The サッポロビアガーデン・ふるさとステージ 2012で、佐野町長・北竜町をアピール

2012/07/29 14:06 に 寺内昇 が投稿   [ 2012/08/03 5:58 に更新しました ]
 2012年7月30日(月)

北海道内各地で、30度を超える真夏日が訪れてる程、日本中が熱く燃えている今日この頃です。
北海道札幌・夏の風物詩「さっぽろ大通ビアガーデン2012」(2012年7月21日(土)~8月15日(水))が、今年もやってきました!

今年で59回を迎える国内最大級の「さっぽろ大通ビアガーデン」。大通公園5丁目~8丁目、10丁目~11丁目を会場とし、全長はおよそ900メートル。5丁目:サントリービール、6丁目:アサヒビール、7丁目:キリンビール、8丁目:サッポロビール等、各会場は、ビールメーカーにより運営され、合計約13,000席が用意されます。
また10丁目:世界のビール広場、11丁目:札幌ドイツ村では、普段味わうことのできないような世界のビールも堪能できます。

8丁目のサッポロビアガーデンのイベントとして行なわれているのは「ふるさと北海道PRステージ」。

今年は、北海道内79市町村が参加し、ふるさとのPRが行なわれ、クイズ形式で豪華賞品がプレゼント!


The サッポロビアガーデン 2012
The サッポロビアガーデン 2012


同時に「ふるさとグルメキッチン」が展開され、北海道各地の自慢の食材を、数量限定・2日替わりで販売されます。
安平町・夢民豚(むうみんとん)の揚げ餃子、平取町・平取和牛ステーキなどなど盛り沢山。ビールに合う美味しいメニューが、ぞくぞくと登場です。

北竜町からは、ひまわりの種入り「ひまわりウインナー」を提供。大人気で、すぐに売り切れてしまうそうです。
お早めにお試しください!

北竜町は、7月26日(木)に「ふるさと北海道PRステージ」に参加。
この日、北竜町の他に、平取町、安平町、利尻・礼文・サロベツの町のPRステージも行なわれました。

8丁目会場は、サッポロビールファンで埋め尽くされ、盛大な賑わいです。


ふるさと北海道★グルメキッチン    満席の会場
左:ふるさと北海道★グルメキッチン   右:満席のサッポロビール会場


▶ 平取町(びらとりちょう)PRステージホームページ

・約15haの日本一の広さを誇る、平取町幌尻岳のふもとの芽生(めむ)の野性すずらん群生地のすずらんは、6月が見頃とのことです。
・大自然と気候条件に恵まれた安全なびらとり和牛・黒毛和種「びらとり和牛」が、クイズ正解者にプレゼント。

▶ 安平町(あびらちょう)PRステージホームページ

・特産品のアサヒメロンをプレゼント。
・雪だるまの町・安平町では、大地に降り注いだ雪を「雪だるま」型の発砲スチロールに詰めて、全国に発送。全国初の雪だるま型ポストもあるそうですよ。


平取町(びらとりちょう)のご紹介    安平町(あびらちょう)のご紹介
左:平取町のご紹介   右:安平町のご紹介


北竜町PRステージ

今年は、佐野豊町長が、多忙なスケジュールの中、ステージに駆けつけてくださいました。
会場に設置された大画面に映し出される、北竜町の紹介ビデオ。会場がひまわりの映像で埋め尽くされました。この日の為に、産業課の有馬一志 課長補佐、吉田浩幸さん、堺千晶さん、多くの方々が心をこめて準備されました。


プレゼントの品々    ひまわりの里
左:プレゼントの「ひまわりライス」「ひまわりメロン」「ひまわりスイカ」「北竜温泉優待券」
右:モニターで会場に映し出される「北竜町ひまわりの里」


