「マカロン in ひまわりの里」北竜町&宮島学園(札幌市)ひまわりまつりコラボイベント

2017/08/13 14:33 に 寺内昇 が投稿   [ 2017/08/13 16:24 に更新しました ]
2017年8月14日(月)

北竜町ひまわりまつり2017開催中の8月11日(金)10:00〜、ひまわり観光センターにて、宮島学園北海道製菓専門学校(札幌市)の生徒さんたちが、北竜町の特産品を使って考案した新商品(スイーツ&カレーパン)が販売されました。

提供された商品は、揚げたての北竜町まるごと「カレーパン」、その場でトッピング仕上げを行うメロンパフェ「プレミアムメロンスイーツ」、お土産用に、「ひまわりマカロン」&「黒千石ダックワーズ」の4種類です。

これらの商品は、北竜町(Team North Dragon・北竜町商工会青年部・JAきたそらち青年部北竜支部)と宮島学園都のコラボ企画で一日限り(10時から15時までの5時間)の限定販売です。去年の「お菓子の家」に引き続き、北竜町・北竜町観光協会・竜トピア会のご後援をいただいて開催されました。


Team North Dragon 作成ポスター  宮島学園 作成ポスター 
左より:Team North Dragon 作成ポスター   宮島学園 作成ポスター


今回のイベントは、宮島学園側では参加希望者を募り、応募した生徒さんたちで実施されました。北竜町産特産品を使った商品開発においては、何か月も前から、生徒さん同士でアイデアを出し合ってコンペを実施。試作を繰り返して貴重な逸品が完成!!!北竜町ひまわりまつりのこの場所で、「できたて」を味わってほしいという生徒さん達の熱い想いがこめられた絶品です。


「マカロン in ひまわりの里」準備中@ひまわり観光センター 
「マカロン in ひまわりの里」準備中@ひまわり観光センター


当日参加した生徒さんたち11名、指導に当たる先生方を中心に、夏休みを返上し、熱心に取り組み、「できたて」の美味しさを提供するための工夫と努力が重ねられました。


カレーパンやスイーツなど4つの商品 
カレーパンやスイーツなど4つの商品


できたてを味わってもらうための下準備の苦労

「カレーパン」は、カレーフィリング(カレールー)とパン生地は学校で調理し、前日に北竜町に持ち込んで、生地にフィリングを詰め込む作業を実行。当日その場で揚げたてが提供されます。

「メロンスイーツ」は、3層の味わいが楽しめる「ヴェリーヌ」に、メロン果実と黒千石チュイールとホイップクリームをその場でトッピングしたメロンパフェ。メロンのヴェリーヌは、マンゴーソースに、ブラマンジェ、メロン果汁のゼリーが3層になったグラス仕立てのスイーツ。下層・中層・上層と順番に冷やし固めていきます。それぞれ個性の異なるムースやゼリーなので、層を重ね合わせるための時間と精密さが求められます。


ヴェリーヌの2層目を入れています 
ヴェリーヌの2層目を入れています


今回同行し、ご指導された長澤遥先生が、お菓子作りの難しさをお話くださいました。

「『ヴェリーヌ』は、マンゴーソースとブラマンジェまでを学校で制作し、前日に北竜町に運び込みました。こちらのパルム工房内で、メロン果汁ゼリーを作って最後の層を仕上げます。ケーキ等のスイーツは、保冷剤を入れても2時間ほどしか持たない繊細なお菓子なので、時間の経過や保存状態で味が変化します。

学校施設内では、大型の冷蔵庫、冷凍庫、瞬間冷凍できる電化製品が揃っているのですが、環境が変わると同じような作業が不可能になってきます。今回のヴェリーヌの場合、鮮度を保つ関係で完成品を運搬することはできません。

環境が違う場所でのお菓子制作は、機械の操作方法や温度調整など難しい作業が多々発生します。生徒たちは、様々な環境の変化に順応しながら、一生懸命作業に取り組んでいます。生徒達にとっても、大変貴重な経験になっていると思います」。


カレーパン

カレーのフィリングには、豚挽肉、玉ねぎ・ニンジン・生姜・ニンニク・トマトの野菜、リンゴ・メロンの果汁、さらに黒千石を加えてペースト状にしたもの。様々なエキスが混ざり合って、深い濃厚な味わいになっています。米パフとチーズを表面にトッピングして揚げてあり、中の生地はフワッフワで、外側はカリッカリの絶品カレーパン!


