みちくさ‎ > ‎

るもいファンクラブ「鰊街道・人と食を巡る体験」に参加

2013/09/16 15:56 に 寺内昇 が投稿   [ 2014/02/11 16:26 に更新しました ]
2013年9月17日(火)

るもいファンクラブ限定体験会
「鰊街道、人と食を巡る体験」に参加しました。

るもいファンクラブは、
るもい地域(留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、
初山別村、遠軽町、天塩町)の魅力、
地元ならではの情報を、食、観光、
人をテーマに発信するネットワーク。
(株)コササル(留萌市)が運営しています。

2013年は8回開催される体験会。
第3回は「鰊街道、人と食を巡る体験」、
鰊で栄えた留萌管内の歴史を巡る体験会です。

札幌市在住の方々、
地元留萌在住のご夫婦など10名の方々が参加。

留萌駅2Fの「エフエムもえる」に集合し、
オリエンテーション後マイカーを連ねて移動。


1.旧花田家番屋 見学(小平町)

「旧 花田家番屋」は明治38年(1905年)頃の建築であり、
日本最北の国指定重要文化財です。

ボランティアガイド・高津正樹さんの説明を聞きながら、
じっくりと花田家番屋を見学。


花田家番屋 
花田家番屋(小平町)


2.昼食(小平町)

「道の駅おびら鰊番屋」にて、にしんそば、にしん丼、三平汁など
各自好きなものをいただき(自費)、増毛町へ移動。


ニシン丼 
にしん丼(小平町)


3.臼谷漁港(小平町)

昼食後は、小平町の臼谷漁港で茹でたてのタコとホタテの刺し身を堪能。新鮮!


タコの浜茹で 
タコの浜茹で(小平町)


4.厳島神社見学(増毛町)

総欅造本殿は、増毛町有形文化財に指定。
小林宮司さまより、拝殿の絵馬、雲龍の天井画、
道内でも珍しい本殿に施された彫刻について、丁寧にご説明して頂きました。


厳島神社(増毛町) 
厳島神社(増毛町)


5.仙北果樹園(増毛町)

厳島神社から車で10分位の所にある増毛町の果樹園。
仙北果樹園さんにお邪魔しました。
完熟のプラムの甘さに驚き、プルーンの新鮮さに感激。
採れたての果実は、スーパーのそれとは別物ですね。


仙北果樹園(増毛町) 
仙北果樹園(増毛町)


6.総合交流促進施設・元陣屋(増毛町)

幕末に秋田藩によって元陣屋が築かれました。
北方警備の拠点として機能した増毛町の歴史を学びます。

元陣屋は侍の詰め所。「元」とは拠点のこと。
小野卓也さん(増毛町教育委員会学芸員)よりお話を伺いました。


元陣屋(増毛町) 
元陣屋(増毛町)


7.旧留萌佐賀家魚場(留萌市)

鰊漁最盛期には12ヶ所の建網を経営していた佐賀家の漁場跡。

今回、特別に公開していただき、
高橋勝也さん(留萌市教育委員会学芸員)の解説で見学。

母屋、トタ倉(製品保管庫)、船倉、網倉、
ローカ(ニシンの一時保管庫)、丘の上の稲荷社の計6棟が現存。

国の史跡に指定され、
佐賀家漁場に残された漁撈用具一式は、
重要有形民族文化財として保護されています。


旧佐賀家魚場 
旧佐賀家魚場


8.関家にて夕食交流会(留萌市)

今も暮らす「関家の番屋(明治25年築)」の前庭にて、
日本海に沈む夕陽を見ながら「るもい浜焼き」を戴き、
その美味しさに感激!

今回の浜焼きは、「浜焼き奉公」の名を持つ、
地元の漁師の相馬家5代目・相馬龍平さんの
プロディーススペシャルバージョン。

新鮮な海産物が続々と登場!
ホタテ、甘海老、ニシン、つぶ貝、鮭、鮭の薫製・・・
オンパレードです!


浜焼き@関家 
浜焼き@関家の前庭


江戸時代後半から戦後にかけて200年、
留萌管内の経済を支え続けてきた「ニシン漁」。

昭和30年(1955年)頃、姿を消してしまった鰊たちは、
どこへいってしまったのでしょうか!
いつかまた戻って来る日が訪れるのでしょうか・・・

一攫千金を夢みて、ニシン魚に取り組んできた男達の闘い、
繰り広げられてきたドラマの数々。。。
歴史を物語る写真や道具、建物から熱いものが伝わってきました。


関一彦さん(82歳) 
関一彦さん(82歳)


日本海に、ジュジュジューーーッと沈んでいく
オレンジの夕陽を見つめていると

「ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ハイハイ
にしん来たかと 鴎に問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け
ヤサ エーエンヤーサーノ ドッコイショ ハー ドッコイショ ドッコイショ」


海の向こうから、力強いソーラン節の歌声が聞こえてくるような夕暮れ。

最高のシチュエーションに最高に贅沢な海の幸を味わいながら、

鰊の歴史を巡ることのできた貴重な体験会でした!


留萌の夕陽 
日本海に沈む留萌の夕陽


◆ 関連ページ

るもいファンクラブ
 問い合わせ先:(株)コササル
 Tel:0164−42−3871

 ・入会金は無料。
  今回の体験会参加費は、浜焼きの飲食費込で6,900円


◆ 関連記事

けあらしの里体験!(るもいファンクラブ第8回体験会)に参加(2014年2月12日)


☆ いくこ&のぼる