北竜メロン生産組合【No.06】摘心・剪定 & 水稲播種(渡邊靖範さん)

2018/04/23 18:25 に 寺内昇 が投稿   [ 2018/06/18 16:34 に更新しました ]
2018年4月24日(火)

渡邊ファームでは、3月の定植から1か月が経過し、メロン苗がぐんぐん成長しています。


ぐんぐん成長中 
ぐんぐん成長中(2018年4月11日)

可愛い花 
可愛い花(2018年4月11日)


4月11日(水)

4月11日(水)には、メロンの摘心・剪定が行われていました。良い枝をハの字に2本残していきます(生育の良いつるを2本伸ばします)。約10節の側枝まで伸ばし、その後、ミツバチの自然交配により着果が行われます。


摘心・剪定 
摘心・剪定

生育の良いつるを2本伸ばします 
生育の良いつるを2本伸ばします

きれいに整えられたメロン達 
きれいに整えられたメロン達


4月18日(水)

メロン栽培と並行して、水稲種子の播種作業が開始。農協で水稲種籾温湯殺菌した種子を育苗マットに播種し、ハウスに並べる作業です。


播種作業が行われている倉庫 
播種作業が行われている倉庫

芽が出ている種もみ 
芽が出ている種もみ


渡邊ファームでは、水稲面積は約20ha。育苗パット10,000枚。90mハウス5棟で、1棟2,000枚を1日で敷き込み、およそ5日間かけて並べていきます。ご主人、奥様、隼斗さんの3人です。

倉庫には播種機が1台設置され、育苗マットへの土入れ、播種、覆土、そしてセットされた育苗マットを軽トラでハウスまで運搬。こうした一連の流れを能率よくスムーズに、奥様の慶子さん一人でこなしていきます。


播種は奥様が一人で担当 
播種は奥様が一人で担当

マイペースで効率良くスムーズな作業 
マイペースで効率良くスムーズな作業

肥料も同時に散布 
肥料も同時に散布

育苗マットは軽トラの荷台に。いっぱいになったらハウスへ運びま 
育苗箱は軽トラの荷台に。いっぱいになったらハウスへ運びます


一方ハウスでは、育苗パット並べさ作業は、渡邊さんご主人と隼斗さんが担当。


育苗ハウス 
育苗ハウス

xxx 
育苗箱

敷き詰め作業 
敷き詰め作業

1日1棟(90m)設置します 
1日1棟(90m)設置します


今後、元気ですくすく伸びる苗たちの成長を見守る日々が続きます。


すっかり春の北竜町 
すっかり春の北竜町


ひまわりメロン栽培・2018年4月の写真はこちら >>


◆ 関連記事

北竜メロン生産組合【No.11】初競り@旭一旭川地方卸売市場(旭川市)(2018年6月19日)
北竜メロン生産組合【No.10】初出荷(渡邊靖範さん・伊藤直人さん)(2018年6月19日)
北竜メロン生産組合【No.09】黄美香メロンの摘心・剪定(渡邊靖範さん)(2018年5月29日)
北竜メロン生産組合【No.08】摘果作業(渡邊靖範さん)(2018年5月24日)
北竜メロン生産組合【No.07】黄美香定植 & ミツバチ(渡邊靖範さん)(2018年5月1日)
北竜メロン生産組合【No.06】摘心・剪定 & 水稲播種(渡邊靖範さん)(2018年4月24日)
北竜メロン生産組合【No.05】定植(渡邊靖範さん)(2018年3月26日)
北竜メロン生産組合【No.04】接ぎ木後の苗(渡邊靖範さん)(2018年3月10日)
北竜メロン生産組合【No.03】接木(渡邊靖範さん)(2018年2月26日)
北竜メロン生産組合【No.02】台木の播種(渡邊靖範さん)(2018年2月12日)
北竜メロン生産組合【No.01】第38回定期総会(2018年2月13日)

町長がバスガイド〜北竜町長編〜@シィービーツアーズ 2017(2017年8月8日)
【道新ブログ】アグリファイターノースドラゴンが「サマードラゴン」出荷のお手伝い(2016年8月11日)
【道新ブログ】アグリファイターノースドラゴンの青肉メロン初出荷のお手伝い(2016年6月20日)
【道新ブログ】ノースドラゴン、北竜町産赤肉メロンの収穫・出荷をお手伝い(2015年10月22日)
アグリファイターノースドラゴン 北竜町産「赤肉メロン」を収穫・出荷!(2015年10月21日)
北竜町メロンすいか祭 2013 大盛況!(2013年8月15日)
ひまわりメロン初競り@(株)キョクイチ(旭川市)2012(2012年6月28日)
ひまわりメロン初出荷・初競り2011(2011年6月27日)
「ひまわりメロン」初競りで10万円@旭川青果市場!(2010年6月28日)
ひまわりメロン@渡辺農場(2010年5月18日)


◇ 撮影・編集=寺内昇 取材・文=寺内郁子