北竜町まるごとカレーパ 
北竜町まるごとカレーパン

黄美香メロンの果汁入りカレー 
黄美香メロンの果汁入りカレー


メロンスイーツ

3層(マンゴーソース、ブラマンジェ、メロン果汁のゼリー)のヴェリーヌに、メロン果実、ホイップクリーム、黒千石チュイールをトッピングしたメロンパフェ風に仕上げっています。メロンは、北竜町産の「黄美香メロン」を使用。黄美香メロンの爽やかな味わいとヴェリーヌの優しい甘さが混じり合い、上品な美味しさを奏でる至福の逸品!


ひまわりマカロン

ひまわりをイメージした黄色のマカロン。ホワイトチョコとローストした黒千石きな粉のガナッシュがサンドされています。


黒千石ダックワーズ

卵白で作るダックワーズは、アーモンドパウダーと黒千石きな粉入り。サンドされたクリームには、黒千石大豆の煮豆が入っています。黒千石の風味をしっかりと感じる、フワッ、サックと軽い食感が味わえるスイーツです。


左より:ひまわりマカロン、黒千石のダックワーズ、メロンスイーツ 
左より:ひまわりマカロン、黒千石のダックワーズ、メロンスイーツ


前日の会場準備


会場の装飾中 
会場の装飾中

学校法人宮島学園が運営する専門学校 
学校法人宮島学園が運営する専門学校

店の看板・設置完了 
店の看板・設置完了

店頭のデコレーションも完成 
店頭のデコレーションも完成


スイーツの仕込み


加工センター食農工房パルムにて 
加工センター食農工房パルムにて

メロンスイーツの仕込み中 
メロンスイーツの仕込み中

先生の指導を受けながら分担して作業 
先生の指導を受けながら分担して作業

カレーパンを揚げる準備中 
カレーパンを揚げる準備中

170℃で片面3分ほど 
170℃で片面3分ほど

揚げたてのカレーパン 
揚げたてのカレーパン

ほっかほっかの「北竜町まるごとカレーパン」 
ほっかほっかの「北竜町まるごとカレーパン」


当日の販売

10時開店から、沢山の人々の列が続きます。皆さん、沢山購入されるので、その場で揚げるカレーパンが追いつかず、番号カードを渡されて予約待ち状態。待った甲斐あって、揚げたてをその場でいただく味は格別です!


開店そうそうにお客様の列 
開店そうそうにお客様の列

皆さんどんな味かなとワクワク 
皆さんどんな味かなとワクワク

バックヤードでホイップクリームを乗せて 
バックヤードでホイップクリームを乗せて

美味しくな〜れ ♬ 
美味しくな〜れ ♬

どれになさいますか? 
どれになさいますか?

皆さん手分けて分担して 
皆さん手分けて分担して


宮島学園の生徒さんたちの真心こもったスイーツたちは、大盛況で完売! 北竜町の青年たち(Team North Dragon・北竜町商工会青年部・JAきたそらち青年部北竜支部)の熱い応援があってこその素晴らしいコラボイベント!!!


宮島学園北海道製菓専門学校・藤田真由美先生と生徒さんたち 
宮島学園北海道製菓専門学校・藤田真由美先生と生徒さんたち


北竜町の宝もの&宮島学園の先生・生徒さん&北竜町の若者たちの熱い思いが混じり合い繋がり合って誕生した、素敵な美味しいスイーツ&カレーパンに、心から感謝いたします。素晴らしい感動をありがとうございました。


黄美香メロンの生産者・渡邊隼斗さん&鳥潟美香さん、チームノースドラゴン、宮島学園の先生・生徒の皆さん 
黄美香メロンの生産者・渡邊隼斗さん&鳥潟美香さん
宮島学園の先生・生徒の皆さん、チームノースドラゴンンの皆さん


写真(53枚)はこちら >>


◆ 関連記事

(お知らせ)8/11(祝)コラボイベント「マカロン in ひまわりの里」北竜町 × 宮島学園北海道製菓専門学校(2017年8月8日)
<道新ブログ>【北竜町】「お菓子の家」展示(北竜町 ✕ 宮島学園)(2016年8月15日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子