みちくさ‎ > ‎

摩周湖(弟子屈町)

2013/08/07 14:04 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/08/07 14:05 に更新しました ]
2013年8月8日(木)

北海道弟子屈町に浮かぶ摩周湖は、
海抜351m、周囲約20km,最深211.4mの
世界一級の透明度を誇るカルデラ湖。

 カムイヌプリ(神の山)の険しい山体に囲まれ、
その斜度は45度の絶壁。

摩周湖のほぼ中央部には、
エクボのようにちょこんと浮かぶ島・カムイシュ島(中島)。

 断崖の小島であるカムイシュ島は、
比高210mを越える溶岩ドームの頂上部分が湖面上に現れたものだそうです。


摩周湖 
摩周湖(撮影:2013年7月19日)


「霧の摩周湖」と呼ばれる程、霧に包まれている神秘的な湖。。。

注ぎ込む川も流れ出る川もなく、
プランクトンなどの不純物をほとんど含まない聖なる湖です。


深い透明度から青以外の反射が少ないために、
時折姿を表す独特の深い藍色は、「摩周ブルー」と呼ばれ、
その神秘な輝きに人々は心奪われ、魅了されます。

限りなく深い藍色の世界を描く、魅力的な摩周湖です。

「摩周ブルー」にあなたは、何を感じますか?!


屈斜路を臨む 
摩周湖第3展望台より屈斜路を臨む


摩周湖
摩周湖・地図
北海道川上郡弟子屈町


「霧の摩周湖」と呼ばれ、注ぎ込む川も流れ出る川もないのに
水位はいつも変わらない不思議な不思議な湖




☆ いくこ&のぼる