荻田泰永さん「北極点無補給単独徒歩到達」を北竜町から応援!

2012/03/12 22:46 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/06/05 18:01 に更新しました ]
2012年3月13日(火)

北極冒険家・荻田泰永さん(35歳)が挑む「北極点 無補給 単独 徒歩 到達」の旅が、2012年2月上旬日本を出発し、3月2日(現地時刻)にカナダ最北端ワードハント島よりスタートしました。荻田さんは、北海道鷹栖町に在住。
大氷原を800Km以上、補給無しで100kgのそりを引きながら、単独で50日間歩き続け北極点に到達する旅です。

日本人初(世界でも4人目)となるこの現在進行中の大冒険のお話は、北竜町在住の米田穣先生(82歳)から伺いました。

米田先生は、北竜町の小学校の教師を引退後、北極点到達、南極大陸上陸、バイカル湖アイスウォークツアー参加、エジプトと中国の砂漠横断などに挑戦されている、北竜町が誇る現役スーパー鉄人です。
今年は、北竜町開基120年を記念する小樽市〜北竜町120km徒歩(地図)、冒険仲間の津軽海峡横断泳のサポートなどを計画されています。

荻田さんと米田先生は、冒険家の大場満郎さんを通じた冒険仲間。米田先生は、荻田さんの日本出発のときから「北極点サポート隊員」でいらっしゃいます。大変感動した私達は、早速サポート隊員に登録。事務局の迅速な対応で、隊員証やワッペンなどがすぐに送られてきました。

13日から、米田先生とご一緒に、ホームページで隊員向けに公開されている、衛星交信の音声を聞きながらの応援がスタートしました。


衛星交信に耳を傾ける
衛星交信に耳を傾ける北竜町の「北極点サポート隊員」たち


隊員になると、多くの特典がありますが、中でもユニークなものが「隊員限定 定期交信 音声配信」。衛星を使った通信の音声が、2日に1回を基本に配信されます。実際の配信数はもっと多くて、日本時間で3月3日から3月12日までに、既に7回の通信が配信されています。

今、荻田さんが何処を歩き、どんな状況下にいるかを受信し、一緒に北極を体感することができるのです。
ここ北竜町にいながら、零下50度近い北極の大氷原を歩いている荻田さんに、思いを馳せることができるのです。
冒険の凄さ、それを感じることのできる技術の凄さに感心です。


写真:遠征地図・隊員証・ワッペン    写真:遠征地図・隊員証・ワッペン
遠征地図・隊員証・ワッペン


荻田泰永さんは、2000年4月、冒険家の大場満郎氏の企画した「北磁極を目指す冒険ウォーク」に参加したことがきっかけで、北極点到達の冒険の旅をスタート。翌年2001年から一人での旅の挑戦がはじまりました。
必要な100~200万円の北極旅の資金を、半年間のアルバイトで捻出しながら、これまで11回もの北極への一人旅が続けられたのです。
「2012年の北極旅は、『自分の旅』から次のステージへ、そして『自分のインプット』から『他者へのアウトプット』へ移行する旅だ」と話す荻田さん。2012年に目指す課題は、北極点無補給単独徒歩到達という、極地冒険の最高峰です。

日程(北極点計画書より引用)

2012年
 2月上旬 日本出発
 2月   カナダ北極圏での準備、トレーニング
 3月上旬 カナダ最北端から北極点へスタート
 4月下旬 北極点到達
 5月上旬 日本帰国


北極点無補給単独徒歩到達計画概要
北極点計画書」より引用


ギタリスト音更(otofuke)×荻田泰永/ArcticWhite.mov(N.A.Pより)



============ 追記 ===================

2012年3月16日(金)

荻田泰永北極点事務局より、本日、隊員宛メールレポートをいただきました。
内容は、残念なことに「荻田泰永さん2012北極点無補給単独踏破」が、3月3日(日本時間)に出発してから、14日目にリタイヤすることが決定されたというものです。 荻田さんご本人の健康状態は、いたって良好で、北極圏の極力安全な場所へ移動し、数日の間ピックアップ機を待っているとのことです。

リタイアの理由として第一に、自然環境の急激な悪化。現在の状況と、今後の環境、計画、予想全てを照らし合わせ検証した結果、3月16日(日本時間)、これ以上の進行は不可能であるという結論に達し、本人、事務局協議の上で苦渋の決断を行ったと書かれていました。

短い期間でしたが、荻田さんとまだ見ぬ北極に思いを馳せることができて、貴重な体験をさせていただきました。
今回は、非常に残念でしたが、今後の活躍を心より応援いたしております。
ありがとうございました。

===================================


◆ 関連記事

荻田泰永さん「2012年北極点遠征報告講演会」@旭川市(2012年4月23日)


◇ いくこ&のぼる



Comments