スノーウォーキングで北竜町の青空と大地を味わう

2012/03/17 7:35 に 寺内昇 が投稿   [ 2012/03/17 17:51 に更新しました ]
2012年3月17日(土)

3月に入り、次第に雪も少なくなってきています。
時折、雨交じりの湿った雪になったり、ところによっては、春一番かと思わせるような風が吹き荒れている今日この頃。

3月16日(金)、北竜町はこの日、真っ青な空が広がり、風のない、暖かなスノーウォーキング日和となりました。
 「待ってました!」と、米田穣先生(82歳)を中心に、声を掛け合い、北竜町のスノーウォーキング仲間が集合。


全員集合の写真
さあ出発!@サンフラワーパーク北竜温泉前
(撮影:2012年3月16日)


スノーウォーキングは、冬の北竜町でのお楽しみの一つです。

午前9時、道の駅「サンフラワー北竜」の駐車場をスタート。
徒歩でスキー板を担いで、約2km離れた北竜町の「眺望の丘」まで向かい、丘周辺を散策。
そこから田畑に積もった雪上を滑って、11時半頃、北竜温泉でゴールとなる2時間半のコースです。


地図:のんびり楽しむスノーウォーキングのコース
のんびり楽しむスノーウォーキングのコース  大きい地図はこちら


写真:道の駅「サンフラワー北竜」    写真:「眺望の丘」までウォーキング
左:道の駅「サンフラワー北竜」に集合  右:「眺望の丘」までウォーキング

写真:道路から丘へ登ります    写真:目指すは眺望の丘
左:道路から丘へ登ります  右:目指すは眺望の丘


米田先生は、夏の間に、眺望の丘から道の駅「サンフラワー北竜」に至るまでの道のりを歩き回って、溜池や水路・危険な場所などをしっかりと確認されていらっしゃるそうです。安全にスポーツを楽しむためには、周到な準備と丹念な点検がいかに大切であるかを教えてくださいました。

7人のメンバーが各自それぞれに、ノルディック用のスキー板、「かんじき」など自由に装備して、楽しい会話を楽しみながらのスノーウォーキングです。


どこまでも広がるスカイブルーと真っ白な雪野原をバックに、
背中に感じる太陽の温かさ、火照った頬を冷ましてくれる風の冷たさ、
固く締まった雪が少し緩んだ雪面を踏みしめた時に、
身体から伝わってくる新鮮な感覚。

東に大雪山連峰、西に暑寒別岳を臨みながら、
その場所に立ってこそ味わうことのできる爽快感!

「わぁ~~~、気持ちいいーーー!」という声が、
どこまでも続く白銀の世界に響き渡ります。


美味しい空気をいっぱい吸い込んで、いい汗をいっぱいかいた後は、サンフラワーパーク北竜温泉で一休み。
ビールやジュースで乾いた喉を潤しながら、美味しいお菓子と楽しい会話でしあわせタイム・・・。
「北竜町の輝く未来について」笑顔で語るみなさんのお話は、時の流れを忘れてしまう程、楽しいひとときでした。


写真:どんどん登ります    写真:碧水地区を臨む
左:どんどん登ります  右:北竜町 碧水地区を臨む

写真:はてしなく広がる青と白の世界    写真:サンフラワーパーク北竜温泉へ向かいます
左:はてしなく広がる青と白の世界  右:サンフラワーパーク北竜温泉へ向かいます


大自然と一体となって味わうことのできるウインタースポーツ

仲間と一緒に楽しむことのできるスノーウォーキングに

  大いなる愛と感謝と笑顔をこめて。。。


写真:スノーウォーキング!最高〜!
北竜町のスノーウォーキングは最高〜!


北竜町スノーウォーキング 2012  写真(77枚)はこちら


◇ いくこ&のぼる



Comments