みちくさ‎ > ‎

山の水族館(北見市)で日本初と世界初に遭遇

2013/09/12 14:28 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/09/12 15:56 に更新しました ]
2013年9月13日(金)

「山の水族館」は、
北見市留辺蘂町(るべしべちょう)の
温根湯(おんねゆ)温泉にある水族館。

 水族館プロデューサー・中村元氏監修の元、
2012年7月7日、リニューアルオープン。


山の水族館 
山の水族館(撮影:2013年8月22日)


日本初の「滝つぼ水槽」と世界初の「川が凍る水槽」がある画期的な水族館。

「滝つぼ水槽」は、
滝つぼで激流に流されまいと泳ぐ、
ヤマメ、オジョロコマ、アメマス、カワヤツメの姿を
下から見上げることのできる日本初の水槽。

「川が凍る水槽」は、
屋外に水槽があるため、冬の厳冬期には水面が凍る世界初の水槽。
ニジマス、アメマス等の淡水魚が氷の下をゆっくり泳いでいる姿が観察できます。

▶ 温根湯温泉の温泉水
使われているので、熱帯魚が通常の2倍の速さで成長。
2メートル近い幻の魚・イトウや大型の熱帯魚が成育しています。


日本初の「滝つぼ水槽」  世界初!凍る水槽  日本最大の淡水魚「天然イトウの大水槽」 
左:日本初の「滝つぼ水槽」 中:世界初!凍る水槽
右:日本最大の淡水魚「天然イトウの大水槽」


山の水族館の改修に参画した水族館プロデューサーの中村元さんは、
三重県の鳥羽水族館や東京都池袋のサンシャイン水族館などの
リニューアルをプロデュースしたことで知られています。

「水の中にいるような水中感と浮遊感、『水塊』を感じること。
『自然のまま生き物を動かすこと』にこだわり、
大人の好奇心をかきたてる話題づくりに努める」
を強調されたそうです。

2013年8月に
『水族館に奇跡が起きる7つの秘密
― 水族館プロデューサー中村元の集客倍増の仕掛け ―』
(中村元著、やきそばかおる編著、Collar出版社)が出版されています。


世界の熱帯淡水魚  金魚を上から見る万華鏡水槽  世界の熱帯淡水魚 
左・右:世界の熱帯淡水魚  中:金魚を上から見る万華鏡水槽


日本初、世界初のワクワクするものがいっぱい存在する
初めてづくしの水族館。

温泉水の不思議なパワー満載の山の水族館!

あなたも、ミラクルパワーを感じてみませんか?


からくりハト時計塔「果夢林」 
からくりハト時計塔「果夢林(かむりん)」


山の水族館
山の水族館・地図
北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
Tel:0157−45−2233
【営業時間】
 (夏季)09:00〜17:00
 (冬季)09:30〜16:00
【休館日】
 (夏季)無休
 (冬季)毎週月曜日、毎月第1・第3火曜日、年末年始
【駐車場】北見市の道の駅「おんねゆ温泉」


☆ いくこ&のぼる