みちくさ‎ > ‎

共働学舎新得農場・共働学舎交流センター「ミンタル」(新得町)

2013/07/21 14:42 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/07/21 14:43 に更新しました ]
2013年7月22日(月)

「ミンタル」は、新得町にあるショップ&レストラン。
共働学舎新得農場で作られたチーズはもちろん、
農家の自家製パンと一緒にいただく「ラクレット」、ピザ、スパゲティ、
ソフトリーム、プリン、チーズケーキのスイーツなどなど
美味しいものがいっぱい!


この共働学舎新得農場は、
全国各地から集まってきた約60人の人々が、
協力して営んでいる農場です。

悠々と広がる37haの放牧地で、
ホルスタインやブラウンスイスの100頭以上の牛達が、
新鮮な青草を食べて、20年以上長生。元気に育てられています。


農事組合法人 共働学舎新得農場・共働学舎交流センター「ミンタル」 
共働学舎新得農場・共働学舎交流センター「ミンタル」
(撮影:2013年7月7日)


ここで作られているチーズは、
「効率を求めず、全て自然のままに」という教えのもと、
フランスのAOC(※)チーズのジャン・ユベール会長のご指導を戴き、
生み出されたとのこと。

チーズの熟成庫は、
湿度85~95%・気温8~12℃の
チーズの熟成環境に保つために、
札幌軟石を使った熟成庫。
マイナスイオンに包まれたチーズにとって、
居心地のよい環境が整えられています。

高品質なチーズの中でも、
当農場の「ラクレット」は、
第1回オールジャパン・ナチュラルチーズコンテスト最優秀賞を受賞(1998年)。
さらに、ワールドチャンピオンチーズコンテスト「ウォッシュしたセミハード部門」
(アメリカ・ウィスコンシン州開催・2010年)の
銀賞を受賞しています。

また、当農場オリジナルチーズ「さくら」は、
モンド・セレクション最高金賞を受賞(2007年)するなど、
限りなく自然のままの環境の中で誕生したチーズたちは、
世界のトップレベルの質の高さを誇っています。



※ AOC:アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(Appellation d'Origine Contrôlée; AOC)は、
フランスの農業製品、ワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証であり、
製造過程及び最終的な品質評価において、
特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証です(引用 wiki)。


メニュー   チーズ 
メニュー&チーズケース


マイナスイオンいっぱいの自然に包まれ、

微生物と会話しながら、共存し、循環していく憩いの空間。

たくさんのチーズの笑顔に出会えるような

心和むレストランです。


ソフトクリーム  ベランダ  xxx 
ミンタルのソフト&プリン



農事組合法人 共働学舎新得農場・共働学舎交流センター「ミンタル」
農事組合法人 共働学舎新得農場「ミンタル」・地図
 北海道上川郡新得町新得西2線53
 Tel:0156−69−5600

 ・営業時間 :10時~17時
  夏季(4月~11月) 無休
  冬季(12月~3月) 毎週日曜日定休
 ・定休日:毎週火曜日喫茶お休み


☆ いくこ&のぼる