された作品の数々は、言葉を失う程の美しさです!
まさに、北海道の偉大なる風景の色の世界が広がっています。


雪の美術館 
隣接する雪の美術館


優佳良工芸館(北海道伝統美術工芸村)
優佳良工芸館・地図
北海道旭川市南が丘3丁目1−1(国道12号線沿い)
Tel:0166−62−8811

【休館日】無休
【開館時間】09:00〜17:00



◇ いくこ&のぼる