北竜町‎ > ‎北竜町議会‎ > ‎

議員コラム(澤田正人 議員)

2013/03/03 5:56 に 寺内昇 が投稿   [ 2013/03/03 5:56 に更新しました ]
2013年3月
議会だより No.261 議会広報委員会 より抜粋
広報ほくりゅう・No.571・2013年3月号

議員コラム

今年は年明けから吹雪と大雪で1月3日は、野道があちこちで埋まった。除雪に従事している人たちは、大変な苦労をされた事だろうと思った。私も昔、町の除雪を長くやっていたので、日中の吹雪は走りたくても路肩も見えず、車が止まっていたりすると危険なので暗くなってライトで照らせるようになるまでガマンして待っていたものだ。
除雪は冬の生活には欠かせない重要な仕事。去年、今年と大雪で毎日一息つく暇もないくらい道路除雪と排雪でめいっぱいになっているのではないだろうか、疲労が極限に達していないだろうかと心配になる。
町民みんなが感謝していることを支えに、もう1ヵ月、何とか乗り切って欲しいと願う。

元日、体育協会で、今回で30回目になる新年恒例の「豊作祈願元旦マラソン」に参加した。30人の参加があり、それぞれ3km、5kmと自分に合わせて交通安全と豊作祈願をして走った。佐野町長も今まで、一度も休まず参加しているという。「年越しで飲みすぎた」とか「紅白を見ていて眠たい」とか、何かと理由をつけて「今回はパス」と思ってしまいがちな面がある。
毎回参加なんてすごいなと思う。継続する事の意味は大きいと思うし、忍耐力の強さを感じる。

町政については、今年も何かと波乱を思わせる事案がいくつかある。深川地区消防組合の元消防長による不正経理問題、みのりっち北竜の運営、北竜温泉の経営等など、これらの対応をどうしていくか。
悩ましい問題があるけれど、信念を持って一つひとつ解決していくしかないのだろうと思う。(澤田)


除雪
(写真:office.microsoft.com)


Comments