佐野町長と町役場の皆さん    クイズに応える会場
左:佐野町長と町役場の皆さん   右:北竜町のクイズに応える会場


佐野豊 町長の迫力のあるお言葉が、会場いっぱいに響き渡り、しっかりと北竜町の魅力をPRされました。

日本一のひまわりの町・北竜町です。今、北竜町では、8月25日まで「ひまわりまつり」が行なわれています。
今年は、雨量が少ない為、ひまわりの開花が遅れていますが、8月には満開を迎えます。
ひまわりは、私達に元気と明るい心を与えてくれます。是非、皆さん、ひまわりを観に遊びにきてください。

今日は、北竜町の特産品である、「ひまわりすいか」「ひまわりメロン」「ひまわりライス」そして「北竜温泉の優待券」を持って来ました。クイズに挑戦して戴いた方々にプレゼントいたします。

どうぞ、今後とも北竜町を宜しくお願いいたします。


堂々と北竜町をアピールされる佐野豊 町長
堂々と北竜町をアピールされる佐野豊 町長


会場は、大盛り上がり! 豪華賞品はラッキーな3人の方々へ贈呈され、皆さん大喜びです。


喜ぶ回答者の皆さん    喜ぶ回答者の皆さん

xxx
プレゼントを手に喜ぶ回答者の皆さん


利尻・礼文・サロベツPRステージ(国立公園のホームページ

貴重な高原植物、湿原植物、そして日本百名山「利尻富士」で知られる町・利尻・礼文・サロベツ。 ウニやホッケ、コンブといった海産物も豊富とのことです。
この日は、可愛いマスコットキャラクターたち、シマリス「りっぷ」ちゃん、リシリンコンブ「りしりん」ちゃん、レブンアツモリソウ「あつもん」ちゃん、うしの「とよとみ」くん、トナカイの「ホロベー」ちゃんたちが勢揃し、応援に駆けつけました。


盛り上がる会場    利尻島のキャラクターたち
左:盛り上がる会場   右:マスコットキャラクターたち


サッポロビール北海道本社営業部・井上和男専任部長のお話

北海道で生まれ、創業136年(設立・明治9年)となるサッポロビールが原点に戻り、「ふるさとのために何ができるか」を考え、2007年(平成19年)に、北海道庁・サッポロホールディングス(株)サッポロビール(株)は、包括連携協定を結びました(北海道庁・包括連携協定のページはこちら)。

北海道ブランドの「食」、北海道の魅力ある「観光」の振興、北海道の豊かな「環境」の保全、「暮らしの安全・安心・健康」に関する4つを基本として、更なる北海道ブランドの価値向上を目指すものです。
北海道庁、総合振興局、市町村が一緒になって、地域の活性化を目指す試みです。
北海道179市町村に出かけていき、一緒にやっていけることを話し合ってきました。

その事業の一環として誕生したイベントが、さっぽろ大通ビアガーデンにおいて地域のPRをする「ふるさと北海道PRステージ」です。地域自慢の食材を披露し、多くの方々に食べて戴くことで、地域同士が繋がり活性化し、一層地域が発展すること心から願っております。

今年2012年は、北竜町開町120年。北竜町で9月に行なわれる「北海道地域創造フォーラム」においては、サッポロビールも、是非応援させて戴きたいと思います。


会食模様    サッポロビール北海道本社営業部・井上和男専任部長
左:会食模様   右:サッポロビール北海道本社営業部・井上和男専任部長


火照った身体に、冷た~いビールを注ぎ、

地域のご自慢の美味しさを味わって、暑さをふっ飛ばし、元気いっぱい!

北海道のたくさんの地域が繋がっていく、

北海道の真夏の夜の祭典、さっぽろビアガーデンに

限りない愛と感謝と笑顔をこめて。。。


サッポロビール!
サッポロビール!

The サッポロビアガーデン(ふるさとステージ)2012   写真(37枚)はこちら


◆ 関連記事

50年の歴史を重ねる北竜町出身者の会・さっぽろ北竜会(札幌市)(2012年6月28日)
THE サッポロビアガーデン(第57回さっぽろ夏まつり2010)で北竜町をアピール(2010年7月27日)


◇ いくこ&のぼる



Comments